平成17年5月22日(日)

7時45分  信越線二本木駅前を出発。

藤沢の集落を貫いて道は下っていく。道には消雪パイプが埋められ、両側の家の玄関は高い。
振り返ると妙高山が相変わらず大きな山容で迫ってくる。集落を抜けると水田が広がる。
一里塚が東側に一基残っている。西側の塚は戦後の食料増産のために崩して畑にしたそうだ。 
板橋新田に入る。
馬宿だった家がある。

物資の輸送にあたる人夫や馬喰・馬を泊める宿で七軒あった。馬宿は馬喰と馬の代金を別々にとったほか酒代や賭場としての収入もあった。また、飼料の秣は馬宿が田の畦草などを刈って売った。
(新潟県教育委員会発行「新潟県歴史の道調査報告書 北国街道T」より)

坂を上ったところに立場茶屋があったという。急坂を下る。この坂は小出雲坂といい、最近まで松並木が残っていたが、今は無く、最近植えたらしい小さな松も杉の木に圧倒されている。

 

新井宿

小出雲坂を下るとかつての小出雲村である。
アカシア東通りと交わるところに「左飯山道 右善光寺道」と刻んだ道標が立っている。二つに折れたのをつないだようだ。
辻屋橋を渡り田町に入ると、道がくねって街灯に北国街道と掲げてあるので新井宿に入ったような雰囲気である。でもここはかつての小出雲新田村で、新井宿はその先である。 

松野木神社から新井宿の上町が始まり、中町、下町と延びる。
宿場の中心は中町で、いきいきプラザの前に立てられた案内板を見ると、名主宅の位置は土蔵造りの信濃屋薬局らしい。街灯に括りつけられた花々の手入れをしていた婦人によると、薬局の横の道は以前無かったとのこと。となると信濃屋から道を挟んだ池田歯科あたりを含むことになるのだろうか。本陣、問屋の所在もはっきりしない。

いきいきプラザの横を入ると六斎市の守り神である市神社がある。新井は頸城平野から信濃へ抜けていく交通の要所、物資の集散地として早くから開けており、今も六十市と呼ぶ催しが行なわれているそうだ。

下町へ行くと、造り酒屋の建物が天保年間(1830年代)創業の歴史を漂わせる。
大きな甍の東本願寺新井別院がある。つっかえ棒が支える大きな庫裏は、明治天皇御巡幸の行在所とするために関山神社別当の宝蔵院を移築したもの。
 

信越線沿いのダイセル化学の高い工場の煙突からのぼる煙が、垂れ込めた雲に溶け込んでいく。積み石の上に一里塚の石碑。大崎地区に入ると石材店が多い。信越線と並行して進む。水田と線路の間に柳井田の集落が延びている。バイパスをくぐる。大曲、西田中地区は家々の後ろに水田が広がる。このあたりの家々は庭に一基づつお墓が立っている。オコツを寺の墓と家の墓に分けて祀る風習があるようだ。

 
石沢地区を過ぎて矢代川に架かる瀬渡橋を渡る。茶屋町にある菓子店や仕出屋はかつての名残りなのか。今泉の大和小学校は運動会の真っ最中。国道に出ると荒町。

 

高田城下

越後高田は宿場町であると同時に、代々譜代大名に受け継がれてきた城下町で、城下への出入口のひとつである伊勢町口に番所跡と一里塚跡の石碑が立っている。

そして雁木の通りが始まる。

・・・頚城郡の高田は海を去事遠からざれども雪深し。文化のはじめ大雪の時高田の市中雪に埋りて闇夜のごとく、昼夜をわかたざる事十余日、市中燈の油尽て諸人難儀せしに、御領主より家毎に油を賜ひし事ありき。・・・
宿場と唱る所は家の前に庇を長くのばして架る、大小の人家すべてかくのごとし。雪中はさら也、平日も往来とす。・・・
(鈴木牧之編撰「北越雪譜」より)

「この下に高田あり」の話が残る豪雪地だ。昭和2年(1927)2月9日には、1日176センチの降雪量を記録している。 

伊勢町、出雲町、関町を過ぎ、青田川を渡って、横春日町に入る。
江戸中期創業の飴屋である高橋孫左衛門商店がある。

(明治)天皇は高田の名産である翁飴、水飴等を買い上げ、長野産の菓子と共に皇后、皇太后に送った。
この天皇の振舞いは土地の人々を喜ばせたに違いない。飴は貢物としてもらったのでなく、天皇が自ら買い求めたものだった。ヨーロッパの君主であれば、考えられないことだった。
(ドナルド・キーン著「明治天皇」より)

お店の横の大通りに入ると瑞泉寺があり、塀越しに時の鐘が見える。「越後高田に過ぎたるものは、犬、寺、道心、時の鐘」とはやり歌に唄われたそうで、明治期初めまで230年間毎日12回鳴らしたという。 

雁木の通りに戻って竪春日町、府古町と続いて、札の辻に至る。
旅籠町の横町、呉服商と旅籠と茶商が多かった呉服町。昔も今も繁華街の中心だ。旅籠と問屋が多かった小町三町。
そして加賀街道と奥州街道が分かれる下紺屋町。
 

12時40分  北国街道のゴールである下紺屋町の三叉路に到着。  26664歩 

「一里一尺」といわれる豪雪地帯である信越国境を越える江戸期の道中の難儀は大変なものだっただろう。しかし、浅間・飯綱・黒姫・妙高の雄大な山々を仰ぎながら、春たけなわの山麓を歩む我々の旅は楽しかった。

  

帰りの電車まで時間があったので高田城に行き、東京・馬込から移築された小林古径の屋敷とアトリエを見る。
青田川沿いに生まれた高田出身のこの画家が描いた入相桜(山種美術館蔵)は、世に数多ある桜の絵の中でも出色ではないだろうか。

皆が皆、古径の並外れた謹厳ぶりをうれしそうに話すのだった。
青邨も安田靫彦も人には古径のような絵を描きなさい、と促した。清廉な求道者が日本美術界の一隅を照らしていることを尊んだのだろう。靫彦はその訃に接し、一カ月寝込んだ。靫彦夫人の言葉によると、コケイさんを神さまのような人だと言っていたという。
(2004年4月18日付日経新聞「美の美 小林古径 線の求道者」より) 
 

                          ―了―

 

トップへ戻る