平成15年11月22日(土)

川越線武蔵高萩駅を降り、今日のスタート地点である霞野神社がある女影地区に向う。女影の地名の由来が気になる。

「女影村」
村内に千丈ケ池と云池ありて、往古せんと云ひし女此池に身を投て死せしが、その後彼女の影時として池中にあらはれしかば、土人これを女影と呼びしより、村名も起りしといへり、
(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 高麗郡之八」より)

しかし、風土記稿自身もこの話を最妄誕の説といっており、本当のところはわからない。千丈ケ池も、この辺りが古戦場なので、最初は戦場ケ池と言ったのだろうと。 

7時50分  杉木立に覆われた霞野神社をスタート。
車一台がようやく通れるほどの道幅なのに、ひっきりなしに車が通り、危ない危ない。やがて広い道に出てほっとする。畑が広がる。
第二小畦川のたもとに鎌倉街道上道碑がひっそりと立っている。整備されてしまって風情のない切通しがある。。
国道407号と交わるところは鎌倉街道交差点。この国道は八王子と日光を結んだ旧八王子千人同心道。
左手の日高CCから降ってくる落ち葉が道を舞う。

南小畦川に架かる大下橋の右手はるか向こうに、富士山の真っ白な姿が見える。圏央道をくぐる。

 

狭山市

整備された広い道が智光山公園の横を過ぎ、狭山工業団地を抜けていく。ホンダの新車を載せた陸送車が頻繁に行き来する。
工業団地のはずれから下るのが信濃坂。北へ行くと奥州、信州に繋がるこの街道を、このあたりでは奥州道あるいは信濃街道と呼んでいた。

現在二車線幅の立派な舗装道路となっているが、かつては地元に古くから謡われている「奥州道の七曲り・・・」といったまりつき歌のとおり、雑木林の中を幾重にも折れ曲る急坂であったという。
(埼玉県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道」より) 

坂を下りたところに影隠地蔵がある。
源頼朝は、義仲の嫡男・義高を自分の娘大姫の婿としたが、義仲を誅伐すると、義高まで殺害しようとした。これを察知した大姫らは、秘かに義高を女装させて鎌倉から落ち延びさせた。このとき討手の眼を逃れるために、義高はこの地蔵の後ろに隠れた。しかし十二歳の義高でも隠れられない小さな地蔵である。実はこれは江戸期の石地蔵で、古くは街道を挟んで西側に地蔵堂があり、義高が光背に身を隠した高さニ尺余の木像があったという。

 
入間川の堤に出るが、八丁の渡しと呼んだ渡河地点がどこなのか分からない。

新富士見橋を渡って右に国道を少し歩くと清水八幡の小さな祠がある。

元暦元年六月廿七日
堀藤次親家が郎従梟首せらる。これ御台所の御憤りによってなり。去ぬる四月の比、御使として志水冠者を討つが故なり。その事已後、姫君御哀傷の余りに、すでに病床に沈みたまひ、日を追ひて憔悴す。
(貴志正造訳注「全訳 吾妻鏡」より)

入間川の河原で討たれた義高を憐れんだ北条政子が建てたという。
しかし頼朝の命に従ったのに政子のすさまじい憤りに遭って梟首された郎従が一番哀れである。

 
新富士見橋に戻って左に進む。近くに渡船場があり、対岸の柏原地区の人々が出入りしたので大国神社の前あたりを柏原横丁といったらしいが、今大国通りと呼ぶこの道が鎌倉街道だ。
徳林寺がある。この寺には元弘3年(1333)の武蔵野合戦の際に新田義貞が滞陣した、あるいは足利尊氏の四男・基氏のいわゆる入間川御所があったとの伝承が残る。このあたりは入間川宿のあったところだ。

上道の宿場でとくに傑出していたのが入間川宿で、ここには鎌倉公方足利基氏が9年間滞在していたこともあって、そのころは大集落であった。延文3年(1358)に新田義興(義貞の次男)が矢口渡(東京都稲城市)で謀殺されたあと、その怨霊が雷電となり入間川の在家300余宇、堂舎仏閣数十か所を焼いたと『太平記』に記されている。この記事をそのまま信用できないにしても、当時の入間川宿の繁栄ぶりが偲ばれると思う。
(「新編埼玉県史 通史編」より)

狭山茶の旗が揺れる商店がある。道は上っていく。中央公民館の手前を右に入ると八幡神社で、境内にある義貞の駒繋ぎの松は切株も朽ち、案内の字も殆ど読めない。

 西武新宿線狭山市駅に分断された街道は、つつじ通りと名付けられた整備された道になって現れ、まっすぐに延びる。
コーセー狭山工場が長く続く。地図を見ると、工場の後ろを西武新宿線が走る。
その向こうは航空自衛隊入間基地であるが、今上空に戦闘機の機影は無い。
 
常泉寺の建て替えた観音堂の裏に七曲井があり、案内板が立っている。

井戸の起源は建仁2年(1202)との説があるが確かでなく・・・・。
井戸の周囲は70メートル余り、直径18〜26メートルで地表から約10メートル下ったところに井桁がある。
このようなすり鉢状の形は、武蔵野台地に残る数少ない漏斗状井戸(マイマイズ井戸)の典型といえる。

