中山道の脇街道

 中山道は支道の多い街道である。板橋からは川越街道が伸びている。熊谷からは甲府に達する秩父往還が、本庄からは下仁田街道や十石峠を越えて佐久に入る道が、倉賀野からは日光例幣使街道が、高崎からは三国街道が伸びている。さらに、追分から分かれる北国街道や、岩村田から南下する佐久甲州街道をはじめ、いくつもの道が中山道に合流する。

 

 川越街道 

江戸から川越まで13里の距離である。川越はさつま芋の産地で、13里は芋のことをいう。そこで「栗よりうまい13里」の言葉が生まれた。
川越街道は板橋宿平尾で中山道と別れて、上板橋、下練馬、白子、膝折、大和田、大井の6つの宿場を経て、川越城下に達する。
川越街道を参勤交代で利用する大名は川越城主だけ、急げば1日で歩ける行程であり、宿場には、食事を出すだけの本陣、脇本陣と、公用文書の継走のための馬継ぎや一般旅人相手の旅籠が小規模に設置されていた程度である。
なお川越街道の名称が現れるのは明治期に入ってからであり、江戸期には川越道中あるいは川越往還と呼ばれた。

 

今回、この街道を2日間で歩いた。 

平成14年2月11日(土)

 板橋宿平尾、といっても平尾の地名は見あたらない。旧中山道が新中山道の国道17号線とぶつかる角にある平尾交番にだけ名が残る。新旧中山道が交差するあさひ銀総合サービスの建物のあるところが「平尾の追分」で、右に進めば旧中山道、左に進めば、それは新中山道の歩道ではあるが川越街道である。

 
7時35分スタート。
             
  
すぐ先の信号を渡ると四ツ又商店街だが、首都高速の中央環状線建設工事が行われており、立ち退きがあったのだろう、商店は数少ない。
左に入ると宗仙寺があり、その先に「子易神社」がある。
江戸期は子育ての守り仏が信仰された寺であったが、維新後廃寺して神社に転身した。
境内に身代わり地蔵がある。王子村の金持ちが池袋村からの帰り道、夜盗に襲われ胸を一突きされ倒れたが気づいたとき傷は無く、傍らの石地蔵に傷跡が残っていたとの話が伝えられている。街道に戻る。

工事現場の裏に馬頭観音がひっそりと立っている。山手通りを渡ると大山東町の商店街が続く。東武東上線大山駅北の踏切を越える。
 東上線とは妙な名前だが、当初は東京・巣鴨から川越、高崎を経て渋川まで結ぶ路線を計画した。東京と上州を結ぶという意味である。


大山の地名の由来は相模・大山に参詣する大山詣にあるといわれている。
戦後の混乱期に始まった大山のハッピーロードは今、長さ数百メートルのアーケードの下に、衣料品、食料品、雑貨品等を扱う200以上の商店が続く都内有数規模の商店街である。朝早いのにも拘わらず開いている商店もあり、既に買い物客が行き来している。

商店街の中ほどを千川上水が横切って、そこに架かる大山橋のたもとに馬の蹄鉄を打つ鍛冶屋があったというので、商店街を行ったり来たりして痕跡を探すがなんにも見つからない。

現川越街道の国道254号線に出て商店街は終わる。右からの小路は鎌倉道で、すぐのところに悪縁が切れ善縁が結ばれる「お福地蔵」がある。国道を次の交差点まで歩く。


 
上板橋宿 

交差点を左に行くと、日大板橋病院が旗本の酒井日向守の屋敷跡にある。交差点手前の恩田ビルの辺りが馬継場。交差点を渡るとCDレンタル店、ここに「はくらく」という蹄鉄屋があった。ここが上板橋宿の入口で、国道から分かれて右に斜めに入る。


宿場は下宿、中宿、上宿に分かれており、最初は下宿。下頭(げとう)橋通りの緩やかに下る「海老山坂」を進むと、右に入る道がある。


この道筋は、昭和期の始めに東京市電の運転手が多く移住してきたので、チンチン横丁と呼んだらしい。この横丁をさらに進むと、「轡(くつわ)神社」がある。家康が石柱に腰掛けて休んだとの言い伝えがあり、なぜか咳の守り神として信仰された。願をかける際に奉納する馬わらじがいくつも拝殿にぶらさがっている。

