鎌倉街道上道

東国の武将が鎌倉に向って馬を駆った道は、各地に幾筋も存在している。
なかでも上道(かみつみち)は、日本史の展開に重要な役割を果たし、最も伝承がよく残り、道筋が明確に辿れる街道である。
 

・・・只今にてもあれ鎌倉に御大事あらば ちぎれたりともこの具足取って投げかけ
錆びたりとも長刀を持ち 痩せたりともあの馬に乗り 一番に馳せ参じ・・・
(謡曲「鉢木」より)

「いざ鎌倉」の佐野源左衛門尉常世の屋敷跡である高崎・常世神社から鎌倉・鶴岡八幡宮までの約140キロを歩く。

 
平成15年10月12日(日)

群馬県高崎市

JR高崎駅から車で10分ほど走っただろうか、JR新幹線の高架の脇にひっそりと常世神社はあった。

8時30分 スタート。 佐野の船橋の碑から延びている道は、常世神社の近くを通り、民家の間をゆったりと曲がり、紛れもなく鎌倉街道である。江戸期中頃創建の定家神社がある。

 
烏川に架かる一本松橋を渡り、高崎商科大の前に残る細い街道を進むと県道に突き当たる。このあたりに庚申塔などの石造物が多い。ここからは山に上っていく道と、左に県道になっている平坦な道の二つがある。
烏川の洪水を避けるために街道が山の方に上っていくのは、不自然ではない。直進し、上信電鉄の踏切を越えて、山道を途中まで上ったが、さらに進むと山本宿があるのだろう。大雪に遭い宿を乞うた北条時頼に佐野源左衛門が教えた宿場である。

・・・我等夫婦さへ住みかねたる体にて候程に なかなかお宿は思いも寄らぬ事にて候 
これより十八町あなたに山本の里とてよき泊りの候・・・
(謡曲「鉢木」より)

一方、鎌倉街道を馬が駆ける軍用道路と考えると、遠回りしてでも高低差がない道、すなわち左に延びる県道が街道に適している。そして難所らしきところもないこの道が、次第に本道になって、鎌倉初期には栄えた山本宿は衰退していったらしい。

 
山名八幡宮がある。本殿に施された六種の神獣(鳳凰、獏、龍、蜃、唐獅子、象鼻)の彫刻が面白い。
八幡宮の前の道を進むが、街道かどうかは定かではない。黄金色に輝く稲田、いくつもの小さな古墳。ポリテクセンター群馬に出て、真光寺の方向に歩く。左手に鏑川が迫る。 

畑仕事をしている人の傍らに自然石の道祖神がある。聞くと「この畑の横を鎌倉街道が走っていた」との返事。畑の畦としか見えない道が家の裏に延びている。たった数十メートルの長さだが、本物の鎌倉街道を歩いた感触だ。
この道の延長線上に鏑川の渡し場があったのだろう。すこし上流の松ノ木瀬橋で川を渡る。

 

藤岡市

鏑川の河岸段丘の崖の上に、今は豊受神社になっている三ツ木城跡がある。この小さな城跡横の竹薮の中の薄暗い切通しが街道である。県道を横切って井戸坂と呼ぶらしい坂を上っていくと、高台に出る。振り返ると雲の上に赤城、榛名の頂が覗いている。

 雑木林の一画が吉良上野介陣屋跡。
吉良若狭守の正室が伊香保温泉からの帰途、この館で上野介を生んだという。近くには産湯を汲んだと伝える井戸もある。
国道254号を越えて集落の中を進む街道は、下仁田道を歩いた際に通った見覚えのある道だ。
すぐその道と分かれて上信越自動車道をくぐると、街道は畑、田んぼ、そして桑畑の中に消える。

 天明3年(1783)の浅間山大爆発の様子とその被害を刻んだ千部供養塔がある。
かつてはここから左に行き鮎川を渡ったのだが、今は一旦、川を遡って緑埜橋で渡らざるを得ない。

田んぼの畦に馬頭観音や「鬼石 秩父道」の道標。左手に御荷鉾山。

 

庚申山に向って進み、やがてこの低い山に上っていく。自動車学校の先で右に入る細い道がある。鎌倉坂と呼ぶらしい。雑木が茂って、誰も歩きそうにない草道を、ずんずん進む。抜けると畑がある。男性が桑の木を手入れしていた。

この道は鎌倉街道です。市に整備をお願いしているのだが、他に優先するところがあるらしく、一向に進まない。1年に10人ぐらい、同じように街道を歩いている人から声を掛けられますよ

