江戸中引廻しの道 

 十両、今のお金で十数万円を盗むと死罪になったというが、物盗りの覚えは無い。放火、殺しは滅相もない。不義密通は・・・

 うるせえや、うじむしども、さっきから聞いてりゃ、勝手なことばかり抜かしやがって・・・・・闇夜の中で咲いたお目付け桜を、まさかお前ら、見忘れたとは言わせねえぞ・・・・両人の行い極めて不行届につき江戸中引廻しのうえ死罪・・・・・・立ちませえ。

 

平成15年6月1日(日)

中央区日本橋小伝馬町の十思公園に伝馬町牢屋敷跡の案内板が立っている。

伝馬町牢は慶長年間、常盤橋から移って明治8年市ヶ谷囚獄が出来るまで約270年間存続し、この間に全国から江戸伝馬町獄送りとして入牢した者は数十万人を数えたといわれる。当時は、敷地総面積2618坪、四囲に土手を築いて土塀を廻し南西部に表門、北東部に不浄門があった。牢屋は揚座敷、揚屋、大牢、百姓牢、女牢の区別があって、揚座敷は旗本の士、揚屋は士分僧侶、大牢は平民、百姓牢は百姓、女牢は婦人のみであった 


引廻しの刑はそれ単独ではなく、死罪すなわち打ち首や磔・獄門などの刑に、見せしめのため付け加えられた。普通、市中引廻しと言われるが、正しくは江戸中引廻しと言い、伝馬町牢の不浄門すなわち裏門から出て文字通り江戸中をぐるりと廻って伝馬町牢に戻ってくる。

引廻し用の裸馬が、すぐそこの松の樹に繋いである。
そのそばには、捨札を持った非人や、ぶっさき羽織の町奉行同心が、寒そうに風の中に立って、こちらを見ているのだ。
牢屋同心は馴れた手付で縄を打つ。

「・・・・どうだ。痛いか。もう少しゆるめてやろうか。どうだ?」
「・・・・・」
黙っている。この期に及んで、死にに行く身をいたわられて、それに反撥していいのか、甘えたらいいのか、途惑うのである。

 
「立て・・・」
時刻はもう辰(八時)であろうか。

              (沙羅双樹作「獄門帳」より)

 

 7時30分 十思公園から、広い人形町通りに出る。牢屋敷の裏門は左手のCOSMO小伝馬町SSのあたりかなと勝手に想像する。通りを右に進み、すぐ小伝馬町交差点を渡って江戸通りを越える。三井住友銀行人形町支店を右折して大伝馬本町通りを進む。

かつてこの道は本町通りと呼ばれ、江戸城常盤橋御門から隅田川に向い、両国橋から千葉街道に、また浅草橋からは千住に抜ける重要な道筋で、大伝馬町1丁目、2丁目、通旅籠町には大小さまざまな店が軒を連ねた賑やかな通りだった。
歩いているところは当時の大伝馬2丁目で針・糸・茶・小間物などの問屋が並んでいた。大伝馬町1丁目には伊勢商人の木綿問屋が集まっており、通旅籠町には大丸呉服店という越後屋、白木屋と並ぶ大店があった。以下、江戸期の町については、明治維新のほぼ10年前の安政年間(1854〜1860)の状況である。

今は昭和通りで分断されて裏通りのようになってしまっている。事務所ビルが連なる。HOTEL GIMMONDの先を左折するとすぐ牛乳石鹸にぶつかるので右折する。

 稲畑香料を左折して長瀬産業の横を小舟町に進む。
日本橋川に架かる江戸橋の手前から東・西二本の堀留川という入堀が開削され、全国から江戸に送られてくる物資が荷揚げされていた。
この入堀に挟まれているのが小舟町と堀江町だった。堀が埋め立てられて事務所ビルが建ち並んでいる現状からは、河岸に土蔵がすきまなく立ち並んでいた往時の様子を全く想像できない。
また堀江町は江戸団扇の問屋が集まっていた。今歩いている道は当時の西堀留川沿いであるが、右手に伊場仙という団扇や扇子の老舗が今もある。創業が天正18年(1590)というから秀吉が小田原征伐をした年である。

