権兵衛街道

中山道・木曽路を歩いていると、権兵衛街道という親しみのある街道の名前をしばしば耳にする。
その街道は、伊那(長野県伊那市坂下)から権兵衛峠(1,523m)と姥神峠(1,277m)を越えて中山道宮ノ越(木曽郡日義村)までの約36キロの峠越えの道である。水田が少ない木曽谷に伊那から米を運びこむために、牛や馬が通れるように峠道を改修した権兵衛さんの功績を称え、峠を権兵衛峠、街道を権兵衛街道と呼ぶ。
 しかし、旧街道が今どのような状況かわからないので、歩くのをためらっていた。
伊那市では毎年秋にこの峠まで歩くイベントを催しているので、伊那側は歩けそうだが、木曽側の様子が今ひとつつかめないうえ、現在2つの峠の下でトンネルを掘る工事が進んでいる。

 

平成14年8月2日(金)

国土交通省 飯田国道工事事務所 から当方の問い合わせに対する回答があった。 

Q 伊那から宮ノ越まで旧街道を歩けますか?
A 歩けます。

Q 羽淵と神谷の間の道は大丈夫ですか?
A 大丈夫です。歩けます。

Q 伊那からと宮ノ越からとではどちらのほうが歩きやすいですか?
A 宮ノ越のほうが急勾配ですので、伊那からのほうがいいと思います。

Q 熊はいますか?
A 観光協会などに問い合わせましたが、わからないとのことです。

         この回答で決心がついた。権兵衛街道を歩こう。

 

 平成14年8月3日(土)

8月3日・4日は伊那まつりである。

3日夕方、ハイウエイバス伊那市駅で降りると、市民おどりの舞台である駅前の目抜き通りに、宇崎竜童が作ったダンシングオンザロードの音楽にあわせて踊る老若男女が溢れている。伊那版よさこいで、時折勘太郎月夜唄や伊那節が流れる。
戦後間もなく流行った勘太郎月夜唄が、ご当地で今も大事にされているのに些かびっくりするとともに納得する。歌っているのが誰かなかなかわからず、小畑実であるのを思い出したのは宿泊するホテル青木に入ってからである。

 

平成14年8月4日(日)

5時15分。   権兵衛街道の起点は、JR伊那市駅から歩いて約10分の常円寺の横にある「坂下の辻」である。
標高630m。
大きな庚申塔、道祖神などが10体ほど立っている。
念仏供養塔の字をなぞると、「右 善光寺道 左 木曽路」と彫られているのがわかる。
この街道の始めの十町(約1キロ)は、伊那市にある羽広観音として親しまれた仲仙寺への参詣路「はびろ道」でもあり、一町ごとに道端に小さな観音像が建てられているが、その一番観音もある。



 この辻を西に、「常円寺坂」を上っていく。左は断崖で欅の大木の間から伊那市街が下に見える。昨日の夜の騒ぎの後のけだるさが街を覆っているかのようで、どんよりした空気がたちこめている。
坂を上りきる直前にひっそりと馬頭観音がある。平坦な道の右端の用水路を勢いよく水が流れ、従ってこんな高台にと不思議に思うほど水田が広がる。気を付けないと見逃しそうな小さな観音碑が民家の前、物置の前、畑の畦に一丁目ごとに立っている。

左に中央アルプスの将棋頭がその雄然たる稜線を墨絵のように描いている。

右上に七丁目の観音碑を見て国道361号に合流する。緩やかに上る広い道の右側の草むらに十丁目の観音碑がある。川北町交差点で、はびろ道は右折する。権兵衛峠は直進する。朝曇りで隠れていた前方の山々がうっすらと見え出す。

 
道はゆっくり上がっていく。畑が広がる。作業所が点在する。右の杉木立の中に大きな甍の恩徳寺。
右に分かれる道は中央アルプスの山麓の村々へ続く「上戸(あがっと)道」である。

農作業中の奥さんがにこにこと話しかけてきた。

権兵衛街道は涼しいよ。熊がいるかどうかはわからない。
鈴は持っていないの、でもラジオがあれば大丈夫。頑張ってね。

中央高速道を跨ぐ。次第に周りの山々が姿を現す。
右前方に経ヶ岳が雄大な稜線を描き、その稜線が左へなだらかに下ってくるところが権兵衛峠らしい。

真っ直ぐの幅広い舗装路の左右に背丈より大きいとうもろこし畑が続く。

左斜めに道が分かれるところが分杭(ぶんぐい)という高遠領と箕輪領の境界であり、2メートルを越える「従是東 高遠領」と刻んだ石標が立っている。その先の草むらの中に庚申塔が3体立っている。
坂下の辻からここまでの距離は約4キロ。標高770m。

