伊勢別街道

関宿東追分で東海道と分岐し、現在の芸濃町を通って南下、津の江戸橋で伊勢街道と合流するこの街道は、江戸時代には「いせみち」「参宮道」「山田道」などと記され、「伊勢別街道」の名が使われるようになったのは、明治10年以降であると思われる。
伊勢別街道の名は、四日市日永追分から伊勢にいたる伊勢街道の支道の意味で、街道の総距離はおよそ四里二十六町。江戸時代には京都方面からの参宮客で賑わった。
(三重県生活部文化課発行「みえ歴史街道 ウォーキングマップ」より)

  


平成16年10月27日(水)

8時。 宿の東追分にある伊勢神宮一の鳥居をくぐると、道は少し下る。
そして、その道は、予想していた田んぼの中の一本道と違って、道幅は広く、沿道には商店、事業所が散在している。国道一号線と交差すると県道10号となり、車の行き来も激しくなる。
関西本線のガードをくぐり、鈴鹿川に架かる勧進橋を渡る。幾度も洪水で流され勧進による浄財で架けられたのでこの名がある。


 
県道と分かれて古厩の小さな集落に入る。
古厩(ふるまや)はフルウマヤの転化であり、大化の改新のあと、交通路を整備し駅制を実施した際に設けられた鈴鹿駅家の跡と推定されている。
集落の入口には、かつて旅人や駅馬に欠くことのできない清水を御神体とした大井神社や「御厩の松」と呼んだ老松があったという。

連子格子の家が残る、静かなたたずまいの20軒ほどの家並みが尽きるところで、グイッと上って名阪国道をくぐる。県道に戻るとすぐ関町から芸濃町に変わる。
 


緩やかな庚申坂を下る。石山観音像の道標が立っている。庚申塚があり、小さな堂の周りに地蔵が三体。
右手を中ノ川が流れ、対岸の樹木に覆われた段丘は応仁期の城跡だという。

楠原宿に延びる道が県道から右に分かれる。
問屋垣内と呼ばれる宿場の中心。

問屋の位置は・・・浄連寺の北にあったようであるが、現在の坂博氏の屋敷付近と考えられる。同氏宅の小屋が旧問屋の遺構の一部と伝えているが小屋の西に接続する本屋ももと一棟であったものを分けたといい、・・・。
その東に隣接する山田克己氏宅には、・・長短二本の槍と・・袖搦が残っている。これらは防犯用具として問屋場に飾られていたものであろうが、また役所としての権威の象徴でもあったろう。
(「芸濃町史」より)

村社明神社の石標から細い参道に入ると、常夜燈が立ち、水田が広がる。その先の石段を上ると右手に「おさよの池」と呼ぶ大きな溜池がある。この池の工事で、おさよという少女が人柱になった。生きながらに池の堤の下に埋められたのは約300年前の享保6年のことだという。

旅籠亀屋の山田家は、道が鍵の手に折れる集落の真ん中あたりにある。今は格子がはめ込まれているが、もちろん江戸期は蔀戸、雨戸を使い、昼間は店先を開放していたのであろう。
連子格子の家が多い集落の中を、街道が緩やかにカーブを描きながら下っていく。

 

県道に出て中ノ川に架かる新玉橋を渡る。県道と分かれて山に分け入るかのように急な畑坂を上る。
杉林を抜けると、の集落が延びている。茶店が並ぶ立場があったらしい。

小高い木立の中に庚申堂の小祠が見える。
芸濃町資料館は閉じており、洋風二階建ての建物が朽ちかけている。
伊勢別街道はこの資料館の前の十字路を右折する。直進すると白子に通じる蛭谷街道で、泉鏡花なら大いに興味を持ちそうな街道名だ。

県道を渡るところに石燈篭。すらっとした笠石に「右さんぐう道」と刻まれている。もともとは先ほどの資料館付近にあったそうだ。

 

中縄の集落には70本ほどの松の巨木の並んでいたというが、今は田んぼと民家があるだけで、並木らしいものは全くない。
集落を抜けると、横山池の堤にぶつかる。

道に沿う延々たる長堤は当地方の一偉観で、故老の話によると参宮道者は旅に出た解放感もあってか声高に百人一首や唐詩選を高吟し、長堤に登ったり、児戯に等しい行動をして楽しんだと言う。
(三重県教育委員会編集「歴史の道調査報告書 伊勢別街道」より)

 

椋本宿に入る。
西町から中町へ折れ曲がるところに高札、問屋があったらしい。問屋の前にあった宿屋の井筒屋は、今も同じところで「贈り物のデパート イヅツヤ」の看板を掲げている。
先ほどの横山池は、慶応2年(1866)この椋本宿の駒越五良八が5年の歳月と5万両を投じて完成させてものだが、その駒越家の広大な御殿があったところは駐車場になっている。
横町へ曲がるところに「右さんくう道」と刻んだ自然石がある。その横の明治期に建てた木製の里程標に「津市元標へ三里三拾三丁八間」「関町元標へ弐里五丁五拾壱間」とあり、街道の三分の一を歩いた計算になる。
横町に百五銀行椋本支店始め商店、事業所が集まっている。看板にも表札にも駒田姓が多い。
新町へ曲がる角に今も営業をしている宿屋の角屋があり、軒先に伊勢講の講札が並ぶ。
横町から新町にかけてが、この宿場の中心だったようで、明治初年頃には20軒ほどの宿屋があった。勿論遊郭もあった。親が遊ぶ間、子供を預かる宿屋もあった。子供を灰猫と蔑称し、はいねこ宿と呼んだという。しかし宿屋、遊郭とも、その面影を残す建物は無く、今はごく普通の民家であり、商店である。