 小舟町交差点の手前の左は、みずほ銀行小舟町支店のある小舟町富士プラザ。みずほではなく、富士の名称を残しているのは、ここに安田両替店があって、旧富士銀行創業の地だからであろう。
なおこのあたりは傘・下駄・雪駄店が多く、照降町と呼んだ。
西堀留川に架かっていた荒布橋を渡ろうとしても、今は大きな小舟町交差点になっており、どこにあったかも分からない。
又、交差点の右、おそらく資材置き場か日産江戸橋ビルあたりに架かっていた江戸橋は、昭和通りに移っている。

日本橋を背にして江戸橋の上より菱形をなした広い水の片側には荒布橋つづいて思案橋、片側には鎧橋を見る眺望をば、その沿岸の商家倉庫及び街上橋頭の繁華雑踏と合せて、東京市内の掘割の中にて最も偉大なる壮観を呈する処となす。殊に歳暮の夜景の如き橋上を往来する車の灯は沿岸の燈火と相乱れて徹宵水の上に揺き動く有様銀座街頭の燈火より遥かに美麗である。

              (永井荷風作「日和下駄」より)

日和下駄は大正3〜4年に書かれたものだが、そのころはまだ江戸が残っていたのが分かる。

昭和通りに出て現在の江戸橋を渡る、三菱倉庫の格調ある建物を左に廻り込んで、かつての江戸橋の痕跡を探すが、なにもない。 
旧江戸橋を渡って三菱倉庫のあたりに出た道は、日本橋郵便局の脇を過ぎて日本橋に向う。日本橋郵便局は江戸橋広小路と呼ばれたところに建っている。江戸橋南詰歩道橋で昭和通りを越える。右手は日本橋川の木更津河岸。蔵が続いていたところに今は野村證券本社の茶褐色の建物が長く続く。

日本橋の南詰めに出る。

ビルの建ち並んだ日本橋の町並みも、高速道路も、すべて見慣れたものが私の周囲から消え失せていた。その代わりに見えたのは、狭い道の両側に、陰気くさい二階建ての日本家屋が並び、貧乏ったらしい小柄な人間がちょこまかと歩き廻っている、田舎町のような光景であった。・・・・・空気のにおいも変わっていた。無意識のうちに嗅いでいた排ガスの臭気の代りに、まるで漁村へでも行ったような潮の香と、生臭い魚のにおい、それにかすかな馬糞のにおいが交じっている。

        (石川英輔作「大江戸神仙伝」より)

日本橋交番のあたりは罪人の晒し場。晒しの刑は心中をし損った男女、女犯の僧などが受け、特に心中者には見物人が集まった。
この日本橋に続く「通1丁目・2丁目」には畳表、蚊帳を扱う有力な近江商人が店を構えていた。とりわけ元和元年(1615)に進出した近江屋甚五郎商店は営々と家業を発展させて今日の「日本橋西川」に至っている。

 
くるりと向きを変えて、日本橋西川とUFJ銀行との間の道を戻っていく。右手に「たいめいけん」 の看板が覗く。
再び昭和通りを渡る。新光証券、三菱証券、岡三証券、黒川木徳証券、藍澤証券、東洋証券の看板を見て兜町に入る。兜町駐車場を抜ける。左手の東京証券取引所には丹後田辺藩牧野家の上屋敷があった。

東海東京証券の角を右折する。右側の首都高速道路はかつて楓川という堀だった。
永代通りを越えて中央警察署の手前を左折する。都立紅葉川高校跡地の表示がある。平成通りを渡る。左手に、並行する永代通りの茅場町交差点。

やきとり宮川を右に折れて、真っ直ぐにドンドン進む。この辺一帯が八丁堀で、南・北町奉行所のあわせて与力50人、同心240名前後の組屋敷があった。今はビルも多いが、その敷地が小さいのはそのためだろう。なお八丁堀は三河岡崎の八丁堤に似ていたことから名付けたという。
両側に商店も多い。街灯に鈴らん通りの表示がある。右手遠くに東京駅八重洲口、左手に八丁堀交差点を見て八重洲通りを越える。COFFEE BELLを右折、平成通りを超える。宝橋の手前、右側の伊勢桑名藩松平家上屋敷があったところは民家がひしめいている。
橋を渡らないで左折する。ビルの裏に小さな天祖神社。