街道に戻って、おばあちゃんと立ち話。

40年前に此処に移ってきたが、今でもよそもの扱いをされる土地柄です。最初自転車屋をしていたが、地元の人が買ってくれないので止めて、地元の人に売らなくてもよい今の商売に変えました。

 その先は宿場の中心である中宿である。
弥生小学校入口に、米穀商だった「三春屋」の格子のある建物が目に付く。大正期に東京を震撼させた説教強盗がここに押し入り、指紋を残して後日捕まった話がある。左手の大きなマンションを建設しているところが「名主屋敷」で、その前の醍醐ビルが「代官屋敷」である。商店、事業所、住宅が混在する町並み。
上宿になると道は大きく左に曲がって下る。

 宿場はずれに石神井川に架かる「下頭橋」がある。

橋の名について二つの説がある。
乞食の六蔵が死んで残したお金で橋が造られた。永年頭を地につけて貰い貯めたお金のおかげだと橋の名にした。今ひとつは参勤交代の川越城主を家来がここで送り迎えをして頭を下げた。

 

下頭橋を渡って左斜めに進むと、道はいかにも旧街道という緩やかな曲線を描きながら、やがて上り坂となり、国道254号線と環状7号線の交差点に出る。ここからしばらく国道と重なるが、先ほどから続くこの坂を「長命寺坂」という。

昭和初期、このあたりの家並みは次のとおりである。

酒屋、大工、団子屋、鳶職、傘屋、蹄鉄屋、ブリキ屋、豆腐屋、牛屋、一膳飯屋、豚屋、菓子店、駄菓子屋、石材屋、建具職、ランプ屋。
酒屋は残っているが、その他は見当がつかない。

 

東新町の左手の住宅街の中を入っていくと、城北高校の奥に「安養院」がある。創建時期は不明だが北条時頼の中興開基と伝えられる。境内の枝ばかりの木々の中に本堂前の紅白の枝垂れ梅が華やかである。庫裡は大名屋敷を移したもの。

 上板橋1丁目バス停から国道と分かれて右に斜めに入る。上板南口銀座の商店が続く。スピーカーから、「春よ来い、早く来い、歩き始めたみいちゃんが・・・」の童謡が流れている。
スーパー・コモディイイダ周辺に初代上板橋村長の屋敷があった。当時の屋敷の庭木が、国道の中央分離帯に立っている「五本欅」である。

 

下練馬宿


 長い北一商店街が始まる。

あるはずの大山詣の「大山道道標」が見当たらないので、家の前の植木鉢の花に水をあげていた男性に聞く。環状八号線の道路建設工事のために一時的に移してあるという裏の小公園に行くと、「従是大山道」と刻まれた石標がひっそりと立っている。教えてくれたのは下練馬宿の中心だった下宿で「脇本陣」をしていた内田さんである。
きたまち商店街に移ると上宿になる。すぐに、浅間神社、清性寺があり、その先、焼肉安楽亭の手前に「北町観音堂」がある。二体の仁王さんに守られて聖観音と馬頭観音が大切に祀られている。

 

国道254号線に合流する。右折すると東上線下赤塚駅である。街道の右手を終始、東上線が走っている。街道が下りきったところ、赤坂交番の横に「小治兵衛窪庚申」がある。すぐに、こんどは上って、成増からは又だらだらと下っていく。

 


白子宿


 白子は帰化人の里である。新羅が転訛して白子、新座、新倉、となったらしい。

 ステーキ屋Big Boyの先で道が二本に分かれて、国道254号線は切り落とされた崖下を走る。これと平行する右の崖上の道が川越街道。道端にある切り株は並木の跡らしい。このあたりから一気に下って、白子橋までの下り坂を「新田坂」という。左の覆屋の中に石地蔵、常夜灯、道祖神が並んでいる。目の前に八坂神社がある。

 

呉服をあつかっていた油屋は、紳士服を売るAvon Houseに変わっている。

童謡「靴がなる」「叱られて」を作詞した清水かつらが住んでいたアパートがある。近くの人に伺うと童謡から受けるイメージとは違い、酒乱で家の人を困らせていたそうだ。その後同じアパートにいて「浜千鳥」を作った鹿島鳴秋は、赤い顔のおじさんとして近所の子供にも慕われていたらしい。

しかられて しかられて 
あのこは まちまで おつかいに
このこは ぼうやを ねんねしな 
ゆうべ さみしいむらはずれ
コンと きつねが なきゃせぬか

                            (作詞 清水かつら 「しかられて」より)

