五日市街道

五日市街道は、青梅街道から馬橋村(杉並区梅里)で分かれて、・・・五日市宿に達する全長約十里余り(42キロ)である。
街道のよび名は砂川道、青梅街道裏道、小金井道、長新田道、五日市みちなどとよばれていた。明治以後になって、ようやく五日市街道に定着した。
(東京都教育委員会発行「歴史の道調査報告書 五日市街道」より)

 

平成21年9月2日(水)

杉並区

7時   メトロ丸の内線
新高円寺駅を出たところに、青梅街道と分かれる「馬橋おんだし」と呼ばれた五日市街道の起点がある。南へ下ってすぐに広い現五日市街道(以下現街道という。)に出て、西に緩やかにカーブしている。
このあたり、寺が多い。明治、大正期に都心から移ってきたらしい。

そのひとつが「解体新書」の前野良沢の墓がある慶安寺だ。
朝早くまだ門が開いていなかったが、庭を掃いている住職にお願いして入り込むと、前野家の墓は寺の裏手にある墓地の一番奥まったところにあった。

街道に戻り、メトロへ急ぐ通勤客とぶつかるように西に直進する。街路樹のトウカエデが車道にはみだすことも出来ず窮屈そうだ。
松ノ木3丁目で街道が左へカーブする手前を横切る細い道が「鎌倉みち」だと、歴史の道調査報告書は教えてくれる。

しかし・・・この鎌倉みちを北に少し進むと梅里中央公園に出る。公園で朝の体操をしているお年寄りたちに尋ねると、口を揃えて「鎌倉街道じゃないわよ」とおっしゃった。

左にそして右にカーブして、わずかに上り坂となり、坂の途中の和田堀公園バス停を過ぎると、現街道から左に入る細い旧道がある。「七曲りの難所」の始まりで、現街道にまつわりつくように旧道が残っている。道幅の広い現街道と重なっているところが大部分の五日市街道に、旧道がけなげに残っているのはうれしい。道筋を詳しく記しておく。

細い旧道は右に半円形を描き、すぐに再会した現街道を横切って、加富山米店の前に出る。加富山の店名は、本名の蕪山では読みにくいので先代のご主人が考えたと開店準備中の奥さんの話。
米店横の白幡の坂を下る。坂下の崖に三体の石仏がある。
突き当りの杉並土木事務所前を左に廻り、現街道の善福寺川緑地公園前バス停に出る。
善福寺川に架かる尾崎橋を渡る。川べりをジョギングする人が多い。
現街道は左に、一方旧道は直進したのち左に折れて、宝昌寺前から現街道を渡って杉並成田西郵便局の裏手を廻り、現街道の児童館前交差点に出る。宝昌寺前にあった「東江戸道」の道標はこの郵便局の裏手にあったものらしい。
児童館横から自動車整備工場前を通り、邸内に数本のケヤキの大木が聳える屋敷の横に出る。落ち葉の頃は1ケ月ほど掃除が大変ですと奥さんの話。
現街道を横切り、右折して建て込んだ民家の間を抜けると、現街道の関東バス五日市街道営業所に出た。庚申塔が鎮座している。ここで七曲りの難所は終りだが、江戸期に比べ、坂が低く削られているので、今は難所とはいえない。

沿道には民家、マンション、商店、事業所に中低層のマンションが入り混じって、その景色はこの先どこまでも変わらない。街路樹は花ミズキ。
環八の高井戸北陸橋をくぐる。

このあたりの宮前、西荻南、松庵は江戸初期に開発され、短冊形に地割されている。そのため、道の両側に真っ直ぐな道が延びる。
背の高いケヤキの並木が残る。曇っていた空から、とうとう雨粒が落ち始めた。しかし、気にならない程度の小糠雨。

 
武蔵野市

吉祥寺に入って、中央線ガードを斜めにくぐる。
サンモールに寄り道する。
この人波が絶えない商店街の吉祥寺駅寄りに、訪ねたい古書店がある。
「さかえ書房」という。詩人金子光晴が店の看板や包み紙を書いたのだ。
「吉祥寺に住んでいた金子光晴と先代のご主人が親しかったので」とおっしゃる店番の奥さんから頂いた包み紙には、「多分中国に遊んだ時を思い出して」円卓で食事をしている絵が描かれていた。
詩人の自伝三部作「どくろ杯」「ねむれ巴里」「西ひがし」は、桁はずれに奔放な放浪体験を記したもので、草食系はもちろん、総ての若者の必読の書である。これらを読まずして人生を語るなかれ!

