平成17年4月28日(木)

6時  善光寺前から右に入って横町、岩石町、伊勢町、新町を過ぎる。昔どおりの道幅で車も少ない。
今は三輪に名を変えた横山、相ノ木の地域に連子格子や土蔵造りの家が時折残る。東へ東へと進む。
吉田に入り善敬寺にぶつかって街道は方向を北に向ける。この寺が街道を直角に曲げたらしい。

吉田本町通りの洋品店、あいかわやの御主人から声が掛かる。

ここは飯山、上州への分岐点で、北長野に遊郭もあり、賑やかなところだったのです。
道の真中を小川が流れて、土蔵造りの家が並んでいました。今と違って車も通らなかったので、よく道で遊んだものです。
少しずつ昔の家並みに戻したいと思っています。

朝から暖かく、周囲の山々は霞がかかったようだが、昨日からすっかり同行者になった飯綱山だけは優しげな姿をくっきりと見せている。

 

新町宿

稲積村、徳間村、東条村による三村にまたがった宿場だ。
三村それぞれ問屋があったが、道の両側はごく普通の民家が続き、宿場のおもかげを見つけるのは難しい。徳間村の問屋跡がJAながの若槻支所となっているのを探し出すのが精一杯だ。
道幅の狭い、そして上り下りの多い街道を通勤の車がスピードを上げて走る。
「右いひ山 なかの しが くさつ道 左北国往還」の道標が右に飯山街道が分かれることを教えてくれる 

蚊里田神社を鳥居からの参拝ですませたのは調査不足。ご神体が鎮懐石と称する艶やかな茶褐色の霊石であり、水商売の女性が奉納した逞しい形をした石が境内にたくさんあるとは知らなかった・・・反省。

地蔵院の前に明治天皇の田子御小休所跡の碑があるが、右手下に田んぼが広がる見晴らしの良いところだ。 
三登山の芽吹いた木々を写す田子池に釣り人が二人。ブラックバスが釣れるそうだ。
吉の集落を抜けると胸突き八丁の急坂が始まる。平出の坂である。

第十五報 九月十日
・・・今日もまた美人を見たりと或る人の語られしは、平出坂の中程にて賎しげなる老婆などに打まじりて、十七八の娘が姉と見ゆる廿三四の女の乳呑児を抱きたると共に、木陰に立ちて御通輦を拝し居たり。衣装も宜しく髪の結い様より化粧のさま田舎人には珍らしと見えたり。
(岸田吟香著「御巡幸謹記」より)

明治天皇の行列を拝見せんと人々が雲霞の如く集まってきたそうで、同行した東京日日新聞の記者は、その中の美女に目をつけている。
しかし今このあたりに美女は勿論人の気配は全く無い。
折れ曲がる県道に対し、旧道はほぼ真っ直ぐに登っていく。汗が噴き出す。
染井吉野も枝垂れ桜も今まさに満開だ。
中部北陸自然歩道の標識が「善光寺から9.2キロ 牟礼町役場まで5.1キロ」を示している。
明治天皇が野点をしたところにある10本ほどの桜も満開。

飯綱山、戸隠山、黒姫山、妙高山のまだ雪の残った大きな山容が揃って現れる。これらの山々の間から火打山が、真っ白な頂きを見せている。圧倒される風景で、小さなカメラのレンズでは撮らえられない。

平出の集落を抜ける。桃もりんごもまだ花はちらほら。
三本松で県道に合流して下っていく。
四ツ屋の一里塚は二つとも丸い形で残っている。

 

牟礼宿

本陣と上の酒屋が対立し、天保6年(1835)には宿内が本陣の東組と上の酒屋の西組に分裂し、名主も二本立てになった。その為、本陣問屋も柏原宿と半月交代になって、宿場の繁栄の半分を柏原に取られてしまった。

