神田川

源流から隅田川へ注ぐ柳橋まで、善福寺川、妙正寺川の支流を含め歩きます。
川筋に沿いながらも、その周辺を気ままに散策する予定です。

 

平成24年10月30日(火)

10時 JR吉祥寺駅を降りて、神田川の水源のある井の頭池に行こうとすると、妻は井の頭自然文化園へ行きたいという。
幼い頃三鷹に住んでいたので、久しぶりに象のはな子に会いたいらしい。

はな子は1947年生まれの65才、すっかりおばあちゃんになっていた。
かわいい幼稚園児たちの「はな子さーん」の呼びかけにも、お尻を向けてそ知らぬ顔。しかたありません、年寄りはみんな勝手つんぼなんです。
スポーツドリンクを含め一日100キロを食べるそうで、まだまだ元気、妻も一安心。


自然文化園から井の頭池へ下る。
池の西端にある御茶ノ水を覗き、七井橋を渡って、池の東端に架かるひょうたん橋までボートを漕ぐ。

ひょうたん橋の先に水門橋がある。橋の下の川の流れは細い。
傍らに一級河川 神田川の碑があり、ここから神田川が始まることを示している。

すぐに井の頭線井の頭公園駅脇をくぐる。
川まで降りてせせらぎを楽しめる岸辺となっているが、それも束の間、神田上水橋から下流は味気ないコンクリートの護岸となる。川に架かる橋も素っ気ないものばかりだ。

神田川に寄り添う様に走る井の頭線の三鷹台駅前にあるのが、立教女学院
女優野際陽子さんの母校だ。

今の少年達とは比べものにならないほど純情な高校生だった私達は、これから手に入る筈の、ほとんど大人としての権利と責任を深く意識して、「頑張ろう」という強い思いを胸にそれぞれの大学に分かれて行ったのだ。
「ワタシの大学には男の子もいるし」
女子大に行く友人達の前では口にしなかったこの言葉を、心の中でソッと呟いてみた。
(野際陽子著「脱いでみようか」)
たしかに、駅から降りるのは女学生ばかり。

神田橋とみすぎ橋の間に、おそらく神田川の旧流路跡が残っており、家々の裏を巡っている。
みすぎ橋はその名のとおり三鷹市と杉並区をつないで、ここで三鷹市から杉並区に移って、久我山の閑静な住宅街を進む。
満開になれば川面を覆うだろう桜並木が続く。
久我山村の鎮守である稲荷神社に詣でる。
久我山駅の前で人見街道が横切る。
左は井の頭線検車区に接し、右手は印刷局、王子製紙社宅の濃密な林。
足もとには、日日草、マリーゴールド、黄花コスモス、ブルーサルビア、秋海棠等の可愛い花が植えられている。

富士見ヶ丘駅を過ぎると、右の木立の上に浴風会本部の建物が覗く。

養老事業のモデルとして知られた浴風会への坂を上る。
鬱蒼とした緑に囲まれた広大な敷地のなかにいくつもの介護施設がある。

浴風会評議員の方が会報に
「私は多少の故障や病気に対しては、『歳をとるとこんなもんだ』と折り合いをつけて、医療に過度の期待をもつことなく、思いどおりに生活することを目標としている」と書いている。これだ!これからの生活はこの考えでいこう。

高井戸駅前の清掃工場の高い高い煙突が50年以上前の東京ゴミ戦争を思い出させる。
駅前の環八が神田川に架けたのが佃橋。この佃橋の下に玉川上水の処理水が流れ込む。

日本郵政のグラウンド、マンションと公園になった三井のグラウンド跡、柏の宮公園になった興銀グラウンド跡、塚山公園、下高井戸運動場、そしてすでに杉並区が入手したという広い東電グラウンド跡と川べりに広い緑の空間が続く。   

15時50分  東急世田谷線下高井戸駅   23717歩 

 

平成24年11月17日(日)

9時 京王線下高井戸駅を降り、欅の落葉が舞う甲州街道を渡ると、今日のスタート地点の永福橋。
日曜日のせいか、川岸の自転車歩行者専用道を、散歩するする人が多い。
すぐの永高橋の右手に永福学園があり、その裏手の築地本願寺和田堀廟所には樋口一葉が眠る。

森鴎外は騎乗して棺側につき添うと申し出たが、なにごとも内輪に考えた妹くにはこれを丁重に断っている。お返しができないからと、会葬もほとんど受けなかった。
寂しい葬列は丸山福山町から本郷を下り、谷中を下り、日ぐらしの火葬場で煙となり、築地本願寺に葬られた。
(森まゆみ著「一葉の四季」より)


井の頭線のガードをくぐる。このあと井の頭線は南東にカーブを切り、北東の方向に流れている川に会うことはない。

このあたり、かっては草深い武蔵野だったはずだが、見るべき神社や寺が意外に多い。

宮前橋を左に入ると、三代将軍家光お手植えといわれる大きなクロマツが本殿横にそびえる熊野神社、
このあたりの地名である和泉の由来である泉が湧き出た跡が残る貴船神社がある。
環七を越えると、上水橋の左にある東運寺が本堂に釜を載せている。
杉並区から中野区に移ると、角田橋の右には源義家が先祖を奉祀したと伝えられている多田神社がある。

さらに、この先、中野本町の長者橋から山手通りを中野坂上に向うと、室町期 中野長者の住まいだった成願寺が、今も多くの参拝者を集めている。

丸ノ内線の中野検車区の横を進むと、善福寺川が左から神田川に合流する。

地下鉄が地下にもぐるあたりに架かる和田見橋を渡って、メトロの研修所の方へ寄り道。途中、小さなれんげ公園に用水を引いた本郷堰跡の案内があり、研修所の敷地内には、竹橋駅付近の建設現場で見つかった神田用水の溜め枡が保存されている。

中野富士見町駅近くの富士見橋から下流の花見橋まで川岸に道がなく、家一軒北に並行する道を進む。
中野の新橋の欄干が朱いのは、昭和期まであった花街を懐かしんでいるのだろうか。
マンションが増えたそのあたりに貴乃花部屋がある。今日は九州場所開催中のためか、ひっそりしている。
花見橋のあたりから、川岸の道に戻ると、真正面に新宿新都心の都庁が現れ、中野坂下の淀橋まで、高層ビル群を見ながら歩く。

末広橋のたもとに小公園がある。

天沼弁天の池に源を発した桃園川が流れ込んでいたところで、今は桃園川緑道の終点である。

この公園内に、1970年代を代表するフォークソング神田川の歌詞を刻んだ碑が立っている。
しかし、Wikipediaによると、「三畳一間の小さな下宿」は、もう少し下流、高田馬場の戸田平橋近くだという。

総武線のガードをくぐる。
南小滝橋の手前に中野三中がある。卒業生に女優松坂慶子がいる。

演じるという世界に、足を踏み入れたのは十四歳のときでした。
中学校でのクラブ活動は演劇部。といっても私に与えられる役は、たとえば『白雪姫』なら毒リンゴをあげるオバアサンといった調子でしたが、・・・
(松坂慶子著「女優と、私と」より)
最近、この中野三中に統合による廃校計画が持ち上がり、地元住民がその存続を訴えている。

山手通り近くにあった菖蒲橋から中野区と新宿区との境界を流れていた神田川は、小滝橋を過ぎて新宿区に入る。
小滝橋の少し下流に、寒天を製造販売している讃岐屋がある。疲れた体にクリームみつまめは美味しく、寒天は、歯ごたえがあった。

14時55分  東西線落合駅  25748歩

トップへ戻る