 
県道を渡った街道は、すぐに美九里東小学校に突き当たる。

夫(木曽義仲)を亡くした葵御前は、追手をのがれて、上野・多胡庄の一族の所へ、隠れようとしてやっとここまで来た。あと三里で到着だったが、不運か、坂道で牛がつまづき、前足を折って倒れ、その上抱いていた子に、ひどい熱がでて途方にくれ、止むを得ず石橋の下に隠れ、土地の豪族中里弾正の所へ、助けをもとめた。
そこへ追手の一団が追いついて、子供の泣声で発見され、傍らの畑に引き出されて、抵抗できない母子と付き人全部を無残に斬り殺した。

(群馬県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 鎌倉街道」より)

小学校の校庭を斜めに横切った街道は、牛がつまずいて動けなかったので牛伏坂と呼ぶ坂を下る。葵御前を弔った、葵八幡の小さな祠が、その先の畑の中にある。祠の横に腰掛椅子のように置いてある、大きな平らな石は葵御前が隠れた橋の石である。葵御前は倶梨伽羅峠で亡くなったのではなかったか?を詮索しない。

 

神流川の堤に近づく。

いくつもの温室でトマトが栽培されている。温室の中に、仕事をしている中年夫婦がいた。

鎌倉街道は左手のセイダカアワダチソウが茂って黄色くなっているところを走っていた。このあたりは農地整理ですっかり変わってしまった。神流川の堤は、下を明治、上を昭和に造ったから二段になっている。下はしっかり土を突いてあるが、上は・・・・。洪水は無いがね。ここの地名は本郷の道中郷。

16時  神流川の堤  34975歩 

神流川を渡る橋は近くに無い。遠いよ! 最寄り駅はもっと遠いよ!

17時  八高線群馬藤岡駅  42820歩

 

 

平成15年10月25日(土)

埼玉県児玉郡神川町

JR八高線丹荘駅。丹荘には、平安末期から鎌倉期の武士集団である、いわゆる武蔵七党のひとつである丹党の一族である安保氏の本拠地があった。
駅から20分ほど歩くと神流川の堤に着く。しかし河原は樹が茂って川面が隠れ、勿論対岸の藤岡・本郷も見えない。

8時40分 かつて渡河したと思われるところから堤を降り、畑の中を植竹に向うと、道端に庚申塔もあって、多分街道に間違いあるまいと思うが、それでも不安になって近くにいた中年男性に尋ねると、鎌倉街道に間違いないとの答えで、ほっとする。後ろに榛名、浅間が見え、右手は低い山が続いている。養蚕農協稚蚕人工飼料共同飼育所という滅多にない施設がある。

 神川町役場の前は畑。青々とした大根、キャベツ、白菜、葱。黄ばんだ蒟蒻、大和芋の葉。そして町の花になっている秋桜が咲き乱れている。

第七八日市踏切を越えると線路と並行して進み、やがて、以前見たことのある風景になり・・・一昨年歩いた児玉往還だと気がついた。これから先、武蔵嵐山のあたりまで、鎌倉街道と川越・児玉往還は重なり合っている部分が多い。八日市の集落を貫いていた街道は刈り取りの終わった田んぼの中に消える。

 

児玉郡児玉町

線路沿いを進み、八幡山橋をくぐるところから街道になり、女堀川に架かる小さな雀宮橋を渡る。

 街道は国道254号に出るあたりで右に折れ、長福寺の境内を通っていたらしいが、今は消えて辿ることは出来ない。


国道を進みJRのガードをくぐって左折し、静かな裏通りを進むと、再び街道が現れて、玉蓮寺の裏に延びる。寺の境内は、武蔵七党の有力集団だった児玉氏の館跡といわれる。
寺の隣にある八幡神社。八幡太郎義家が奥州に赴く際に、この地で石清水八幡宮を遥拝して戦勝を祈願し、のちに石清水八幡を勧請した神社という。

龍體稲荷神社の横から国道に戻る。

 小山川は、街道の渡河点に橋がないので十二天橋で渡り、川沿いを下る。しかしよく見ると川の水が涸れており、堰堤を使えば、かつて旅人が越えた辺りを渡れるかもしれない。
国道との合流地点に一里塚榎跡がある。

 

児玉郡美里町

国道と分かれて台地に上る。これからは小高い丘の上り下りが続く。
広木の集落に入っていく。みか神社の鳥居がある。「みか」は難しい字である。酒造りに使う大きな甕のことらしい。神社は国道に面して鬱蒼とした杉木立の中にあった。
志戸川を右へ上っていくと曝井の遺跡がある。千数百年前に婦人達が織布を洗い曝した作業場であり、愛を語った社交場でもあるという。

