伊勢街道

お伊勢さんというのはまことに陽気好きの神様で、道中 酒は飲んでもかまわん、散財はしほうだい、
みんな帰りに女郎買いをして帰ろうかという陽気な旅で、そら盗人でも、間男でも、・・・
そらどうや知りませんが、とにかくこれはもう天下御免の旅、信心半分、遊山が半分という旅ですな。
(桂米朝コレクション「伊勢参宮神乃賑」より)

 

斎宮から小俣

平成19年5月22日(月)

6時20分  近鉄斎宮駅から街道に出る。 燕が忙しく飛び交う。
斎宮の集落が街道に沿って延びる。
大垂れ、格子のある切妻の家があちこちに残るが、建て替えた家も多く、旅籠だった和泉屋、三木亭、浪花屋や茶屋の伊勢屋、車屋があったところを特定するのは難しい。但し古い家も新しい家も変わりなく、軒先に笑門の注連縄がある。
笹笛川を渡って上野に入っても同じで、街道筋の旅籠の講社の頭だった三田屋だって、気づかずに通り過ぎてしまいそうな屋敷だ。

集落の中をくねってきた道がだらだら下ると、田植えを終わったばかりの田んぼが広がる。
しかし、道はすぐに緩やかに上る。坂の途中にそうめん屋があったのでそうめん坂と呼ぶ。
垣根の新緑が美しい。明星は参宮客の土産を売る店が多かった集落だが、土産の代表である煙草入れを売っていた山城屋の切妻の家も最近建て替えたらしい。

新茶屋の女は、西鶴に・・・日本に爰の女程白粉を付る所又もなし(「織留」より)・・・と書かれたほど厚化粧だった。
明治期まで煙草入れを売っていた三忠の豪壮な屋敷と、印籠を売っていたかめやの重厚な旧家が残る。「従是外宮二里」の道標。登校中の小学生のにぎやかな集団とすれ違う。

弘法さんの四辻から小俣の明野地区で、今は家が続いているが、かつては原野が広がっていたという。麦秋を迎え黄金色に輝く畑が多い。収穫した小麦は伊勢うどんになるのだろう。

しいの辻と呼ぶ三叉路からほどなく、土産の煙草入れを売っていた「つぼや」があり、その隣に「へんぱや」がある。
8時前だが、嬉しいことにもう店が開いており、店内で名物のへんぱ餅を戴く。こし餡を包んだ丸い形の小さな餅で、表面を少し焼いてある。店を出ると、前にあるガソリンスタンドのご主人が話しかけてきた。

へんぱやは7時半に店を開けるね。航校と書いた車に乗ってきた人がいくつも買って出てきたでしょう!自衛隊航空学校が近くにあるんだ。
店の隣の花いっぱいの畑は7代目の当主が世話をしており、温室にはランもある。

畷を過ぎ、相合橋を渡り、四差路の庚申堂横から新出地区のまっすぐな道を進む。切妻の家が続く。

 

小俣から宮川渡し

外城田川に架る惣之橋を渡ると小俣の新町のはずだが、今は本町というらしい。そして西町から先は元町に変わっている。紀州藩の高札場があった札の辻から旧法楽町に入ると、煙草入れや薬を売っていた丸吉の虫籠窓のある重厚な町屋が残っている。右に左に曲がって旧横町、竪町の切妻の家並みを抜ける。
旅籠だった川端屋は、往時と同じ切妻の2階建の建物だが、新しくなっており、隣にあった鳥羽藩本陣も建て替えられていた。
紀州藩と鳥羽藩が二分していた小俣は、汁谷川に架かる宮古橋で終わり、宮川の土手に突き当たる。
三重県下最大の川である宮川を、かつては桜の渡しで渡り、今は歩道の無い長い宮川橋で渡る。

 

山田

宮川橋を渡ると、建て込む家の間を細い街道が縫うようにくねくねと延びる。やがて街道は家々の中に消えるが、筋向橋の手前でまた現れる。

筋向橋は、橋の下を流れていた清川が暗渠になり、高知の播磨屋橋のように欄干だけである。
しかしかつては権威のある橋だったようで、江戸から伊勢までの距離は、日本橋からこの筋向橋までを測ったという。

ここから外宮まで八日市場町を貫く道は広い。
周りの景色とはかけ離れた重厚な店構えの小西万金丹薬舗が今も営業している。
広い道を隔てて、檀家数18万5千戸を抱えていた御師・福島みさき大夫邸跡の石碑が立つ。

八日市場町には格式高い門構えの御師の館が36家もあったらしいが、昭和20年の空襲で焼失し、商店、民家が建て込む現状からその当時の様子は見当もつかない。

NTTの横から延びる神路通に逸れ、厚生小学校の前を通って、月夜見宮を参拝。

月夜見宮は外宮別宮というのだが、そもそも伊勢神宮は内宮、外宮を中心に、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社 計125の宮社の総称だという。どうりで我々に125社参りですかと声を掛けてきた人がいたのだ。

