奈良坂越え京街道

 

平成23年12月6日
9時40分 近鉄奈良駅から、東向北町商店街を歩き始める。
すぐ花芝町商店街へと名を変える。
東向は興福寺境内に面する西側の片側町だから、花芝は興福寺西花園があったから、それぞれ名付けられたという。
洒落た店のなかに、昔ながらの商店もあり、いずれも開店準備にいそがしそう。

 

すぐ、宿院辻と呼ばれた三叉路にぶつかり、右に折れる。

そして、次の丁字路を左折すると、初宮神社の隣に古道具を商う店がある。
二階の西側は一面の壁で窓が無い。元は北側も同じように窓がなかった。
近くにあった奈良奉行所の斬首所が見えないように目隠しされたのだという。
(やまとみち「奈良の町なか2」より)

店の前にあった奈良奉行所の敷地は奈良女子大が引き継いでいる。
 

車一台通れば窮屈な、幅の狭い道だが、奈良時代の二条大路。
緩やかに上がっていくその先に芝枯れした若草山が覗く。
左手に、NHK奈良放送局、右手は文化会館、美術館や県庁、そして興福寺旧境内の真ん中を大きく突っ切る登大路が見える。

 

押上町で国道に合流して北に向う。
右は東大寺境内。銀杏の落ち葉で黄色に染まった一段高い一画に、西大門跡、一里塚と刻む石碑が立っている。
 

押上町から、この先の手貝町の辺りまでは、転害通りという東大寺の門前町で、中世 南都随一の繁華街だった。伊勢参宮の団体客が多かったようだ。
しかし、今、広い道の両側は、宿屋が立ち並ぶこともなく、商店、民家が混在している、全国どこにでもありそうな景観しかない。
時折、丸太を割った奈良独特の法蓮格子の家を見る。
 

八坂神社を過ぎると、焼門跡
東大寺の中御門があったところで、400年ほど前の慶長期の火災で焼け、今は大きな礎石だけが残っている。
この焼門跡を入ると、秋色深まる大仏殿裏手に通じるが、先を急ぐ。
 

手貝町に入る。
西からの一条通が突き当たるところに転害門がある。奈良時代から今日まで戦火を免れた、堂々たる天平の門だ。
本瓦葺の大きな屋根と、それを支える八脚の太い門が圧倒的な存在感を放っている。
 


車が絶えない国道から分かれて、い志ばしで佐保川を越える。静かなたたずまいを残している緩やかな坂を、上がっていく。
僧忍性が造ったハンセン病棟である北山十八間戸から爪先上がりの急坂となる。

「五街道分間延絵図」によると、この急坂は千坊坂といい、そして般若寺坂のことだとの解説がある。そして、絵図では、もう少し先の奈良豆比古神社あたりに奈良坂が現れる。しかし中世、京都の清水坂非人と抗争を展開していた奈良坂非人と呼ばれる人たちの集住する地が、この北山十八間戸のあたりとも聞く。
般若寺坂?奈良坂?今この坂を利用する人たちがなんと言っているのか聞き逃した。

 
大きな夕日地蔵の前を過ぎ、急坂を上りきったあたりから、西欧の中世のお城と見まがう奈良少年刑務所が見える。
この刑務所を設計したのは山下啓次郎という建築家で、ジャズピアニストの山下洋輔はその孫にあたる。彼は波乱に富んだおじいさんの生涯を辿った本を書いている。

「鹿児島。奈良。長崎。金沢。千葉。
これを我々の方では、明治の五大監獄といっていますが、これらのすべてに啓次郎さんは関係している筈です」
「とにかく奈良は一度ご覧になって下さい。
赤煉瓦造りでしてね、まず刑務所とは見えません。庁舎の建物の屋根なんかにはあちこちに色々な塔をやたらと立てていましてね、一見ディズニーランドですよ」
(山下洋輔著「ドバラダ門」より)

 
般若寺、花の寺といっても、季節はずれ、山門越しに石造十三重塔を見るにとどめる。
寺の斜め前に牧場がある。こんな住宅地に?と不思議だが、明治16年創業と奈良で一番古いらしい。
般若寺町から奈良阪町に移る。
静まり返っている家並みの中に、鹿せんべいを作っているお店がまぎれている。

 

奈良坂の氏神さんとして信仰を集める奈良豆比古神社がある。
神社の裏の谷に聳える樟の大きさには驚いた。樹齢千年以上だという。

豊楽院の古狐は女に化ける。嵯峨の狐は牛車に化ける。
奈良坂の狐は、三抱えもあろうという杉の木に化けるという。ここにあるのは樟だが、この大木も狐に違いない!


境内の石柵の続く前、電柱に隠れるように道標が立つ。
南面は、「右 いがいせ すぐ 京うぢ」と読める。
道は真っすぐに緩やかな奈良坂を下り、やがて県道に合流する。
 


荒涼とした丘陵の景色の中で京都府木津川市に入る。
幣羅坂の集落で県道を逸れるが、集落を抜けると又広い道で、市坂を下る。
 

JR大和路線をくぐり、国道を渡って、木津の集落を抜けていく。井関川に架かる極楽橋を渡る。
民家の間に延びる狭い街道が、古北陸道の跡らしく、作り道と呼ばれたらしい。

奈良時代の北陸道は木津川左岸を北上し、宇治川を渡り、山科を経て、近江の琵琶湖西岸に延びる。
途中、今の城陽市で東北方向へ向う東山道が分かれていた。
 

木津川の堤に上がる手前、JR学研都市線沿いに和泉式部の墓がある。彼女は木津の生まれらしい。
街道を離れたJR奈良線沿いの安福寺に平重衡の墓である十三重石塔があり、近くには首洗いの池があった。享年29。
朝から曇り空が続き、夕方から雨の天気予報なので、今回はここで切り上げた。

 

1240分  JR木津駅   9715


トップへ戻る