平成20年12月1日(月)

8時   内房線太海駅を降り、岡波太の路地のような往還を進む。
宝幢院の横を過ぎると、よしのや旅館のある海岸に出た。
そのまま海沿いを行くと浜波太の集落で、ホテル江澤館の前に仁衛門島への渡し場がある。
昔ながらの手漕ぎの舟に乗って数分で渡れる島には頼朝がかくまわれた洞窟があるだけだが、荒磯に砕ける波の音をたっぷり堪能できた。
よしのや旅館に戻り、建て込んだ家々の間を真っ直ぐに上がると吉岡旅館の前で県道に出る。

画家の間では「西の波切か東の波太」と呼ばれている。鴨川と三重県大王崎の波切は海景のメッカである。安井曽太郎「外房風景」は、目の前に仁右衛門島への渡しがある江澤館の4階の一室で画かれた。
吉岡旅館は画家や柴田錬三郎など文人の多く泊まった旅館で、吉行淳之介が宮城まり子と泊まったこともあったようです。
(ふるさと文化研究会編「房総検定公式テキストブック」より)

磯の先に、やや曇った空を写している海が視界180度に広がる。
県道になった往還が国道を縫うように進み、やがて太海小学校への道に分かれて、浜波太から天面に移る。
賽ならぬ西院の河原がある。まだ朝早いが、もう2、3人のお年寄りがお参りしていた。

漁師が沖から目印にしている浅間山を背に、細長い天面集落を抜ける。
家並みの切れ目から海が見える。天面善光寺といわれる西徳寺は、犬がうるさくて近づけない。
国道に合流するが、また分かれて内房線の踏切を越えると、道は上がっていく。
しばらく上がって、房州大橋と内房線の鉄橋が並行に架かる山生の入り江を見ながら、集落というほどの家並みもない山生を過ぎる。

石仏のある三叉路を左に折れて、太夫崎の集落の中のくねくねと曲る細い道を進むと、太夫崎漁港に出る。そのまま堤防に沿って行くと吉浦の鰯渕の集落だ。
しかし往還の道筋は、三叉路を曲らずに道の駅の脇から国道を越え内房線に近づき、名馬橋を渡ったところで、国道を斜めに渡って鰯渕の集落に入るのかもれない。
名馬橋近くで農作業をしていた松井さんという男性から声を掛けられた。松井さんによると、このあたりは由緒ある事跡が多いらしい。

名馬橋の名馬は、源義経が一ノ谷の合戦のときの鵯越の坂落としで活躍した名馬に因んだもの。馬の名を太夫黒といい、この地で育ったと伝えられている。
「道理で、こんな鄙びた道には似つかわしくないほど凝った橋なのですね。」
その太夫黒が出たといわれる駒穴という洞窟が、小高い山の中腹に見える波切不動尊の奥の不動滝のさらに奥にある。そこから名馬は駒洗川(今は名馬川という。)に沿って下って太夫崎の海辺で遊んでいたので、海辺には蹄の跡がついた石が残り、またこのあたりの笹は、名馬が食べたので先の部分が無い。

松井さんに駒穴に連れていってもらうことにした。
しかし波切不動尊の裏からの道は簡単ではなかった。昔、不動滝の上から山にトンネルを穿って太夫崎と吉浦の2つの集落の水田に水を落としたのだが、その水路だったトンネルを抜けていくのだ。真っ黒な狭いトンネル内を手探りでこわごわ進むと駒穴のあるところに出た。何人もの人が入れる大きな岩穴だ。岩穴の奥は落ち込んでいるようだが、暗くてわからない。太夫黒は、近くの嶺岡牧という牧場からこの穴を抜けて現れたらしい。
名馬の真偽はともかく、探検ごっこをするような、わくわくした気分を久しぶりに味わった。

山を降り、鰯渕の海岸に行く。網の手入れに余念のない男性に話しかけた。さきほどの松井さんの同級生の根本さんだという。

吉浦は、鰯渕と隣の大吉浦から成っている。
「吉浦は紀州から難破して流れ着いた漁師が草分けだそうですね」
それは知らないが、元は大吉浦で、鰯渕は分家。8割が根本姓、あとは鈴木だ。
鰯渕の地名は、この写真にあるように、以前は沖の堤防がなかったので、鰯が押し寄せてきたから名付けられたのかな。
自分は鰯ではなく、目の前の沖で伊勢海老を年中獲っている。

松井さんも根本さんも、生まれ育った、この誇らしい土地を、もっともっと知って欲しい想いで一杯だ。

国道を斜めに渡って、青木に入り、大井の原といって昔は寂しい通りだったところにも家が続く。
房川を渡って江見の商店街に入る。といっても数軒の商店があるだけ。「小島屋とうふ店」の看板を掲げているが、きつい仕事だから辞めたという奥さんが、「3軒あった魚屋も1軒になった。朝から家の前を通ったのは二人目だからしかたないか。」と淋しく笑う。
洲貝川橋を渡る。国道に合流したのち、観音堂の手前から右に入る。道は、海岸沿いの国道から家一軒分の幅で並行しているだけで、海が視界から消えることはない。