外宮には北御門から入る。5月に入って式年遷宮のお木曳きをしているためか参拝者が多い。


外宮の前に阪神タイガースの聖地ともいえる鰻屋がある。
プロ野球創生期、宇治山田は巨人の沢村栄治と阪神の西村幸生という二人の名投手を生み出した。外宮の前で営業する鰻屋の「喜多や」は、初代巨人キラーと呼ばれた西村幸生投手の生家だ。

東京から大阪に移動する列車の食堂車でずっと飲み続け、巨人ナインが「明日 西村は投げない」と喜ぶほどグデングデンになりながら、翌日、平気な顔で先発し、完投までしまう投手だった。
(ベースボール・マガジン社編「阪神タイガース検定 公式テキストブック」より)

店内に入ると、出てきた青年が、「西村投手は大叔父で、自分も小さい頃から野球をし、今もクラブチームでやっている」といい、「父(店のご主人)は西村投手と同じ、月夜見宮前の厚生小学校から宇治山田高校、関西大と進んで野球をしていた。」という。

おいしい鰻丼を食べ、来店記念「伊勢が生んだサムライ投手 西村幸生 実筆サイン複写」の小さな紙片を貰って、大満足で店を出た。


岡本地区に入り、近鉄鳥羽線をくぐり、勢田川に架かる小田の橋を渡る。
道はゆっくりと上り、やがて間の山の勾配がきつい坂となる。
かつては、このあたりから見世物小屋、芝居小屋、妓楼、旅館、料理屋などが軒を並べて、精進落としの客を待ち受けていた。
坂の途中に女芸人「お杉お玉」と刻んだ石碑が立つ。
いったん衰退したが明治期に復活させ大正中期までお杉お玉の興行を行っていた場所が石碑と反対側にある世古宅である。
坂を上り詰めたところに残る家は、戦後旅館を営んでいた両口屋。まだ壁に弁柄が鮮やかに残る。

倭町、古市町、中之町、桜木町と続くが、昔はこの全ての地域を古市と呼び、天明年間(1780年代)には妓楼70余軒、遊女千数百人がいた。
大安旅館の女将だった井村かねさんによると、明治5年頃は、妓楼32軒、遊女は640人ほどだという。そしてこんな話を披露している。

(青年様達が)朝迄お遊になりまして朝(旅館へ)お帰りになりますと、そのあとすぐに、びぜん屋なり、杉本屋よりお係りの女中さんが、お女郎さんよりの手紙と相方の名前の入りましたお手拭をお一人お一人にお渡にまいりますのでございました。
そのお手紙とお手拭を持たれてお国へ帰られますのでございました。それで始めてお伊勢参りをせられて、伊勢の古市にて男様一人前になって帰られましたと親御様にてはとても喜ばれるようのことでございました。
(井村かね著「伊勢古市こぼれ話」より。かねさんの実家は明野のへんぱや。)

しかし明治から大正、昭和と時代が進むにつれて、妓楼は歯の抜けるように少なくなり、最後は戦災が根こそぎ焼き払った。今 道の両側にはごく普通の民家や商店や駐車場が続くだけで、妓楼の備前屋も、油屋も、そのあったところは石標で知るしかない。
わずかに嘉永4年(1851)創業の麻吉旅館が、崖地を利用した五階建てにかつての趣を残し、戦災を受けなかった寂照寺付近に切妻の家が残る。

牛谷坂をまっすぐに下る。
かつては大きな常夜燈が立ち並んでいたというが、取り壊されて今は二基だけが残る。人の姿もほとんどなく静かな坂道だが、かつては猥雑な「穴吹き」という見世物小屋があったらしい。

穴をあけた遮蔽物の中に女がかくれ、女陰を穴にくっつけている。客が竹筒をその穴につけ、思い切り吹くと、裏の女陰が実にコッケイな仕草をしてみせる。十人が十人、その面白さに思わず吹出してしまったという。
(野村可通著「伊勢の古市あれこれ」より)

御木本道路に出て、猿田彦神社で今後の旅の安全を祈願する。

 

宇治

おはらい町に入る。次第に人が増える。赤福本店で名物の餅を食べ、岩戸屋で生姜糖を買う。
宇治橋を渡ると玉砂利の参道が広く長く延びている。江戸時代はここにも御師の屋敷が並んでいたというから驚きだ。御手洗場で手を清めて、杉木立の中を、奥へ進む。

13時35分   内宮正殿に参拝。  31000歩


今回は、歩いているとたくさんの人から声をかけられ、いろいろ教えてもらった。伊勢の人々が、大いに開放的で大変世話好きのDNAを持っているのはまず間違いあるまい。陽気なのは神様だけではない。 

また来春もーきておくれー
来春来るやーら こないやらー
姐さん居るやーら 居ないやらー
これが別れの盃とー
思えば涙―が先に立つー
ヤートコセーヨーイナー
(伊勢音頭より)

                                                                         (了)


トップへ戻る