平成20年11月23日(日)

往還は興津小学校前で国道から別れる。小学校の西側かわ再び山中へ入るのである。
台宿までの坂で、細尾坂あるいは細道と呼ばれ、左に海を見下し、右も深い谷になっている細い尾根を2キロ以上歩いていく。
(「千葉県歴史の道調査報告書 十二」より) 
しかし1/25000の地図をいくら眺めても、尾根道を見つけることが出来ない。
従って、小湊までは旧道の山中ではなく、海沿いの道を歩く。

8時15分  外房線上総興津駅前の、3連休のせいか、まだ目覚めない通りを進む。

興津は東北諸藩の廻米交易船の碇泊地で、興津千軒といわれるほど繁栄したという。
仙台藩の船が寄港し、繋留するのに用いた、高さ2メートルほどの石柱が、妙覚寺の門前と、JRの表門前踏切の先の本堂前に立っている。

国道を進むと、浜行川漁港で、堤防には釣り人が多い。浜行川の集落を抜ける。
行川アイランド駅前を過ぎると、おせんころがしトンネルで、その手前の細い道を海の方に行くと、「おせんころがし」と呼ぶ絶壁がある。

「おせん」が親孝行の孝女なのか、彼女の歓心を得ようとした二人の若者の死を悲しんだヒロインなのか知らないが、下を見ると目もくらむ絶壁で、真っ逆さまに落ちるしかなく、どう転がしたのだろう?

トンネル前に戻り、先ほどとは反対の山側に行くと、深い切通しがあり、短いトンネルを抜けると大沢の小さい漁村で、ちょうど漁を終わった船が帰ってくる時間だ。
国道を渡って海際を進む。
右手の山側には落石注意の警告がある。
左手は絶壁で、その下の岩礁に波が打ち寄せては白く砕ける。
青い海の広がりは地球の丸いことが実感できるほどだ。
朝の清々しい空気を吸って散歩する老人やらジョギングする若者と擦れ違う。
絶壁の上で
勝浦市から鴨川市に移る。

海を離れて、山中のくねくねした道を下ると、誕生寺の裏に出る。
大きな甍の祖師堂があり、参拝客も多い。なぜか本堂に詣でる人は少ない。

日蓮上人の誕生を記念して造られたこの寺は、地震・津波により海中に没したり、流失したりしており、この地で伽藍が整備されたのは約300年前の宝永年間からという。

仁王門から土産物店が並ぶ門前に出、小湊の漁港を見て、日蓮交差点を渡り、日蓮上人の両親を葬った妙蓮寺の前を通って、旧道に出る。この道が上総興津から山中を抜け、台宿から市ケ坂を下ってきた往還だ。
洋品店の「ささや」がある。ご主人から話が聞けた。

うちは、1855年創業の呉服店で、蔵造りの建物は百年ほど前のもの。
このあたり、少し前までは昔ながらの商店があったが、今ではうちだけになってしまった。
でも、どの家も蔵だけは残っているでしょう。
「隣の角熊商店は先祖が紀州熊野から来て角地で住んだから名付けたと聞きましたが・・・」 
今は誕生寺の方で商売をしているよ。

「他に紀州出身の人はご存知ですか?」と尋ねると、ご主人は紀州と縁の深い善龍寺を教えてくれた。

戦国末期から近世初期にかけて、関東沿岸に関西漁民が来航し、鰯網漁と干鰯生産をはじめとする様々な漁を展開、天津小湊を含む房総沿岸にも、紀州漁民をはじめ、さまざまな来航者があった。
天津小湊町発行「天津小湊の歴史」より)

このあたりは日蓮上人のお膝元なので日蓮宗のお寺が殆どだが、善龍寺は浄土真宗だという。
浄土真宗門徒の紀州漁民が善龍寺の旦那となって、寺請制度の下で同寺の庇護を受けたと思われる。

ホテル三日月前から脇道を入ると善龍寺があった。
住職が、無縁仏の墓碑が集められたところにある紀州出身者のそれを教えてくれた。

ひとつの墓碑の左右に二人の名が刻まれ、それぞれ「紀州有田郡田村住」「同国栖原住」と彫られている。
亡くなったのが、延享二年と享保十四年だから、250年ほど前だ。

鰯を獲る為に小さな舟で、現在の和歌山県湯浅町からこの地まで来た漁師の勇猛果敢さを考えると、なんか元気をもらった気分になった。

寺の前の脇道が往還で、その先に、吾妻神社がある。参道の途中で外房線の線路を跨ぎ、石段を上る。
「歴史の道調査報告書 十二」によると、この石段の途中にバクチの木があるというのだが、どの木なのか分からず、石段を上ったり下ったり。
帰宅後、調べると、バクチの木とは次のとおりで、石段の最上部にあった木らしい?