しかし今の人々は人懐っこい。町役場の前でキョロキョロしていると三人から声を掛けられた。そして口々に、北国街道、牟礼宿の見所を教えてくれる。
パンフレットをもらおうと役場に入ると、応接してくれた女性が更に親切で、明治中期の宿内の家々の配置を示す案内板があったはずだと、役場の横の物置に案内してくれた。

その案内板によると、本陣の高野家は今もあるが、かつては横のJAながの中郷支店の敷地も含んでいた。本陣前の塗師屋、美濃屋、和久屋などは今、村役場になっている。上の酒屋は役場の分室だ。

宿場の突き当りにある証念寺は牟礼宿を一望できる小高いところにある。この寺は越後から移ってきたもので謙信の後押しがあった。それ以前からある徳満寺は、まるで証念寺の塔頭のような位置になったので面白くない。そこで立派な鐘楼門を作って面目を施したとのこと。

証念寺の左の急な十王坂を上り、小玉の集落を進む。
宿場の後ろを流れている鳥居川が下に見え、佐渡の金を継ぎ代えた金附場が今は空地になっている。
小公園に、地元で立石と呼んでいる武州加州道中堺と刻んだ1メートル半ほどの自然石があり、加賀と江戸のほぼ真中を示している。確かに、この辺りは金沢・東京間ほぼ480キロの半分240キロの位置である。 

小玉の集落を抜けると、小玉坂と呼ぶ山の中の急な上りとなり、途中からは古道と呼ぶ農道であり、杉や落葉松などが繁る草道だ。ひっそりとしており、熊除けの鈴を思わず取り出す。
坂を上りきると一里塚跡があり、明治天皇の野点跡の碑がある。ひっそりした林の中に舗装された道が延びる。思いがけなく出会った山の中の旧街道のたたずまいに、妻も今日の夏のような暑さを忘れて絶賛だ。

 

古間宿

赤いトタン屋根が目に付く落影の集落を抜け、合流した国道にすぐに分かれて小古間に下りていく。
裾野を伸ばした黒姫山が、更に近づく。まろやかな黒姫山も、ごつごつした妙高山も、雪解けが始まって山全体が鼠色の大きな生き物に見える。不気味で恐ろしいほどだ。

深田久弥氏は黒姫山と飯綱山を百名山の中に入れても少しも遜色が無いとは言っているものの、選ばなかった。雪を残した迫力ある山容を見ていると、これらの山は文句無く名山である。
 

古間宿は小規模な宿場で、鳥居川を境にして柏原宿が続いていることから、人馬の継立は古間と柏原のニ宿で一宿となって行なわれた。

古間宿も、牟礼・関川・田切・二俣・関山・二本木とともに中山八宿と呼ばれて、夏は霧冬は積雪多く難所として知られていた。殊に古間は積雪は勿論寒冷な場所として八宿では随一で、冬期は街道としての機能を失った。
(長野県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 北国街道」より)

本陣はない。あるいは宿場が出来た当初は、古屋と呼ばれた旧家が本陣を勤めたかもしれない。
ここは鎌の産地と知られ、古間本町商店街の名がいささか過大表示のような大通りに、古間鎌を扱う店が二つもあったのはさすがだ。

 

柏原宿

信越線第4北国街道踏切を渡り、鳥居川を渡る。ぐいと急坂を上って、国道に合流すると、柏原宿だ。道の中央にあった松並木と用水は無く、道端に立つ「従是戸隠道」の道標と切り石が積まれた本陣跡に往時を偲ぶしかない。

むしろ柏原は宿場というより、小林一茶が生まれ、また晩年を暮らした地として有名で、句碑があふれている。
諏訪神社に 「松蔭に寝てくふ六十よ州かな」
一茶旧居に 「門の木も先つゝがなし夕涼」
一茶の菩提寺である明専寺の雪が残る境内に 「我と来て遊べや親のない雀」
俳諧寺のそばに 「是がまあつひの栖か雪五尺」
柏原小学校の正門横に 「雪とけて村一ぱいの子ども哉」 

14時45分   信越線 黒姫駅   40458歩


トップへ戻る