平成20年10月21日(火)

7時50分  大原の商店街を南下する。
衣料品・文具・パン・魚・金物などを扱う店が並ぶ懐かしい商店街で、大きいスーパーは無い。
朝早いので、どの店もシャッターを下ろしており、閑散とした通りを通学途中の3人の高校生だけがぶらりぶらりと歩いている。

JRの第一房総街道踏切を越え、国道128号と合流し、しばらくそのまま進む。
大船・矢指戸入口バス停で国道と別れる。
道はJRと国道に挟まれた狭いところを、夷隅川の支流の細い流れと絡むように延びている。
家並みの間を通り、田んぼを過ぎると、無人のJR浪花駅に着く。駅前にはなーんにも無い。
くねくねと集落を抜け、一旦国道に戻るが、すぐ自動車教習所入口バス停で国道から分かれる。

JRをまたぐ小池大橋の橋脚のたもとに大宮神社がある。 

このあたりの小池地区の鎮守である。参道の石段の左右にある石灯籠は享和4年(1804)奉納のもの。
側面に「上総国夷隅郡伊南庄小池村」と刻まれている。街道名にあるが今は使われない地名の「伊南」の文字を見つけて、大いに満足。

国道へ出たが、ほどなく国道と別れ、JRの第二房総街道踏切を越えて、山越えの道となる。
切通しのある坂を下ると御宿で、国道に合流したところに瀟洒な校舎が眼を惹く御宿中学校がある。
新町交差点の先から細い道に入り、御宿小学校の周りを巡って御宿駅に至る。
御宿といえば、作詞の童謡「月の沙漠」の舞台で有名。
椰子の並木の駅前通りを抜け、背の高いマンションの脇から海岸に出ると、砂浜があり、二頭のラクダ像があった。
作詞者の加藤まさをは、若い頃結核を患って療養のため御宿に来ていたらしい。その思い出を知人に送った手紙に書いている。

新町の市場、のどかな乗合馬車、台っこの向うに起伏した砂山、そこに立ったりねそべったりしていた牛、あれもこれも懐かしい遠い御宿の姿。
(斉藤弥四郎著「外房―文学のふるさと」より)

あの夢とロマンに満ちた歌詞は、手紙に書かれたような大正期の御宿から生まれたのであって、リゾートマンションが建ち並ぶ現代の御宿からは生まれそうもない。海のシーズンが終わった今、御宿は伊勢えびを売り出している。伊勢えびの漁獲高は、外房が日本一らしい。月の沙漠記念館のまわりにも「伊勢えび祭り」の紅い幟がはためく。

ところで、往還は御宿駅入口で国道に合流したのち、トンネルの手前で国道と別れて右手の山道を進んで国道の4つのトンネルの先に戻ってくるのだが、難問が待ち構えていた。

いすみ警察署は「この道は途中で無くなる」と言う。
それで国道をそのまま進むことにして、いすみ市役所に、途中の連続する4つのトンネルを歩いて抜けられるかと聞くと、「危険だ。現在 国に歩道設置を要請しているが、いつ出来るかはわからない。」との答え。

歩けないとは!  困った!
妻が「タクシーを利用して4つのトンネルを抜ければいい。」とけろりと言う。街道歩きを始めて以来、少しの距離とはいえ車に乗るのは初めてである。残念だが、仕方ない。

トンネルの先は、国道より少し山側を歩いて部原に至る。
海の家のような食堂で磯料理の昼食。
目の前が太平洋で、先般 房総半島沖を通過した熱低の余波が轟音とともに押し寄せている。
ここはサーフィンのメッカらしく、大勢のサーファーが波間に見える。しかし彼らも凄まじいほど大きな波にたじろいでいるのか、大半が漂っているだけで、波に乗る者は少ない。

背後に山が迫る部原漁港を進み、風早隧道を抜ける。

勝浦市へ入り部原・新官・沢倉と、往還は岩礁と砂浜が繰り返される海岸線を進んでいく。そのため各村を通過するたびに坂を越えていた。
(「千葉県歴史の道調査報告書 十二」より))
今は坂を越える代わりにトンネルを抜けていく。

新官豊浜沢倉の漁港を過ぎる。波濤が堤防に襲いかかっている。
沢倉の観音堂前をそのまま南へ行けば川津漁港であるが、往還はこの観音堂前を西にまわりこみ、大きな切り通しを抜ける。

切通しから市街地へ向う道を岩切通りと呼んでいる。多くの漁港をかかえる豊浜地区と勝浦を結ぶ道でもあり、出水というところでは、明治から大正にかけて幸前楼や山本楼といった宏壮な三層楼の旅館をはじめ多数の飲食店や劇場の立ち並ぶ繁華街だったといい、花街として知られていた通りである。
(「千葉県歴史の道調査報告書 十二」より))

旅館や劇場は、アパートやマンションになったのだろうか? 花街のあったところがわからない。大きな切り通しのあるところから覚翁寺のある交差点までの間のどのあたりなのだろうか?

