伊勢街道

喜多八が弥次郎兵衛の手首を押さえつけ、接吻をした。強引に割って入ってきた舌はザラザラとあの薬の甘ニガイ味がした。
「ん・・んぐ、喜多さん・・・」
「あ、ああ」

「なあ弥次さん、お伊勢さんに行こうよ。きっとお伊勢さんに行きゃあ、きっとなにもかもうまくいくんだ。
オイラの中毒もキレイさっぱりになおって、生まれ変わるんだ」
喜多八のめったにみせない真剣な様子にとまどいながら、弥次郎兵衛は喜多八を抱き寄せて、・・・
(しりあがり寿著「小説真夜中の弥次さん喜多さん」より)

 

日永追分から神戸

平成19年3月2日(金)

日永追分は近鉄内部線追分駅から近い。

伊勢神宮をめざして東海道を歩いてきた弥次さん喜多さんは、この追分にある「左 いせ参宮道」と深く彫り込んだ大きな道標や伊勢神宮二の鳥居(因みに一の鳥居は桑名七里の渡しにある。)を見て、小躍りしたにちがいない。お伊勢さんは南へまっすぐ18里先にある。 

ここは旅籠屋や茶店、土産物屋もあって随分賑ったらしい。今はもちろん参宮の人の群れはない。
名物だった日永の「なが餅」を売っていた笹井屋も、四日市の町なかに移っている。
湧き出る清めの手水を汲みに来る人だけが絶えない。
なお追分の肝煎だった大黒屋は横の瀟洒な家である。 

9時30分 鳥居の下を抜ける。
海星高校の校舎の向こうに四日市のコンビナートが見える。すぐに国道1号線は逸れて県道になる。
事業所、工場の立て込む大治田地域を進み、内部川の手前で県道と分れ、堤に上がる。鈴鹿の山なみが霞んでいる。
河原田橋と小さな又兵衛橋を渡って、連子格子の家が残る静かな河原田の集落を進む。県道を横切り、JR関西本線の線路を越え、田んぼの先に一両編成の伊勢鉄道を見て、県道の高架をくぐると、鈴鹿川の堤に出る。寛政11年(1799)建立の大きな常夜燈がある。
澄んだ流れに高岡橋が架かる。この川の7キロほど上流が、広重の描く「庄野の白雨」の舞台である。

橋を渡ると、ここにも文化4年(1807)建立の常夜燈がある。この先街道沿いには沢山の大きな常夜燈があり、少しずつ慣れっこになっていくが、まだ歩き始めたばかりなので物珍しく見上げる。大きく立派なものだ。
高岡の集落を抜けて田んぼの中の約1キロは、千町なわてとも云われた古代条里制の面影が残る真っ直ぐな道だ。

 

神戸から白子

五郷半用水の常盤橋を渡り、ゆるい坂を上ると 道の両側に石垣と土塁が続く神戸の見附がある。
幕末期、神戸の旅籠19軒のうち14軒がここにあり、町の中心の賑わいはそれほどでもなかったので、「神戸の町は口ばっかり」と云われた。
今も旅館を続ける加美亭がかつての紙屋で、並びの連子格子の家のあたりに吉文字屋、末広屋があったと思われる。

近鉄鈴鹿線と六郷川に架かる大橋を渡り、札の辻に来ると格子窓が印象的な油伊旅館がある。ここから神戸の町の中心である十日市だが、再開発が進んでおり、拡幅された道路沿いに店舗付マンションやスーパーを建設中である。少し前まで営業していたという旅籠の道具屋も小奇麗な住宅に変身している。

神戸は城下町であり、茶を嗜む人が多いのか、和菓子屋が多い。和菓子屋めぐりをする。

南萱町にある亀屋清泉庵は亀の子最中。
神戸宗社前の近江屋は磯しぐれ。
街道と並行する昔ながらの雰囲気が漂う通りにあるのが丸屋で、仲の良さそうなおじいさんとおばあさんが干菓子を作って売っている。お内裏さま・お姫さま、蝶々、土筆などをかたどった可愛い干菓子が店先に並ぶ。
同じ通りにある荒神山もなかの富士山製菓は本日休み。
神戸高校そばの洋菓子店アマンディーヌは先代まで一見屋という和菓子屋で、店内に御原木と呼ぶ なが餅に似た銘菓がある。
立石餅のあま新は土・日しか開いていないらしい。残念!

