二見道

伊勢街道の小田の橋から勢田川沿いに河崎、二軒茶屋を経て二見興玉神社へと続く二里半ほどの街道である。

 

平成19年5月21日(月)

近鉄・宇治山田駅からスタート地点である小田の橋までは10分ぐらいだろうか。
8時45分  小田の橋から勢田川に沿って下る。
簀子橋の手前に「すぐ 二見」と刻んだ弘化4年(1847)の道標が立っている。
錦水橋、桜橋の際を過ぎ、JR参宮線をくぐり、清田橋の横を通る。

街道を外れ、清浄坊橋を渡って、「お伊勢さんの台所」として賑わった河崎の本通りを散策する。

川沿いのほぼ800メートルの通りに、切妻の町家が多く立ち並んでいる。
重厚な屋根の「そり」「むくり」と呼ばれるふくらみ。
波、桃、蛙、蛙に仙人などをかたどった隅蓋瓦。
二階部に張り出し南張りと呼ばれる外囲い。
出格子。軒庇にがんぎ板。黒い蔵。
笑門や蘇民将来子孫門の注連飾り。
建てられてからかなりの年数を経ている建物が多いだけに、この家並みを維持していくには苦労も多いと思われるが、NPO法人伊勢河崎まちづくり衆が奮闘していると聞く。

さらに寄り道。八間道路を越えて、映画監督の小津安二郎が旧制宇治山田中学に学んでいたころの足跡をたどる。

神鋼電機の社員寮の裏に、寄宿舎跡の石碑がある。蔦が絡んだ焼却炉の高い煙突は往時のものだという。
中学はさらにその先の船江公園にあって、今そこには中学校跡の碑が立つ。横に小津安二郎の記念碑があり、昭和34年の伊勢湾台風の直後に、友人にあてた手紙の一節が刻まれている。

無常迅速
もう一度中学生になり度いなあ
会い度い会い度い
もう一度中学生になり度いなあ

なお、寄宿舎を抜け出してよく通ったうどんやの喜八屋は、開店前だった。


北新橋を渡って街道に戻る。
県道に寄り添うかたちで、街道らしくくねっている。道端に六地蔵や庚申祠がある。
いったん離れた勢田川が、また近づくと、そこは天正3年(1575)創業の角屋の裏手で、三河や駿河から船で伊勢参宮をした人々は、勢田川をさかのぼってこのあたりで上陸した。明治天皇もそのうちの一人(?)で大きな楠の下に記念碑がある。
そして餅を売る「角屋」とうどんとすしの「湊屋」と呼ぶ二軒の茶屋で一息入れて神宮に向かったという。
今も角屋は残り、餅を売っている。二軒茶屋餅といい、こし餡を薄手の餅で包み、香ばしいきな粉がまぶしてある。実に上品な甘さの餅である。

県道に合流する。
広い川幅の五十鈴川に架かる汐合橋のたもとに、「西すぐ二見」の道標が立っている。
川を渡ると二見町だ。県道に分かれる。
神宮御園を示す石標がある。
街道の道筋を教えてくれるかのように、道端に「祝 お木曳き」の幟が立ち並ぶ。
田植えをしたばかりの田んぼが広がる。薄紫色の菖蒲に足を止める。
突き当たりの小高い山のてっぺんに金色の屋根を載せたお城がある。周りの景色と違和感があり、農作業中のご婦人に尋ねると、安土桃山文化村というテーマパークだという。

JR参宮線二見浦駅を右にみて踏切を越えると、二見興玉神社への表参道である。
二見浦海岸沿いの旅館街には木造三階建の旅館が並ぶ。
二見浦は昔も今も小学生の修学旅行のメッカなのだ。とはいえ、旅行の行き先はかつてのように伊勢志摩一辺倒ではないようだ。

    ○平成18年度大阪府小学校修学旅行実施状況調査
                                 (大阪府小学校長会他による)

        方面   伊勢志摩他 474校(53%)  広島他 375校(42%)
        宿泊地   第一位 二見浦 174校 14130名  
                     第二位 鳥羽   103校  8719名
                     第三位 宮島    75校  6346名
        見学場所   志摩スペイン村 397校 
                        平和記念公園  347校
                        鳥羽水族館     319校 
                        伊勢神宮          33校

今の小学生は、伊勢神宮をどのように教わっているのだろうか、いささか気になる調査結果ではある。

賓日館を見学。皇族が利用した宿泊施設だが、百二十畳敷の大広間は圧巻だ。
13時20分  二見興玉神社に到着。 19783歩
                  この神社は縁結びの神様である。子供の良縁をお願いした。(了)


トップへ戻る