平成15年12月7日(日)

7時  京王永山駅近くの乞田交差点から、緩やかに上がる貝取大通りを進む。右に貝取神社、左手に大福寺。

「貝取村」
・・・すべて山合の地なれば、水田は少くして、陸田多し、農民耕作の間或は蚕を養ひて生産の助とす、村内に相州へかよふ道あり、村の東字瓜生をへて、小野路に達す、・・・又鎌倉道の古跡あり、乞田村より入て、大福寺の後ろなる山の中腹をすぎしあと今猶遺れり、・・・
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 多磨郡之十」より)

多摩ニュータウンの造成工事が多摩丘陵の様相をすっかり変えており、この辺りで街道を正確に辿ることは無理だろう。
丘陵を上っていく大通りは、ニュータウンの建物群の中をほぼ一直線に延びている。
グリーンテラス豊ヶ丘、ホームタウン貝取、コスモフォーラム多摩、豊ヶ丘団地、貝取団地。

 
南野高校東交差点で、ニュータウン地域から抜けると、道は細くなり、名前も一本杉通りと変わる。その先に一本杉公園があり、阪神タイガースの聖地ともいえる一本杉球場がある。昭和60年(1985)1月19日、このグランドであの江夏豊さんの引退式が行なわれたのだ。

その日、スタンドは16千人のファンで埋まった。神宮でも甲子園でも後楽園でもない。多摩の市営球場にこれだけの人間が入ったのである。式は少年野球チームによる試合から始まった。そして2回表1死の場面でピッチャー江夏、キャッチャー辻恭彦に代わった。ピンチヒッターには、落合博満、高橋慶彦、福本豊、山本浩二、大杉勝男、斉藤明夫、江藤慎一。江夏は彼らに合計27球を投げた。・・・・・
通算206勝、奪三振2987、193セーブをなしとげた男、背番号28をつけた縦縞のユニフォーム、花束を手にした江夏の視線の先には、引退を惜しみながらも、これからの江夏を激励するために集まったファンの姿があった。
(「左腕の誇り・江夏自伝」より)

閉じられた事務所内に貼られた、そのときの模様を伝える写真がガラス越しに見えた。

 

町田市

戻って恵泉女学園大学の東門の左側の塀に沿った道を進む。
南門を過ぎて左に入ると、靴がすっぽり埋まるほど落葉が積もった山道に変わる。
道幅は両手を広げた程度しかない。
丘の斜面を、あるいは切通しとなって生い茂る雑木林の中に約1キロも続く。
街道「跡」ではなく、鎌倉街道という「古道」がひっそりと残っている。
やがて舗装路に出ると小さな馬頭観音が迎えてくれる。
さらに続く切通しを下って、小野路の宿(しゅく)の集落に出た。

 国府のあった府中は小野郷と呼ばれ、小野路の名前はその小野郷に至る道が通っていたことに由来する。
宿の集落は鎌倉街道の宿場だった。500メートルほどの真っ直ぐな都道の両側に、北の上宿から南の下宿に向って家並みが続く。

幕末期の宿場を描いた図を見ながら歩く。
神奈中・小野路バス停のある北の四辻は、かつて行き止まりの三叉路であった。
南に下がって三軒目の堀口営繕・塗装店は「ざる屋」で、隣に大工、桶屋と並ぶ。切通しを下って宿に出てきたところのアパートには医者が住んでおり、その向かい側の南三軒目あたりのレオパレスホワイトピアーに名主の橋本さんが住んでいた。
隣の宮川さんの脇から細い流れの小野路川が道の右脇に現れて下宿に向って流れていく。
中宿バス停あたりに高札場があり、その向かいに牢屋があったという。その南に6軒の旅籠が並んでいた。中屋、たばこ屋。そして名主の小島さんの前に池田屋、福島屋が、右角に角屋があった。

母屋の49棟中12の不明分を除くと昭和40年代に16棟の建築をみている。この時期は草葺屋根が大幅に減少していった時期でもあった。・・・都市化の波が押し寄せる中で水田が減少し、それに伴って共同作業も消滅へと進む時期でもあった。
(東京都教育委員会発行「町田市小野路地区文化財調査報告」より)

宿場の面影を残す建物は無いが、敷地内に広い庭があり、また敷地の境界や道路に面したところが樹木の垣根になっているので緑豊かな景観になっている。
ただし道幅が5メートルに満たず、車がすれ違うのに苦労しており、我々も車に気をとられがちだ。

 
氏神さまの小野神社。神社前で右折して上っていく都道が、向坂に差しかかるところを左手の細い道に入る。
野津田公園への道に出ると、榎の大木の下に、「おおやまみち一里塚」と刻んだ石柱が立っている。塚の脇を延びる道は矢倉沢往還、または元和3年(1683)3月、家康の遺骸を駿州久能山から野州日光に移遷する時に利用した御聖櫃御成道であるが、甲州道中と東海道平塚宿を結び、大山詣での人々で大いに賑わったので大山道とも呼ぶ。

 野津田公園の陸上競技場に、町田市こどもマラソン大会に参加する子供と付き添いの親が続々と集まってくる。一帯は緑が多い。風土記稿によると野津田は野蔦とも書いたらしい。
公園を抜け、野津田高校、町田養護学校の横を上って、農村伝道神学校の脇の階段を下る。
竹薮を抜け、急勾配の坂を下ったところに六地蔵が立つ。

芝溝街道に出ると、神奈中や小田急のバスの車庫・営業所やその後ろの鶴見川が立ちふさがって、前に見える七国山への道筋が見つからない。やむを得ず、これも鎌倉街道という丸山橋を渡って右に大きく曲がっている道を上がっていく。

