清戸道

 
平成19年11月23日(金)

6時50分  地下鉄有楽町線の江戸川橋駅の冷たい風の吹きおろす階段をのぼって地上へ出て、神田川を渡る。
目白坂を上り始めたところに、文京区教育委員会による「目白坂」の立て札があり、次のように書かれている。

『清戸(清瀬市)から練馬経由で江戸川橋北詰に抜ける道筋を「清戸道」といった』

今、清戸道(きよとみち)の道筋を知る人はまずいないだろう。実は歩いてみて分かったのだが、この道は目白通りであり、千川通り、大泉通りなのだ。

傾斜のきつい目白坂を上りきると椿山荘の前に出る。新坂を上ってきた目白通りに出会って、これを西に進む。

中世には軍勢を隠すほどの椿林があったところが椿山荘。
江戸期は上総久留里藩黒田家の中屋敷だった。
この先、目白通りに面して大名屋敷が並んでいた。
隣の野間記念館は駿河小島藩滝脇家。家中に恋川春町がいる。

和敬塾がある。ここは熊本藩細川家跡。
この男子学生寮にいる2〜30人ほどが、通りにたむろしている。そのうちのひとりが「週末恒例で、寮生500人が順番に目白通りの掃除をやっているんです。」と教えてくれる。
この寮には作家村上春樹もいたらしい。

中庭の両側には鉄筋コンクリート三階建ての棟がふたつ、平行に並んでいる。窓の沢山ついた大きな建物で、アパートを改装した刑務所かあるいは刑務所を改造したアパートみたいな印象を見るものに与える。しかし決して不潔ではないし、暗い印象もない。
(村上春樹著「ノルウェイの森」より)

日本女子大の前に旧田中角栄邸がある。いや、田中邸の前に日本女子大があるのかな。

ここには志摩鳥羽藩稲垣家の屋敷があったと思われる。
隣の日本女子大豊明小は岩槻藩大岡家跡。
なお日本女子大には御家人の集合住宅があり、学習院大は畑だった。

鬼子母神参道と反対側へ宿坂が下っており、坂下に金乗院がある。江戸期は目白坂にあった新長谷寺の目白不動が、今はここに移っている。
道の左は目白台から神田川へ落ち込んでいるため、左手の道はどれもこれも急坂で、胸突坂、豊坂、小布施坂、日無坂、稲荷坂、宿坂、のぞき坂の名がついている。

石川悌二著「江戸東京坂道事典」は、のぞき坂の由来を「坂上は両側の邸宅の木立がおおいかぶさり、急斜面をのぞむと、あたかもカメラのファインダーをのぞいているような気持ちがする。」と記しているが、坂がまっ逆さまに落ちて真下を『覗き』込んでいるかのようだからでしょう。

千登世小橋の下を都電が走る。
学習院大の綺麗に刈りこまれた生垣塀を過ぎるとJR目白駅。
下落合に入る。商店が続く。冷たい風が目白通りを吹き抜けて、並木のイチョウの葉を大きく揺らす。

山手通りを横切り、南長崎交番で目白通りと分かれる。
時代に少しばかり取り残された商店が続く。

『「マンガの神様」 手塚治虫 藤子不二雄 石ノ森章太郎 赤塚不二夫ら が青春時代を過したマンガの聖地「トキワ荘」跡入口』の看板が現れたのは想定外で、これだから街道歩きはやめられない。
トキワ荘跡には新しい家が立ち、かつてを偲ぶものはないが、その近くにある木造アパートが、トキワ荘が持っていたであろう雰囲気を漂わしている。
手塚治虫は上京して四谷の八百屋の二階に下宿。翌年このトキワ荘に移ってきた。その時25歳。

