池上道

品川から、大井町、大森、池上本門寺を経て、下丸子に至る約11キロの街道である。


平成19年11月18日(日)
10時10分  東海道の南品川宿で西に分かれ、京急・新馬場駅の横を過ぎ、第一京浜を横切る。
道の両側の商店と商店の間に、いくつもの寺がある。

願行寺のしばり地蔵は首がはずせて、願をかけるときは首を持ち帰り、叶うと二つの首を奉納するという珍しいもの。
海蔵寺は品川宿の娼妓、刑死者の投げ込み寺で、無縁首塚がある。

天竜寺から南に折れて、長いゼームス坂を上る。
商店が途切れない。槐(えんじゅ)が街路樹とは珍しい。
坂の名は御雇い英国人ゼームスが住んでいたことに由来するが、坂の途中、高層マンションに変貌したゼームス邸跡がある。道をへだてた桜の木の根元に、高村光太郎の妻・智恵子の終焉の地であることを示す石碑が立っている。

私の持参したレモンの香りで洗はれた彼女はそれから数時間のうちに極めて静かに此の世を去った。昭和十三年十月五日の夜であった。
(高村光太郎著「智恵子抄」より)

坂を上ったあと、東大井の商店街に入り、大井銀座の大通りを突っ切って、JR大井町駅の構内を抜ける。
江戸期の地図を見ると、品川宿の周りには畑が広がっており、JR大井駅周辺も勿論畑である。

池上道は池上本門寺への参詣道でもあるが、近郷の農民たちが野菜の出荷や肥料の搬入に大いに利用した道である。
大井のニンジン、品川のネギ、中延のタケノコなどの野菜がブランド品として江戸へ供給され、十八世紀にはおよそ百万とも言われる江戸の人びとの胃袋を満たすことになった。
(品川区教育委員会発行「品川の古道」より)

駅前から南へ、人通りの多い商店街をゆるやかに上がって三ツ又に出る。
線香の煙が通り一杯にたちこめる身代わり地蔵の向かいに、少し前まで直木賞作品に登場する古道具屋があった。店の名は時代屋。

「おいアブサン、時代屋の女房が帰ってきたぜ」
大声で怒鳴ってから外へ飛び出した。安さんは下駄の音をひびかせて螺旋状の階段を駆けのぼり、歩道橋の上へ躍り出た。真っ赤に空を染めた夕陽の中に、池上通りへ続く商店街と、京浜第二国道へ向かう商店街が、かなり遠くまで見わたせた。
(村松友視著「時代屋の女房」より)
今は三角形の駐車場になっている。

三ツ又からは池上通りを進む。アーケードのある商店街であるが、シャッターを閉じた店も多い。
道が大きく右に左にうねるところに品川歴史館がある。

もともと安田財閥の安田善次郎の甥善助氏の邸宅で、吉田秀雄電通社長も住んでいたところなので、茶室が残る庭もいい。

すぐ先に鷹狩の将軍の休憩所となった来迎院があり、背中合わせに大井の総鎮守である鹿嶋神社がある。大きなタブノキが境内を覆っている。
品川区の大森貝塚跡遺跡庭園内のJR線路際に、車窓から見慣れた大森貝塚の碑が立つ。

2〜300メートル離れた大田区のNTTデータ裏の線路際にも大森貝墟の碑がある。モース博士が発掘した正確な場所はもう分からないらしい。

山王の地名の由来である日枝神社は意外に慎ましやかな佇まいで見逃すところだった。
JR大森駅前の雑踏を過ぎる。
右手の天祖神社の下の石垣に沿って「馬込文士村の住人」のレリーフがある。
八景坂を下りきって商店が尽きるかと思った池上通りは、むしろそこからアーケードのある本格的な商店街になり、向きを従来の南から徐々に西に変えていく。
大森郵便局前で池上通りに分かれると、江戸期と変わらない道幅になる。環七をくぐる。

春日神社の玉垣に接して、大田区がつくった石碑が道端に立っている。
「いにしえの東海道」と題し、「此の道は時代により奥州街道、相州鎌倉街道、平間街道、池上往還などと呼ばれていた古道です。」と刻んである。

古来奥州から武蔵を通って京・大坂あるいは鎌倉に至る道路が、近世に設定された東海道の西側台地よりに設けられていた。近世に入るとほぼこの古道を経路として池上道あるいは平間道と呼ばれる道路が成立し・・・
(大田区史編さん委員会編集「大田の史話」より)
池上道は決してマイナーな街道ではないようだ。

春日通りが終わるあたりで、ようやく商店も途絶えて、住宅の間をくねりながら、池上通りの少し北を並行して進む。
呑川に架かる浄国橋を渡るとほどなく、江戸期茶店をしていた頃の佇まいを残した萬屋酒店のある辻で、そこは池上本門寺の参道と交差している。

池上本門寺に詣でる。
総門をくぐり、97段の此経難持坂を上ると、大堂前に紅葉した笹部桜がある。前に見たのは、これが植えられた平成4年頃だったろうか、頼りなさげだったが、今は大きくなって勢いよく四方に枝を伸ばしている。

池上道に戻る。
くずもちの相模屋の店先に、「是よりみき こすきみち 新田道」と刻んだ道標がある。
西に向かって道なりに進む。道端のあちこちに六郷用水の説明があり、用水跡か池上道か分からないところもある。

六郷用水を開削した小泉次太夫は今川義元の旧臣だが、治水工事に精通しており、その手腕を家康に買われたようだ。
慶長2年(1597) 次太夫は59歳になっていたが、それから15年の歳月を費やして、多摩川から導水し現在の世田谷、大田区の水田を潤す全長23キロに及ぶ農業用水を造り上げた。

国道一号線、東急池上線、環八を越える。

14時    東急多摩川線下丸子駅入口に着く。   17282歩

意外に見どころが多いうえ、さほど車に悩まされないのも良かった。   (了)

                                                                    トップへ戻る