木下(きおろし)街道

利根川の木下河岸(千葉県印西市)と江戸川の行徳新河岸(千葉県市川市)を結ぶ9里の街道である。

木下からは鮮魚輸送の道として、行徳からは物見遊山の旅人を運ぶ道として利用された。
又、常陸の麻生藩、下総の高岡藩・小見川藩といずれも1、2万石程度の小大名の、規模は小さいが大名行列がこの街道を通っている。

 

平成15年9月15日(月)

JR成田線の木下駅から歩くと数分で利根川の堤に着く。付近の台地の雑木を切り、川舟で江戸に運んだことが「きおろし」の地名の由来だという。川の流れはゆったりとして、どの方向に流れているのか分からないほどである。
木下河岸跡」の案内板が、江戸期から明治期にかけて利根川水運の要衝の地として栄えたことを誇らしげに説明している。

寛文の頃(1661〜72)、香取・鹿島などへの参詣と銚子の磯めぐりを楽しむ「木下茶船」と呼ばれる、江戸町民の人気を集めた乗合船が発着するようになり、利根川下流へ向う旅客や銚子、九十九里からの鮮魚の陸揚げで賑わうようになった。最盛期には50軒余りの旅籠や飲食店が軒を連ねていた。

堤の下にある銚子屋、近江屋、柏屋の屋号を付けた旅館、酒屋、蕎麦屋はかつての名残だろうか。

 

7時30分  成田線の竹袋県道踏切を渡ると、上町の観音堂。境内に「左さくら道 右江戸道」の道標がある。右に曲がるが、その先は駅前で、工場もあり、街道は判然としない。

街道は少し先の大森坂下に現れて、右の小高い台地に上っていく。
坂上が大森宿。山城・淀藩稲葉家の大森陣屋を探す。長屋門があったという今は少林寺拳法の看板を掲げた家に行き、庭にいたおばあさんに伺うと、大森陣屋の世話役をしていた二百七十石の大庄屋の宮島家だった。屋敷の裏に大きな畑があるという。陣屋はその畑にあったらしい。

 坂上から県道4号を進む。馬坂を下ると黄金色に色づき始めた稲田が左右に広がる。道端に庚申塔。再び台地に上っていく。ススキの穂が揺れる野原の向こうに千葉ニュータウンの高い建物が見えている。

左にカーブする県道と分かれる。草むらのなかに「布佐 木下 六軒 大森道」と刻んだ小さな道標がある。
泉新田の集落が延びる 泉王寺、八幡神社、庚申塔。

 街道は千葉ニュータウンのビジネスモールの高い建物群に立ちふさがれ、そして住宅群の中に消える。
街道の殆どは下総台地と呼ばれる高台を通っている。そしてこの台地一帯に幕府直轄の放牧場いわゆる牧があった。今歩いているニュータウンは、牧のひとつである印西牧があったところで、「牧の木戸」の地名が残る。

ニュータウンを抜けるところに徳本上人念仏塔といわれる大きな石塔がある。

 印西市から白井市に移る。県道59号に入って、ちばレインボーバスの停留所名は「十余一」

明治政府は、このあたり一帯の牧の開墾のために、困窮した東京府民を送り込み、開墾順に美しく豊かな地名をつけた。すなわち初富(鎌ヶ谷市)、二和、三咲(以上船橋市)、豊四季(柏市)、五香六実(松戸市)、七栄(冨里市)、八街(八街市)、九美上(佐原市)、十倉(冨里市)、十余一(白井市)、十余二(柏市)、十余三(成田市)。

家の周りの木々や草が猛々しく生い茂る勢いは、隙あらば人間に逆襲しようと窺っているように見える。梨畑。神々廻(ししば)木戸。

 神々廻坂下の細い神崎川に架かる白井橋のたもとに、江戸・浅草の醤油酢問屋の伊勢屋宇兵衛が架けた橋があったことを記す「伊勢宇橋の碑」が立っている。

白井宿には森田屋、藤屋の2軒の旅籠があったが、明治7年(1874)の大火で家並みの多くを焼失した。重厚な旧家を見かけたが、大火の後に建てたものだろう。秋本寺。

国道16号を渡る。
白井第一小学校の前のいくつかの石造物は夏草の中に埋もれている。
梨の直売所が増える。
歩いている県道の両側は、畑、果樹園、事業所、商店、民家が混在している。白井市役所。
「根」という珍しい地名。白井市には、他にも「中、復、木」という一字の地名がある。由来は知らない。

