平成21年11月9日(月)

6時50分  凝った装飾が美しい南海・浜寺公園駅舎を出て、公園横の広い府道204号をスタート。
公園の松林の向うに砂浜は無く、臨海コンビナートの工場の高い煙突が覗く。

すぐに堺市から高石市の羽衣に移る。
高石署の前、高い長い塀のなかに「ほんみち」の本部がある。
大西愛治郎を教祖とする天理教の分派で何度も弾圧を受けている。

寝こみを襲われた天理本道の幹部たちはほとんど全員検挙されたが、肝心の大西愛治郎の姿が見えない。
徹底的に調べてみようと、天井といわず、便所といわず捜索した。
すると、二階座敷の押入れに秘密階段がこしらえてあるのを発見した。その抜け穴と、階下に通ずる秘密階段の中ほどに、大西は縁にぶら下がるような格好で隠れていた。
(松本清張著「昭和史発掘 天理研究会事件」より)
建物の中に不恰好に隠れていた教祖(?)といえば、長期間裁判中のあの男もそうだった。

芦田川を新羽衣橋で渡る。沈香で出来ていたという伽羅橋があったところだが、川の改修工事で無くなった模様。
高石神社がある。境内の松林は昔の高師の浜の景色を残すという。

音にきく高師の浜のあだ浪はかけじや袖の濡れもこそすれ
(小倉百人一首・祐子内親王家紀伊)
しかし埋立てにより、浜もあだ浪も見ることは出来ない。

街道は神社の前から府道と分かれ、小高石橋を渡ったのちに、泉大津市の助松に入る。
鬱蒼とした屋敷林が現れると田中家本陣で、大きな長屋門が街道に面している。

当家は和歌山藩主が参勤途中の本陣だった。但し紀州街道を使っての参勤交代が増えたのは六代宗直の寛保元年(1741)からで、それ以前は伊勢路を通ることが多かった。

近くにある中学校に通う生徒が挨拶をして通り過ぎる。おはよう!
地蔵堂、供養塔がある松乃浜で府道に合流し、すぐに分かれて府道の裏通りのような道が春日町まで続く。
マンホールの蓋に羊が二匹刻まれている。泉大津は日本一の毛布の町だ。

街道沿いに、濱八町の地車(だんじり)が宮入する大津神社がある。
街道は神社横から中央商店街を抜けるが、この商店街に地車の曳行コースがあり、地車が勢いよく走り、鳴り物の音と曳き手の掛け声がアーケードに反響して迫力十分だという。地車は岸和田だけじゃない。
このあたり、大津御坊といわれた南溟寺を中心に寺が多い。
上之町に小公園がある。

「この公園は夏の盆踊りの会場で、ゆったりした『大津踊り』を踊ってましたが、もう踊る人がいなくて。若い人は地車に熱心で」
とお年寄りはあきらめ顔。

大津川に架かる盾並橋を渡って忠岡町に入る。
忠岡小学校横に一里塚があったというが、そのあたりには民家が出したゴミ袋が転がっているだけ。
そしてここが岸和田市との境界だ。
岸和田少年愚連隊が「普段はおとなしいが切れると怖い町」という春木を過ぎる。
永守橋を渡って下野町、並松町と岸和田の中心に次第に近づく。

岸和田といえば地車(だんじり)

道の上に祝下野町地車新調の横断幕が張られている。
そして道に白ペンキで書かれた文字は、歩行者や自動車に注意を促すものでなく、なんと「地車一旦停止」である。
また、ところどころにあるのは、誇らしげに町の紋章を記した地車格納庫である。
やりまわしの難所である小門と貝源の四つ角に来た。大通りから道幅の狭い紀州街道へ折れるところにある二つのお店には、毎年地車がぶつかるらしい。貝源はツギハギだらけのように見え、他人事ながら心配だ。
やりまわしの最大の見せ場であるカンカン場が、浜の方向に見える。

北町の商店街を抜け、欄干橋を渡り、魚町に入り、枡形を曲る。
街道を逸れて、こなから坂を上がって岸和田城に向う。しかし城もだんじり会館も月曜日は休み。城に休日があるとは知らなかった。

街道に戻ると、藩の御用商人が集まっていた本町筋で、古い町家が残り城下町の風情が漂う。
南はずれに蛸地蔵の名で有名な天性寺があった。しかし地蔵堂は閉じられており蛸の背に乗り給うた地蔵には会えなかった。

津田川に架かる岸見橋を渡って貝塚市に入り、府道に合流する。
貝塚は願泉寺を中核とする浄土真宗の寺内町。
虫籠窓、格子のある町家が残る御下筋界隈を通って願泉寺に来ると、残念ながら本堂は解体修理中。尊光寺にあるカイヅカイブキの大きさにはびっくり。

本陣のあった南町あたりから府道と分かれて、家々の間をゆるやかに上がって籠池の堤上に至る。ここを国見ケ丘と呼び、播磨・摂津・阿波・淡路の国々が望まれたというが、大きな建物やらなにやら雑然として見晴らしは良くない。
下って永久橋を渡る。これまで直線を基本とした紀州街道は、二色の浜からくねくねと曲り始める。

見出橋を渡ると泉佐野市。
すぐに「右大川あわしま」「左紀州わか山」と刻んだ道標が立っている。右に行けば海岸沿いに加太へ抜ける浜街道。
もちろん左の道をとり、府道を斜めに渡る。JR阪和線
鶴原駅近くで線路を越える。
家々の間に小松菜、キャベツの畑が現れる、中学脇を抜けたところで熊野街道と合流し、大きな道ノ池の堤に上がる。遠くに、りんくうタウンの高層ビルが見える。

佐野川を渡ったあたりから2キロほどの道は、鎌倉時代に摂関家領として立券された日根庄という荘園の北西の境界線上と思われる。この荘園の中心は、現在のJR阪和線日根野駅周辺である。

第二阪和を越える。佐野高前から府道64号になっている。JR関西空港線をくぐる。
古い家並みが残る安松の集落を抜けると、たまねぎ畑のある田園風景となり、紀州への山々が見える。
樫井の集落に入ると道は細い。

一車線ほどの路幅で、道は村中で気儘にまがっている。家並みは屋敷造りのすきな泉州らしくどの家もりっぱで、かたちのいい土塀の家や、格子のみごとな軒、また日本の瓦でもっとも良質とされている泉州瓦の本ぶきの家など、どの家もどこか得難い長所があって、歩いていても退屈しなかった。
(司馬遼太郎著「街道をゆく」より)

そして、紀州街道がいまなお寂びた景観を残しているには、この樫井あたりだけだという。しかし昨日、今日と歩いてきた途中には、この集落に劣らず古道沿いのたたずまいを残しているところはいくつかあった。私にこの作家ほどの文才が無いだけである。
さらに彼は、ここで繰り広げられた大坂夏の陣の樫井の合戦を、例によって見てきたように書いている。道端に戦死した塙団右衛門の墓がある。

樫井川に架かる明治大橋を渡ると泉南市で、かつては宿場だった信達の細長い集落を抜けていく。

15時25分  JR阪和線  和泉砂川駅  47497歩

トップへ戻る