僕も東京へ行くからには、東京でとにかくマンガで身を立てたいという気持ちで行ったわけなんです。けど、行ってみると、地方のマンガ家とか、あるいは地方から出てきた人に対して冷たい目がある。ここまでいじめられるのだったら、大阪へ帰ってしまおうと何度思ったか分からない。それでもとにかく一応、最後まで粘ってみようということで粘ったところが、どうにかマンガ家の生活に入れたというわけですね。
(われら六稜人・手塚治虫の「がちゃぽいマンガ道」より)

道は真っ直ぐだ。古くからの豪商で味噌・麹を扱っていた岩崎家の江戸末期の重厚な建物がある。屋敷内の大きな欅がまっ黄色な葉を道に撒いている。

道幅が広くなると千川用水跡の千川通り。清戸道は千川上水沿いに延びていた。
並木の桜が紅く染まっている。桜並木は長い。春の花見の頃は見事だろう。
練馬区に入ると、区教育委員会が立てた清戸道に関する立て札が多い。江古田駅近くにもある。

大正四年武蔵野鉄道(西武鉄道の前身)が開通するまでは
練馬・石神井・大泉から市中へ出るのに、この道が最も近道でした。
朝早く大根や野菜を積んで街に向かい、昼過ぎには下肥を積んで帰ります。
清戸道は練馬の百姓にとっては、なくてはならない道でした。

武蔵大を過ぎ、環七をくぐり、西武線に近づき、練馬駅前の雑踏に混じる。
千川通りから目白通りに戻って、西武線をくぐる。
西武・中村橋入口バス停から目白通りと分れ、細い道に入り、住宅の間を折れ曲がって抜けていく。道筋は練馬区教育委員会発行の「練馬の道」に詳しい。
小さな須賀神社を見上げ、円光院で鐘を撞き、東高野山道の道標をなぞり、石神井川に架かる道楽橋を渡る。
宮田橋跡に庚申塔と敷石供養塔を探し出し、道端の地蔵や庚申塔を見て進む。

谷原の交差点を過ぎ、大泉通りを進む。左手に西武線大泉学園駅。

妻から「どこに学園があるのかしら?」と聞かれて、「知りませんよ、そんなこと。・・・それより12時だから飯を食おう。」と不意打ちをかわす。
帰宅後、調べた結果は次のとおりでした。
  大正震災直後、箱根土地という会社がここに一大学園都市を開発しようと計画した。昭和7年、(それまでの大泉村を)大泉学園町と名づけ、それまで東大泉駅といっていた駅名も今の名前に改めた。
しかし、大学誘致も、住宅開発も思うにまかせなかった。
(練馬区ホームページ「練馬の地名 今むかし」より)
箱根土地は堤康次郎が設立した会社であり、コクドの前身だが、あてにしていた東京商大に振られたという。街の名前だけがひとり歩きしたのだ。

大泉小学校横を通り、小泉橋を北上する。農家や畑もあるが、新しい住宅に埋もれている。
四面塔稲荷前に至る。
ここからは道筋がよくわからないので、下清戸の方角に道を探す。新座市の片山、道場を過ぎ、博労橋通りから堂坂を上り、石神を通って野火止用水に出る。途中、道筋のほとんどに民家が続いて、田園風景が広がることもない。
用水沿いをしばらく歩き、御成橋を渡って西堀を抜けると、ゴールである志木街道沿いの下清戸である。江戸川橋から22キロ。

14時20分   下清戸     38128歩

バス停近くでお年寄り(80歳)から話を聞くことが出来た。

かつて下清戸は100戸ばかりの集落で畑が広がっていたが、
今は家が建て込んで畑も三分の一になってしまった。
まだ小学校を出たばかりの頃、よく野菜を淀橋(新宿)まで運んだ。
このあたりでは売るところがなくて、淀橋の市場まで行くことが多かった。神田まで持って行く人もいたかな。
夜12時に起きて、提灯をぶら下げて、サツマイモやら牛蒡や人参を積んだリヤカーを引っ張って、淀橋に朝6時ごろ着いた。市場のそばの牛丼を食べるのが楽しみだった。

(了) 


トップへ戻る