 

経ヶ岳の山麓から広がる扇状地を真っ直ぐに貫く国道361号をひたすら歩く。街道はこの国道にほぼ沿っていた。

江戸期このあたりは広大な松林や原野だったが、今は開拓されて耕地となっている。
左の畑の向こうに松林の名残りが高い赤い幹を見せて連なる。

いくつかある牛舎に朝のラジオ体操が流れている。

 

与地(よち)の集落に着く。坂下の辻からは約8キロ。標高940m。

四つ角で右折する国道を行くとすぐ「民謡碑」がある。伊那節はもともと「おんたけやま」という木曽の民謡で、権兵衛峠を越えて伊那に伝わって伊那節になったという。ここ与地は正調を伝えるところだそうだ。

 

街道は先ほどの四つ角で右折せず、そのまま直進する。権兵衛トンネル工事事務所がある。トンネルは平成16年に完成する計画だ。工事のため、道は閉じられて立ち入り禁止である。

このあたりは多分「逢坂頭(おおさかあたま)」と呼ばれたところであろう。だとすると街道の痕跡があるはずと探すが、なかなかわからない。飯場から出てきた人に聞いても、工事現場との往復で近くをうろつくこともないので知らないとの返事。

ようやく道端に二十三夜塔など3体の石碑を見つけた。茶屋があったと思われるところにある手打ちそば竹聲庵の左脇を下る道が「逢坂」らしい。今は廃道となっていて、松の木と雑木が枝を伸ばし草に覆われた薄暗い道を下る。しばらく下ると、山の斜面のほの暗い林のなかに、不動尊、金毘羅神社、霊神の大きな石碑と21体の馬頭観音が埋もれるように並んでいる。「なかっと石仏群」である。

その先は生い茂る草のため道がわからず、進むことを断念して四つ角に戻る。

 

四つ角に、これまで気がつかなかったが、「信濃路自然歩道 権兵衛峠ルート」の小さな表示板があり、左折することを指示している。舗装された道がどんどん下っていく。川の瀬音が激しく聞こえ、やがて明澤橋を渡り、右の山を廻るように進むと、左に畑が現れる。ここは「寄場」と言い、入会地である御射山に入る馬の溜まり場だったらしい。

 左手から上ってくる道と合流するところが「三軒家」。しかし今は廃屋ばかりに見え、誰も住んでいないようだ。

ここから先は、治山工事中で立ち入り禁止。
周りに人影はない。熊出没注意の看板がある。
かまわずバリケードをくぐる。

 

舗装された道幅数メートルの緩やかな坂道が続く。両側に山が迫る。人家はまったくない。左側を北沢川が滔滔と流れている。葛の赤紫色の花びらが道に散らばっている。甘草の黄色い花に虫が飛び込んでいる。カワラナデシコが優しい薄紅色の花をつけている。シオカラトンボがスーイと横切る。二匹のアゲハチョウが戯れている。日は陰っているが汗が噴出す。

江戸期、与地をはじめ山麓の村では山裾から湧く水が伏流水となるため、水田を作るための水の確保が容易でなく、他の村々と折衝をおこない色々と工夫を重ねた。かって北沢川からの取水口があった赤岩、牛蒡沢がどの場所なのかは、草が茂っていることもありわからない。

北沢川に沿って上がり続ける。途中、落石注意の場所や発破の現場もある。

 

9時15分。  登山口に着く。坂下の辻から約12キロ。標高1,030m。

うっそうと木々が茂る山道に入ると、とたんに急坂である。足下に届く陽射しは弱く、落ち葉に覆われた道は湿っている。右に左に折れる細い山道に汗が滴り落ちる。立ち入る人が殆どいないのか草木が盛んに茂り、また標識も無いので茶屋があったという「七曲」がどこかもわからない。落葉松林を過ぎる。山道が上へ上へと続く。ときおり草木に名札が付いている。バイカウツギ、ツルウメモドキ、ダンコウバイ、エンコウカエデ。ハナイカダが葉の上に丸い青い実を載せている。

沢の瀬音が激しい。

木立の蔭にフシグロセンノウの朱いはなびらが浮かぶ。

夏の日の杉林の下草にまじって稀に咲いている、朱の五弁花。他の花にはない、朱の色の冴えた美しさが、子供心にもかなしいほど目に沁みた。緑の中の小さな朱の色のかがやきは、どんな遠いところからも発見できて、そのたびにどきりと心がおどった。

                                          (岡野弘彦作「花幾年」より)

 

