北国街道

中山道追分宿から分かれ、小諸、上田、篠ノ井追分、善光寺、柏原を経て、越後・高田で北陸道に繋がる延長35里(約140キロ)の街道である。
この街道は、佐渡から江戸城内の御金蔵まで金銀を運んだ道であり、加賀百万石を初め北陸諸大名の参勤交代の道であり、善光寺参りの道、一茶も歩き、越後長岡藩討伐の官軍が通り、明治天皇の北陸御巡幸の行列が下った道である。

 

平成17年4月15日(金)

追分宿のわかされ

広い国道18号と細い北国街道に挟まれた わかされの三角地帯にたくさんの道標や石仏が立ち、そのひとつの台石に「さらしなは右 みよしのは左にて 月と花とを追分の宿」と刻んである。

8時35分  さらしなに向って、わかされの右の細い道に入る。
右手の陣屋の牢跡には売地の看板が立ち、刑場跡には供養塔が立っている。
期待にワクワクしながら踏み入れた旧道だが、意外にも別れたばかりの国道にすぐ合流する。北国街道は現在の国道18号にほぼ重なっているのだ。
広い国道となった街道が直線的にひたすら下っていく。あたりを追分原と呼ぶが、木々はまだ冬から目覚めておらず、赤茶けた林が続く。あまりに長い下り坂は、国道から街道が分かれる地点を見逃したのかと不安になるほどだ。

 
右に雪を残してまだらになった浅間山が白い煙を吐いている。街道はこの山の裾を西に延びており、今日はこれから幾度も悠然たる山容に見入ることになる。前方にぼんやりと見えるのは蓼科山だろうか。

ようやく追分原を下りきったところにある集落は三ツ谷。
庭先でお年寄りが、黄色く咲いた水仙をいじっている。

この前雪が溶けたばかりですよ。
桜はまだ半月ほど先かな。

 
雪解けの水が脇の用水路をころんころんと奔る。道は緩やかに曲線を描いて下っていく。
三ツ谷の本郷である馬瀬口は、街道が開かれた際に周囲からの村寄せで作られた間の宿だ。

柵(ませ)口の旧い村名は勅旨牧の塩野牧に由来するもので、牧場の柵囲いの木戸にあった集落を柵口と呼び、いつの間にやら馬瀬口と書き、その名を間の宿に持ち込んできたものと考えてよい。
(長野県教育委員会発行「歴史の道調査報告書 北国街道」より)

柵口神社。集落のほぼ真ん中、旧家の長屋門の前に、明治11年9月の明治天皇の御巡幸の際の御小休所跡の碑がある。 

繰矢川の深い谷は、国道のガードレールの隙間から十石坂をつづら折りに下る。川幅は3メートル程度で、かつて架かっていた土橋は無いものの、幸い少し左に小橋がある。土筆を避けるように畦を歩いて草道を上がって国道に合流する。
上信越自動車道を跨ぐ。

 
国道と繰矢川の間に長く続く平原も街道が制定されて作られた間の宿だ。一里塚があったところに馬頭観世音。
上宿に二十五菩薩来迎会に付ける仏面を収めた十念寺宝庫。
中宿の民家に、江戸参勤の加賀藩主も賞賛したという横に長く枝を伸ばした松がある。白壁の蔵を持つ家が多い。

 

集落を過ぎ、下り坂の途中から、国道141号の下のトンネルをくぐり、細い北川を渡り、坂を上って、国道18号に合流する。・・・のだが、上り坂の途中で道は草に覆われて無くなる。そこから国道までは少しの距離だが急斜面で妻にはきつい。悪戦苦闘してどうにか国道に這い上がる。 

四ツ谷の五差路から急坂を下ると、最近は死語になったと思われる乙女という地名だ。大遠見から転訛したらしいが狭い窪地であり意味がよく分からない。
「右甲州道左江戸海道」の黒っぽい小さな道標がある。甲州道は岩村田から甲州に出る街道で、平成15年の夏に歩いた佐久往還をいう。
乙女坂を上る。
 

