平成15年10月26日(日)

8時  於茶々が井戸をスタートし、荒川の河岸段丘の上を進む。

河原には芋煮会でもするのだろうか、朝早くから人が集まっている。
川端の集落を過ぎ、花園橋をくぐり、大成ロテックの工場に入り込む。「赤浜の渡し」の目印だったごつごつした大きな川越岩が岸近くにある。このあたりの川幅は広い。そのため水深は浅そうに見えるが、流れに勢いがあり、歩いては渡れまい。

「赤濱村」
鎌倉古街道の蹟あり、村内を過て荒川を渡り榛澤郡に至る、今も其道筋荒川の中に、半左瀬・川越岩と唱ふる処あり、半左瀬といふは昔鎌倉繁栄の頃、この川縁に関を置て、大澤半左衛門と云者関守たりしゆへ、この名残れり、又川越岩は川の中にある岩なり、是も其頃の渡場にて、今も官の巡見使至る時は、ここに渡船を設くと云、

(蘆田伊人校訂「新編武蔵風土記稿 男衾郡之三」より)

 

大里郡寄居町

花園橋を渡り、堤を歩いて、アイリスオーヤマ埼玉工場の白い大きな建物の脇に上っていく。次第に景色が開けて、荒川の上流に秩父の山々が連なっているのが見える。
鎌倉街道上道の案内板がある。

この付近では、道幅が4〜6mの掘割状となり、坂を下り始めると幅10mを超す切通しとなります。往時の姿をよく残していて、急坂を行き来するため道がやや蛇行しています。

期待が膨らむが、細い草道はすぐに、草や雑木が生い茂る林に入り込み、進めない。

 この天神沢と呼ばれる雑木林から出た街道は、畑の中の道になって普光寺の横に延びている。
すぐに杉林、畑や民家のなかに消え、こんどは左前方の三嶋神社の前に現れる。
このあたりは鎌倉街道の宿場として「塚田千軒」と呼ばれるほどに栄えたという。

しかし今はごく普通の集落で、神社の前には白菜と下仁田葱の畑が広がっているだけだ。
 
県道を左に進むと今市の通りであり、はずれに地蔵堂がある。そのまま進むと庚申塔、馬頭尊があり、かつてそこからまっすぐに降りる白坂道があったが、今は廃道である。

もうひとつの鎌倉街道がある。県道を進まず県道の右手を並行する畑の中の道である。
しかし確かな道筋が残っておらず、児泉神社の鳥居の脇にある道らしいのが街道跡だという。

神社の前の川幅を細めた市野川に網を入れている男性がいる。ヤマベとタナゴが獲れるという。
右手に先ほどから、戦国期に築城された高見城があった四つ山が特徴ある舟底の形をした姿を見せている。

 

比企郡小川町

県道が能増地区に入る。コンビニエンスストアヨシダの奥さんが、孫のお守をしながら店番をしている。

この家は古く、鎌倉街道のことは亡くなったおじいさんがよく知っていて、いろんな人が聞きに来ました。
右に道を上っていくと街道跡の道しるべが立っていましたよ。

言われたとおりに上がっていくと、永昌寺の大松があり、左にカーブする道路脇に鎌倉街道跡と書かれた道しるべがあった。それに沿って細い道を進むと、舗装路が土道となって、林の中に入っていく。伊勢根の街道遺構といわれるものである。

鎌倉街道跡と伝承されている掘割状遺構は長さ140メートルにわたり形成され、上幅約13メートル、下幅約10メートル、深さ1〜2メートルを測る掘割り状の遺構である。現状は山林となっており、東側斜面は崩壊土が被って旧状を留めていない。遺構の北端から台地の頂部にかけては盛土されており旧状はわからない。
(埼玉県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道」より)

緩やかな起伏のある道が林を抜けると、田んぼが広がり、その上の空の青さがまばゆいが、すぐに田んぼを取り囲む丘のひとつである天王原に上っていく。雑木林のなかに小さな石の祠があり注連縄が張られている。この地を領した諏訪氏が一時移した信州・諏訪神社の跡である。 

八和田神社に出る。秋祭りが行なわれており、参道にお店が並ぶ。子供たちがその店をひとつひとつ覗いている。今にも柴又の寅さんの声が聞こえそうな「男はつらいよ」の世界そのままである。
 奈良梨から先の県道のあるところは市野川の氾濫原であり、街道は西に連なる丘陵の縁を進んだらしい。しかしその道筋は定かでない。
のんびりと歩いている二人連れに追いついた。年配の仲の良さそうな男性コンビだ。

江戸5街道を踏破しました。この街道は歩き始めて今日で4日目です。
ここもそうですが、車の多い道が多くて閉口です。(お気をつけて!)