北総・公団線を跨ぐ。JRA競馬学校入口。天神社。
梨の直売所が続く。白井市は全国でも有数の梨の産地だが、江戸期も市川、八幡の梨は有名だったようで、当時の「淡雪・水梨」に代わって、今は「幸水・豊水・新高」が店先に並んでいる。
白井富士郵便局。富士地区は戦後マレーシア等からの引揚者が開墾した。白井開拓という名のバス停。
民家のすき間に青々とした落花生畑が覗く。

 
白井町から鎌ヶ谷市に移る。

車が押し合いへし合いしている井草交差点に俳人魚文の碑がある。「ひとつ家へ 人を吹き込む 枯れ野かな」。江戸期のこの辺りの情景が眼に浮ぶ。この碑は道標を兼ねている、「右 木をろし道 左 中木戸道」。
鎌ヶ谷大仏が墓の入口にある。意外に小さくて、高さ1,8メートル。
真向かいの八幡神社の鳥居をくぐると百庚申が並んでいる。

新京成線鎌ヶ谷大仏駅横の踏切を渡る。地図で新京成線のルートを辿るとくねくねと曲がっている。しかしその前身が明治期以降の鉄道連隊の、線路の敷設や修理をする演習線だと聞けば、奇妙な曲線も納得できる。

鎌ヶ谷宿の真ん中あたりにある岩井工務店に飛び込んで、作業場にいた御主人に伺う。

この宿場には7軒の旅籠があり、京葉銀行のそばにあった長浜さんのシロベ屋(漢字が分からない)が一番古い。木造の古い建物がある丸屋の前に鹿島屋があった。うちは一度焼いて江戸に行ってまた江戸から戻ったので江戸屋と言った。ENEOSが銚子屋、SHIBAZAKI BIG BOSSが柴崎屋。でも殆ど他へ移って、残っているのは長浜さんとうちぐらいのもんだ。

 
明治期から大正期、鎌ヶ谷から市川・深町までの木下街道に、東葛人車鉄道なるものがあったそうだ。雨が降るとぬかるみ、沿道の主要生産物のさつまいものの輸送に支障をきたすという理由で軌道が敷かれたものだが、トロッコを人が押すという極めて原始的な鉄道だった。
なだらかな上り下りを繰り返して東武野田線の馬込沢駅を過ぎる。神明社、身代り観音、七面堂。

17時 JR武蔵野線 船橋法典駅  46373歩
 
17時25分 阪神が広島にサヨナラ勝ち、セ・リーグ優勝までマジック1となる。
19時33分 横浜―ヤクルト戦で横浜が勝ち、阪神の18年ぶりの優勝が決定。
全国各地で六甲おろしの大合唱があり、大阪では歓喜のファン5300人が道頓堀ダイブ。

 

 平成15年9月23日(火)

9時 船橋法典駅前を出発し、県道59号を進む。

一昨日のNHK大河ドラマ「武蔵」は小次郎との巌流島の決闘の場面だったが、その宮本武蔵が決闘の前年、このあたりで開墾に精を出していたらしい。

高い土を崩してならし、大きな岩は、水利の堤にするために並べる。
そうして日々、晨は未明から、夕方は星の見えるまで、武蔵と伊織とが、孜々として、法典ケ原の一角から開墾に従事していると、時折、河原の向こうに、通りがかりの土民たちが立ち止まって、「何をしてるだ?」と、・・・・

(吉川英治作「宮本武蔵」より)

今は商店やアパートや農家が混在し、街道は車の行き来が激しい。
 中山競馬場の脇を過ぎて、北方(何故か「ぼっけ」と読む)十字路に出る手前の小さな白幡神社の境内に「従是左中山法華経寺」のどっしりとした道標がある。十字路の左斜めに進む道が日蓮直筆の立正安国論があることで有名な寺への道らしい。
そのまま直進して、若宮小学校を過ぎてから街道を逸れて左に入り、法華経寺に向かう。お彼岸の中日なので、境内に参拝者は多い。

