平成25年3月20日(祝)

10時 有楽町線 飯田橋駅から数分の小石川後楽園に入る。
枝垂れ桜が満開で、園内は華やかな空気に包まれている。

小石川後楽園は水戸藩上屋敷の庭園。
白堀からこの庭園に引き込まれた神田上水の跡は細い泥水の流れになっていた。

後楽園の築地塀に沿って銀座線後楽園駅前に出て、文京シビックホールの背後にある講道館柔道資料館に行く。
ところが、日曜祭日はお休みだそうで入れない。こんなところにも閉鎖性が窺えて、最近 女子柔道選手による暴力告発問題が起きたことに妙に納得する。
オープン戦観戦の野球ファンが集まっている東京ドームの下にある野球体育博物館に入る。ユニフォームとスパイクの展示が野球の面白さを伝えているかどうか?
このあと、お茶の水駅に出る前、本郷通りを渡って日本サッカーミュージアムにも行ったが、なでしこジャパンンの活躍もあってか、こちらの方が楽しめた。

外堀通りの水道橋の先に神田上水懸樋跡がある。

水戸藩上屋敷から出た上水が、この懸樋で神田川を越えて江戸の市中に給水されていた。
しかし小石川後楽園で見たあの細い流れが今ここに来ているわけではない。

都立工芸高校裏手から忠弥坂を上り、宝生能楽堂前、桜蔭学園横を過ぎる。
突き当たりの本郷給水所公苑に入り、東京都水道歴史館を見学。

公苑には神田上水の石樋が復元され、歴史館には江戸市中にはりめぐらされた木樋を使っての水道が説明されている。

聖橋を渡ると文京区から千代田区に移り、JRお茶の水駅前に出る。
サンクレールの肉の万世で昼食。
隣に夏目漱石も通った井上眼科がある。眼科の専門病院として古い。
歌人伊藤左千夫は「悪くはならぬが、不治の眼病」と診断されて政治家を断念した。

淡路坂を下り、万世橋を過ぎて、JRをくぐると、柳森神社。
このあたりから先は、江戸期 柳原土手と呼ばれ、古着屋が軒を並べていたところ、現在は柳原通りと名付けられて、岩本町、馬喰町へと延びて、繊維関係の店が多いのも、その名残りか。

中央区に移って浅草橋を過ぎると、川の両岸に船宿が増え、もやう屋形船が川面を埋める。
神田川最後の橋である柳橋に着いた。

15時  18602歩


柳橋のたもとに料亭 亀清楼がある。

柳橋を渡って、高山先生の跡に付いて亀清に這入った。(中略)
外はまだ明るいのに、座敷には電燈が付いている。一方の障子に嵌めた硝子越しに、隅田川が見える。
(森鴎外著「青年」より)

 
トップへ戻る