 

比企郡嵐山町

菅谷館は畠山重忠が居館を構えた場所と伝えられている。
重忠は鵯越の坂落としに愛馬を背負って下ったというほどの豪力で、しかも誠実で、思いやりがあり、鎌倉武士の典型といわれる。

手綱・腹帯縒り合せて、七寸に余りて大きに太き馬を、十文字に引きからげて、鎧の上に掻き負ひて、椎の木のすだち一本ねじ切り、杖につき、岩の迫をしづしづとこそ下りけれ。東八箇国に大力とはいはれけれど、只今かかる振舞ひ、人倫には非ず。誠に鬼神の所為とぞ、上下舌を振ひける。畠山は、「この岩石に馬損じて不憫なり、日頃は汝に懸りき、今日は汝をはぐくまん」と言ひける。情深しと覚えたり。
(水原一考定「新定 源平盛衰記」より)
 

この館跡にある県立歴史資料館の館員が薦める林の中の道を下り、裏を流れる都幾川に出て、堤を歩いていくと鎌形八幡神社に着く。義仲の産湯にしたと伝えられる清水が拝殿への石段前の手水鉢に落ちている。

神社の裏手にある威徳院班溪寺は、義仲の妻で義高の母である山吹姫の創建と伝えられている。寺の名は山吹姫の法名であり、梵鐘に「寺者木曽義仲長男清水冠者義高為阿母威徳院班溪妙虎大姉所創建也 享保四巳亥年二月十五日鋳湯」と刻まれた文字が読める。

寺の裏手の竹薮は伝木曽殿館跡。

・・・静かな村里である。

 16時30分  東武東上線武蔵嵐山駅  46845歩 

 

 
平成15年11月8日(日)

7時50分   街道は菅谷館跡の隣にある国立女性教育会館の敷地を通って、学校橋付近で都幾川を渡っていたらしい。
鎌倉初期の文献にも見える古い宿場である大蔵の集落に入る。鎌倉期に創建されたという向徳寺の門前に20基ほどの板石塔婆が並ぶ。

交差する県道を西に行くと、こんもりとした森の中に源義賢の居館である大蔵館があったと伝えられる大蔵神社がある。先週あった秋祭りの後片付けでもするのか数人の男性が集まっている。
県道を逆に東に少し行くと、新藤家の庭に義賢の墓と伝えられる高さ1メートルほどの五輪塔がある。

源氏木曽冠者義仲主は、帯刀先生義賢の二男なり。義賢は、去ぬる久寿2年8月、武蔵国大倉の館において、鎌倉の悪源太義平主がために討ち亡ぼさる。時に義仲3歳の嬰児たり。乳母の夫中三権守兼遠、これを懐きて信濃国木曽に遁れ、これを養育せしむ。
(貴志正造訳注「全訳 吾妻鏡」より)

清和源氏は義家、義親、為義と続き、為義の長男が義朝、次男が義賢。義朝の子に義平、頼朝、義経が、義賢の子に義仲がいる。従って甥が叔父を殺害したことになる。

 集落のはずれの細い水路の上に橋らしきものがあり、縁切り橋の案内板が立っている。

征夷大将軍坂上田村麻呂がこの地に滞在しているときに、京から夫の身を案じて奥方がやってきた。
しかし田村麻呂は「大命を受けて出陣しているのに追いかけてくるとは何事だ。今より縁を切る。」と告げた。

似たようなことを言う男性は多い。しかし離別してしまうとは、征夷大将軍は奥方に来られるとよほど都合の悪いことがあったのだろう。

 緩やかに上がっていく。将軍澤の集落。嵐山C.Cと武蔵松山C.Cに挟まれた地域だ。
歩いている舗装された道の脇に街道跡が残っていないかと、何度も草道に入り込んだりするがよくわからない。山の木々は、葉を黄色く変えたりあるいは既に落としている。小さな赤い実をつけている木もある。

標高90メートルの笛吹峠。車が時折通る程度の静かな峠である。正平7年(1352)新田義貞の三男義宗が宗良親王を奉じて足利尊氏と戦った最後の決戦の舞台である。宗良親王が月明かりの中で笛を吹いて敗戦の心の乱れを慰めたことから峠の名が付いたといわれているそうだ。

 

比企郡鳩山町

峠からの下りは、なぜか鎌倉街道と呼ばず笛吹通りと名付けられている。しかし海道端沼と呼ぶ溜池や、県道に出て鳩川を渡る東海道橋の名前に、街道筋の名残を見ることが出来る。

 鳩山中学校の校庭東端にある鎌倉街道の説明板を見ると、街道は県道の左手をほぼ並行している。すなわち笛吹峠を下り、大橋川に架かる新橋から鳩山中学校校庭を抜け、のちに出会う供養塔へと延びている。しかし今そこには家や田畑が出来て殆ど辿れない。

