紀州街道

大阪・高麗橋から、和泉地方を縦断して和歌山市に至るおよそ50キロの街道である。



平成21年11月8日(日)

7時 高麗橋をスタート。すぐに堺筋に出て、ビジネス街を南下する。

道修町のビルの谷間の神農さんにお参りする。
参道入口に「春琴、ほんとうの名は鵙屋琴、大阪道修町の薬種商の生れ」で始まる谷崎潤一郎の春琴抄の碑がある。
コニシが明治期に建てられた町家の姿で孤軍奮闘している。
備後町の大和銀行本店は、りそな銀行に看板を変えており企業の盛衰を痛感する。

横に長い船場センタービルを抜け、長堀橋を越えると島之内。

かつての島之内は、ミナミを稼ぎどころとしている芸人、水商売関係、お妾さんなどが住んでいたから、夜が更けるのを知らなかった。
今も夜通し遊べるところが多いのか、朝早い宗右衛門町の路上で若い男女が嬌声をあげている。

日本橋を渡ると道頓堀

蟹や河豚の大きな看板が道にはみ出しているのは昔と変わらないし、千日前の法善寺の水掛不動も変わらない。もちろん川面に写る青い灯赤い灯もだ。
しかし変貌ぶりも激しく、先般「くいだおれ」が閉店し、「天牛書店」もとっくに郊外に移り、そして作家・池波正太郎が宿の朝飯に大根おろしといっしょにつけた赤てんぷらを売っていた「さの半」もウィンズ道頓堀の隣の小ビルに看板を掲げているだけなのは淋しい。

ところで、受験生泣かせの難解な文章を書いた評論家・小林秀雄は、このなんの気取りも無い盛り場でなんとモーツァルトの交響曲第40番の感動に慄えたというから、やはり難解な人物だ。

僕の乱脈な放浪時代の或る冬の夜、大阪の道頓堀をうろついていた時、突然、このシンフォニイの有名なテエマが頭の中で鳴ったのである。僕がその時、何を考えていたか忘れた。いずれ人生だとか文学だとか絶望だとか孤独だとか、そういう自分でもよく意味のわからぬやくざな言葉で頭をいっぱいにして、犬のようにうろついていたのだろう。
(小林秀雄著「モーツァルト」より)

街道に戻り日本橋交差点を過ぎると、なにわの台所である黒門市場

来客があったり、祭りや盆や正月といった、ちょっと気張って馳走を作ろうというとき、大阪女は乗りついでも、ここを訪れる。値が少々張っても品物に間違いがないと惚れ込んでいるからである。・・・花ガツオ昆布の二葉、中川。ゴマメ黒豆干ダラの近藤。蒲鉾の丸勇気、大宗、蛸惣。青物の竹村、鍋治、さくらや、魚介の魚安、魚善、魚仁、魚なになにと贔屓の店を探せばよい。
(牧洋子著「味をつくる人たちの歌」より)
開高健夫人がこのエッセイを書いたのは30年ほど前だが、今も魚屋が多い。解禁になったばかりの蟹が並んでいる。

電気のまち・でんでんタウンを過ぎ、正面に通天閣が見えると恵美須町交差点。
ここを西に折れ、今宮戎神社の手前の旧今宮札の辻を南に折れる。
環状線
・新今宮駅を抜けると、いわゆる釜ケ崎
両側に一泊1000円前後のドヤが建ち並ぶ。日曜日だからか、仕事にあぶれたからか、多くの男性が道にたむろする。

釜ケ崎で暴動があったときのことである。警官隊と住人たちがおしあいへしあいひしめきあって、たがいに血の雨を降らしあっている混沌のまっただなかを、四十がらみの女がなにやら叫びつつ走っていた。
「どうだ、どうだ、石どうだ。一コ十エンでっせ。石買いはりまへんか。ええ石でっせ。一コ十エンでっせ!・・・」
(「開高健全作品 エッセイ3」より)
開高健は「血まみれになって狂ったように走りまわりながらもちゃんとポケットから十エンだして女から石を買ってやった釜ケ崎住人たちが好きである。」と続ける。好きかどうかは別として、石の売り手と買い手はまるで漫才のボケとツッコミのようだ。

