伊南房州通往還

内房と外房沿いの村を結ぶ街道で、街道名の「伊南」は房総半島の夷隅地方を指す。
具体的には、浜野―茂原―上総一宮―大原―御宿―勝浦―天津小湊―鴨川―和田―丸山―館山を辿り、行程は約120キロである。

 

平成20年9月23日(火)

JR内房線・浜野駅で降りて10分ほど西に歩くと、本行寺の南あたりに浜野の三叉路がある。
ここが伊南房州通往還の起点で、南下してきた房総往還から分かれて左に折れる。

6時30分 民家や事業所が混在する千葉市浜野の三叉路をスタートする。
すぐにJRを跨ぎ、広い道幅の「茂原街道」と名付けられた県道14号に合流する。
国道16号を渡り、館山道をくぐるところで県道と分かれて、真っ直ぐに古市場の集落に入る。

地名は、昔市場が開かれていたことを伝承している。
江戸期には浜田屋という木賃宿があったそうだ。

家並みがまばらになると村田川沿いの道となる。
村田川はなんの変哲もない川だが、江戸期 上総・下総二国の境をなす川だった。今は
千葉市市原市の市境である。
草刈橋のたもとで県道を越えて、さらに川べりを進むと、
市原市草刈の集落である。
右に左にくねる道と板塀の続く家並みに街道筋の面影が残る。
草刈倉庫バス停の前に、葦の茂る大きな池がある。江戸初期に近隣六百町歩の水田に潅漑するために開いた草刈堰の跡である。

茂原街道の尾梨に出たあと、小芋、落花生の畑の中の、いかにも旧道らしき細い道に入り、ツユクサの下にすだく虫の音に耳を傾け、そしてひっそりとした集落の佇まいに、大満足。ところが集落を抜けたところにあったバス停の名を見ると、久々津とある。アレッ、道を間違えた!
八幡宿からの往還に出てしまったのだ。実は、伊南房州通往還は浜野と、もうひとつ八幡宿も起点としており、この二カ所からの道が今行こうとしている潤井戸で一緒になる。

潤井戸(うるいど)は、江戸初期の7年間ほど、潤井戸藩15千石の城下町だったらしい。痕跡は無いようだが、白幡神社から始まる集落に入る道筋が少し折れているのはそのせいか。
街道は県道に重なって、起伏の乏しい台地の上に伸びている。
喜多、犬成、大作、滝口の各集落を辿るが、道端に落ちているイガ栗に秋を見る程度で、小説も詩も生まれそうにない。
長柄町に入る。皿木の集落を過ぎ、県道から逸れて坂道を上って下ると、追分で、右手に大多喜へ抜ける道が下っていく。

県道に合流し、「道の駅ながら」の手前で県道から分かれて斜め左に入ると、六地蔵の集落である。
県道に戻る間際に、大きな茅葺の民家がある。その背後の高台に、地名になった六地蔵が祀られており、彼岸花が群がって咲いている。
六地蔵のバス停で県道と分かれ、街道かな?と首をひねるような真っ直ぐな広い道を進む。しかし、やがて熊野神社あたりで道は細くなって、山根の道脇寺の集落を抜けていく。家々の生垣が同じ高さに揃えて刈られており、美しい。
 

道は下り坂となり、長柄小学校の前からは鼠坂がだらだらと下る。

里俗伝云ふ、日本武尊此の坂に到り、橘姫を追懐して、寝に就かず、故に初め不寝見坂と名づけ、後 鼠坂に転ぜりと、素より付会の伝説に過ぎず
(長生郡教育会編「長生郡郷土誌」より)
すると地名の由来は何?

