平成21年9月25日(木)

立川市

7時 芋窪街道と交差する砂川七番をスタート。
かつては屋敷林に囲まれた農家が並んでいただろう道の両側に、今は商店も多い。
矢印が左方向に昭和記念公園があることを示している。このあたり、金網で囲まれた空き地が多い。砂川闘争の名残りだという。

朝鮮戦争当時からくすぶっていた在日米軍の立川・横田・木更津など五基地拡張計画に、第二次鳩山内閣が協力を約束。
しかし拡張に反対した立川基地周辺の農民が強制測量を阻止しようと警官隊と衝突。「土地に杭は打たれても、心に杭はうたれない。」の言葉が生れ、14年後に計画は中止になった。
しかし、立川基地が返還された今も、国が買収した土地と民有地が入り組む形で残っており、現在国有地の有効利用が話題になっている。

砂川四番に阿豆佐味天神社、そして一番から九番までの砂川村の名主だった砂川家が三番にある。
欅の大木が何本も建ち並んで森をなした屋敷だ。
真っ直ぐな道の両側に大きな農家が続き、所々に欅の巨木が連なる。

もともと欅はあくの強い植物で、焚くと眼病になるという俗説もあり、製材すると強烈な匂いを発散し、いくら乾燥しても狂うことで有名である。
そういうところが素直な檜や杉とは違うのである。
(白洲正子著「木」より)
そんな木なのに、どうして武蔵野のいたるところで天を突き、葉を茂らせたのだろう?
いま甲州街道や青梅街道で欅並木を見ることはなくなったが、五日市街道にはまだまだ多い。

残堀川手前のバス停が砂川一番に来たことを教えてくれる。
すぐに玉川上水に架かる天王橋に差し掛かる。ここは六差路になっているので、通勤途上の車、通学途上の学生等が乗る自転車が殺到して大混雑だ。

歴史の道調査報告書は、その橋のたもとの天王様の社前に「右いなふさみち村山」と刻んだ自然石の道標があると記している。
入り乱れる車や自転車を避けて、道標を探すが見つからない。見つからないのも道理で、今は歴史民俗資料館に移されているそうだ。

西武拝島線のガードをくぐる。
立川西砂郵便局前で現五日市街道は左に別れる。

拡張計画が中止になった立川基地と違い、横田基地は拡張されて、五日市街道は基地の中にとり込まれ、遮断されてしまった。
基地にぶつかるまでの500メートルが旧街道なので直進すると、案の定 基地にぶつかり行き止まる。そして基地沿いに折れて現街道までの、いわゆる三角形の二辺を歩くはめになる。
・・・基地周辺に来るたびに、先の大戦で負けたことを思い知らされる。負ける戦争はやっちゃいけませんよ!


福生市

街道は基地の第五ゲート前に現れる。
JR八高線砂川街道踏切と青梅線牛浜踏切の間を地蔵坂が下る。その下り坂の途中にあるさくら会館横に「右江戸 左きよ戸」の道標が立つ。きよ戸は清戸道で歩いた清瀬市清戸のこと。
玉川上水を牛浜橋で渡り、大坂を下ると多摩川だ。
岸辺は多摩川中央公園になっていて、河原に野鳥が多く生息しているそうだ。
少し上流に、日本野鳥の会の中西悟堂が住んでいたことがある。

丘陵左手の遠い空間には丹沢山塊が並び、丘陵の右手上流には武甲山の兜形のドームがせり上っていた。そして脚下の河原からは河鹿の声がきこえ、コチドリやセグロセキレイの鳴声もきこえてくる。山林中にはカケスのジャージャーのれ声がしきりだった。
(中西悟堂著「かみなりさま」より)


あきる野市

牛浜の渡しは大正期に無くなっているので、少し上流に遡って現街道に移り、多摩橋、そして平井川に架かる多西橋を渡る。なお、ここから少し下流で秋川が多摩川に合流している。
道は左に廻りこみ、二宮本宿に至る。
一本北に北宿があり、そこは松の枝振りにも風情のある通りで、近隣とは今も屋号で呼び合うという伊勢屋のご主人は「本宿のほうは新道だよ。ここが下宿、その先が上宿だ。」と仰る。

二宮宿を出て台地に上がる。江戸期、秋留っ原と呼ばれた秋留台地だ。ほぼ真っ直ぐな道の左右は畑、その向うに奥多摩の山々が連なる。
市役所が現れ、商店が続くと、JR五日市線
秋川駅前で、五日市街道踏切を越え、自動車道をくぐる。
渕上で右から睦橋通りが合流する。広い通りに少し色づいた花水木の並木が続く。

引田、山田を過ぎると、伊奈宿だ。といっても広い道が延びるだけだ。
昭和40年代までは宿場の道の両側に美しい梨の大木の並木があった。しかし江戸期から続く並木を道路拡幅のためにみんな伐ってしまったというから、もう無茶苦茶。

広い現街道は直進し、旧道は右に入って秋川沿いとなり、岩走神社に向う宮沢坂を下る。
もともとの旧道は深い谷の川べりにある。このあたりから五日市までの深い谷の上り下りが、昔の旅人を悩ましたらしい。
石段を上ると、名刹大悲願寺がある。境内の名物の白萩がちょうど満開だ。

JR
武蔵五日市駅を右に見て、権田坂を上がり、東町、下町、仲町、上町と延びる五日市宿を進む。
かつての宿場の面影はない。もちろん現代風の商店が並んでいるが、人影はまばらである。

明治期、西多摩郡に「町」としては、青梅・五日市の二つが存在するだけで、大正時代五日市青年団の応援歌には「南部の都五日市」などの歌詞もあったのである。福生・羽村・秋川市などが、のし上って来た現在からみれば、形の上の格は下ったものである。
(五日市町郷土舘制作「五日市町の古道と地名」より)

14時20分   五日市・上町   38275歩  

五日市は江戸にとって重要な地点でなく、江戸後期には相当量の木炭を江戸に供給していたとはいえ、それほど江戸との結びつきが深かったとはいえない。とすれば、村々の生活道路が結び合った程度の街道だったわけで、街道らしい風情を期待するほうに無理がある。(了) 

トップへ戻る