江ノ島道

東海道・藤沢宿を起点として、石上、片瀬、江ノ島、腰越、七里ケ浜、極楽寺、長谷を経由して、鎌倉・若宮大路に至る。

江戸時代、講中の発達により寺社参詣が盛んになり、とりわけ大山参り、江ノ島詣が人気を集めた。鎌倉は、戦国時代にすっかり衰退し江戸時代には農村化していたが、参詣をすませた帰りに鎌倉まで足をのばす人も多かった。

 

平成17年3月13日(日)

7時   藤沢駅の北方、境川に架かる色鮮やかな赤い遊行寺橋を渡る。
国道467号を東海道とは逆に南に向う。砂山観音堂のへ参道に鼻黒稲荷大明神。
国道から分かれて遊行通りに入る。
江ノ島弁財天道標が立っている。

杉山養慶という盲人が江ノ島弁天様に参篭して松葉針のヒントを与えられ、やがて鍼医の名手となり、五代将軍綱吉の病を治し・・・。
その杉山検校は弁天様への報恩の念が篤く、藤沢宿から江ノ島への道しるべ石も立てている。
もとは四十八基を数えたといわれるが、今は十一基が残るだけである。

(児玉幸多解説「江嶋道見取絵図」より)

庚申堂。藤沢駅に向けて飲食店、商店が続く。北口から地下道を抜けて南口に出る。
南口駅前のロータリーからファミリー通りと名を変えて、しかし街道らしく緩やかに左右に曲がって延びている。藤沢から鎌倉に向う江ノ電が建物の間にチラッと見える。
小さな砥上公園の片隅に庚申塔や道祖神が丁寧に祀られている。
石上公会堂の脇に石上神社。住宅が増え、道が狭くなる。

大源太公園から左に、休日診療所入口で国道を越えて、境川に架かる上山本橋を渡る。
江戸期、上山本橋は船を並べ板を渡した船橋だった。境川は鎌倉郡と高座郡との境を流れ、片瀬地区に入って、片瀬川に名を変える。
ミネベア藤沢製作所から住宅の間を進む。馬喰橋で、片瀬川の岸辺にいったん出るが、すぐにまた別荘風の家も混じる住宅の間を昔どおりの道幅でくねっていく。
片瀬小学校前に江ノ島弁財天道標が立っている。泉蔵寺。諏訪神社に上るとうっすらと白い丹沢の山々が見え、すぐ近くに海が光っている。

街道からのぼる神社の石段の前に立っている鳥居、漢字の看板、名も知れない路傍の祠など、そうしたエキゾチックな風物が、おりおり、こちらの幻想を破りさえしなければ、この本街道は、まるでイギリスの田舎道――ケント州か、もしくはサリー州あたりの田舎道かと思うくらい、大きな老樹がこんもりと影を落としている。
(小泉八雲著 平井呈一訳「日本瞥見記」より)

密蔵寺。庚申供養塔脇に弁財天道標。
頼朝が再建した本蓮寺の寺門に、三つ葉葵の御朱印寺の標札が重々しく掛かる。
片瀬市民センター前に弁財天道標。
西行もどり松がクリーニングはせがわの横にひょろと立っている。
常立寺の境内は紅白のしだれ梅が盛りを過ぎさんしゅうの黄色が鮮やかだ。
 

従是右江嶋道 左滝口道 の道標。左滝口道へ進む。滝口寺は日蓮の没後、六老といわれる弟子六人が創建したといわれている。鎌倉期、このあたりには刑場があり、奥州平泉で刎ねられた義経の首実験が行なわれたところという。
 

戻って右江嶋道を進む。湘南モノレール江ノ島駅。江ノ電江の島駅。羊羹の老舗からアクセサリーの雑貨店が並ぶすばな(州鼻)通りを進む。
只今 9時5分  14084歩。 江の島弁天橋を渡る。参詣道を進み、辺津宮、中津宮、奥津宮にお参りして岩屋を巡って1時間半。

  

滝口寺に戻って、腰越の方向に進む。ここからしばらくは江ノ電の路面区間で、4両編成の江ノ電が商店街の真ん中を車に挟まれて窮屈そうに走る。江嶋道見取絵図に飛石渡りと描かれている神戸川は神戸橋で渡る。
腰越駅の先に義経が滞留させられ、腰越状で有名な満福寺。江ノ電の線路の際から山門への階段が始まる。

平家物語によると、梶原景清が「日本国は今は残るところなう従ひたてまつり候。ただし御弟九郎大夫判官殿こそ、つひの御敵とは見えさせ給候へ。・・・」と進言、これを受けて頼朝が「金洗沢に関すゑて・・・判官をば腰越へ追っかっへさる。」
(「平家物語」は山下宏明他校注による)

 

小動神社に上り、裏手に廻ると、小さな見晴らし台が用意されており、腰越漁港の先に江の島が横たわる絶景を、先客が独り占めしようとしている。時々弁当持参で来てのんびりと過ごすのだという。
ここから稲村ケ崎までが七里ケ浜

六町を一里と数えての七里であって、約4キロに相当する一里での七里ではない。
これは「坂東道」における習俗で、千葉県の銚子から南下する海浜を「九十九里浜」というのと同じである。

