伊勢街道

「おみさはん、おみさはん、みんな、踊っとるで」
元五は、みさの耳に口をつけて囁いた。そして外から流れてくる「おかげさまぞえ、おかげさま」の声に合わせて、「踊らへんかえ、ちょっとだけ」と呪文のように唱えつつ、亀頭を愛液の中に浸しては、出しはじめた。「ちょっとだけ」という時に男根を引き抜き、そのたびに、陰から湿った音を引きだした。
「踊らへんかえ、ちょっとだけ」、ぴちゃっ。「踊らへんかえ、ちょっとだけ」、ぴちゃっ。小気味よい音が、元五の唄に合いの手を入れる。
(板東眞砂子著「春話二十六夜」より)

宝永2年(1705)の「おかげまいり」は、360万人が参宮(もちろん歩いて)したといわれ、これは当時の人口の15パーセント以上にあたる。しかし今の時代歩いてのお伊勢参りは珍しいようだ。昨日は商店の店先で、あるいは通りがかりの人々から、今朝も早くから散歩している人達から声を掛けられたが、全員が「まあ!伊勢まで歩くの!」と驚いていた。

 

白子から上野

平成19年3月3日(土)

6時 5分 近鉄鼓ケ浦駅から街道に出る。
釜屋橋を渡ると伊勢型紙の型彫り師の多く住んでいた寺家だ。
見逃しそうな細い道を入ったところに子安観音寺。山門をくぐると不断桜が蕾を膨らましている。
寺を出て、細い路地に立つ大きな道標の「右さんくう道」と小さな道標の「左いせ道」に従って集落の中を進む。

堀切川の堤を進み、近鉄の踏切を跨ぎ、国道23号に出て堀切橋を渡り、更に堤を歩く。堤を下りると磯山の集落が延びている。連子格子の家が残る。
集落を抜け、国道に出て、中ノ川橋を渡り、近鉄の踏切を越えると、東千里である。
ここから浜に向かったあと伊勢街道に並行して津の入口の町屋に至るのが巡礼道。
一方、伊勢街道は集落を貫いている。
屋根の上に水甕を載せた珍しい建物の甕釜冠地蔵堂におばあさんが手を合わせる。信光寺は本当に聖徳太子草創なのかなと首をひねったり、大庄屋だった丹羽家はこの新しい家だろうと推測したり何かと忙しい。近鉄千里駅横を抜けて、国道を渡る。
田中地蔵の前から田中川に出て、大蔵橋を渡る。

 

上野から津

大蔵橋南詰めは旅人に茶を接待した所だが、今はただの空地。
街道に沿った細長い上野の集落は、始めのうちは家の後ろが田んぼだったが、やがて丘の裾に建ち並ぶ。創業百年の看板を掲げた米倉理容、大庄屋の別所家、弘法井戸を過ぎ、本陣の丸屋、問屋の荒井屋、脇本陣の江戸屋が集まるところに至る。

旅籠はかじ新、三文字屋、桑名屋、江戸屋、京屋、糀屋など 二十数軒が軒を並べ、宿泊客も多く、「早く行きたや上野の茶屋に、一度とまれい二度泊まる」とうたわれたという。妓楼も油喜、井筒屋など数軒あった。
(杉本嘉八解説「伊勢路見取絵図 解説篇」より)

今は農家が続き 淫靡な空気などまったく無い。全ての家の前に、色とりどりのパンジーが入った「花街道 上野小学校」と書かれたプランターが置かれている。竹薮の中が上野城跡らしい。

中瀬を通り抜けて、国道に合流するところから津市に入る。田んぼが住宅に変りつつある。この国道部分に、小川の松原という東海道・御油に匹敵する松並木があったが戦時中に伐られたという。
国道から逸れると小川で、街道沿いに甘酒屋、団扇屋、饅頭屋、そば屋、呉服屋、紺屋、鍛冶屋、風呂屋、茶屋などの屋号の家があったらしいが、今では屋号が示す商店がまったく無い静かな集落だ。

近鉄の踏切を渡り、中山に入り、集落のはずれに、幕末頃に鉄砲や大砲を作っていた阿保家跡があるはずと、いくら探してもみつからない。それもそのはずで、そこはすっかり造成されており、宅地分譲でもするようだ。屋敷跡の前にあったはずの地蔵堂もあとかたもない。

栗真中山町交差点の周りを巡るように県道、国道を渡って町屋に入っていく。
三重大学が近いので、学生向きのアパートが増える。巡礼道との追分に天保10年建立の常夜燈が立つ。ここに菓子屋、その先にみたらしを売る並木屋、さらにその少し先の自然石の常夜燈のあたりに一本松といううどん屋があったというが、今は落ち着いた佇まいの住宅街である。