ちどり亭を右折すると、車がひしめく首都高速道路に松幡橋がひっそりと架かっている。橋を渡ると京橋地区に入って、兼松ビルの左に出る。都営浅草線宝町駅。昭和通りを越えて、八重洲のガラス張りの高いPCP丸の内ビルに向って進む。

 りそな銀行京橋出張所と日本旅行京橋支店の間から中央通りに出て左折する。ここから芝・札の辻までは旧東海道を歩く。このあたり、かつての町名を聞くだけでどのような人たちが住んでいたか分かる。炭町、大鋸町、南鞘町、南塗師町、南大工町、南鍛治町、北紺屋町、具足町、畳町。鍛冶橋通りを渡る。
旧京橋の親柱がある。橋の傍に京都から来た遊女屋があったので京橋と呼んだらしい。江戸歌舞伎発祥之地の碑がある。 
高速道路を境に京橋地区と銀座に分かれる。

TIFFANYの前に銀座発祥の地・銀座役所跡の記念碑がある。ここは新両替町が正式名称。銀座は別称。
文具の老舗の伊東屋。銀座2丁目交差点の手前の高い街灯は日本最初の電気街灯を記念したもの。

銀座松屋、MIKIMOTO、パンのキムラヤ、和光、三越。曇り空から雨が落ちてきた。
銀座5丁目はかつての尾張町1丁目。慶長8年(1603)、町の名に、建設した賦役の大名の国名をつけた。従って尾張町は尾張徳川家が造ったらしい。
左手の三原橋の方向、現在の歌舞伎座の場所には肥後熊本藩細川家の拝領屋敷があり、その前の木挽町・采女ケ原は有名な男色の遊所だった。

鳩居堂、松坂屋、ライオン。朝早いのでまだ殆どの店は開いていない。残念ながら資生堂パーラーも例外でない。

博品館。高速道路をくぐると、銀座の柳の碑と二世の柳。旧新橋石柱がある。慶長9年(1604)に新橋が架けられ、宝永7年(1710)芝口橋と名を変えたが、維新後新橋の名に戻った。

 新橋交差点。ウォーキング姿の20人ほどの中年男女がいる。左手の浜離宮に行くのだという。六代将軍家宜の時に浜御殿となり、浜御殿奉行が管理したところ。
都市再開発・シオサイトが少しずつ姿を見せている。電通本社ビル、松下電工ビル。汐留シティセンター。超高層ビルの谷間に再元された新橋停車場の白い建物がいやに小さく見える。再開発地区には旧東海道に沿って播磨竜野藩脇坂家、仙台藩伊達家、会津藩松平家の大きな上屋敷が並んでいた

銀座通りは第一京浜と名を変える。いずれにしろ国道15号だ。いや旧東海道だ。
右手のJR新橋駅は豊後岡藩中川家中屋敷跡。ゆりかもめのホームの下を進む。
御殿のようなJRAのWINS汐留に向う人が多い。今日は第70回日本ダービーが行なわれるとなれば競馬フアンならずとも関心がある。ネオユニヴァースが二冠を決めるか。サクラプレジデントが皐月賞の借りを返すか。発走は15時35分。

 
神谷町への道が右に分かれる浜松町1丁目交差点の左手はかつての新銭座町。寛永通宝鋳造所の跡が地名となった。
JRの線路あたりに韮山代官江川太郎左衛門による砲術教授所があり、佐久間象山らが学んだ。また福沢諭吉が慶応義塾を開いたところでもある。あたりをうろうろして砲術教授所跡を探すが、偲ぶよすがは全く無く小さなビルや民家や事業所が雑然とあるだけだった。