近所のおばあさんが、埋まっていた井戸を30年ほど前に掘って復元したことを教えてくれる。井桁の中に緑色の水が溜まっている。
井戸の横を流れるのが不老川。毎年節分(旧暦の大晦日)のころになると水が涸れたので、としとらず川と呼ばれるが、今は、水が涸れることはないそうだ。

 

所沢市

まっすぐな道が続く。欅の葉が道を舞う。西武新宿線と斜めに交差する。
峰の坂交差点から左に下りると、義貞の三男・義宗ゆかりの薬王寺。本堂の前に大きな銀杏が二本。
坂をまっすぐ下りると東川の手前に新光寺。建久4年(1193)4月頼朝が那須野の狩に行く際に立ち寄ったという。
3月このあたりの入間野で追鳥狩を行い、5月には曽我兄弟の仇討で有名な巻狩を富士野で行なった頼朝は、これらの狩を通じて武士の棟梁であることを東国に誇示したらしい。八角堂の弁柄色の柱が艶やかである。

 
坂を上り、所沢駅を左手に、依然まっすぐな道が延びる。
南小学校の正門前に「旧鎌倉街道」の道標が立っている。
西武池袋線の踏切を渡ると長久寺がある。

 鎌倉街道には日本史が折り重なっており、登場人物も多い。とりわけ、この街道を通って鎌倉攻めをした新田義貞は、あちこちに足跡を残している。小手指ケ原の合戦を前に勢ぞろいをした勢揃橋、陣を張った八国山の将軍塚、戦勝祈願に立ち寄り兜を掛けた松があるという鳩峰八幡神社。夕方が近づき散歩する人も多く、薄暗い八幡神社の境内でも二組の夫婦に出会った。

 
八国山の斜面に広がる松ヶ丘団地を通る西武バスに、悲田処跡と名付けた停留所がある。付近を散歩している人々に、その場所を尋ねるが分からない。ようやく5人目のお年寄りが教えてくれた。団地の中の雑木林の落ち葉に敷き詰められた小公園だった。悲田処跡公園という。この施設は光明皇后の悲田院に倣ったものらしい。

天長十年(注 833) 五月丁酉、 武蔵国言、管内曠遠、行路多難、公私行旅、飢病者衆、仍於多磨入間両群界置悲田處。建屋五宇、
(佐伯有義校訂「続日本後記 巻第一)」より)

 

東京都東村山市

街道に戻る。夕闇が一刻一刻と濃くなり、車のライトが我々を照らしだす。
徳蔵寺境内の板碑保存館に入る。
たくさんの板碑が展示されている中に、有名な「元弘の板碑」が祀られている。高さ147センチの緑泥片岩に義貞の鎌倉攻めに従って戦死した三名の名が刻まれていた。

元弘三年葵酉
飽間斉藤三郎藤原盛貞生年廿六於武州府中五月十五日令討死
同孫七家行廿三同死
飽間孫三郎宗長丗五於相州村岡十八日討死

17時  西武新宿線東村山駅   49896歩

 

 

平成15年11月23日(日)

「村山」の名のおこりについては、狭山丘陵の地形が群山(むれやま)であったので、転化して村山と呼ばれるようになったものという。
すでに平安時代、武蔵七党の一つ村山党が、狭山丘陵周辺の地域を支配していた。村山党の名も地名によるものと思われる。

(東村山郷土研究会著「東村山の地名といわれ」より)

 
6時45分 東村山駅前から府中街道を進む。新青梅街道を越える。
広い道の両側に商店や事業所や民家が途切れることはない。

八坂の交差点は九道の辻と呼ばれたところで、次の九本の道が交わっていた。
江戸道、引股道、宮寺道、秩父道、御窪道、清戸道、奥州街道、大山街道、鎌倉街道。ただし今は七差路。
どれが鎌倉への道か義貞が迷ったので目印に植えたと伝えられる「迷いの桜」の何代目かが、八坂交番の横に植わっている。

 

小平市

鎌倉街道は交番の後ろのダイエー、そして西武拝島線を越えて、ブリジストンの広い東京工場の敷地を通っていたらしい。

 六小通りを左に入ると、小学校の先のテニスコートの横から街道が現れる。青梅街道を渡る。住宅地をまっすぐに延びるが、道幅はどんどん狭くなっていく。ブドウ畑は道に接する部分に、今年秋多かった農作物の盗難予防なのか青いシートが掛けられている。工事現場を歩いている気分だ。
鷹野街道を跨ぐと津田町に入る。右手の住宅の後ろに津田塾大キャンパスの木立が続く。
 玉川上水に架かる鎌倉橋を渡る。上水べりを散歩したりジョギングしたりする人が多い。

 

国分寺市

街道が途切れて府中街道に出ると、ニツ塚のバス停があるので、街道の一里塚といわれる二つの塚を探すが見当たらない。
連雀通りを進むと西武国分寺線に一旦分断されるが、道は線路の先に続いている。