鴨川市から南房総市の花園に移る。地名の通り、道の両側に花卉栽培のハウスが多くなる。
時折、道端に「地震だ!津波だ!すぐ避難!」と津波に対する警告板が立ち、元禄地震で押し寄せた大津波の高さが16.4mもあったことを知らせている。もちろんこの警告は、ここだけではなく、これまで歩いてきた往還の道端でしばしば見てきた。

元禄地震は、元禄16年(1703)年、相模トラフ周辺を震源とし、関東一帯に大きな被害を与えたマグニチュード八の大地震であり、この地震が理由で、元禄から宝永への改元がおこなわれたという。それにしても津波の高さがすさまじい。

内房線の線路を渡って和田浦駅の西側に回りこみ、駅を過ぎたところで線路を越え国道を横切った。
ところで、和田は今では日本で四ヶ所しかない捕鯨基地のひとつで、鯨料理を食べさせる店がいくつかある。和田浦駅の観光案内所で教えてもらったお店「ぴーまん」に入る。

鯨料理といえば、小学校時代随分お世話になった竜田揚だが、ひさしぶりに食べると、鶏の唐揚げに親しんだ舌は完全に鯨の味を忘れており、「こんな味だったかな?」と首をひねるばかりだ。定食1700円。

ゴーゴーと唸る海鳴りを聞きながら、建て込んだ家々の間を抜けると、大きな和田漁港があり、その西端に鯨の解体場があった。といっても捕鯨の時期は8月頃までなので、がらんとした建物があるだけだ。
和田漁港を出た後、JRと国道の間に延びる道を進む。
国道の向うは白渚海岸、打ち寄せる波の音が絶えない。三原川の手前で国道に合流する。
温石川を渡ると、国道は海岸から離れていく。

15時40分    内房線南三原駅   31777歩

 

 

平成20年12月27日(土)

9時25分   前回、南三原駅周辺は、往還とほぼ同じ道筋を辿っている国道を歩いてきたが、今朝は南三原駅近くの古刹・自性院の下を通っている、往還より旧い道を歩き始める。
旧道は海発の集落の縁を巡るようにくねっており、道端のあちこちに石仏が立ち、特に元禄四年の六地蔵があったりして、江戸期あるいはそれ以前そのままの道かとおもわれるほど風情を漂わせている。

海発の集落を抜け国道に出ると、前方に横たわる低い山々の先に、富士山の白い頂きが覗いているのには驚いた。ここはまだ外房の海の近くで、内房の海岸までは遠いのに・・・。
内房線を跨ぐ。JRは、ここから山を避けるように海岸線沿いの千倉へ一旦南下したのち北上し、往還はそのまま西に進み、山を越したところでJRと再会する。

国道と別れて右に折れる。
古川橋付近には旅館やら仕出し屋やらスーパーなどがあり、かつてこのあたりの中心としての賑わいがあったことを感じさせる。丸山川に架かる古川上橋を渡り、上の原の集落から畦道を通って莫越山神社に突き当たり、鳥居前から南に回りこむと加茂である。。

8棟ものビニールハウスが並び、すべてのハウスの中で、雪の結晶が集まったような花がいっぱい咲いている。
ハウスの中で作業中の鈴木さん夫婦に話しを聞く。

ハウスの中はすべてレースフラワーです。
ここ
丸山町はレースフラワーの日本最大の栽培地で、うちを含めて数軒で作っています。
アブラムシがつく時期があって苦労するところもありますが、一年で大人の背丈になります。これから春にかけて、よく花が咲きます。
もっともっと、この花を皆に知ってもらって貰いたいですね。花持ちもいいですよ。

奥さんから手一杯のレースフラワーを頂いた。

 加茂神社を左に見て進み、上郷の小さな集落を抜けると、山道がゆっくり上がっていく。加茂坂越えだ。
切通しがあり、石仏がたたずむところあり、外房の海を望めるところありとハイキングコースにでもしたら良い山道だ。
海抜も100mほどで、山というより丘で、勾配もきついところは殆んどない。
しかし、今では殆んど通る人もいないのだろう。標識は全く無く、荒れているところもあって、二度ばかり行き止まりの道に迷いこんでしまった。
道を探りながら進み、落葉が積もった坂を下り、竹原にたどり着いて、山を越えたことを知った時は正直ほっとした。

右手に冬枯れの田んぼが拡がる山際を南下する。
水玉で国道128号に合流し、ここからは国道を縫うように西に向う。
竹原バス停付近では、裾まで真っ白な大きな富士山が見えた。

北上してきたJRと九重駅で接する。
安房国分寺跡で休憩。朝がた1度だった気温が10度ぐらいに上がったようで、重ね着している私たちには些か暑い。
生垣の高い、大振りな農家が続く国分を過ぎる。安布里を抜け、国道からはずれ、裏道のような道が和菓子屋に突き当たるところが往還の終点である。

14時30分   館山市北条   22205歩

江戸期、参勤の大多喜藩・勝浦藩・一宮藩、外房に知行地を有する旗本らが通行し、また江戸へ運び出す外房方面の物資を内房へ一旦陸送する際に利用された街道であった。
海岸沿いをたどるので通行に難渋したと思われる道も、今は整備されて、圧倒的な海岸美を存分に堪能できた。内房線の車窓から見た、東京湾越しの富士山の雄大な姿も素晴らしかった。千葉は北海道に次ぐ農業県だが、観光県にもなりうる観光資源をたくさん持っている。 (了)


トップへ戻る