「博打の木」
樹皮が灰褐色で絶えず剥がれ落ち、博打に負けて裸になるのに譬えての名。
葉から製した水はばくち水と称し、鎮咳、鎮静薬である。

外房線沿いを進むと大橋に出る。橋を渡ってすぐ内浦川ガードをくぐって安房小湊駅の北に回りこむ。道が、だんだん細くなる。
天津へ抜ける道のひとつは、そのまま真っ直ぐ行って山を越える道であるが、途中のトンネルが崩れて行けそうもない。
そこでもうひとつの、海岸に出たのち山を越える道を進む。すなわち、大風沢踏切で線路を越えて、駅の南側に出て、県民の森入口で国道に合流、寄浦漁港を下に見て、実入歩道トンネルに入る。

トンネル内が水族館である。
女子美大生と地元のボランティアにより、全長230メートルほどのトンネルの壁面に、たくさんの魚が描かれている。魚図鑑に載っていないような魚までいて、こんな楽しいトンネルは他にない。

実入海岸に来ると、リゾートホテルがあり、行列の出来る地魚料理店もある。
天津漁港の後ろに細長く延びる天津の街並みを抜ける。シャッターの下りた商店が多い。
漁港の上でたくさんのトンビが輪を描いている。

二間川に架かる天津橋を渡る。左手に、ふたつのおむすびに見える二ツ山。
橋の袂を折れて一旦国道と別れるが、引土の集落を抜けると、また合流する。
水の少ない袋倉川ぞい、緩やかな八重門坂を上がっていく。
坂を下って浜荻港から海沿いの浜荻の仲町、西町の集落を進む。磯のにおいが漂い、左手に東条の松原や鴨川の街、仁衛門島が見え、さらに大きく海が広がる。

バイパスの下で海岸と別れて直進し、亀田リハビリテーション病院を過ぎ、三叉路の先の細い道に折れると、亀田総合病院にぶつかる。
この大きな病院は、作家近藤啓太郎の夫人が病いと闘った病院である。

私は亀田総合病院へ行った。廊下を歩いて行くと、あちこちの病室からテレビの歌声が聞えてきた。病室に入ると、私をみとめた寿美は急に嗚咽しはじめた。私がベッドに近づくと、寿美はとりすがるように手を差しのべた。私は寿美の手を握った。寿美は私の手に顔をこすりつけながら、いっそう嗚咽しつづけた。
(近藤啓太郎著「微笑」より)

病院の裏を西陽に向かって真っ直ぐに進む。鴨川の市街への道で、海岸を走る国道に並行している。
夜長川橋を渡る。東条海岸の松林のなかに高いホテルが覗く。鴨川シーワールドがあるあたりか。
永明寺の向唐門脇で一休み。昨夜フラダンスのイベントに参加して遅く帰宅した妻は疲れ気味。

石橋山の合戦で敗れ安房国に逃げた頼朝が、この地の戦いで勝って白旗を掲げたと伝えられる白幡神社を過ぎ、待崎橋を渡ると、安房鴨川駅が近い。車の渋滞が激しい。
但し往還は駅の方へ行かない。橋を渡ってすぐ裏通りのような道に入るが、やがてバス通りでもある本町通りに出る。この通りが右に折れて
新町通りと合流したのち、加茂川を渡る。

橋を渡ると貝渚の商店が続く。鴨川日東バスの川口バス停付近から、万騎坂と呼ぶ坂道となる。商店と人家が建て込む中を、なだらかに、曲がりくねりながら、上がっていく。左手は鴨川漁港を抱えた磯村だが、さらに上がると、やがて小さな島が点在する鴨川松島と呼ばれる風景になる。
八岡バス停から小道に入って登り詰め、新屋敷の集落を下る。曽呂川を渡ると太海である。

16時25分    内房線太海駅    40102歩

トップへ戻る