そのまま真っ直ぐ下ればよかったのだが・・・長柄中学校が見えたところで、県道に出て右に折れた。しばらく歩いて、側溝を流れる水の方向を見て、道が上がっているのに気がつく? 下っていくはずなのに? 道を間違えた!!県道を戻る。
国府里に出ると、その先は
茂原市だ。
県道から右に逸れたところに、国府関の原田の集落がある。ひっそりとしているが、江戸期には小さな宿場だったらしい。集落の中ほどにある横浜の洋館を模した建物が、ここが明治以降も繁栄していたところだったことを示している。

このあと往還は豊田川の両岸に延びていたらしい。
県道と重なる北岸を避けて、南岸を進み、二宮神社の南側、茂原高校の前庭にあった酒盛塚跡から
茂原市内の中心に至る。
江戸期、ここには高師と茂原の二つの継立村があった。八幡神社付近が高師の継立の中心らしい。そしてその南が茂原の立場である。
三角山を過ぎ、茂原小を経て、国道128号に出た。

15時20分   JR外房線 茂原駅   46613歩

 

平成20年10月3日(金)

6時50分  JR茂原駅南口前から延びる大通りが、房総横断道路と名付けた国道128号と交わる交差点からスタート。この国道とは、往還の終点・館山までの長い付き合いだ。
拡幅されて直線になっている部分もあるが、ほとんどは旧道らしく、右に左にくねっている。
やがて阿久川に架かる落合橋を渡ると、早野新田である。といっても田んぼがあるわけでなく、周りには事業所が多い。通勤途中の車が増えてきた。
ところで、今日は 妻は娘とハワイに行っているので、気楽な!一人旅である。

小湊バス停の東茂原、双葉電子、大芝を過ぎる。あちこちに彼岸花が赤いかたまりになって咲いている。
道沿いのG社の高くて枠のある奇妙な白い建物が気にかかる。

G社はこのあたりに埋蔵する天然ガスを採掘している会社のはずだが、出勤してきた社員に尋ねると、天然ガスは別のところで採掘しており、建物はヨードを作る設備だという。
ヨードの生産はチリと日本で世界の9割を占め、日本は房総地区でほとんどが生産されているそうだ。ヨードチンキしか思いつかなかったが、多方面に利用されているとのこと。

長生町に入る。七井土の交差点で右に大多喜街道が分かれる。 
付近数十町歩の田を潤していたといわれる鵜沼堰に至る。昔よりは面積が小さくなっているらしいが、それでも結構大きい。岸辺で10人ほどがヘラブナ釣りを楽しんでいる。
鵜沼堰の先に竹林を抜ける旧道が残るが、すぐ国道に戻る。

金田にある浅間神社の社殿は、長生村教育委員会によると、「宮大工の猫鉄による一間社流の粋を極めた建築」らしいが、それにしても小さい。
集落を抜けると田畑が開けて、北側から合流するのが、佐倉から東金・大網・本納を経て南下してきた御成街道で、年貢米の輸送路だったようだ。 
道がこのあたりだけ広くなっているのは、荷物の積み下ろしがあったためか、あるいは明治以降に走らせた馬車便の発着のためか。

宮原から現在の一宮町に入る。
渡しがあった一宮川を、今はもちろん橋で渡ると、かつての
一宮本郷村の宿場だったところに商店街が延びる。
玉前神社は上総国一宮。

玉垣には近在の商人に混じって、江戸本町壱丁目 上総屋伊助・日本橋通町四丁目 紀伊国屋傳兵衛・小傳馬上町 越前屋弥七・・・等30名以上の江戸の商人の名を見出すことができ、この地が物資の集散地であったことを物語っている。

社殿のまわりに、はだしの道が作られており、靴を脱いで玉砂利を踏んでひとまわり。
JR
上総一ノ宮駅へ続く道の両側に、梨の直売所が目立つ。この辺りは梨の産地らしい。今が旬の「新高」が並べられているので、ジュース代わりに食べることにして一つ買う。結構甘い。

駅横から線路の東側に移り、ダイソーの先で南に下る。
左手1.5キロ先に九十九里浜がある。そこは終戦前に風船爆弾が飛び立った海岸でもある。

米国での被害は確実な資料も無く不明であるが、北米、カナダ、メキシコの各地にかけて原因不明の山火事が頻発、・・・オレゴン州では日曜学校の先生と生徒が落下した風船爆弾に触れ先生を含む6人が死亡したという。
(上総一宮郷土史研究会発行「ふるさと」より)