曝井遺跡、古代住居跡、式内神社などのある広木は万葉の里といってもよい古い集落である。万葉集の防人歌の作者の一人である大伴部眞足女もこの地の人といわれている。この地方は、帰化人の住んだ所だろうという。広木の東隣りの駒衣集落も、高麗井の当て字とみられる。
(芳賀善次郎著「旧鎌倉街道 探索の旅」より)

今、駒衣をコマギヌと読むが、後世に読み方が変わったのだろうか?
国道に出る手前を右折して坂を上って、下ってくると桑畑の前に数基の大きな石塔が立っている。

 

大仏の集落に上っていく。六道能化地蔵尊と刻んだ碑がある。道標も兼ねている。「右 西八幡山 北本庄 左 東江戸 南十二天 秩父」
養蚕農家の名残の大きな屋根の家が続く。しかしこの集落の真中を走る道は鎌倉街道ではないらしい。

従来よりこの道が鎌倉街道であるとされてきた。しかし地元の古老達の話では(鎌倉街道は)大仏の集落の東端を(集落の真中を走る道と)ほぼ並行して走っているとのことであった。実地踏査の結果、三箇所に道路上遺構が残され、その延長は100メートル程になることが判った。
(埼玉県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道」より)

さきほどの道標があった四辻を左折し、すぐに民家の駐車場の横から畑の畦を入ると、道らしき草道がある。畑で大根を抜いていた老婦人に伺うと「この細い道は鎌倉街道ですよ」との御返事。しかし、すぐに、婦人が言ったとおり、畑、雑草地になって進めない。その向こうに竹薮が見える。

こんどは竹薮が切れるあたりに見当をつけて、集落の中の道に面する中島商店の手前から左に入る。民家の庭を通り抜けると、幅1mばかりの草道がある。民家にいた老人が大きな声で「鎌倉街道だ」と教えてくれる。民家の裏手のやや小高くなったところを、けなげに残った街道が延びる。今は通る人もいないのだろう、セイダカアワダチソウが道を塞いでいる部分もある。

民家の庭先から舗装路に出て、小さな如意輪観音が立つ畑の中で集落を抜けてくる道と合流する。

 国道に出る手前で右に曲がり、ゆるやかな坂を上り、雷電神社や庚申塔を見てやがて下っていく。天神橋の近くで国道に出る。

 

猪俣地区になり、街道をはずれて右に折れる国道を進む。広々と畑が広がり、その先は武蔵七党のひとつ猪俣党の本拠地である。
百八燈塚がある。

猪俣の百八燈は、八月十五日に堂前山の尾根に築かれた百八基の塚に灯をともす盛大な行事である。地元では、猪俣党の棟梁猪俣小平六範綱およびその一族の霊を慰めるとも伝えられている。・・・百八の塚に灯を点火すると壮大で幻想的な光景が展開する。
(埼玉県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 川越・児玉往還」より)

小さな高台の堂前山に登ると、塚と呼ばれる土を重ねた点火台が並んでいる。
猪俣小平六範綱の墓と伝えられる五輪塔は、その小山から見える桜の大木の下にある。花が供えられている。

 
街道に戻る。県道に変わる。杉並木のある普門寺。なだらかな丘を越えていく。

 

大里郡寄居町

用土駅入口を過ぎて、八高線の鎌倉街道踏切を越える。
高さ2メートルを越す「脇往還川越道」の道標が道際に立っている。歩いている県道は鎌倉街道であるが、川越・児玉往還でもある。

 

大里郡花園町

小前田の集落がある左手には行かずに、県道と分かれて直進する。民家の間を抜け、畑の中を抜け、上信電鉄の線路を跨ぎ、国道を越えて、荒川に突っ込む寸前、ラブホテルの傍らに於茶々が井戸があった。鎌倉期、ここに旅人が休息する茶店があり、於茶々という美しい娘がいたといわれている。しかし井戸の脇に立っている案内板は、別の話も伝えている。

古文書には、この茶店には「ちょう」という客あしらいの上手な美人の娘がおり、街道筋で大変評判となり、繁盛したのでお茶屋の井戸と呼ばれたとの記録もある。

夏草に覆われた井戸に小石を落とすと、ぽちゃーんと音がして、水がわずかに揺れた。

 16時20分  上信電鉄 小前田駅  4877歩


トップへ戻る