熊野神社に境内の清掃をしようと近在の人が集まっている。今日は大国魂神社の新嘗祭が行なわれる日だと言っているのが聞こえる。
境内に立っている歌碑は、室町期に東国を行脚した聖護院門跡の道興准后が詠んだ歌で、正真正銘の有栖川宮熾仁親王の筆による。
 

「恋ケ窪村」
土人の伝えに此地古へ鎌倉より奥州えの街道にして、いとにぎはいたる駅亭なりしかば、遊妓などもをりし故、それらの因によりて村名も起これりといふ、
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之四」より)

東福寺に畠山重忠と遊女・夙妻との悲恋にまつわる一葉の松と傾城の墓がある。ここに遊女はいたが、重忠が寄り道したかどうかは分からない。 道は中央線西国分寺駅にぶつかる。

府中街道を進み、泉町交差点で左に入って武蔵国分寺跡に立ち寄る。広い芝生に礎石だけが覗く。国分寺を焼失させた義貞は、罪滅ぼしの意味だろうか、薬師堂を建てている。
武蔵野線をくぐると、国分寺跡より相当小さな国分尼寺跡がある。 
この国分尼寺跡の北側にある黒鐘公園の木立ちの中に、切通しの街道跡が残っている。
人気のあるスポットなのか、ハイキングをしたり、カメラを向けたり、この200メートルほどの道を歩く人は多い。

 

府中市

黒鐘公園と国分尼寺跡のあいだの道を進むと、やがて東芝府中工場の北門付近にぶつかる。仕方なく工場の敷地に沿って左に迂回する。
府中刑務所の高い塀が見えてきた。
あの事件は、この刑務所の北側の道路で起こった。

東芝府中工場のボーナスは、平均九万三千円余で総額六億円近くなる。しかし社内預金などを天引きしているので現金支給額は三億八千万円。昼休みの社員大食堂ではボーナス盗難の話でもちきり。また廊下のあちこちには女子社員の輪がいくつもでき、ひそひそと深刻な様子で事件のことを話し合っていた。・・・・・・
日本信託銀行はあらためて現金三億円を昼過ぎ日銀から取りよせた。
(昭和43年12月10日付読売新聞夕刊記事より)

 
刑務所の塀はコンクリート色ではなく、淡い色で四季の移り変わりが描かれている。刑務所の東を延びる府中街道を進む。右手を武蔵野線が並行し、東芝工場が広がる。

 東芝工場内のグラウンドで少年たちがラグビーに興じている。
南門から出てきた街道は、分梅通りとなって新旧甲州街道を渡る。このあたりでは、この道を、軍勢が陣立てして往来したので陣街道と呼ぶらしい。八雲神社を過ぎ、JR南武線の踏切を越え、光明院坂を下る。
左手に寄り道をして分倍河原駅に行く。駅前に刀を振り上げた馬上姿の大きな新田義貞の像がある。

 光明院坂下の光明橋に戻る。御猟場道を渡るあたりからが分倍河原の古戦場だが、家が建て込んでいる。元弘3年(1333)新田義貞が北条軍を破って鎌倉幕府の滅亡につなげた合戦で、中央自動車道をくぐってすぐの新田川緑道に石碑が立っている。昨日徳蔵寺で見た板碑で供養されていた飽間斎藤氏らが戦死したのはこの合戦である。

明レバ五月十六日ノ寅刻ニ、三浦四万余騎ガ真前ニ進ンデ、分陪河原ヘ押寄ル。敵ノ陣近ク成マデ態ト旗ノ手ヲモ不下、時ノ声ヲモ不挙ケリ。是ハ敵ヲ出抜テ、手攻ノ勝負ヲ為決也。如案敵ハ前日数箇度ノ戦ニ人馬皆疲タリ、・・・・或ハ遊君ニ枕ヲ雙テ帯紐ヲ解テ臥シタル者モアリ、・・・只一業所感ノ者共ガ招自滅不異。
(岩波書店発行 日本古典文学大系34「太平記」より)

 中河原で片側3車線の広い現鎌倉街道に合流する。

 

多摩市


街道は、多摩川に架かる関戸橋を渡ってすぐの新大栗橋交差点で右斜めに入る。先ほどまでの多摩ニュータウンに向かうたくさんの車の喧騒さが嘘のような静かな道が上っていく。
小さな地蔵堂の前に関戸古戦場跡の標柱がある。分倍河原の合戦で破れた北条方と追撃する新田勢との戦いが続く。戦死者の墓が民家の庭にもある。 

「関戸村
是地は古へ相模国より往還の地にて、関をすへ置し所なるによりてかくとなへしと云、按るに、「曽我報恩謝徳物語」に・・・此処は朱雀院の御時、将門将軍関戸を立られしかば、俵藤太秀郷が霞ケ関と名づけて打破し、昔のこと思出て云々とあり、是によれば天慶の頃なりしものなるにや、 
(「新編武蔵風土記稿 多磨郡之十」より)
 

熊野神社の参道に、この霞ケ関の南木戸の柵跡があり、50センチほどの間隔で残る丸柱の痕跡に枕木が埋められていた。

 14時45分   京王相模原線永山駅  38546歩


トップへ戻る