「鍬入岩」。人ひとりがやっとの思いで通れるほどの峠道を、牛や馬が通れるような道にする工事は数々の難工事であった。この工事に尽力した権兵衛の苦労を物語る鍬の跡である。
権兵衛は十二人力といわれるほどの力自慢だったと伝えられている。

山仕事に行くと、牛馬一頭分の荷を平気で背負った。
あるとき、権兵衛が牛をひいていくと、役人に出会った。狭い道でどきようがない。
とっさに権兵衛は、牛を担いで道の横の畑に移り、道をあけたという。

工事は元禄9年(1696年)に完成した。

 

頂上まで2キロ。誰とも出会わない。

頂上まで1キロ。熊にも遭わない。

頂上まで630m。叫びながら唸りながら、一歩一歩。

「合の沢観音」が草むらにそっと祀られている。

 

11時15分。 「権兵衛峠」の頂上はぽっかりと穴の開いたような広場だった。
坂下の辻から約16キロ。標高1,523m。

古畑権兵衛を称える碑や御嶽山大権現や雪災餓死等の大きな石碑が立っている。
水飲み場に落ちる水は手が切れるような冷たさである。

頂上に先客がいた。車で近くまで上ってきたという「長野県自然保護レンジャー」の腕章をしている中年男性である。途中に工事現場があるので伊那側からの山道を上ってくる人は最近珍しいそうだ。我々を見てびっくりしていた。

今年の中央アルプス、南アルプスは熊とカモシカが多いですよ。
熊に注意してくださいね。遭遇したら、さあ どうしたらいいんでしょうね。

 

12時。  峠から木曽への道は、街道が見つからなかったのを幸いに、熊に遇いそうもない国道361号を下る。車にはときおり出会う。権兵衛街道はこの国道の左下の谷を並走していると思われるが、深い谷が延びておりそれらしき道を見ることは出来ない。ほの暗い林の中に朱いフシグロセンノウや白いトラノオや百合の群生を見る。

山あいを縫って下るとやがて、権兵衛トンネルの木曽側の工事現場に来る。

いつのまにか道は奈良井川沿いに下る。
「トメの橋」を渡ってやや下ったところに 村営バス羽淵停留所がある。

 14時5分  国道からは気が付かなかった、山麓に階段状にしがみつく「羽淵」の集落に上がる。 坂下の辻から約24キロ。標高1,140m。

「姥神峠」への道のとっかかりにある家の奥さんに道を確認すると、

峠を歩くなんて滅相も無い。昨日、今日はまだ出ていないが、最近4日連続で熊が出てきたよ。
この辺りはミツバチを飼っていて、その巣箱の蜜を食べに来るのよ。私の家にも来た。
この集落の人はみんな怖がって外に出ないよ。



 危ない、危ない。 神谷へ行くのなら姥神峠の下に造っているトンネルを歩くのがよいと教えられる。しかし正式にはまだ開通していない。従って車はもちろん走っていなし、我々以外歩いている人もいない。薄暗い照明しかない全長1,890mの姥神トンネルに二人の足音だけが響く。



 約30分で神谷に出た。坂下の辻からは約28キロの距離。標高990m。
神谷には「権兵衛の生家」である古畑家がある。
ただし昭和31年に火災に遭い、当時の建物は残っていない。今の家には子孫が住んでいる。



姥神峠からの街道が左上から下ってくる。道を掃除していたおばあさんが教えてくれた。

神谷は江戸時代から上、下、奥の集落があって、おのおの10戸から成る。ここは下。
伊那と木曽の物資の取次ぎが神谷で行われ、ここの人はみんな、米をはじめとする物資の運搬、取次ぎに従事していた。
奥には問屋をしていた人の大きな家がある。

なんにもない終戦直後は、うちの亭主も朝早く家を出て、伊那から30キロの米を担いで夜には帰ってきたものよ。

江戸期だけでなく最近までこの街道は「米の道」だった。

 

街道は神谷川沿いの車道となって緑の谷間をひたすら下る。途中数匹の野猿の歓迎もあった。


16時10分  神谷橋を渡ったところで、、山吹山を巻くように走る国道19号に合流した。   
伊那・坂下の辻からは約30キロの距離。標高880m。


 
16時55分 JR中央西線宮ノ越駅    43403歩

 
念願の街道を無事に歩いた満足感に浸っていたので、電車が来るまでの約1時間が苦にならなかった。
なお、敢えて言えば、権兵衛街道は飯田国道工事事務所が言うとおり歩きやすい山道なのかもしれないが、誰もが安心して歩ける街道ではない。トンネル工事が行われている期間は街道の整備も難しいのか、標識が殆どないのには困った。 (了)
                    

トップへ戻る