 

白子川に架かる白子橋から白子坂上までの町並みが白子宿である。橋を渡るとすぐ右側に「下宿本陣」であった新坂家がある。芝生の庭で若いお母さんが子供を遊ばせている。ピンクの花を付けている枝垂れ梅の傍らで椅子に座って、おじいさんの話を伺う。

白子に来れば何でも揃っていた。呉服屋は3軒あった。魚屋も3軒あった。川越屋、幾世屋という料亭があり、三味線の音が聞こえていた。遊郭だけは無かったが。昭和33年に白子川が氾濫して、家にあった昔のものはみんな無くなった。

 

次の交差点を左に、白子宿通りの「白子坂」を行く。県道新座・和光線の109号線と交差する角の富沢薬局と郵便局が「中宿本陣」である。県道を渡る。古い造りの魚屋の「魚くめ」のご主人の話。

昔はみんな正装して白子にきた。随分遠く、練馬中村橋からでもやって来た。旅籠も4軒あったが、もちろん今はやっていない。

                           

急な「大坂」を上る。途中にあった「上宿本陣」は6階建のマンションに変身していた。

坂上歩道橋で笹目通りを越えて「くらやみ坂」を下る。柳下家の「代官屋敷」は現代風の家になっているが、わずか先の右手に長屋門と大きな屋根の家がある。「伯楽」と呼ばれていたそうだから蹄鉄屋だったと思われ、その先にあった伯楽製鋲所と関係があるのだろう。

本田技研研究所の白い建物を左に見ながら進むと、馬頭観音がある。やがて左右に走る県道と合流し左に進む。第三小学校前歩道橋を渡って、ホンダベルノ、本田技研サービスセンターを過ぎる。旅館大和の看板の向こうに古い建物が見える。そう言えばここ和光市は以前大和町といった。昭和45年市制を敷いたときに旧町名の「和」と永遠に発展する願いを込めた「光」を合わせて新しい市名にしたと聞く。

 本町小学校交差点を渡り、右に下がる細い道に入る。雑然とした家並みの中を進み、すぐに県道に戻る。

色々雑多なものが道の両側に立ち並ぶごく普通の景色が続く。まっすぐな道をどんどん歩く。現川越街道の国道254号線は左手に平行して走っている。

朝霞警察署前バス停で蕎麦屋瀧乃家に入る。昼食は下赤塚のマクドに入ったが、街道歩きにポテトフライは似合わない。従って改めてもりそばを食べる次第。

幸町3丁目交差点を越えて、県道は左に曲がる。川越街道は直進して住宅の中の細い道を進む。すぐに急な下り坂となって県道とまた一緒になる。この下り坂は車の後ろ押し専門の人夫がいて、「かせぎ坂」と呼ばれた。

 

膝折宿

 県道と合流したあたりが膝折宿上宿。膝折坂下交差点を渡ると右に、格子のある大きな屋根の中宿脇本陣の「村田屋」があり、表札を見ると、高麗とある。この地も帰化人が多いのだろう。その先左、郵便局の手前に「本陣」の牛山家があるが、普通の民家だ。

 膝折宿町内会館交差点を左折する。商人宿の「増田屋」旅館がある。慶応の打ち毀し騒動や明治の自由民権運動に登場するが、民家と変わらないたたずまいである。
黒目川に架かる小さな大橋を渡って、朝霞市から新座市に入る。マンションの下を巻くような「たびやの坂」の急坂を上って、細い道をまっすぐ民家の間を進むとひょっこりと県道に合流する。すぐに「横町の六地蔵」を野火止下交差点の手前で見つける。お堂の中に白い涎かけをした地蔵が並ぶ。

 

野火止大門の交差点は「平林寺」へと向かう参道の入口である。日本画家速水御舟が大正期に平林寺に仮住まいし、制作のかたわら参禅して心の修養に努めた。この話に興味を持ち左折して寺に向かう。武蔵野の面影を残す境内林を右に見てようやく着いた。しかし山門が閉まっている。閉門の4時を10分過ぎていた。残念。街道に戻る。


中堀バス停で、水がちょろちょろ流れている「野火止用水」をまたぐ。農家の大きな庭のあちこちにある欅の巨木が、薄鼠色の冬空に枝を張り巡らしている。野火止上交差点の右にある眼病にご利益がある「慈眼堂」にお参りする。