 
大門交差点。左手のJR浜松町駅前の貿易センタービルには相模小田原藩大久保家上屋敷があった。元禄9年(1696)このあたりの名主に浜松出の権兵衛さんがなったので、浜松町という。右手は境内で力士と火消しが争った「め組の喧嘩」で有名な芝神明。さらにその向こうに二代秀忠以下6名の将軍が葬られている増上寺がある。

 
金杉橋。ここから島送りの舟が出た。

永代橋際から出る遠島舟に乗る者は、一生、島から帰って来られない者で、金杉橋のところから乗船するのは、月日がたてば、いつか江戸へ帰って来られるあてのある者だった。
「下をみれば、きりがない、と手前は申しました。永代橋から舟に乗る罪人には、さぞ、金杉橋から乗る者が羨しかろう。遠島になる人のことを思えば、江戸払いですんだのはまだ運がよかったと思わねばならない。そう佐吉に申しました。自分を運が悪いと思ってはおしまいだ。・・・」

             (平岩弓枝作「御宿かわせみ 江戸は雪」より) 

ちょっと寄り道して、芝2丁目ビルの手前を右に折れて進むと、綺麗に整備された折れ曲がった道が芝小学校へと延びる。
通りがかったおばあさんが答えてくれた。

私達年寄りのあいだでは、この道を七曲りと呼んでいます。若い人はどうでしょうか。薩摩藩島津家中屋敷があったところです。

薩摩藩邸はNEC本社、Celestine Hotel,長谷工本社、戸板女子短大などを含む広大なものだった。慶応3年(1867)、薩摩側の市中かく乱に怒った幕府が庄内藩ら4藩に焼け討ちをかけさせ屋敷は炎上した。その際に亡くなった藩士らの供養石塔があるはずと戸板女子短大の周りを何回も廻って探すが見つからなかった。その代わりではないが、ホテル三田会館の前に日本労働運動発祥の地の碑を見つけた。

 
第一京浜に戻って松下電工の看板に向って進み、芝4丁目交番を過ぎる。日比谷通りが右からぶつかる芝5丁目交差点の三菱自動車があった前に「江戸開城 西郷南洲 勝海舟会見之地」と西郷自身が書いた石碑がある。

いよいよ談判になると、西郷は、おれのいうことを一々信用してくれ、その間一点の疑念も挟まなかった。
「いろいろむつかしい議論もありましょうが、私が一身にかけてお引き受けします」
西郷のこの一言で、江戸百万の生霊も、その生命と財産とを保つことができ、また徳川氏もその滅亡を免れたのだ。

              (「氷川清話 勝海舟自伝」より)

田町駅西口信号を過ぎる。
産業安全技術館、港都税事務所、三田警察署と続いて、高札場が置かれていた札の辻に着いた。

 

この札の辻から市中に戻る。道は国道1号線桜田通りで、東京タワーを真正面に見て進む。
左側は三田。慶応大学には肥前島原藩松平家の、慶応女子高には会津藩松平家の下屋敷があった。
スーパーフェニックス三田店はお買い得なのか大変な人盛りだ。慶応大の東門が新しい。三田通交番の若いおまわりさんがニコッと笑顔で挨拶をする。

武家屋敷の長屋が残っているというので中川薬局の脇から左に「綱の手引坂」を上がる。それは日向砂土原藩島津家上屋敷があった綱町三井倶楽部の塀際にあった。近くのイタリア大使館は伊予松山藩松平家中屋敷跡で、屋敷内で赤穂浪士大石主税ら10人が切腹した。
 桜田通りに戻る。三田国際ビルヂングから済生会病院にかけて、かつて筑後久留米藩有馬家上屋敷があった。猫騒動の舞台である。