これまでは房総半島を横断する道筋だったが、ここからは外房の海沿いを辿る。
農作業をしている人々に、延宝5年(1677)に起こった津波の死者の供養塔のありかを尋ねるがわからず、やがて国道に合流して、東浪見に入る。
動物学者日高敏隆が、小学生のころ懐いた「チョウの飛ぶ道はきまっているのだろうか?」の疑問を、20年以上経って解いたのは、この東浪見の右手に迫る山の中である。

モンキアゲハについてしらべるとなると、場所は三浦半島か房総半島の太平洋側ということになる。さいわいにして、まもなくよい場所が見つかった。
それは、房総半島の太東に近い、東浪見というところであった。東京でこの駅の名をいきなりいっても、駅員はまずわからない。房総東線といってもまだわからない。「トラミ」といわれて東浪見という字を思いつかないからだろう。
(日高敏隆著「チョウはなぜ飛ぶか」より)

東浪見駅前の綺麗な槙の生垣の集落を抜け、国道に出て、すぐ右手の県道に分かれると、緩やかな上りが始まる。上り詰めてJRを跨ぐあたりは綱田の集落で梨畑が多い。一ノ宮駅前の梨売りのおばさんもここから来ていると言っていた。

坂道を下ると、いすみ市の椎木である。県教育委員会発行の歴史の道調査報告書によると、天保14年(1843)には旅籠屋2軒、飯屋3軒、荒物屋・居酒屋10軒、古着屋3軒、菓子屋2軒等32軒の農間商いがあったという。今も商店街があり、うち一軒の手作りパン屋に入って、お勧めの栗入りパンを買い、家並みを眺めながら食べる。
道は椎木の南で南東に直角に折れる。
夷隅川は川幅いっぱいにゆったりと流れ、福原の渡しは福原橋で渡る。JRの高架をくぐる。
福原、小福原の集落では、綺麗に剪定された槙の生垣が往還沿いに延びる。

集落を抜けると、田園風景になり、その先、場違いに大きい岬ふれあい会館がある。今月ここで八代亜紀コンサートがあることを、椎木のところどころで見たポスターが知らせていた。
岬庁舎の先で、三差路を左折すると長者町である。
左折する手前の天神社に、江戸の呉服問屋伊勢屋の店頭風景を描いた絵馬があるというが、社殿は閉め切っており見ることができないのは残念。
この地は4と9の日には市が立ったらしい。今も商店街がある。

愛称を外房黒潮ラインと変えた国道128号を越えたところにある江場土の集落は、人の背丈を越える槇の生垣を巡らして、すぐ近くの太平洋から吹きつける強風から屋敷を守っている。道は高い生垣の間をくねくねと延びており、まるで巨大迷路のなかに紛れ込んだようだ。
本寿院なる小さな寺がある。普段なら素通りだが、NHK大河ドラマ「篤姫」に登場する家定の生母・本寿院と関係があるのかなと立ち寄る。全く縁はなさそうだ。

北向地蔵で国道を横切り、JRに近づき、日在踏切で線路の西側に出る。
まん前に立ちふさがるような小山のすそに日在城跡の小さな石碑が立つ。石碑には「二葉の松はこの山中腹にあった」と書かれているが、城の由来も、松の伝説も知らない。

高い生垣の続く道をどんどん南下する。
塩田川を渡ると深堀交差点で、大多喜からの国道にぶつかる。
交差点の北に滝口神社がある。 弘化3年(1846)に奉納された地曳網の状況を描いた絵馬があるという。社殿の中を覗くが、確認できない。

いすみ鉄道の房総街道踏切を渡る。
大きな杉玉を掲げた造り酒屋で「秋あがり 木戸泉」を購入する。この酒屋の先に大原の商店街が延びる。
ところで、大原は小説「真実一路」の舞台で、海岸近くには一路橋があった。

海面に夕もやがおりかけて、水も空も一ようにネズミ色に染まって行ったが、シオダ川の川かみあたりだけは、入り日の反射でぼうっと明かるく光っていた。と、やど屋の女中に案内されて、せいのすらっとした、どこかあだっぽいところのある女が、橋の上にあらわれた。
「まあ、そんなところで何してんの」
(山本有三著「真実一路」より)

 
15時15分  JR外房線 大原駅   46767歩


トップへ戻る