 

県道に合流する。かつて豊久野は延々と松原が続き、戦前まで道の両側に老松の並木がそびえて昼なお暗い様子だったという。今は民家と畑に変わっている。伊勢自動車道をくぐると津市に入る。さつきの苗木を育てる畑が広がる。
高野尾の集落が長く延びる。農家の大振りな屋敷が続く。茶屋、丸屋、花屋、団子屋、ちょうちん屋などの屋号が残るというが、家々は建て替えられ、昔の面影をしのぶのは無理だ。
長い集落が尽きて県道と合流する直前に小さな広場があり、伝説を残す銭掛松と呼ばれる松があったことを示す石碑がある。石碑の後ろのお堂には、枝にたくさんの銭を掛けた昔の朽ちた松が納められている。広場に松は見当たらず、代わりに枝垂桜が枝を伸ばしている。

 

広い県道が真っ直ぐに延びている。
中の川橋を渡り、左手に国立三重病院があり、徐々に小高い丘に上って行く。一方、集落は左手下に見える。・・・街道をはずれたらしい。(あとで地図をよく見ると、整備された大里睦合町の三叉路で左斜めに入ってかなり先の野崎の地蔵前から右に左に折れるのが、正しかったようだ。)

 
あわてて左に坂を下りる。この坂は、親鸞聖人巡錫の折、一身田に近い浜の汐の満ち干が見えたという伝承のある汐見坂だろう。
窪田宿は中の川に架かる向沖橋の近くから始まる。
豊里公民館の前から県道に出るまでの農道脇に茶屋があったらしい。
街道沿いに続く民家の中にいくつか連子格子の家があり、そのうちの一軒が本陣・問屋・庄屋の三役を兼ねた国府家で、玄関に明治天皇窪田御小休所の石柱が立っている。

明治二年三月
十日  関を発したまひ、伊勢街道に入らせらる、津藩世子藤堂高潔、藩兵一中隊を率ゐて前駆し、且沿道に兵を配して警衞す、椋本・窪田に御小休、午の刻津に著御、御昼餐、津藩主藤堂高猷、候高潔と倶に天機をし、鮮鯛を上る、
(「明治天皇記 巻二十八」より)

このあと伊勢神宮参拝に向うが、天皇が伊勢の内宮・外宮の両大神宮に参拝したのは、これが(意外にも)歴史上はじめてだった。

 

中勢バイパスを渡り紀勢本線を越える手前で鍵形に曲がる。いままで常夜燈をいくつも見たが、桁違いに大きい常夜燈が立っている。近江の商人らが寄進したもので、大きく重くてこの先に運ぶのをあきらめ、ここに建てたという話が残っている。
真っ直ぐに進む。紀勢本線一身田駅の西側に延びる道で、左手に専修寺の大きな屋根が覗く。用水路のような毛無川に架かる例禊洲橋がある。斎王が禊したというが、小さなコンクリートの橋だ。川に沿って草道を進んだのちは線路沿いを歩く。畑仕事をしている人が、その先は行けないよと言うのを、エイヤアと線路を跨ぐ。細い道が一身田小学校のグランド沿いの道に繋がる。一身田の大古曽の家並みの中を縫うように道が延びる。

 

飯盛り女を抱えた茶屋が「水茶屋」と呼ばれ、この水茶屋の多いのが伊勢に向う街道の特色で、それが、お伊勢参りの人々の大きな楽しみだった。
一身田の橋向には、その水茶屋が明暦期頃から伊勢別街道最大の25軒ほどがあった。この橋向を通って専修寺に向う。水茶屋だったと思われる連子格子と妻入り二階建ての建物が道沿いに数軒残っている。

 
専修寺は浄土真宗高田派の本山。
浄土真宗には10の派があり、しかもお互いの関係は複雑そうだ。

蓮如が登場すると、それまで高田派などに属していた寺が、雪崩を打って本願寺へとなびいていく。そして、蓮如の本願寺教団は他派を吸収することで、ますます大きな勢力となっていった。
そしてついに、本願寺と専修寺は正面から衝突することになる。北陸の一向一揆では、敵味方に分かれて戦うまでになった。その戦いのために高田派は北陸から撤退し、あとからやってきた蓮如の本願寺教団に北陸の地盤を奪われることになる。

つまり、高田派からみれば、蓮如ほど面憎い存在はいないわけだ。
(五木寛之著「百寺巡礼」より)

御影堂は平成12年から8年がかりの平成の大修理が始まっており、拝観できない。
如来堂にお参りしたあと、高田青少年会館で、遅い昼食に名物のちょうちん茶そばを摂る。

 

伊勢鉄道の下をくぐり、稲刈り前の田んぼが残る一身田中野の集落を進む。窪田と次の部田の間の広い野だから中野という。五六橋には茶店があったらしい。小さな見初大明神の境内に子供の元気な声が飛び交う。
近鉄名古屋線の踏切を渡り、江戸橋駅を右に見ながら、江戸期の大部田村、今の津市上浜町の民家の間を進む。大部田村は街道沿いに町並みが続くので、部田のふんどし町といわれたそうだ。
安永6年に建てられた常夜燈があるところで、志登茂川に架かる江戸橋を渡ってくる伊勢街道と合流する。
この江戸橋の常夜燈前が伊勢別街道の終着点である。 15時55分  39508歩

 

江戸橋駅前の喫茶店で休憩。店内のテレビが「新潟県中越地震の発生直後から行方不明だった母子3人の救出作業」を中継している。今年は集中豪雨・台風・地震と、災害が多すぎる。カミサマはどうしてこんなにも不機嫌なのか?(了)


トップへ戻る