(「江嶋道見取絵図」より)

 

右にきらきら光る海が広がる。
冬に戻ったかのように風が強い今日は、サーフィン日和なのだろう、波に浮ぶ人が多い。帆一杯に風を受けたウインドサーフィンとヨットに興じる人も多い。サザンの世界だ。

勝手にシンドバッド (桑田佳祐 作詞作曲)

いつになれば湘南 恋人に会えるの
おたがいに身を寄せて いっちまうような瞳からませて
江の島が見えてきた 俺の家も近い
行きずりの女なんて 夢を見るように忘れてしまう

さっきまで俺ひとり あんた思い出してた時
シャイなハートにルージュの色が ただ浮かぶ
好きにならずに いられない

左を時折江ノ電が、けなげな様子で並走する。
鎌倉高校前駅。サーフボードを抱えたサーファーが横を通り過ぎる。
行合橋、ここで日蓮の奇瑞を鎌倉に伝える使者と、北条時頼の赦免の命令を伝える使者が行き逢ったとの言い伝えがある。しかし今日ここで開催されているフリーマーケットに集まってきた若者はそんなことを知るはずもない。

鎌倉プリンスに入る先で、道は江ノ電とともに国道と別れて海岸から離れていく。道と海岸との間には瀟洒な家がある。
音無橋の脇で、「沙山なるが故、常に水音なし」の音無滝が騒がしく落ちている。
右に曲がると稲村ケ崎の浜に出る。
 

逆に左に折れて稲村ケ崎駅の右脇を過ぎると、山に分け入るかのようである。
討ち死にした新田義貞の部下を祀った十一人塚。
日蓮袈裟掛松は、立派な標石だけで松は無い。
針磨橋。七里ケ浜は砂鉄が多く包丁、小刀等を磨くに適したそうだ。
昼食は、まつ本という小奇麗な店で京風の煮物定食。
この店の裏手、江ノ電の踏切の際に阿佛邸旧蹟の石碑がある。

東にて住むところは、月影の谷とぞいふなる。浦近き山もとにて、風いとあらし。山寺の傍なれば、のどかにすごくて、浪の音松風絶えず。
(岩波書店刊行新日本古典文学大系 阿仏尼作「十六夜日記」より)

このあたりも住宅開発が進んでいる。しかし夜ともなると鎌倉期と変わらない浪の音、松籟の音が聞こえるのだろう。
 

散策する人が増えると、極楽寺駅が近い。
極楽寺の茅葺の山門をくぐる。
この寺を開いた忍性は、らい病(ハンセン病)患者の救済に努めた僧として知られ、寺もかつては49の塔頭を持つ大寺院だった。その後火災、地震に遭って、今は境内に撮影禁止、立入禁止の文字が目立つさびれた寺に過ぎない。

 

成就院に上ると、由比ケ浜の海が見える。
極楽寺坂の切通しを下る。
日切地蔵。星の井。
力餅家で土産を買う。

北に上って、長谷駅の左を過ぎる。鎌倉彫の白日堂。
 

長谷観音前の交差点で右折。江戸期、雫の石橋が架かっていたところに今は三橋。その下を細く流れるのが稲瀬川。
江戸期の江戸は御府内と呼ばれ、鎌倉期の鎌倉は「鎌倉中」だった。この鎌倉中の西南の境が稲瀬川で、長谷寺、稲村ケ崎は鎌倉中の外だった。
治承4年(1180)10月 鎌倉近くに着いた北条政子は、日次よろしからずと稲瀬河辺りに一泊して、翌朝鎌倉に入御している。また鎌倉を出陣する源頼範軍を頼朝は稲瀬河辺で見送っている。

元暦元年八月八日、甲子、晴、参河守頼範、平家追討使として西海に赴く、・・次に扈従の輩一千騎、並びに・・千葉介常胤、・・三浦介義澄、・・比企藤四郎能員、・・和田太郎義盛・・、
武衛御桟敷を稲瀬河辺に構へて見物せしめ給ふと云々、

(龍粛訳注「吾妻鏡」より)
 

甘縄神明への路地を入ると、川端康成の旧居が左奥に見える。

正門は、甘縄神社から一本手前の横丁にあって、そこから松並木を通って玄関へ通じているのだけれど、この正門は昔から使われていなかったようだ。鬼門に当るとの理由からだそうで、先生ともあろう人がと思ったが、仲間の話では、奥さまの考えとも聞いた。ともかく、もっぱら通用口ばかりが使われていた。通用門は鳥居のわきにある。広大な屋敷には不似合な、朽ちはてた、ちっぽけな通用口、それが、つね日ごろは出入口になっていた。
(臼井吉見著「事故のてんまつ」より)

足達盛長邸跡。盛久頸座。鎌倉彫の寸松堂。鎌倉文学館から遠くに伊豆大島を望む。
和田塚駅近くに、今は和田塚と呼ぶ千人塚が保存されている。一画の縁に和田義盛一族の墓といわれるたくさんの小さな五輪塔が転がっているさまには胸を打たれる。

 
14時40分   鎌倉若宮大路・下馬四ツ角    36927歩 (了)


トップへ戻る