平成25年1月12日(土)

9時45分 東西線落合駅から早稲田通りを通って小滝橋に出る。
神田川は落合水再生センターの裏手を北上。

左岸は下落合、右岸は高田馬場、両岸に桜並木が続く。
高田馬場に仕事場を置いた漫画家手塚治虫も、ここの桜が咲くのを毎年楽しみにしていた。

なぜサクラが好きかというと、ぼくの故郷である大阪近郊の宝塚は、サクラの名所でもあるからだ。宝塚周辺には「一目千本」といわれたサクラの林もあり、パッといっせいに開花すると、初めて春の実感が湧いたものだ。
(手塚治虫エッセイ集第7巻「私の好きな花 サクラ」より)
今冬は寒い日が多く、今日も空気が冷たい。春は遠い。

西武新宿線下落合駅近くから東に転じるところに高田馬場分水路が口を開く。
しばらく進むと川岸に道は無くなり、川沿いに並ぶ東京富士大の校舎群を過ぎ、さかえ通りの昔に変わらぬ飲食店街を抜けると、鉄腕アトムの発車メロディが流れる高田馬場駅前に出る。

山手線、西武線のガードをくぐり、神高橋で川岸の道に戻る。高塚橋、戸田平橋と続く。
新宿区を流れていた神田川は、このあと豊島区に入ったり新宿区に戻ったりを繰り返す。
新目白通の下をくぐってきた妙正寺川と高田馬場分水路が、高田橋で顔を出して神田川に合流する。
都電荒川線が高戸橋を渡ると直角に曲がって新目白通に入り、早稲田に向う。
面影橋を左に行くと、「山吹の里」の碑がオリジン電気の工場前に立ち、その先に南蔵院がある。円朝作「怪談乳房榎」で幽霊が龍を描いた寺だ。
面影橋に戻り、荒川線の線路を跨ぎ、坂を上ると水稲荷神社、そして御三卿清水家下屋敷だった甘泉園公園がある。

公園裏手の公務員社宅脇から高田馬場跡碑のある茶屋町通りを進むと、マンション「Casa Stella」がある。
ここは、かつて安兵衛湯があったところ。

貴方はもう忘れたかしら
赤い手拭マフラーにして
二人で行った横町の風呂屋
いつも私が待たされた
(喜多條忠作詞「神田川」より)

この横町の風呂屋が安兵衛湯らしい。
喜多條氏が住んでいた三畳一間の下宿が、高田馬場駅に近い戸田平橋のたもとの安斎ビルあたりだとする説があるが、そこから安兵衛湯までは随分遠い。同氏が作詞、八代亜紀が歌う「追憶の面影橋」にも六畳一間のアパートが出てくる。面影橋のアパートから安兵衛湯に通うのはごく自然な距離。

安兵衛湯跡の斜め前に、天ぷらの暖簾を掛けたいもやがある。

店内は10人も座れば一杯と狭く、カウンターの中で忙しく切り盛りしているのは年老いた夫婦。
メニューは、てんぷら定食と天丼と、えび定食の3つ。
しかし客が絶えない。そのわけはすぐ分かった。
天ぷら定食を頼むと、ご主人が揚げたてのアツアツの天ぷらを出してくれたので、妻は大感激。
しかも、エビ、キス、イカ、春菊、イモ、人参、ナスの天ぷらに、シジミ汁が付いて、600円とえらく安い。
ご主人に伺うと、神保町からここに来て29年。でも最近は、店の前の道が早稲田通りの裏道になって、食べにくる学生が少なくなったとのこと。
早稲田の学生がこんなにおいしく安いものを見逃すとは、残念!

