平成17年5月21日(土)

飯綱を近く、黒姫を前に、奥に戸隠を並べた形は、いかにも英雄の相並んで立ったという感じを起させた。そして汽車の段々進むにつれて、飯綱は後に、黒姫は左に、やがてそれと相対抗した越後の妙高山の雄姿が雲の中からその肩やら背やらをあらわして来た。柏原の停車場のあるあたりは、殊にそれを望むのに好いところである。
(田山花袋著「日本温泉めぐり」より)

黒姫山も妙高山もまだ残雪が多いものの、山腹が緑に染まり初めている。
9時  柏原宿のはずれの上の原から国道18号を進む。周りの木々が芽吹き、色とりどりの花々が咲き乱れて、春が乱舞している。

 
野尻宿

野尻一里塚が広い国道を跨いで左右に残っている。塚の上にレンゲツツジが咲く。
野尻バイパスと分かれて野尻宿が始まる。といっても家々は建て替えられ、宿場があったことを偲ばせる建物はない。
一茶門人が立てた芭蕉句碑。「従是 飯山 川東道」の道標。堰の開削者の名を付けて功績をたたえた伝九郎神社。
右手の家並みの間に野尻湖の湖面が光る。左は妙高山。
民家の前に明治天皇の小休所の石碑。本陣跡。
安養寺の太子堂付近に、佐渡から運ぶ金銀を泊めた金蔵があったらしい。境内に白い花をつけて群生しているのはイチリンソウだろうか。

 

宿場を出ると道は上って妙高山が雄大な山容で迫ってくる。
野尻トンネルを抜けたバイパスと合流して妙高山を真正面に見ながら長い坂を下る。
新潟県へようこその大きな立て看板が、まもなく長野県が尽きることを教えてくれる。

国道と分かれて、旧国道が蛇行して下っていく。街道は、くねらず谷に直下したというが、木々が生い茂る山の斜面にあるその道筋を今はたどれない。
スノーシェード赤川1号と2号をくぐる。
突然、足下の斜面に道が見え家と畑が現れる。10軒にも満たない赤川の集落だ。
一里塚跡に桜の木があり、背後の家は一茶の奥さんである菊さんの実家らしい。

池尻川を跨ぐと、小高いところに石の小祠の赤川神社。その入口の石に彫られた安産地蔵と脚気地蔵。小祠の後ろに「右やまみち 左ぜんこうじみち」と刻まれた地蔵がある。

信越線をくぐると、雪どけ水を集めて流れる関川だ。関川の向こうが越後国、新潟県頚城郡妙高高原町である。

 

関川の関所

江戸期は、三ノ御橋でいったん川の中州に渡り、そこから大橋を渡ると、関川の関所だった。
今は平成期に架けた一ノ橋と名付けた太鼓橋を渡る。
江戸幕府は街道の要衝である全国54ケ所に関所を設け、そのうち24ケ所は重要な関所「重き関所」だった。この関川の関所は重き関所で、特に出女に厳しかったようだ。関所跡に「道の情報歴史館」と復元された御番所がある。

  

関川宿

関所に続いて宿場があったのだが、今は拡幅された道の両側に空地が多い。
江戸後期に本陣を勤めた民家の広い庭の一画に明治天皇行在所跡の石碑が立つ。北陸巡幸の明治天皇は明治11年(1878)9月10日午前7時に善光寺の大勧進を出発、午後5時5分関川宿に到着し、この家に宿泊した。翌日午前7時3分には出立しており、極めてハードなスケジュールだ。

 

上原宿

一ケ月の宿役を15日交代で関川宿と分担して勤めた。
諸大名の通行が多かったので、高田藩は藩専用の本陣を設けたという。しかし、往時も今も関川宿から家並みが続いており、どこから上原宿なのかわからない。道が広くなりゆるやかに上がって行く関川下町あたりに本陣があったのだろうか?

坂を上りきると杉の大木に囲まれて関川天神社があり、その前の民家に堀口大学疎開の地と書かれた標柱が立っている。詩人堀口大学の夫人、マサノさんの実家だろうか。

小生等も今夏は例の妙高高原の関川で暮らし、去る五日に高田へ戻ったところです。十二日から二泊で関川の村の祭りを見に出向き、今朝また戻って来たところでした。天神社の老杉の下で、おそくまで、仮装の若い男女が踊るすがたが、おりからのきりに包まれて、何とも美しいことでした。
(堀口大学全集より「昭和22年9月14日、堀口大学から佐藤春夫への手紙」)

 

街道は、妙高山の裾野が関川に落ちる間際を北上している。右手に妙高温泉。星野公園に、日本国中ここにしかないというスキー神社がある。芝生のスロープで昼食。毛祝坂をだらだら下る。町道105号となって道は細くなる。妙高北小学校の校庭の縁に一里塚の標柱があるが、塚は見当たらない。

 