片足も義足で、股のつけ根からぬけて、寝台のしたにころがり落ちるのではないかと、心労するより先に、さもあれかしと秘かに望んでいるのであった。眼球もそのどっちかを、彼女じしんの指でほじくりだしてみせて欲しかった。世人が異様なもの、片輪なものと見做すものの強烈なしぶきほど僕にとってたのしいものはない。
(金子光晴著「西ひがし」より)

街道に戻り、安養寺、武蔵野八幡宮に寄って、吉祥寺通りを渡って、直進する。
右手に成蹊学園の欅並木が現れる。

樹高20メートルの巨木が大きく枝を広げた見事な並木だ。約80年前に植えられたものだが、こんなに大きくなるとは驚きだ。
最近、私の身長は縮まってきたというのに。

スタートしたころと変わらない景色が続く。関東バスが走り回っているのも変わらない。
 

西東京市

武蔵野大に突きあたったところで、玉川上水と分かれた千川上水を渡り、左へ120度折れる。
大学前に、大きな庚申塔があり「東 江戸道 左 すな川道」の文字が刻まれている。
その後は千川上水べりの北側を進み、境橋からは玉川上水べりとなる。
上水を覆う鬱蒼とした木々から、夏が過ぎ去ったことを認めたくないのか、蝉がさかんに鳴いている。足もとには小さな赤い花をたくさん付けた水引が茂っている。


小金井市

右手に花見の名所である小金井公園が広がる。桜の季節でないのが残念だが、園内の江戸東京たてもの園に入る。

江戸期から昭和初期に建てられた約30棟の歴史的建造物をボランティアの懇切な説明を聞きながら見て廻る。
高橋是清邸が残っているのには驚いた。是清が暗殺されたとき、隣の大広間に女中一人だけが寝ていたと聞いて笑った。

たてもの園を出て上水べりの街道に戻り、小金井街道を渡る。
角のガソリンスタンドは江戸期の酒店・柏屋跡だ。

黄金橋をこして
 橋の名の黄金ハものか花桜けふ価なき玉川のさと
橋のむかひのワラふける楼めく家にいこふ 椎の葉にもりし飯の上までちりかかる花の匂ひまたなく覚ゆ
(成島東岳著「夢路の花」より)

江戸中期 小金井橋を中心に6キロにわたり玉川上水の両岸に2千本も植えたのは、桜が水の毒を消すという故事によるらしい。


小平市

現街道に接する玉川上水べりを直進する。
ここまで上水の北側を歩いてきたが、喜平橋で上水の南側に移る。それと同時に、これまでの整備された散歩道から、土手の上の草むらの中の一条の道に変わった。
西武多摩湖線を越える。
矢印が近くに平櫛田中館があることを示しているが、またの機会に行くことにする。

「いまやらねば いつできる わしがやらねば だれがやる」
と怒られそうだが、田中の生れ故郷である岡山・井原市の美術館に行ったことがあるので、やはりパス。すみません。

上水本町バス停で、現街道に一旦分かれて直進するが、すぐまた合流する。ここで上水から遠ざかる。


国分寺市

府中街道を横切って、街道は相変わらず一直線。道沿いや近くの農家に背の高いケヤキの巨木が多い。
西武国分寺線を渡る。
妙法寺に武蔵野新田の開発に貢献した二人の代官に対する新田82カ村の謝恩塔がある。

そのうちのひとり川崎平右衛門については、千人同心日光道を歩いた際、高萩で川崎大明神と刻んだ石祠を見た。「越後屋、そちも悪よのう」「お代官様こそ」というシーンばかりではなかったようだ。


立川市

緑の多い景色が続き、砂川十番に入る。ここから西へ九番、八番と一番まで続く地名だ。
砂川九番で立川通りと交差する。

16時45分   多摩モノレール砂川七番駅   44768歩


トップへ戻る