伊勢街道

女の閨ちかくありければ、女、人をしづめて、子(ね)ひとつばかりに、おとこのもとに来たりけり(「伊勢物語」より)

「子の刻から二時間あまり男の部屋で過ごした斎王の行動を、史実とみるか虚構とみるかは議論の分かれるところである。
・・・・伊勢の大神に仕える斎王と在原業平とおぼしき男との禁断の一夜を、これほど鮮やかに描けるのは、斎王制度終末期以降、物語世界の話として伝えられている時代なればこそであろう。」と斎宮歴史博物館の松田珠美主幹は考える。
今日は斎宮を目指して歩く。

 

六軒から松坂

平成19年3月4日(日)

6時20分  JR六軒駅から街道に出る。
小津から三渡川を渡ると六軒。 伊勢音頭に「明日はお立ちか お名残り惜しゆや 六軒茶屋まで送りましょ 六軒茶屋の曲りとで 紅葉のような手をついて 糸より細い声を出し・・・」と唄われたところ。
橋のたもとが初瀬街道との追分で、大きい常夜燈と深く彫り込んだ道標が立つ。「いがごへ追分 六けん茶や」「右いせみち 六軒茶屋」「やまとめぐりかうや道」「大和七在所順道」 

大坂屋にかつての賑わいを残す六軒の家並みはすぐに終わり、市場庄に移ると、旧街道の景観を残す家並みが現われる。それは息を呑むほど素晴らしい。
50軒ほども「切妻妻入」の家が続き、大垂れ、格子戸がある。どの家の軒先にも屋号を掲げている。すなわち野田屋、大清、藤音、ふろ屋、古万、合羽屋、ぞうりや、蛸路屋、清遠堂、道十、門前、はこや、中や、南出など。屋号から生業が分かるのもあり、集落での位置がわかるのもある。
旅籠を営んでいたという糀屋と泉屋は見つからなかったが・・。 
なお、伊勢街道沿いに妻入の家が多いのは、平入の伊勢神宮に遠慮しているからだそうだ。
ボランティアグループ格子戸の会の人達を中心に、この古い町並みを守っていく運動をされていると聞く。声援を送りたい。

近鉄山田線のガードをくぐると久米の集落で、そのあと塚本、船江の集落を過ぎる。街道は大曲を繰り返し、道沿いには庚申堂、山の神、道標がいくつもある。

 

松坂から櫛田

船江横手で左に折れ、川井町から松坂城下に入る。いつもどおり きょろきょろしながら歩いていると、散歩中の男性が人懐っこく話しかけてきた。

松坂には二つの遊郭がありましてね、ここは西の遊郭といわれていました。
売春防止法が成立するまでありましたよ。うちも女郎屋をやっていました。
今は皆建替えてどこがどうだったか分かりにくいですが、大きな建物に多いですよ。
今ステーキ屋を展開している海津も元はここにあった女郎屋です。
春木屋というのが3軒あって、そのうちの1軒がここです。瓦に春に字があるでしょう。

西町を過ぎ、坂内川を朱色の大橋で渡って松坂の中心に入る。
まずは本町である。
豪商・小津家の大卯建を上げた豪壮な屋敷がある。
本居宣長は小津家の出で、本居は先祖の姓だそうだ。

三井家の発祥地がある。門はあるが建物はない。
一筋西の魚町には長谷川家の広大な屋敷がある。

後藤孝之氏は「伊勢商人の世界」のなかで、「伊勢商人の手本なるべしという者を選ぶとすれば、長谷川を第一に挙げたい。」としたうえ「木綿ひとすじの正統派」と評する。
そして「火事でもうけた紀文や奈良茂が、江戸中の初鰹を一人で買い占めたとか、吉原を一夜千両で買いきったとか話題をまいた時、長谷川をはじめ伊勢商人は『伊勢乞食』といわれるほどの節約と努力を重ねていた。」と書いている。

大手町との四辻を過ぎて道が広くなり、中町に入ると、和田金の大きな建物が目に付く。昨晩松阪に泊まったので、松阪牛を食べようと勇んで和田金に飛び込んだが予約で一杯と断られ、魚町の牛銀本店ですき焼きを食べた。値段的には和田金と変らなかった。

日野町は蒲生氏郷が近江・日野商人を集住させたところで、本陣、脇本陣や問屋があった。
寄り道して、本居宣長と賀茂真淵が語らった「新上屋」跡手前の美濃屋小路を入り、新規町、同心町と武家屋敷通りを進み、御城番屋敷に至る。

この屋敷を撮影しているグループがいた。松阪城の城壁の上にもカメラを据えている。
NHKだそうで、山本志保アナウンサーがいる。
3月20日放送のおしゃれ工房「伊勢の国の伝統工芸めぐり」で、松坂木綿と伊勢型紙を紹介するのだという。