国道に合流するところに三重大学がある。
先日 津市出身で三重大人文学部卒の萩美香さんが、2007年度ミス日本グランプリに選ばれた。ミス日本グランプリは第一回が山本富士子、最近では藤原紀香が獲得している。

母・茂子さんは「娘が生まれたらミス日本にしたい」と強い希望を抱き続けていた。
美香さんがおなかの中にいたときは「私が身長1メートル51と低いから、背が高くなるようにと、白湯だけで過ごした」。
その後もベッドで寝ている美香さんの脚を引っ張るなど努力を重ねた。
(2007.1.23スポーツニッポンより)
「さゆ」で背が伸びるはずがない。お母さんが飲んでいた白湯は、豚骨をとことん煮込む中華料理のスープ「ばいたん」と思われる。

妻は街道でもないのになんで?という顔をするが、かまわず大学の構内に入り込む。春休みなのか、人文学部の周りも静まり返って一人の女子大生もいなかった。

志登茂川に架かる江戸橋を渡ると、伊勢別街道との追分で安永6年建立の常夜燈が建っている。
「町の長さ七十二町有と云入口よりとうせい川迄を部田といへり(伊勢道中細見記より)」とあるように、この部田の集落は細長く、ふんどし町といわれた。
ここには津藩の無足人(郷士)が多く住み、醸造業に精を出した人が多かった。卯建を上げ大垂れを下げた阿部喜兵衛商店もその一人。
津駅に近づくと再開発だろうか、広い空地が目立つ。
津駅を右に見て、すぐの中茶屋町にあった糀屋は、ロイヤルマンションあたりだろうか。杓子餅という名物餅を売っていたという。
四天王寺のある茶屋町には、餅屋が並び旅籠もあったらしいが、川糖屋、宮崎餅店やビジネスホテル三徳は名残りだろうか?

安濃川を塔世橋で渡り、津城下に入る。

 

津から雲出

国道23号線沿いに万町から塔世町へ、そして国道を突き抜けて北町、東町へ、そこから立町、大門町の商店街に入る。
商店街は「津・大門のおひなさん」のイベントを催しており、各店が所有する雛人形を飾っている他、隣の津観音寺の国府の阿弥陀の前で公募のカップルが束帯と十二単姿で結婚式を挙げていた。

ところで、津市観光協会は、津が発祥の地である食べ物として「いちご大福」「たいやき」「味噌かつ」「天むす」を紹介している。
「天むす」を生んだ「千寿」は、この商店街から少し入った路地にある。

天ぷらの定食屋を営んでいた先代の奥さんが、お店のまかないとしてご主人に作っていましたが、商品にならないかと色々工夫して、1957年頃できたのが「天むす」です。
今では名古屋の名物と言われていますが、本当は津が発祥の地です。
(津市を紹介した地元誌による)

10人も座れないカウンターの中で女性4人が働いている。1人が天ぷらを揚げ、2人がおむすびを握って、2代目が仕切っている。ひっきりなしに来店客があり電話注文がありで、皆大忙しである。
小振りに握った元祖「天むす」が五つ並んだ700円の天むす定食は、昼食には丁度良い分量だった。

「いちご大福」は商店街のはずれの「とらや本家」で販売している。「たいやき」「味噌かつ」を売っている店は街道から離れている。しかし「いちご大福」「たいやき」「味噌かつ」の元祖については諸説あると思われる。

また津の人は日本一の鰻好きで、1世帯あたりの年間支出額の第1位が津市で5534円、2位名古屋市、3位大津市。1人当たりの支出額も1位が津市で、以下大阪市、京都市と続く。(いずれも平成17年度総務省の家計調査による)
当然 市内に鰻屋が多い。インターネットで調べると21ケ店ある。

昨晩は津で泊まったのだが、ホテルで薦められた老舗の「はしや」は、この商店街の暗い横道にあった。
庶民的な雰囲気の店で食べた1575円の鰻丼は、ご飯のなかにも鰻が隠されて得した気分になれ、ボリューム満点だった。

商店街のなかの百五銀行大門支店にあった千切屋が問屋で本陣。フェニックス通りに近いニューマツザカヤに脇本陣の兵丹屋があった。
商店街を抜けてフェニックス通りを横切ると宿屋町。広いフェニックス通りから岡林仏壇店のあたりまで、江戸大伝馬町で木綿問屋を営んだ田端屋があったらしい。
宿屋町、それに続く地頭領町には旅籠、商店が並んでいたというが、現在のひっそりした家並みからは想像できない。
分部町の木綿問屋の川喜田久太夫の屋敷があったところに、今は百貨店の松菱がある。