覚翁寺は勝浦藩植村家の菩提寺。この寺を背にして延びるのが勝浦の繁華街で、遠見岬神社参道前で右折する。

ドラッグウエムラと向いの都寿司の手前に小さな路地があるが、かつてここには出水川が流れ、橋が架かっていたという。無情橋といい、刑場に曳かれる罪人が、ここで家人と別れ、世の無情を恨み渡った。

墨名交差点で国道に出る。江戸期 墨名から串浜へ行く往還は砂浜の道だったようだが、今は、そのまま国道を進み、外房線房総街道ガードをくぐって一旦線路の北側に出る。串浜大橋の下で、墨名ガードをくぐって線路の南側に戻って、串浜の集落に入る。

ここで往還は、串浜隧道の手前の川に沿って右折し内陸部を進む道と、隧道を抜けて海岸線を進んでいく道に分かれる。そして二つの道は小湊の手前の台宿というところで合流する。
内陸部の道には通行不能の部分がありそうなので、海岸線の道を選ぶ。とはいえ、この海岸の道も松部から鵜原までは山道であり、現在通る人も稀なところがあるらしいので、旧道はあきらめて風光明媚な海岸沿いを進むことにする。

串浜隧道の先で国道に合流し、海岸沿いを進んだのち左折すると松部漁港がある。湾を隔てて勝浦漁港が見える。

20年ほど前だろうか、私は一時期 堤防からの釣りに夢中になり、勝浦にあるいくつもの漁港に通いつめたことがある。
勝浦漁港の赤灯は人気のある釣り場で、クロダイを狙う人が多かったし、松部漁港は少々の風や波でも竿を出すことが出来た。一番よく行ったのは、この先にある吉尾、鵜原の漁港だった。

船附隧道を抜け、さらに尾名浦隧道を抜けると、尾名浦の小さな浜があり、単眼のめがね岩が自然の造形の妙を見せている。
砂子浦隧道を抜けると砂子ノ浦の小さな湊がある。

今は金目鯛の時期だけど・・・10月から解禁だけど全然取れなくて。
漁場には1時間半から2時間かけて行く。
だから一回行くと油代が1万円掛かる。・・・1匹も獲れないとね。

立ち止まって言葉を交わした女性は、漁師の奥さんとは思えぬほど穏やかな口調だが、話の内容は厳しい。

黒ケ塙隧道を抜けると吉尾。海が荒れているためか、網の繕いをしている漁師を再三見かける。
吉尾トンネルの先は勝浦海中公園。
頻繁にトンネルがあるが、いずれも短く、また車も殆んど通らないので、持参したヘッドランプを利用するまでもない。
このあとも、こよし、しむら、かつば、うばら第一、うばら第二のとんねるが続く。
トンネルとトンネルの間に見える海岸の景色が素晴らしい。

類いない岬の風光、優雅な海岸線、窄いがいいしれぬ余韻をもった湾口の眺め、たたなわる岬のかずかず、殆んど非の打ち処のない風景を持ち
(三島由紀夫著「岬にての物語」より)

鵜原理想郷の入口に鵜原漁港がある。

正確にはナゲリと呼ばれる長入港とカスッパと呼ばれる勝場港の2つの港が隣り合っており、2つの港はトンネルによって結ばれている。
どちらも岩礁帯のなかに造られた小さな港で、堤防のほかに2つの港の間にある磯からも釣りができる。
春はクロダイ、メジナ、ウミタナゴが釣れる。夏から秋は小メジナ、カイズ、夜釣りのアジが楽しめる。
(主婦と生活社発行「房総半島全堤防釣り場ガイド」より)
前述したように、ここでも楽しい釣りをした思い出がある。

民宿の看板が多い鵜原の家並みを抜ける。
浜辺に出ると、 ♪今はもう秋 誰もいない海♪
保育園前からJR西谷川ガードをくぐり、国道に出る。茂浦入口で、左へ進んで、鵜原歩道トンネルを抜ける。
守谷の海岸をかすめ、興津歩道トンネルをくぐって、興津の街並みに入った。

16時20分   JR外房線 上総興津駅   37976歩


トップへ戻る