 新座北口通りから、 JR武蔵野線 新座駅へ行く。

17時5分   36939歩



平成14年2月12日(日)

 曇っていて昨日より寒い。

7時50分  新座北口通りをスタート。

 

大和田宿

 大和田宿は地元でも本陣などの施設が確認できず宿場の場所が特定できないようだ。

坂を下り始めるとすぐに、「鬼鹿毛の馬頭観音」がある。

秩父の人が江戸に急用があって、名馬鬼鹿毛に乗り、道を急いでいました。しかしさすがの鬼鹿毛も疲れが見え、大和田宿にさしかかったとき、松の根っこにつまづいて、倒れました。しかし名馬、ただちに起き上がり主人を江戸まで送り届けました。用事を済ませた主人が戻ると、鬼鹿毛の姿がありません。もと来た道を戻っていくと、なんと倒れたところになきがらがありました。鬼鹿毛が主人の急を知り亡霊となって走り続けたのでした。

その観音は松でなく、なぜか大きな杉の下にある。

 長い下り坂の途中、地蔵が立っている角を左に入り、小道を進むとすぐに墓地がある。しかし墓石は無く卒塔婆と花入れがある程度だ。この地方は遺体を埋める埋墓(うめばか)とその人の霊を祀って石碑を建てる詣墓(まいりばか)とが別々にある。目の前の形だけ祀ってある墓は埋墓である。詣墓は少し先を入ったところにある普光明寺である。

 

わずかに上る坂を進むと、道は二本に別れており直進するが、すぐに柳瀬川で行き止まり。仕方なく現川越街道の国道254号線に架かる英橋を渡る。浦和所沢バイパスの英インターの下をくぐり、国道を進む。跡見学園女子大を左に見ながら上って行く。やがて新座市から三芳町に移るところで、上り下りの二車線が欅の植えられた中央分離帯によって分かれる。川越街道は現在の上り車線である。車道を歩くことはできないので、整備された右の歩道を歩く。
 

竹間沢通りを右に入って三芳町立歴史民族資料館に行く。仰々しい名前の建物だが、町の歴史が解かるように展示された素朴な内容である。

綱吉の側用人で後に川越藩主となる柳沢吉保がこのあたりの新田開発を推し進め、その後、さつまいもづくりが始まり、川越芋の特産地として知られるまでになったそうである。

 

国道に戻る。大崎電気の先の大きなイチョウの木の下に「木宮稲荷神社」がある。お稲荷さんは商売の神様だが畑作を中心としたこの地区では農業神として信仰された。

藤久保南で中央分離帯がなくなる。スピードを上げた車がひっきりなしに過ぎる。二車線の道の両側に農家があり、蔵があり、屋敷の奥に畑が広がる。タイヤ販売店、電機店、中古車販売店、散髪屋。小雪がちらつく。民家の庭に御嶽信仰の塚があり、明治7年この地区の小学校が開設された広源寺がある。

 

藤久保交差点を過ぎると国道は再び中央分離帯で上り下りが分割される。「藤久保の松並木」がある。川越街道に唯一残った松並木で、松の巨木が20数本。欅、桜、ヒマラヤ杉等の樹木も欲張って植えられているので、松が窮屈そうである。「その昔 殿が通りし松並木 今はあなたが守ります 三芳町」と表示されているが、松と松の間が排気ガスの絶えない上り車線では、いつまでこの並木があるのか心配だ。



 

大井宿

 大井町に入り分離帯は無くなる。農家の広い庭に白い梅が見える。霜柱がまだ融けていない。

木戸跡を示す標柱があり、ここから下宿が始まる。

ENEOSのご主人によると下宿と呼ばずに坂上と呼んでいたそうだ。下る急坂の名前はさあ、なんというのか知らないと。


大井橋で鎌倉期の開拓の際に掘られた「砂川掘」を渡ると、宿場の中心的存在であった「徳性寺」がある。すぐ先の左、池坊いけばな教室の看板を掲げた新井家が「本陣」である。
敷地内に立っている説明板によると、大井宿には河内屋、柏屋、うどん屋、中屋の4軒の旅籠と中島屋という木賃宿があったそうだ。しかし明治期に3回も大火に見舞われて宿場の面影は今どこにも残っていない。