有馬の殿様の系図を調べていると、猫騒動が起こってもいい程、面白い殿様がそろっている。
猫騒動が起こったのは九代頼貴の時であるが、・・・七代則維は、大層型破りの殿様で、夏には、緋縮緬の褌ひとつで昼も夜もすごし、また侍女は、肌がぜんぶ透けて見えるように絽の一重帷子をきせた。のみならず、肌襦袢も腰巻もまとうことを許さなかったので、侍女は、乳房も恥毛もかくすことができなかった。
八代頼ゆきもまた、方図もない殿様であった。「大名と申すものは、借金では家はつぶれぬが、嗣子がないと、断絶いたす」と、言って、一挙に、二十五人の美しい妾を集めた。そして借金は、やれるだけやってしまい、しばしば、首がまわらなくなった。・・・・
さらに十代頼徳となると、おのが邸内に水天宮をつくって、江戸中の善男善女から御賽銭を聚めて、にやにやし乍ら、かぞえた、という。

              (柴田錬三郎作「江戸八百八町物語」より)

この邸内の水天宮は今蛎殻町にある。

 
赤羽橋を渡る。そのまま桜田通りを進む。東京タワーに随分近づいた。右手は緑豊かな芝公園。その先に超高層の愛宕グリーンヒルズがすっくと立っている。都営バス赤羽橋駅前のテレテック、SERAPH10AZABUのあたりに赤羽根外国人宿所があって、シーボルトも泊まったという。坂を上る。上りきったところが飯倉交差点で、角に黒く円いNOAビルが建っている。左に首を伸ばすとロシア大使館が見える。大使館の前の外務省飯倉公館は出羽米沢藩上杉家中屋敷跡。

交差点からセブンイレブンの横を霊友会に向うのが江戸期の道。右に曲がって桜田通りに出て、だらだら坂を下る。神谷町交差点。ROYALHOSTで昼食。 

虎ノ門36森ビルの先を左折し、すぐの虎ノ門3丁目第9駐車場を右折し、通りを越えて第1岡名ビルの左を過ぎ、中田ビルを左折する。その先は15森ビルを斜めに通っていたと思われ、今は歩けない。
新日鉱ビルの前から、ホテルオークラと国立印刷局の間の汐見坂を上がっていく。オークラには埼玉川越藩松平家上屋敷が、印刷局には佐賀藩鍋島家中屋敷があった。

坂を上りきると左手、常陸牛久藩山口家上屋敷跡にアメリカ大使館。警備の警官の数が多い。うろうろ歩いていると一人の若い警官が「こんにちわ」と声を掛けてきた。よほど怪しい二人と見られたらしい。

 
江戸期、右手の溜池交差点周辺には文字通り溜池があった。虎ノ門から赤坂見附にかけて長く大きい水源地であるとともに外濠だった。
榎坂を下ると六本木通りで、通りを渡ると赤坂ツインタワーがそびえている。このビルの後ろの広い範囲が福岡藩黒田家中屋敷跡である。道はこの屋敷があった敷地の右の縁に沿って続く。すなわちATT新館の右を進み、営団溜池山王駅11番口の左からQBHOUSEの前を過ぎ、赤坂溜池タワーを左に見て、赤坂AYビルの右からエスプラナード赤坂通りに入る。黒板塀の料亭はもう見ることは出来ないが、飲食店の多い賑やかな細い通りである。途中、右手に日吉山王権現の大きな鳥居が覗く。

 
営団赤坂見附駅から広い青山通りの、サントリー美術館、鹿島本社の前の坂を上がっていく。豊川稲荷の手前にある九郎九(くろぐ)坂を下る。このあたりは今も昔も地名は赤坂で最も古い町の意味の元赤坂。赤坂御用地にぶつかる。
ここは紀州徳川家の居屋敷。藩主は当屋敷と麹町にあった上屋敷とに交互に住んでいたが、文政6年(1823)以降はここに居住した。

てんてん手毬は 殿さまに
だかれて はるばる 旅をして
紀州はよい国 日のひかり
山のみかんに なったげな
赤いみかんに なったげな なったげな

              (西条八十作詞「鞠と殿様」より)

赤坂御用地の塀に沿って右に進み外堀通りに出て紀伊国坂を上がっていく。弁慶堀の向こうにホテルニューオオタニが見え、やがて上智大学が見え始めると左手は迎賓館である。ベルサイユ宮殿に似た門の前、たくさんのユリノキが上へ上へと枝を伸ばしている。花が咲く頃なので見上げるが、もう終わったのかあるいはこれから咲くのか見つからない。

