平成17年4月16日(土)

6時  田中宿の本陣前をスタート。西の枡形から先の街道は拡げられていない昔のままの幅で、しなの鉄道沿いに延びる。
 

海野宿

15分ほど歩いて、しなの鉄道の第2北国街道踏切を越え、千曲川の流れに接すると海野宿だ。
当初、海野宿は間の宿だったが、寛保の戊の満水で田中宿が壊滅状態になったときに、海野が本宿となった。
白鳥神社。地蔵廃寺の本尊だった媒地蔵。道のほぼ中央に石積みの溝が流れ、家々には、海野格子の出窓が嵌り、卯建が上がり、江戸期末期からは養蚕が盛んになって瓦葺の屋根に気抜きが付けられている。朝早いので600メートルほどの宿場の通りに人の気配はなく、風情のある家並みを独り占めした。

 

西海野もまた道の真ん中を用水が流れているが、殆どの家は建て替えられている。
千曲川の土手に近づいて御堂澤橋を渡ると大屋で、川べりの仁王堂で赤仁王が眼を剥いており、裏道のような街道を進むと境内の桜が満開の大屋神社がある。

しなの鉄道の土手下の桜並木のアーチをくぐって岩下に入る。広い空き地に明治天皇と仁和寺宮会津征討総督が休んだことを示す石碑が立っている。今は世間から忘れられたようにひっそりしているこの小さな集落にも、明治維新前後の慌ただしさがあったことがわかる。
 

千曲川沿いを歩く。対岸に連なる小高い赤茶けた山に桜がほの白く点在する。
神川橋を渡ると、上沢、下堀の集落。信濃国分寺跡は右手の方向らしい。

前方に見える千曲川に架かる美しいハープ橋は、新幹線のもの、なんと贅沢な! この新幹線建設工事で街道は随分様子を変えたようだ。
 

上堀の家並みに一昔前の雰囲気が漂う。踏入には、かつて杉並木があったが、今は一本もなく、周りはアパートが多い。
信州大学繊維学部。土曜日で学生の姿はない。上田蚕糸専門学校当時の講堂前で、暖かい春を満喫しながらのんびりと休憩。正門横では守衛が宿直室の布団を干している。
新しい道が出来て原形が分かりにくいが大学正門前は枡形跡で、その先の信濃大宮社手前の枡形ははっきり判る。佐久間象山勉学地の毘沙門堂。かつて常田村といったこのあたりに古い家並みが残る。

 

上田宿

横町は武家屋敷町だったが、広く整備され、並木のコブシが白い花を一杯つけた通りに変わって、日輪寺、宗吽寺だけが昔どおりらしい。
海野町の中ほど左手に市神、右手に本陣があり、その前に高札場があった。本陣だった柳沢家は、先ほど歩いてきた下堀地区に移って豪壮な屋敷を構え、本陣の場所は洋品店に変わっていた。
海野町を直進すると上田城の大手門、右折すると原町。

海野町・原町は、城を築いた真田昌幸が海野(海野宿のある本海野)や真田氏と関係の深い原(真田町本原)の住民を移して作ったが、これらの町は今も昔も東信地区の商業の中心地で、江戸期は、海野町が三・八の日、原町が五・十の日に市が立ったという。

やはり、なんといっても上田は六文銭だ。真田昌幸、幸村の前には三代の仙石の治政も七代に及んだ松平時代も霞んでしまう。池波正太郎真田太平記館に入って真田一族の活躍を楽しむ。 

ここまでは整備された町並みが続いたが、柳町は道も広くなく、かつての面影が残る。更にこの一郭を囲むように流れる蛭沢川と矢出沢川が柳町を一層風情あるものにしている。
岡崎酒造で吟醸酒亀齢を買う。創業が宝永3年(1706)。店の奥に飾られた雛人形は享保の頃のものというから、創業後間もない頃のものだ。美人の奥さんと話が弾む。

男の子がいないものだから、まだ飾っています。
隣のパン屋のルヴァンの建物は、杜氏が使っていたところです。
水は以前あそこに見える太郎山からのものでした。

紺屋町、鎌原、西脇と街道は西へ一直線に延びる。
途中上田城に立ち寄ると、まさに桜は満開で、人人でごった返している。
宝泉寺にも立ち寄った後、矢出沢川に架かる高橋を渡って、城下を出る。 

自然石に刻まれた「右せん加ヲし道」のとおり右に進んで生塚の集落を抜ける。
国道に合流してすぐに分かれて秋和に移るところの正福寺に、戌の満水の水死者を弔った千人塚がある。その先の見事だったという杉並木は、道端の朽ちた残骸で偲ぶしかない。
 