田切宿

国道はV字状の谷をひとまたぎしているが、町道は国道を横切って白田切川の谷に下りていく。小田切坂と呼ばれた難所で、かつての道筋を辿ることは難しい。川を渡り国道に架かる橋をくぐって上がって行くと田切宿。集落の中を道がくねりながら延びていく。
次の二俣宿と1ヶ月の宿役を分担した合宿とはいえ、宿場だったことを偲ぶ建物は無く、雪が積もらないように屋根が鋭角になった新しい家が続く。その家は3階建てのように見えるが、雪に埋まる1階はガレージや物置になっているようで、2階に玄関がある。2階の玄関から地面に階段が伸び、その部分を温室のようにカバーしている家も多い。

集落を抜けると、芽吹いた大榎とその根元に筆塚。

 

二俣宿

田切・二俣宿には北側に白田切川、南側に大田切川、中央に郷田切川があり、いずれも関川へ注いでいる。地層は妙高山による火砕流堆積物であるためもろく、急峻なV字谷を形成し、南北にのびる北国街道を分断していた。そのため古くからこの地域を「関山の嶮」といい、北国街道最大の難所として知られた。このような地理的条件により、宿場もわずかに一里半前後の距離で設けられている。
(新潟県教育委員会発行「新潟県歴史の道調査報告書 北国街道T」より)

郷田切川に架かる橋から下を覗くとなるほど深い。雪解けの水が流れる音が集落に満ちている。
庄屋宅跡の草地に明治天皇が休んだ石碑が立つ。庄屋さんは寺子屋の先生でもあったのだろう、先生の頌徳碑が並び立つ。
宿場のはずれ、小二俣川の手前に、上杉謙信の跡目争いである御舘の乱で犠牲になった戦士の墓といわれる五輪塔が十数基並んでいる。
水田が現れる。越後に入って始めて見る水田だ。週末なので田植えをしている人が多い。 

街道最大の難所である大田切越だが、今は広い舗装路を歩いていくので難所ではない。川の手前から大きくカーブして下り、この谷をまたぐ上信越自動車道を遠くに見、国道の妙高大橋を高く見上げながら、その大橋の下を通り川を渡って上がって行く。坂の途中に湧き出す大田切湧水の冷たい一杯が心地よい。

 

坂を上りきると坂口新田の集落が真っ直ぐに延びる。このあたりは日本有数の豪雪地帯。その様子を通りかかった郵便配達夫に聞いた。

積雪は平均2メートル半で、一晩に数十センチ以上積もることもあります。
各家庭は小型の除雪機を持っています。
3月一杯まで積もっているかな。

この雪深い村は、将軍の直命を背景に高田藩の強い御威光により街道の助成村として開発されたという。すなわち生保4年(1647)、「二俣・関山の間、大田切与申処ハ大難渋場所之由ニ付、往来之人民として新田村開立之儀従公方様被為在御上意」と将軍家光の上意を受けた高田藩が、新田開発をすることになり入植希望者を募ったが無かった。そこでくじ引きで選ばれた二俣宿と関山宿からの3人づつ、計6軒で坂口新田を作った。今も30軒に満たない。

集落を出て国道に合流する。周りに水田が増える。

 

関山宿

国道から分かれた細い道が小野沢の集落の中をくねくねと曲がり、横町になると大きく湾曲を描く。
泉地蔵。この地蔵の帽子や前垂れを借りて子どもの枕にして寝かせると夜泣きが止むという。

仲町の宿通りに入る。例の3階建てのような新しい家ばかりだ。
杉の老木がうっそうと茂る関山神社。妙高山に登山する人は境内の妙高堂の阿弥陀如来を拝んで登ったという。しかし堂内に直江津電車区の無事故運転祈願の幕がいくつも垂れ下がっていたのは何故だろう。先日のJR福知山線の大惨事とは関係あるまい。他に仏足石、亀石、石仏群を見る。 

仲町に続く北沢地区のはずれに北沢一里塚がある。塚の上で枝を伸ばしている木はケンポナシ。

「ケンポナシ」

山野にはえる落葉高木。高さ17メートル位。
花は初夏。果実が熟す初冬に果柄が肥厚し地上に落ちるが、食べると甘味がある。和名は果実の形から手棒梨の転訛だろうという。
(「原色牧野植物大図鑑」による)

 

稲荷山新田、福崎新田の集落が続く。通りかかった二人の若い女性に雪の降り積もる様子を質問すると、まるで東京・渋谷で耳にするようなイントネーションで答えてくれる。

冬の積雪は3メートルほどね。
消雪装置が働いて道には積もらないけれど、雪の壁ができるよね。

 

松崎宿・二本木宿

信越線北国街道踏切の前後が松崎宿。二本木宿は松崎宿と家並みが続いており、境界はわからない。
安楽寺は両宿の本陣を勤めた。白山神社に円筒形の石柱が立っている。この石柱に「従是内 口附無之 小荷駄乗通るべからず 邑の内 咥きせる無用 ニ本木宿」と宿内の禁制が刻まれているというが、磨耗してその字を読み取れない。
 

今日歩いてきた道は終始下っていたが、二本木駅に隣接する日本曹達の工場が見えると、さらに一気に下る急坂だ。

16時45分  信越線二本木駅   42650歩     

この二本木駅は珍しいスイッチバックの駅。 駅前旅館に泊まる

 
トップへ戻る