 
JR四谷駅を右に見て新宿通りを越え、さらに四谷御門跡から延びる旧甲州道中を越えて、外堀通りを進む。四谷の地名は四軒の茶屋があったからという。 

四谷見附を出てから迂曲した外濠の堤の、丁度その曲角になっている本村町の坂上に立って、次第に地勢の低くなり行くにつれ、目のとどくかぎり市ヶ谷から牛込を経て小石川の高台を望む景色をば東京中での最も美しい景色の中に数えている。

                            (永井荷風作「日和下駄」より)

しかし今は建ち並ぶビルが眺望を遮っている。
唐楓の並木が続く本村町の坂道の左側はパックスビル、外濠スカイビル、市ヶ谷外濠ビルと続き、一層高い住友市ヶ谷ビルが期待を完全に打ち砕く。

坂を下ると、靖国通りが左から合流する。左上にある防衛庁を含む本村町は広大な尾張徳川家上屋敷があったところ。タリーズコーヒーの手前を左に入って石段を上がると亀岡八幡宮。太田道灌が、江戸城の守護神として鎌倉の鶴岡八幡を勧請した。これを鶴に対する亀として亀岡八幡宮と名付けたという。高台だが、やっぱり見晴らしは良くない。

 
市谷御門跡が右手のJR市ヶ谷駅。大日本印刷の看板を見て左に入る。左内坂と浄瑠璃坂の間の細い道である。保険会館の前を過ぎる。長延寺町。左は左内町。
道を跨ぐ形に造られた「ごみ坂」歩道橋を歩いて右に曲がって、閑静な砂土原町に入る。
道なりに行くと、牛込中央通り商店街が払方町、納戸町、細工町を貫いていく。ここからは丹波園部藩小出家中屋敷の敷地に沿ってコの字に曲がって進む。愛日小学校入口を左折し、横倉家を右に折れて大久保通りに出て右に曲がると牛込北町交差点。そのまま大久保通りを進む。大江戸線牛込神楽坂駅。箪笥町。
KITCHENCOURTの先を左斜めに進み、左に曲がると大信寺。この寺の裏手に尾崎紅葉の旧居。突き当たって右折。正定院、円福寺。横寺町を下る。朝日坂。龍門寺。
神楽坂の通りに出て右に曲がる。青空市を行なっており、道一杯の人出だ。神楽坂上で大久保通りを越える。神楽坂をドンドン下る。神楽坂下で外堀通りに戻る。市ヶ谷からここまで一直線に外堀通りを歩かないで御徒組、御先手組、御持組などの侍が多く住む地域にわざわざ寄り道したのはなぜだろう。

 
外堀通りを左に進む。飯田橋を過ぎて水道橋。通りに車も人も多くなる。
左側には水戸徳川家の広大な上屋敷があった。その敷地内の東京ドームでは今日も阪神・巨人戦だ。昨日は阪神が派手に勝った。

猛虎 爆烈逆転

小飛球となった赤星のバントをはじいた瞬間、勝利の女神はトラに微笑む。怒涛の14人攻撃で11点。2点を追う土壇場の9回、久慈の右前打で幕を開け、アリアスの決勝3点打、そして金本の250号ダメ押し3ラン。うん優勝できる。阪神は優勝できるぞ。

              (平成15年6月1日付デイリースポーツより)

なお記事にある土壇場はもともと打ち首の刑場のこと。正式にはズバリ切場という。

 
水道橋交差点で左に折れて白山通りを進む。都立工芸高校。ラクーアと名前を変えた後楽園遊園地のジェットコースターから絶叫が聞こえる。
後楽飯店から右に細い道に入る。かつては美濃郡上藩青山家上屋敷の塀に沿って進んだのだが、今は建てこむ民家の間を行く。
壱岐坂交番前で大通りに一旦出てすぐに東洋学園大の校舎の脇を上がっていく。坂を上り切ると本郷2丁目。商店街の街灯に付けられた「江戸開府400東京」の紅い旗が雨に濡れて、敷かれた「大横丁通り」と記したタイルが光っている。