松阪駅からの道と交差する四つ角に「右わかやま道 左さんぐう道」の道標がある。
湊町の白粉町通りと交わる角の駐車場に、黒丸子・万能千里膏の秘薬を売っていた豪商の桜井屋があり、その前のマンションが建っているところに江戸大伝馬町に進出した大和屋と綿屋の両長井家があったと思われる。
参宮土産として人気のあった鬢付油「白梅」を売っていた平生町の須賀屋は寺井洋装店あたりらしい。

愛宕橋跡からは愛宕町である。江戸期 東廓と呼ばれた遊郭があったところで、今も飲み屋が多い。
映画監督の小津安二郎は本町の豪商小津家に連なる商家の出身。9歳から10年間をこの愛宕町で過ごし旧制宇治山田中学に進んだ。自宅は戦後焼失し、その跡に小津安二郎青春館が建っている。

良い夜だ。遠くに神楽の響が聞える。さわがしい神輿が行く。
青田を渡って来し涼しい夕風に風鈴が絶え間なく鳴っている。
細い運命を保って来た朝顔は参つ四つ此方にしほれている。
楽しい祇園も終わった。
(松阪第二尋常小学校6年生の時の夏休みの作文「祇園祭典」より)
まるで巨匠の映画のワンシーンのようだ。栴檀は双葉より芳し。

青春館の裏手に回って、監督が住んでいた頃から残る庭の夏みかんの木を眺め、「もう一度中学生になりたいなぁ」と後年言った監督のやんちゃな少年時代を想った。

三角公園あたりで城下を出て、紡績工場の跡地横を過ぎて道が狭くなり、垣鼻の世古出、里中、徳和の集落を抜けていく。このあたり天秤棒・農具等の柄を売る棒屋が多かったようだが、今の時代にあるはずがない。
徳和坂を下ると金剛橋で、極門橋までを徳和畷と呼び、白酒を名物とする店が数軒建ち並んでいたという。田んぼの中の一直線の道に点在する家がかつての白酒屋だったのだろうか。

下村の極門橋のたもとにある文政12年建立の常夜燈は、江戸の干鰯問屋などの寄進による。基壇に刻まれた寄進者の一人が湯浅屋與右エ門。小津安二郎の父親は、この湯浅屋の番頭で、江戸・深川にいた。

街道歩きから帰って、東京・日本橋本町にある小津和紙店内の史料館に行き、「湯浅屋與右エ門」について教えて頂いた。
「江戸後期、大伝馬町小津本家紙店(現在小津和紙店があるところ)で奉公し、首尾よく功労金と小津の苗字を貰って、干鰯問屋として独立したのが、字は久足(ひさたり) 通称が與右衛門。屋号の湯浅屋は干鰯を仕入れた和歌山・湯浅に因んだもの。
小津安二郎はこの小津與右衛門家の分家筋で、従って小津本家との血縁関係は無い。」


JR徳和駅横を過ぎて常夜燈、大日如来、女人の供養塔。上川に入って、常夜燈があっても連子格子の家が続いても、もう珍しくないと一瞥して急ぐ。しかしカーサ・ルシェロの隣の「従是外宮四里」の道標には感慨を抱く。伊勢は近い。

伊賀町には「へんぱ餅」を名物にしていた「おかん」 「おもん」という二軒の茶屋があったという。今も、おもん茶屋の白壁、虫籠窓の重厚な建物が残っている。

 

櫛田から斎宮

櫛田の通称がある豊原は、本陣を務めた大庄屋が道路拡幅で影も形も無く、旅籠の紅葉屋も姿を消している。
ただ、道筋だけは、昔どおり西町、東町、茶屋町、立町と右に左に折れて、櫛田川の堤防に至る。
拡幅中の櫛田橋を渡って、堤から早馬瀬の集落へと降りていく。最近まで営業していたはずの「つる屋」の看板が見当たらない。しかし人の姿も見えない街道沿いで今まで旅館が続けられたことのほうが不思議だ。

田んぼの広がるハイマセ畷を進んで稲木にいたる。茶屋や旅籠屋が点在するなかに「壺屋の煙草入れ」で知られた壺屋があったという。場所は稲木神社跡地の東隣りの畑だというので、眼を皿のようにして探すが見当がつかない。

祓川を渡る。「従是外宮三里」の嬉しい道標が立っている。
なだらかな坂を上がって金剛坂、そして竹川の集落を進む。ところどころに連子格子の家がある。 立場茶屋があった角で折れて斎宮歴史博物館に向かう。
博物館でゆっくり見学。 

16時50分  近鉄山田線 斎宮駅    31458歩

 トップへ戻る