平成17年4月27日(水)

8時35分 しなの鉄道の戸倉駅前から歩き始める。

下戸倉宿は寛政10年(1798)に、村柄の風儀が宜い模範的な村として幕府から褒美を受けている。

其方共儀 御年貢触日限通り相納め 御普請所江も油断無く見廻り 小破之節取り繕い候趣、其外往還道橋等も同様 平日心附け候ニ付き 往来之人馬助に相成り・・・村柄風儀も宜しく相見へ旁奇特之事ニ付き・・・御褒美として其方共江銀拾枚下し置かれ・・・
(「村柄風儀宜しきにつき褒美書」読み下し文)

この古文書は、国道に面して大きな藁葺屋根の母屋が目立つ「下の酒屋」と呼ばれた旧家にあるが、宿場の経営に努力した村人たちの足跡を探しても宿場内にそれほど残っていない。
本陣だった上の酒屋には明治天皇の行在所跡の石碑が立っているだけである。
年に一カ月だけ問屋の仕事をした助問屋が旧い建物を残し、その前に「左おばすて やわた道」と刻んだ道標が立っている。

水上布奈山神社境内の、小さな稲荷神社の前に、天宝10年(1839)下戸倉宿の飯盛女らが献じた灯籠がある。灯籠の台石に抱え主14名と飯盛女52名の名が刻まれている。その名は、たか いね おち よか しけ とみ さく ます のぶ うや こと りよ・・・・。

 

宿場を出ると、街道は国道から分かれて、しなの鉄道と国道の間に延びている。
右に迫る小高い山の木々が芽吹き始めて薄黄色に変わり始めている。ところどころ白くぼんやりと見えるのは、山桜だろうか、コブシだろうか。菜の花が周りを黄色く染めている。山の裾を蛇行しながら進む。ウグイスがしきりに鳴く。

一里塚バス停。水除土堤。間の宿の寂蒔。御小休本陣。鋳物師屋集落。
回覧板を渡していた奥さんに声を掛ける。

長い用水が道の脇を流れていたんだけど、埴生小学校へ通学する子供には危ないので、蓋をしてもらったの。
市に頼んで、20年越しにようやく出来たわ。
このあたりは雪も降らないし、そんなに寒くない。零下5度くらいまでよ。寒いのは茅野や木曽でしょう。
この山の向こうが杏の里だけど、4月初めまで。桜は20日頃までかな。

 

八代宿

屋代駅裏の満照寺。佐久間象山が大砲の試射をした際に、砲弾が誤ってこの寺に落ちてひともんちゃくあったというが、境内のどこにも転がっていない。寺が経営する横の幼稚園から子どもの元気な声が聞こえる。
屋代小学校本館に立ち寄る。開智学校、中込学校と同じ洋風学校建築。
 
街道に戻ると、砂糖を降りかけたように雪が残る飯綱山が真正面に見える。
本町に「ふじや左治衛門」の看板を今も出す藤屋旅館。
須須岐水神社に突き当たって、鍵形に折れると新町で、ここが宿場であったとは思えない広い通りで、明るく大きな家々が続く。中ほどに脇本陣跡。路地をはさんであった本陣の横に廻ると長屋が残る。

雨宮の渡し迄右手2.8キロ先の表示がある。謙信が妻女山を下り、鞭声粛々と千曲川を渡った渡しだ。 

国道に合流する。新幹線や長野自動車道が建設されて旧道はその姿を消し、辿れない。
千曲川を篠ノ井橋で渡る。
河川敷に桃の花のピンク色の絨毯を敷いたような景色がある。桃の花に混じって濃いピンクのネクタリンや白い花をつけたプルーンも咲き誇り、彩りを添えている。
遠くに北アルプスの真っ白な頂きが覗いている。

 

篠ノ井追分

信越線の鉄橋の少し上流に矢代渡しがあった。
板輿でこの渡しを越えた明治天皇が、再び馬に乗った場所であることを記した御召換之処碑が、土手下の軻良根古神社にある。

りんご畑を抜けると篠ノ井追分で、中山道洗馬宿から松本、稲荷山を経由する善光寺道の広い通りにぶつかる。
ここは宿場ではなかったが交通の要衝なので、泊宿一切致間敷候と禁止されても、旅籠が次第に増えたようだ。しかし、今はかつてのなごりを見つけるのが難しい住宅地域になっている。 

見六から道は北に転じて御幣川地区を進む。人家は途絶えないが、国道が右手を並行しているので、行き来する車は少ない。
宝昌寺の藁葺屋根の薬師堂は謡曲「落葉狩」と縁が深いらしいが、謡曲自体を知らない。
信越線篠ノ井駅が左手。
書道家川村驥山が住んでいたというので、篠ノ井は書道の町と称している。ところどころに立っている道しるべの字が達筆過ぎて読めない。驥山館は本日休館。 

道は布施高田から川中島の南原と北原を真っ直ぐに延びる。
薬師堂。宏壮な村役人宅。明治天皇が御小休した名主宅。
鐘楼門のある蓮香寺は、長野冬季オリンピックの際ドイツ選手団のゲストハウスだったそうが、横に墓地もあり、いまひとつピンとこない。
旧道らしく、茅葺の家があり、蔵が残っている。

 

丹波島宿

鍵の手の於佐加神社から宿場が始まる。しかし建て替えられた家が続き、宿場の面影は殆どない。問屋に黒い冠木門がある程度で、本陣は玄関に立つ明治天皇御小休所の碑でようやく判るが、今風の民家に過ぎない。

宿駅の裏側を流れる犀川からはかつて千本といわれるほどの鮭や鱒が獲れ、本陣からは毎年加賀前田家へ初鮭を献上した。また本陣は屋敷修理に加賀藩の援助をうけていた(加賀藩の援助は藩が休泊に用いた北国街道の他の宿駅にもなされた)。
(吉川弘文館発行「街道の日本史 北国街道」による)

 

善光寺宿

犀川を丹波島橋で渡る。
渡ると直ぐに国道から逸れる。道幅の狭い裏通りで、国道の混雑を避ける抜け道らしく車が次々に入り込んでくる。

長野駅の西を跨線橋で越えて、中央通りに入り、善光寺の門前町を上っていく。
門前町に宿場が設置された善光寺宿の本宿は大門町である。ここに本陣、脇本陣、問屋があり、旅籠も30軒ほどあった。

本陣は藤屋として残っているが、大正期に3階建ての洋館に変わった。館内に入ると、御当主(だろう)が、「ここは加賀の前田様の本陣でした」と仰るものの、我々に泊まることをお勧めにはならない。
脇本陣も問屋も駐車場になってしまっているようだ。
庄屋はレストラン五明館と、中牛馬会社の建物を使った善光寺郵便局に変わっている。
畳ござ屋の中惣は廃業して蔵だけが残っている。
 

17時15分  善光寺  46568歩

長野駅近くのメルパルクNAGANOに泊まる。


トップへ戻る