上田バイパスの手前に小さな一里塚公園があり、「右北国街道 左さくば道」と刻んだ道標がある。新幹線をくぐり、虚空蔵山の山麓を上がっていくと上塩尻。この集落には蚕種で財を成した人達の広壮重厚な屋敷がある。

上田・小県地域は、文化5年(1805)、上塩尻村の藤本善右衛門、佐藤八郎右衛門らが、上州から糸挽師を招き、提糸製造をはじめたことから、信州の提糸の取引の中心地になり、幕末開港から明治二十年前まで、「上田は信州の横浜であった」。
またこの地域は良質の生糸を生む蚕種製造地として発展したが、それは、千曲川に沿ってほぼ毎日吹く川風が、桑を動かし、桑の害敵きょう蛆を寄せつけない風土的要因も大きかった。
(吉川弘文館発行「街道の日本史 北国街道」より)

 

下塩尻に降りてくると、虚空蔵山が千曲川に落ち込んで断崖になっている。江戸期は岩鼻の嶮と呼ばれるこの断崖を越えたが、利用されなくなった今この難所を辿るのは難しい。鼻の下をめぐる国道を進む。両岸の山が迫って狭くなった千曲川の上を突き抜けてくる川風がやたらに強い。 

岩鼻の嶮を過ぎると鼠宿という間の宿。なぜ鼠なのだろう? 
会地早雄神社。もと熊野権現で、ここに会地関という関所があったという伝説と祭神出速男とあわせてこの社号になり、鼠除けの札を発行したり、養蚕の神として信仰されていた。鼠除けの札??ところが地名は動物とは関係が無いらしい。

鼠の地名は「不寝見(ねずみ)」で、筑摩郡へ信濃国国府が移る以前の国府(現上田市)への第一燵の狼煙台のあったところと考えられている。
(平凡社発行「日本の歴史地名体系 長野県の地名」より)

神社の横に、かつて松代藩の口留番所があり、宿内には御茶屋があった。 御茶屋は松代藩のみの本陣のこと。「ねずみ」信号近くの旧家の玄関に明治天皇御小休所跡の碑が立っている。 

国道に出て、天領中之條陣屋跡入口の標識に従って路地を入ると、物置小屋に掛かった説明板に陣屋の遺構があると書かれている。しかしそれらしきものは見当たらず、首をかしげていると、小屋の前の家のおばあさんが庭から出て来た。

入口の標識からの細い道を陣屋小路といいます。私が嫁に来たころは、この小屋の近くに門や草葺の手代長屋が3軒ほどありました。その建物は皆建て変わりました。昔のもので残っているのは井戸だけです。少し先にあるので案内しましょう。

国道から分かれて進むと、十王堂の後ろに戦国の武将村上義清の墓がある。横の畑に桃の花が咲いている

 

坂木宿

今は坂城と書く。明治期に「古昔坂城ノ文字ヲ相用候ニ付・・其字画ノ少ナキヲ便トシテ誤用シ来ルモノニシテ・・群馬県下坂本駅ト文字甚ダ類スルヲ持ツテ・・不都合ヲ生シ・・改正復古」(「坂城町誌」掲載の明治19年の村名文字復古願を抜粋)したのである。 

当初は横町と立町から成っていたが、加賀藩、高田藩の大行列を収容しきれなかったので、立町の北に大門町と新町を作った。
飯盛女が50人いた宿場も、今は商店の間の空き地が目に付き、往時の名残りといえば、本陣の門と漆喰壁に「さかた」と屋号を浮かせた名主宅のみだ。道の真ん中を流れていた用水も埋められて、そのため道幅がいやに広い。
宿場のはずれに立つ常夜燈を修理している人がいるが、今も灯を点しているらしい。
 

葛尾城山の山腹の断崖を通っていた山吹八丁と呼ばれる難所も、山裾を千曲川沿いに走る国道に代わっているので車の排気ガスさえ我慢すればよい。

 

戸倉宿

上戸倉宿と下戸倉宿から成る。下戸倉宿が1日から21日まで、上戸倉宿が22日から末日まで勤めた。 
国道を逸れ、しなの鉄道の磯部踏切を越えると上戸倉宿の静かな家並みである。突き当たるあたりに、本陣、問屋だった屋敷の重厚なたたずまいがある。

国道に戻って、下戸倉宿に向う。
道路案内が示している。 小諸から34キロ 上田から15キロ そして長野まで20キロ。
 

17時15分  しなの鉄道戸倉駅   51229歩


トップへ戻る