大伝馬町1丁目の木綿問屋は、その大半が伊勢商人だったが、この中で、川喜田と松坂の長谷川は双璧といわれる。
川喜田の十六代目は、紺野浦二のペンネームで書いた「大伝馬町」のなかで、伊勢商人の成功の秘訣を「何事も型で押し通し、またこれを皆よく守ったでこそ手代任せの伊勢店が永続したのぢやないでせうか」という。

岩田橋に出て国道を伊予町、岩田町と進む。
津の町はずれである立合町で国道と分かれて、民家の中を真っ直ぐに進むと、弁財町の閻魔堂の前にでる。近辺は蕎麦屋、茶店、田楽を売る店があったという。
この「えんま前」と呼ばれる立場から、格子や大垂れのある軒の低い二階づくりのタイムスリップしたような家並みが道の左右に続く。八幡町に入っても同じような家並みが残る。

藤枝町にはかつていくつもの遊郭があった。月花楼、杉本楼、松井楼、旭楼、七福楼、可祝楼、常盤楼、満陽楼などの、その遊郭の切妻二階建ての建物が残っているのかと思っていたが、家は建て替えられて、どこがどうなっていたのか全く分からない。
かつての賑わいを伝えるものといえば、遊郭山半の楼主が寄進した思案橋と呼ばれる用水溝に架かった小橋の、欄干に浮き彫りされた松・扇・梅ぐらいか。
なおここは香良洲道との追分でもある。

国道を越え、紀勢本線の踏切を渡っていくつかの寺を覗きながら垂水藤方を抜ける。
小森上野から高茶屋小森までの集落は、高茶屋台地の麓に細長く街道に建ち並ぶ。
緩い上り坂となってやや高台を通る。
かつては桜並木があり、この高台は桜茶屋と呼ばれ昭和20年まで茶店が残っていた。新選伊勢道中細見記は「茶屋多し 焼餅 名酒 ささいの坪焼きあり 晴天の朝は此所より富士山見ゆるなり」と記す。津松阪港の造船所の赤いクレーンが見えるが・・・富士山までは?
桜並木があったところに今は白いガードレールが延びている。
勅使休泊所だった高茶屋神社で休憩。
紀勢本線の踏切を渡ると、田園風景が拡がる。

 

雲出から月本追分

島貫の小さな集落の中ほどに明治天皇島貫御小休所阯の碑があり、ここに旅籠の柏屋があり、横に京屋があったらしい。
雲出川堤防に上って、雲出の渡しを雲出橋で渡る。

堤防から小野江の集落が長く延びる。渡海屋、柿屋、樽屋、松坂屋などの旅籠があったのだが、ここも物悲しくなるほどひっそりとしている。
集落の端に近いところに蝦夷地を探検した松浦武四郎の生家がある。この探検家のことは寡聞にして知らない。
比留では、文政7年(1824)の常夜燈付近で素麺と白玉あめが名物として売られていた。その痕跡が無いかと見回すが、露ほども見つからない。家の後ろに田んぼが広がる。
平五郎橋を渡り十字路を過ぎると小村縄手。 セメント工場や配送センターを抜けると、田園風景。耕運機が田んぼの土を掘り返している。横を南郷用水路が流れる 



月本追分から六軒

月本の集落の中程に、高さ3メートル以上 街道最大の道標がある。
「月本おひわけ」 「右いがご江なら道」「左やまと七在所順道」「右さんぐうみち」伊賀越奈良道との月本追分である。
すぐ先の御門橋で香良洲道も分かれるので、辺りには角屋、綿屋、村田屋といった旅籠や、御門橋の西には「こわめし でんがく さゞい坪焼」を売る曽原茶屋があったというので、この家だろうか?あるいはあの家だろうか?と推理するのも楽しい。

中道の集落を抜けると、工事中の中勢バイパスが畑の中に万里の長城のような壁になって視界を遮る。道を教えてくれた農作業中のおばさんも、「うっとおしくて」と不満たらたら。
小津に、橋の上で倒れると身に災難がふりかかると伝えられる「竜宮橋」という、橋とは名ばかりのところがある。ここに一里塚があったらしい。
妻が、この集落は瀬古、世古の表札の家が多いと言う。マラソンの瀬古さんは桑名出身だから縁があるのかもしれない。

16時50分  JR紀勢本線 六軒駅  52879歩


トップへ戻る