神戸高校前の小さなお寺に入り込んで、買った菓子を頬張る。ペットボトルのお茶のお手前で。

専修寺神戸別院の前に神戸の長吉が住んでいた。

神戸の長吉?・・・ 穴太徳?  吉良の仁吉!  清水の次郎長!!
とくれば、ご存知 荒神山の喧嘩だ。
地図を見ると、喧嘩の舞台となった荒神山観音寺は東海道庄野宿の北3キロほどの、意外にも町から随分離れたところ。 

六郷川に架かる幸橋が神戸の東の出入口で、桜茶屋といって賑ったところらしい。
県道に面するジョリーパスタで昼食。
先ほどから聞えている自動車のエンジン音は鈴鹿サーキットからだろうか。県道を走る車はホンダ製ばかりかと思っていたが、そうでもない。

矢橋肥田玉垣の静かな集落の中を街道がくねっていく。
伊勢鉄道をくぐる。大庄屋服部家の長い黒板塀と醤油蔵。
街道に人の姿はなく、名物の肥田のだんご屋が今もあるはずがない。
麦が15センチほどに伸び、空で雲雀が鳴く。
「右さんぐう道」の自然石の道標に沿って折れ、方向を示す指形が浮き彫りになった「左さんぐう道」の道標に従って曲る。山ノ神。灯籠。
沈丁花の香が漂う。土筆を見つけた。
フジクラ鈴鹿工場の横を過ぎる。なだらかな坂を下ると江島である。

近鉄名古屋線を渡ると、江島の北の端の地蔵がある。
文政3年(1820)伊勢商人から奉納された常夜燈。
その常夜燈の先に江島若宮八幡神社がある。社務所を尋ね、県の民俗資料文化財に指定されている71面の「絵馬群」の見学を申し出たところ、宮司の前川さんは快諾、拝殿内の絵馬の入った収蔵庫を開けて我々に丁寧な説明をしてくださった。
大黒屋光太夫が白子港を出て遭難するのが天明2年(1782)。
その前年の天明元年に奉納された大宝殿の絵馬を通して当時と現在の江島・白子の様子を説明するくだりでは、この土地に対する宮司の篤い想いが感じられて引き込まれるように伺った。
更に本能寺の変の際の徳川家康の逃避行についても、郷土史や新聞の切り抜きをコピーしたうえ詳しく教えて頂いた。

本能寺の変のとき、徳川家康は河内から(かつて我々が歩いた尊延寺越道で)山城に抜けたのち、伊賀路から伊勢に入り白子の浜にたどり着いた。
そして厳しい詮索の中、農夫の小川孫三が家康一行を知多半島・常滑に無事送ったのだが、その船出の浜が神社の横である。神社から浜に出る細い道が御成り道と呼ばれているのも、その証左だろう。
その後家康は孫三に対し藤枝宿に白子と名付けた土地を与え諸役の免除を許した。

帰りには柿の葉から作った御神茶まで戴いた。有難うございました。

さっそく神社の横の浜に出た。
伊勢湾に面した江島公園の伊勢マリンホーム側に、「徳川家康公九死に一生を得て駿府に戻る船出の港(浦)」と書かれた案内板がある。
青い海の水平線の真正面に知多半島の先端が浮かび、孫三が漕ぎ渡した常滑には中部国際空港が望まれる。
家康が踏んだ浜辺の感触を妻が楽しんでいる。

江島の細長い家並みはそのまま白子へと続く。
白子は江戸と直結する港町で、廻船問屋、干鰯問屋が並び立っていたという。
江島から白子にかけて沿岸洲が延びており、大船は沖でもやい、荷は小船で運んだようだ。
また、このあたりの特産は染型紙で、全国の紺屋に売られた。地元の人は皆、伊勢型紙資料館の見学を勧めるので細い路地を通って行った・・・が、16時の閉館は想定外で5分前に閉まっていた。

かつての賑わいが嘘のように街道に人がいない。ところどころに連子格子の家があるが、歯の抜けたように空地も目に付く。
唯信寺の先、新町に入る角に「神戸四日市」「さんぐう道」の道標が立っている。昭和12年の建立だが、後ろの黒板塀とマッチするのか、写真でよく見かける道標だ。

16時35分   近鉄名古屋線 鼓ケ浦駅  34817歩 

トップへ戻る