唐松一里塚が建物の陰にけなげに二つとも丸い形で残っている。明治天皇は、このあたりにあった松並木の下で休まれたが、今日と違って、あいにく浅間山は姿を見せなかった。

明治十一年九月七日
追分を発したまふ、馬瀬口村を経て小諸に入らんとする所を唐松と称し、老松林を為して道を夾むこと七八町、少時林間に憩はせらる、玉座は正東に面し、浅間山を望見したまふべく構へたれども、陰雲深く山を鎖せり、県令浅間山麓に於て得たる雪を献る、・・・
(「明治天皇記巻八十二」より)

 

小諸宿

蛇堀川を渡って、小諸城の城下に入る。
城を東南から西北へ取り囲む与良町、荒町、本町、市町は城下町であり、商家の町であり、宿場でもあった。城は千曲川に臨む地にあり、町が城よりも高い場所にある。今、二ノ丸と三ノ丸の間をしなの鉄道が通っている。 

屋号を掲げた与良町、寺が並ぶ荒町、大店が残る本町から、本町交差点の辺りに突き出ていた城の鍋蓋曲輪を避ける形で進む。すなわち本町交差点からコの字に進んで、古風な店構えの蕎麦屋の丁子庵の前から国道141号を跨いで市町にある脇本陣の手前に出てくる。
その先に本陣。現存するのは兼ねた問屋場の部分だが、切妻妻入りの間口八間の重厚な建物で、出桁造りの二階には持出し格子窓が長く付いている。本陣の屋敷部分は市立歴史資料館に生まれ変わっている。

 

坂を下って中沢川を渡り、新町を過ぎて、布引観音への大きな道標から上る。
道は中部北陸自然歩道と重なる。左に畑が広がって、その先は千曲川に達している。しなの鉄道の第一北国街道踏切と国道をまたぐ。

西原を過ぎ、一時国道と一緒になるが、芝生田で再び国道と分かれ、その南を並行して進む。芝生田、赤岩新田、片羽、牧家。このあたりは滋野という所らしい。平安期ここに滋野氏という巨大な氏族が住んでいた。のちの海野氏も真田氏も滋野系図を掲げて、おのれの筋目を誇ったという名族である。

ところどころに残る江戸期の旧家のたたずまいや、一里塚跡や力士雷電の碑などを見ながらのんびり歩いていたが、加沢に来ると事業所が多いのか車が増えて現代に戻される。

 

田中宿

寛保二年(1742)八月朔日の大洪水(戌の満水と呼ばれ、田中宿の場合は烏帽子山麓からの鉄砲水)による災害は・・流死者68人、流失家屋119軒、残った家29軒というまことに悲惨なものであった。
小田中家(本陣・問屋)でも5人の流死者を出したらしく侵海着水大姉・滴降曹水大姉といった水のつく文字の法名をもつ合同墓碑が残されている。この洪水により壊滅的な打撃を受けた田中宿は、間の宿として半月交代で伝馬役のみ勤めていた本海野に宿機能の全てを譲らざるを得なくなったわけである。
(「歴史の道調査報告書 北国街道」より)

元通りの宿場に戻るのは65年後の文化4年(1807)であるが、慶応3年(1867)には大火が宿場の殆どをなめつくした。本陣の門もこの大火以降の建築である。
加えて今、道路の拡幅を伴う町の整備事業が進められているので、かつての面影を見つけるのは極めて難しい。地元の人も迷うほどの様変わりらしい。

2年ほど前から区画整理が始まって、通りの様子がすっかり変わりました。
自分の家だってどこにあるのか戸惑うほどです。

かろうじて本陣、脇本陣があったところは判る。 

16時10分  本陣跡   43834歩    

しなの鉄道田中駅前のゆうふるtanakaで夕食、ホテルLEXUSで泊まる。 


トップへ戻る