 保健センター前の畑に「史跡 国分寺瓦窯跡是ヨリ1キロ」と刻んだ石標があるのを妻が見つけた。
そこで左に入って、おしゃもじ通りを進み、鳩山中学の裏手の方向に進むと、石田国分寺瓦窯跡と赤沼古代瓦窯跡という丘陵斜面に造られた二つの登り窯の跡があった。このあたりは古代の寺院の瓦を焼いた窯跡がたくさんあるらしい。

 県道に戻る。

街道は鳩山電話局の西側の民家の納屋の下を通り、石井静夫家の畑へと続く。同家の話では日照りが続くと菜畑の菜の葉が6メートル程の幅で黄色に変わるとのことで、道を突き固めて通り易くしたためであろうとのことであった。
(「歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道」より)

街道を逆に辿っている記述だが、保健センターの石標があった畑が石井家の畑。
県道の脇に残る旧道に入ると石碑がある。日本廻国四国七遍供養塔に「中ハすがや野ハラ道」と刻まれている。このあたりから街道は県道と重なる。

 

入間郡毛呂山町

今宿から越辺川の右を進むのが街道。
そのまま直進すると苦林の集落で、そのはずれに、細い水路に橋であることもほとんど気づかない古戦場橋と名付けられた橋がある。このあたりは正平18年(1363)鎌倉公方足利基氏と前越後国守護職芳賀禅可が激突した苦林野古戦場跡で、前方の丘にある小さな前方後円墳の上に文化10年(1808)に作られた追悼碑が立っている。

 戻って越辺川の岸を進むと毛呂山町大類グラウンドがあり、大勢の人がゲートボールを楽しんでいる。そして県立毛呂山養護学校との間の細い道が、越辺川を渡ってきた鎌倉街道である。

大類村  小名 鎌倉道
西方川角村の境を云、こゝに鎌倉への古道あり、北の方苦林村より村内九町を過て、南方大久保・市場二村の間に通ぜり、今は尤小径となれり、是は鎌倉治世の頃、上下野州より鎌倉への往来なり、今も此細径を北へ往ば、越邊川を経て児玉郡本庄宿へ通ぜり、南の方は市場・大久保の境を過、高麗川を渡りて森戸・四日市場村の間をつらぬけり、
(「新編武蔵風土記稿 入間郡之十七」より)

葉が落ち始めた雑木林の中の道が続く。風土記稿は今から180年前の江戸・文政期に編纂されたものだが、その当時と同じ景色に違いない。

毛呂山町歴史民俗資料館を訪ねる。主任学芸員の佐藤さんの名刺には、毛呂本郷の出雲伊波比神社で行なわれる流鏑馬が印刷されている。この流鏑馬は源義家が戦勝のお礼として奉納したことに始まるという。前庭では子供の体験学習の最中で10人ほどが脱穀作業に取り組んでいた。妻がめずらしそうに見入っていると、搗き立てのお餅を戴いた。ごちそうさまでした。

 古道らしいたたずまいを遺した道が畑や林の中に続く。やがて道が右に曲がるがそのまま林の中に入ると、そこにも掘割状の街道跡がある。

 市場神社前の山崎屋酒店の夫婦が、米屋商店の駐車場脇の細い道が鎌倉街道だと教えてくれる。
殆ど通らないのだろうが、草道が切通しになっており、やがて舗装路になって延びている。

 

坂戸市

高麗川を森戸橋で渡る。
国渭地祇神社は明治期に熊野権現から今の名に変わった。
社務所から大勢の子供たちの声が聞こえた。きっと今も近くの人達に親しまれているのだろう。

 鶴ヶ島市

東武越生線西大家駅横の踏切脇に雨水時の排水路がある。
犬を連れて散歩中の婦人がこの排水路が鎌倉街道だという。掘割状の構造を利用したのだろう。2メートルほどの幅の排水路が、民家や道路に埋もれている部分もあるが畑の中の道路横にまっすぐに長く続く。茶畑が増える。
 


日高市

駒寺新田は江戸期に開発され、隣の旭ヶ丘は大正期に開墾され戦後に碁盤目状の道を造っており、道筋は辿れない。川越線女影踏切を越える手前から街道に戻る。夕闇が迫って、立ち並ぶ家々から明かりが洩れている。女影は街道の宿として栄えたと思われるところ、また建武2年(1335)北条高時の遺児時行と足利直義が戦った女影ケ原古戦場跡でもある。霞野神社に古戦場跡の碑があった。

 17時30分  川越線武蔵高萩駅  44510歩


トップへ戻る