グランド坂を下り、早稲田大構内に入りこみ、演劇博物館をゆっくり見学したのち、一陽来復御守を求める人が列をなす穴八幡宮に参拝、その先にあるヴォ―リス建築事務所の設計監理による煉瓦造の早稲田奉仕園スコットホールを見学し、早稲田大文学部のカフェテリアで女子大生に混じって一休み。

地下鉄駅前から、安兵衛ゆかりの小倉屋、その横の文豪漱石誕生の地から夏目坂を上り、牛込二中と早稲田小学校を抜けると漱石山房跡に出た。猫塚がある。道草をする。
さらに山鹿素行の墓がある宗源寺、外苑東通りを渡って松井須磨子の墓がある多聞院まで行く。

神田川から随分離れたので反転し、ひっそりした済松寺の前を北上し、鶴巻町交差点から神田川に架かる大滝橋を渡って、川沿いの江戸川公園に入る。
散策する人の多い公園内に、神田上水取水口の石柱が残され、次の説明が書かれている。

「関口の大洗堰(現在の大滝橋あたり)で水位をあげ、上水路(白堀)で水戸上屋敷(現後楽園一帯)に入れた。そこから地下を樋で、神田、日本橋方面に給水した。」

川の上流に少し遡り、駒塚橋で水神社と関口芭蕉庵の間から胸突坂の急坂を上る。上がりきると永青文庫、細川家伝来の精緻な美術品を楽しんだ。

和敬塾と蕉雨庵の間から目白通りに出て、椿山荘から目白坂を下る。
途中に目白台ハウスがある。

有馬頼義さんも一頃ここで仕事をされた。アイ・ジョージと嵯峨三智子さんの愛の巣が営まれていたのも、建って間もない頃のこのアパートだった。田中真紀子さんの新婚時代もここから始まったと聞いている。北大路欣也さんともエレベーターでよく出会った。
(瀬戸内寂聴著「場所」より)

16時40分  有楽町線江戸川橋駅   24715歩



平成25年2月23日(土)

10時30分 江戸川橋駅を降りて、いきなり佐藤春夫旧宅へ寄り道。

それは音羽通りを進み、新目白坂を上る途中の閑静な住宅街のなかにあった。
谷崎潤一郎の妻だった千代との愛を結実させ、終の棲家とした邸宅は、故郷新宮に移築されているが、
櫛形の門扉を大谷石が包むモダンな玄関が当時のままで残る。

江戸川橋に戻る途中、関口フランスパンでサンドをつまむ。


巻石通りに入る。

関口大洗堰で取水され、水戸藩邸まで通された開削の上水道で 神田上水白堀(しらぼり)と呼ばれた。
明治期になって石蓋で覆われた姿が、石で巻いたようだというので巻石通りと呼ぶ。

小日向の高台下をくねっている通り沿いには寺院が多い。
古今亭志ん生の墓がある還国寺
大日坂にある妙足院
清光院、 善仁寺
劇作家真山青果の墓がある日輪寺
「坊っちゃん」の来るのを楽しみに待っている清の墓があるという、夏目家の菩提寺である本法寺
戯作者滝亭鯉丈の墓がある称名寺 
龍閑寺

そして服部坂を上ると財務省宿舎付近が新渡戸稲造旧居跡
小日向交差点のすぐ先の霊友会の大学施設は、徳川慶喜終焉の地である。

金剛寺坂を上って丸ノ内線を跨いで右に進むと、永井荷風生誕地の案内が立っている。

もう三十余年の昔、小日向水道町に水道の水が露草の間を野川の如くに流れてゐた時分の事である。旧幕の御家人や旗本の空屋敷が其処此処に売物となってゐたのをば、その頃私の父は三軒ほど一まとめに買い占め古びた庭園や木立をそのまゝに広い邸宅を新築した。
(永井荷風著「狐」より)
往時を偲ぶものはないが、下校途中の小学生を見ていると、荷風が近くの黒田小学校へ通ったころの様子が浮かぶ。

安藤坂を上って伝通院にお参り。
坂の途中に樋口一葉が通った萩の舎があったという。
伝通院前の萬盛で稲荷箱そばを食べる。蕎麦屋は藪そばだけではない。
巻石通りは牛天神下交差点で終わり、その先に水戸藩邸跡の小石川後楽園がある。           

大曲、文字通り神田川が大きく曲がるところに戻る。高くそびえる凸版印刷ビル、その地下にある印刷博物館で活版印刷を体験した。アダナ印刷機で一筆箋に名前を入れるのだが、懇切な指導があり、満足する出来栄えになった。

16時   JR飯田橋駅   16441歩

  トップへ戻る