街道に戻る。くねくねと左右に曲がり、やがて深町坂を下り、深町通りを進んで、京成線の踏切を渡ると、佐倉道、現在の国道14号にドンと突き当たる。右折する。

 
市川市役所の向かいあたりに、かつて鬱蒼と茂っていた竹薮が小さく残っている。水戸黄門がこの薮に入ったところ、なかなか出てくることができなかったとか、入ると祟られるとかの伝説のある「薮知らず」である。
右に入ると八幡の地名の由来にもなった葛飾八幡宮があり、拝殿横に沢山の幹からなる千本公孫樹と呼ばれる大木が天を衝いている。
このあたりが八幡宿の中心だろうか。

京成八幡駅近くで、永井荷風の終の棲家を探すと、それは荷風らしく外観が洒落た洋風の家で、路地の奥にあった。
浅草を徘徊していた荷風は、この八幡あたりもよく散策していた。

昭和21年
5月12日、くもりて漫歩によき日なれば午後八幡の村道を歩み、水田の北方に連なる丘陵に登る、・・・
9月16日、八幡町八幡神社祭禮、蓑笠農具の市立つ、見世物もあり、群集雑沓、
11月19日、・・・田間の一路を歩む、左手に中山競馬場の建物を松林の間に望み、右手に電信所の營舎を見る、路傍の樹蔭深き處に癈祠あり、引戸をあけて窺ひ見る、薄べりを敷き陶器の手あぶり一個あれど祭れる神はなし、田夫野娘の密会所なるにや、怪しむべし、・・・

(永井荷風著「断腸亭日乗」より)

 

人も車も多いJR総武線本八幡駅前の通りを左に見て、少し先を左に折れ、浦安へ向う県道6号を進む。
この道は、かつて八幡新道と呼ばれ、現在は行徳街道という。
平将門の兜を祭るとも源義家の兜を祭るともいう甲(かぶと)大神社がある。

京葉道路をくぐると、稲荷木の一本松の切株が残る。傍らの庚申塔に「これより右やわたみち これより左市川国分寺みち」と刻まれている。ここから左の方向に、静かな住宅の間を曲がりくねる道が延びる。やがて江戸川(放水路)の堤に突き当たる。この川は大正期に開削されたもので、江戸期に無かった。

 行徳橋を渡る。
河川敷に野球少年の声が飛び交い、水際には、はぜ釣りだろうか、たくさんの人が釣り糸を垂れている。
前回歩いたときは残暑が厳しかったが、今日は寒く、一挙に秋が来たようで、空にはうろこ雲が浮いている。

 
行徳は「家百軒 寺百軒」と言われたほどで、街道筋にも寺や神社が多い。
干しうどんを食べさせた「笹屋」跡がある。大変繁盛したお店だったようだ。
笹屋の前の道を入ると、正面に常夜燈が見え、その後ろに旧江戸川が流れている。

ここが行徳新河岸といわれたところだ。今は高いコンクリートの堤防が延び、堤防の下には民家が密集しており、往時の喧騒を知っているのは大きな常夜燈だけである。

13時40分  22747歩。

 新河岸を出た船は江戸川を少し下って、新川に入り、中川を横切って小名木川、隅田川を経て日本橋小網町の行徳河岸に着いた。
新川、小名木川は江戸から行徳への唯一の水路で、行徳川とも呼ばれ、家康の江戸入府とともに行徳の塩を江戸へ回送するために開削、整備されたものという。

 

江戸川の下流は浦安市である。

昭和23年8月、詩人の草野心平は貸本屋をしていた友人が故郷に帰る間の2ヶ月、店番を兼ねて浦安に滞在した。

私は宿屋の二階の窓から見える浦安近傍の風景をのんびり見渡す。風景といはれるやうなもののない単調な展開に私はすなほにひたってゐる。いちめんのかれ田のはるかに、数本の松が点々して、ノリの育つアルミ色の海がわづかに見える。サギがとんでゐる。左方とほくに船橋あたりの無電の鉄塔。この一帯から湿気をきれいにぬぐひ去ったら、そのままゴッホのペン画である。

(草野心平作「火の車」より) 

木下街道を歩き終えた我々は浦安に向う。
しかし草野心平の見た風景を探し求めるのではない。浦安は、その後大きく変貌して、そんな風景はどこにもない。

・・・・・・・・東京ディズニーランドが見えてきた。(了)


トップへ戻る