 カー洋品店ドライバースタンド、紳士服アオキ、レストランバーミヤン、プロミスそして東入間警察署入口交差点、大井小学校、旧大井村役場庁舎。

すぐ先で国道254号線と別れて岡ちゃんラーメンの左側の細い道に入っていく。すうーと車が減る。大きな庭を持つ農家が続き高い欅があちこちに見える。文具店のパソコンの出張講習しますの貼り紙が違和感を抱かせるゆったりとした雰囲気である。
役場入口交差点は角(かど)という場所で、地蔵街道とも呼んだ大山への道標を兼ねた「角の常夜燈」がある。江戸期は街道の中央にあった。
 

道は右に大きく緩やかな曲線を描いている。美可美という蕎麦屋らしからぬ立派な看板が掛かっているのを見つけ、背の高い欅が数本ある農家の広い庭に入っていくと、奥にお店がある。表の方はさっき別れた国道である。客で溢れている。天ぷらそばを食べ終わると1時間近く経っていた。

 

亀久保地蔵を過ぎ、ダイアパレスのマンションを過ぎると、鎮守である神明神社である。横に大和田宿と同じ名馬に係わる話が伝えられている「馬頭観音」がある。しかしお堂は真っ暗で観音像は拝めない。

ここで国道と合流する。

亀久保交差点から先は中央分離帯があり、植えられている枝だけになったイチョウが寒そうである。道の両側は派手な看板が続く。リンガーハット、TSUTAYA、デニーズ、ローソン、上州屋、ガリバー、アイフル、カメラのきむら、マクドナルドドライブスルー・・・。車は数珠繋ぎだ。ここ大井町の人口は45千人。なんと日本で一番人口の多い町である。かなり前から隣接する富士見市、上福岡市、三芳町との2市2町による合併が検討されている。

 

左側に芝開地蔵があり、鶴ヶ岡八幡神社がある。

Old Roadの標識に沿って国道と分かれて、左の細い道をすこし下っていく。
ここから川越市だ。農家の家並みが続く。庭の白梅、紅梅が華やかにあるいはひっそりと咲いている。新井、沢田、有山と書かれた表札を掲げた家が多い。道は右に左に緩やかに曲がる。

 藤間文化会館から少し上がる途中に東光寺があり、その先高階西中学校へ曲がる角の覆屋の中に地蔵がある。江戸期、地蔵の右手に刑場があったので「首切り地蔵」と呼ばれたはずだが、その説明は無く開明地蔵と表示されている。

 

真っ直ぐな道が続く。農家が減り、民家、事業所、作業所、商店が増えてくる。高階中学校前で急坂を下る。道から左に少し入って地蔵院を覗く。 

不老川に架かる御代橋を渡る。不老川は武蔵野台地のわずかな湧水を主な水源とするので、冬には水枯れを起こし、流れが年を越さないことから「としとらず川」と呼ばれている。地元には節分の夜に不老川の橋の下にいると年をとらないとの伝説もある。

この不老川が流れ込む新河岸川はやがて荒川に注ぎ、そして隅田川となる。人が川越街道を利用したのに対し、物資はこの新河岸川の舟運が川越と江戸を結んだ。

 

やがて「烏頭坂」を上る。烏頭坂と書かれた石柱の脇の石段を上ると、この辺りの鎮守である熊野神社がある。
坂を上りきって国道254号線に合流する。
JR川越線と東武東上線に架かる川越大橋を渡ると、ここから先は県道川越・坂戸・毛呂山線が道筋である。
妙善寺、菅原神社を過ぎて、道は真っ直ぐ。車がぎっしりと連なる。


 蔵造りの家が点在している。川越は「小江戸」と呼ばれ、多くの観光客が蔵造りの景観を見に来る。しかし蔵造りの家で江戸期のものは1軒しかなく、それ以外は明治26年の川越大火の後、蔵造りが見直されて造られたものである。従って川越は小江戸というより、明治の遺産がある街が正しいのではないか。なんて言いがかりをつけるのは疲れたからかなあ。疲れた体には暖かく甘いものが良い。伊藤園のおしるこを飲む。もう一息だ。


 市役所前の川越城大手門跡に着く。ここが川越街道の終着点である。
16時20分  30357歩


 中山道は雪が積もっているので歩けない。それではと、馴染みのある川越街道を歩いた。街道のほとんどが、車の往来が激しい現在の川越街道と重なっているのではないかと危惧したが、そうでもなく、又意外にも随所に昔の面影があり楽しかった。(了) 


                           トップへ戻る