そろそろと釜ケ崎を抜けて天下茶屋から岸里へ。
天下茶屋公園の前の安養寺には、近松作「心中天の網島」で「あんまりしや治兵衛殿。ほんにむごいつれない。」と夫を恨んだ女房おさんの墓がある。ここで尼として生涯を終えたらしい。
すぐ先に木々がうっそうと茂る天神ノ森天満宮、その前の楠の大木があるところが秀吉ゆかりの天下茶屋跡。

南海高野線のガードをくぐると、道が広くなり、道の左端を阪堺電軌のちんちん電車が走っている。
住吉大社に来た。

その年の秋、住吉へご参詣になります。願解きにいらっしゃるのですから、お供廻りの装いなども厳めしく、世間じゅうの騒ぎになって、上達部や殿上人が我も我もと附き従って行かれます。折しも、あの明石の人も、年ごとにお参りをする例でしたのに、
(「潤一郎訳源氏物語 澪標」より)

光源氏が来て華やいだ境内に、今日は七五三参りの家族があふれている。
但し式年遷宮を控えて、反橋や第一、第二本宮は修理工事中。

住吉大社を過ぎると、ちんちん電車は左に曲り、
街道は往時のままの三間の道幅となって真っ直ぐに延びる。
細江川に架かる御祓橋の袂に小町茶屋、近くに難波屋という評判の茶屋があったという。
民家、商店が建て込んでいる。
安立町に入ると、白砂青松の名勝地だったことを示す霰松原の碑が立っている。このあたり昭和初期の面影を残した旧家が残る。

大和橋を渡って、市に入る。
北旅籠町で街道から逸れて鉄砲鍛冶屋敷へ向うと、路地に人だかりがしている。聞くと秋の堺文化財特別公開の最終日で、見どころでは観光ボランティアガイドの懇切な説明もあるというので、できるだけ見て廻ることにした。

信長をも怖がらせた蘇鉄のある妙国寺、
幼稚園の塀越しに土佐十一烈士の墓が見える宝珠院、
大坂夏の陣で堺の町を焼いた大野道犬の供養塔がある月蔵寺、
本願寺堺別院、行基が建立した浄得寺、
夏の陣で後藤又兵衛に槍で突かれて死んだ家康の墓がある臨済禅の名刹南宗寺、
薩摩藩島津家の祈願所だった本源院。
民家の前にひっそりと河口慧海生家跡の碑、歩道に立つ小西行長屋敷跡の碑、
堺商人の豊かな暮らしぶりを伝える山口家住宅、刃物の水野鍛錬所、ザビエル公園、千利休屋敷跡

そして与謝野晶子生家跡

奥深い帳場に座って、絶え間のない客をおいでやすと迎えたり、送り出したり、お金の出し入れ、出入りの帳付け、その間には念入りに羊羹を包んで居る娘さん、それが少女時代の私でした・・・
(与謝野晶子著「私の生い立ち」 『新少女』1917 より)
しかし、生家の殆んどは広い通りの大道筋になっており跡形もない。

さらに、本家小嶋の芥子餅、八百源の肉桂餅、かん袋のくるみ餅を味わい、
宿院の美々卯でうどんを食べる。堺が「うどんすきの美々卯」発祥の地であることを知る人は意外に多くない。

大道筋の御陵前から街道は静かな住宅地の中に入る。
道のかたちも、途中の船待神社、石津太神社はもちろん、道沿いの家々のたたずまいも、すべてが昔どおりではないかと思える景色が続く。
やがて南海本線をくぐり府道に出て、右手に浜寺公園の松原を見ながら、阪堺電軌と並行して南下を続ける。

14時40分  南海本線浜寺公園駅  39744歩


トップへ戻る