家々の間を抜けて、竹薮の脇を左に入ると、クヌギ、コナラの林の中を街道が上っていく。散歩する人が多い。一人の中年男性が追い越しながら声を掛けてきた。

ここは実に気持ちの良い道です。
春の若葉の頃も良い。夏も涼しい。
街道から分かれる小道が沢山ある。迷うこともありません。

気持ちのよい道がもう終わるというところに、新田義貞が鎌倉攻めの際に馬に水を使わせたという鎌倉井戸がある。井戸を覗き込んでも水の気配は全く無い。
 
今井谷戸に下る。現鎌倉街道の左手を並行して本町田東小学校、ひなた村の下を通って住宅街の中を進む。
日蓮が佐渡流罪の際に立ち寄った宏善寺。境内に掲示された今日の聖語は「女人はをとこを財とし をとこは女人をいのちとす」 ・・・・??
その先に養雲寺。このあたりに鎌倉期の本町田宿があったというが、偲ぶよすがは無い。

「本町田村」
・・・民家百四軒字宿と云所に軒をつらぬ、この所にて毎月七の日に市をなして、近郷の人頗るつどへり、故に僻地の村落なれど、宿駅などの如くみゆ、・・・
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之二」より)
 

鶴川街道に合流して恩田川を渡る。小さな店の前に歩道をはみだして人だかりが出来ている。色褪せた看板をよく見ると、ラーメン狂の店雷文と書いてある。人通りが少なく立地条件が良いとも思われないのに、この人気には驚きだ。
 現鎌倉街道とぶつかる交差点に菅原神社があり、境内の左は建武2年(1335)信州から南下した北条時行を足利尊氏の弟直義が迎え撃った井出の沢古戦場。
ここから街道は区画整理された旭町、中町を通って買い物客で賑わう町田駅前に消える。

 消えた街道は、町田街道がJR横浜線を越える南橋から右に折れる道と、町田天満宮横の細い道とが合流するところに現れる。左右にくねりながら木々の多い住宅が続く金森地区を進む。

「金森村」
家数五十軒にして所々に散在せり、・・・村内中央に一條の往還あり、字を太田道と呼ぶ、北の方原町田村より入て、南の方小川村に貫けり、ここより橘樹郡神奈川宿へ通ふ小径あり、・・・
(蘆田伊人校訂「新編相模国風土記稿」より)

風土記稿は「村名の因て起る所詳ならず」と述べているが、このあたりは奈良時代より高麗人の移住が多かったところであり、多分彼ら帰化人の名に関係ある地名であろう。

 細かった道は都営金森団地に向って進むあたりで一旦広くなるが、鶴金橋のあたりからまた狭くなって人影もない住宅の間を進む。境内がイチョウの落葉で敷き詰められた杉山神社の先で街道は畑の中に消える。その先に流れる境川の岸は整備された自転車歩行者専用道路になっており、ウォーキングしている人が多い。川の向こうは相模原市。そのまま河岸を進み、大和バイパス、東急田園都市線のガードをくぐった後、鶴間公園脇から街道に戻り、鶴間小学校、東京女学館大の横から国道に出る。

 

神奈川県横浜市瀬谷区

八王子街道を横切ってすぐ左に入り、SECOMFSセンターの脇を上って大成ロテック、京浜特殊印刷、東京新聞、日経新聞の事業所、工場の横を進む。
東名高速道路をくぐる。八幡神社。左へ上っていく坂は室町期に牢屋があったので牢場坂。日蓮ゆかりの妙光寺。

北向地蔵で右折すると、まるで裏道のような旧道が中屋敷地区の家々の間を縫うように延びている。

時折立っている「ふるさとの散歩道」の案内は、善昌寺、瀬谷銀行跡、中屋敷地蔵尊などを紹介している。
屋敷林の欅が圧倒的な大きさで空を覆い、落葉が道の両端に吹き寄せられている。
本郷地区に変わっても、民家の間のごく普通の道が一本の紐のように続く。徳善寺。

相鉄線のガードをくぐる。日枝社の欅も大きい。西福寺、左馬社。橋戸地区、北新地区を貫く道をひたすら歩く。宗川寺。

 

横浜市泉区

西空が朱に染まる。

・・・心ばかりは勇めども 勇みかね足る痩馬の あら 道おそや 急げども 急げども 弱きに弱き 柳乃糸のよれによれたる痩馬なれば 打てどもあふれども先へハ進まぬ・・・(謡曲「鉢木」より)  

鎌倉街道を愛する個人が作った羽太資料館がある。
建物の前に、江戸柳明古地図と題する辺り一帯の様子を描いた地図が掲げられている。それによると、新田義貞公進軍の道と書かれた鎌倉街道沿いに商家などが並んでいる。すなわち、北から穀屋、名主、代官、酢屋、車大工、建具屋、紺屋、鍋屋、造酒屋、桶屋、医者・・・。

濃く漂う夕闇の中を行ったり来たり覗き込んだりして、現在の状況を一軒一軒確認する。街道の右側は田畑が広がっており、これらの家々は左側に並んでいる。しかし敷地の広い農家らしき屋敷が続くだけで、人の出入りが多かった商家の並んでいるかつての様子が想像できない。
さらに道の左手を入って柳明神社に行き、本日の街道歩きが無事に終わったことを六地蔵に感謝した。

 17時30分   小田急江ノ島線  高座渋谷駅  58142歩

 トップへ戻る