りそな銀行本郷支店で本郷通りに出る。左折してNICOSを過ぎ、本郷3丁目交差点を右折して春日通りを進む。
雨が激しくなってきた。しかし引廻しの道を歩くのが雲ひとつ無い快晴の日では違和感がある。やはり、黒い雲が飛び、雨が吹き降る今日の天気のほうがふさわしい。

三代家光の乳母であった春日局の墓がある麟祥院の門は閉じられて、3時以降の拝観はお断りします。
切通坂を左から右に廻りながら下る。右に湯島天神。
天神下交差点の手前を左に入ると三菱財閥の岩崎家本邸がある。広い芝生の庭に面する洋館と日本建築の屋敷は見物客で溢れている。江戸期は越後高田藩榊原家下屋敷だった。

 
天神下を左折して、大衆酒蔵大勝本店の横を入ると仲町通り。

不忍池の南面に、池之端仲町の細長い町すじがある。
池之端仲町といえば、小じんまりとした店構えながら一流の高級品を扱う商舗がならんでおり、・・・・

   (池波正太郎作「鬼平犯科帳 殺しの波紋」より)

しかし今の仲町通りは飲食店、風俗店が続く猥雑な場所になっている。鴎外の「雁」に出てくる蕎麦屋の蓮玉庵も風俗店の横である。
 
中央通りに出ると、かつての下谷広小路。人ごみを縫ってJR上野駅前に向う。
寛永寺の塔頭である普門院、常照院、顕性院などが並んでいたところに上野駅。
浅草通りを進む。台東区役所や上野警察署には、加賀前田家や会津藩松平家が檀家だった広徳寺があった。右に下谷神社の赤い鳥居が見える。上野から浅草までは寺が続き、この通りは新寺町通りと呼ばれた。今も稲荷町には仏壇仏具店が軒を並べている。

菊屋橋から左にかっぱ橋道具街が延びる。浅草本願寺。営団田原町駅のある寿4丁目交差点を左折し雷門1丁目交差点を右折する。

雷門通り、かつての広小路を進む。八ツ目漢方薬局、うなぎのやっこ。左にすしや通りが延びる。お蕎麦の尾張屋、釜めし春、天ぷらの葵丸進、喫茶店モンブラン、すきやきの浅草今半、肉の松喜、芋羊羹の舟和、すき焼きのちんや、雷おこし本舗と名の知れた店が続く。雷門の周辺はいつに変わらずたくさんの人が出て、たくさんの人力車が観光客を待っている。天ぷらの三定、人形焼の紀文堂、そしてトリはデンキブランの神谷バーである。
 
吾妻橋のたもとから左に曲がり、東武電車浅草駅の右の通りを進む。花川戸。はきもののお店が多い。右手に隅田公園と隅田川。今戸。待乳山聖天。台東リバーサイドセンターが見えて今戸橋に着いた。

お千代は、大川の河岸道を、どこまでも北へたどっている。今戸、橋場の町をすぎれば、そのころの大川の両岸は全くの田園風景となるので、そのうちに夕闇がただようころともなれば、人眼に知られず、お千代が大川へ身を投げる場所はいくらもあった。
(あなた・・・・私を、ゆるして下さいね)
お千代は、善太郎に胸のうちでよびかけつつ、待乳山聖天の下を山谷堀へかかった。

「もし・・・・」
うしろから、声がかかった。
「え?・・・・」

              (池波正太郎作「鬼平犯科帳 妖盗葵小僧」より) 

今戸橋でくるりと向きを変えて、来た道を吾妻橋のたもと迄戻る。そのまま真っ直ぐ江戸通りを進む。左手に隅田川が流れている。
駒形橋のたもとに駒形堂。

左に厩橋。この先左手は一番堀から八番堀まで入掘が櫛の歯のように並び、堀に沿って幕府の米蔵が建ち並んでいた。その米蔵の前の蔵前を進む。浅草御蔵前通りと呼ばれていたという。
 雨が上がり夕陽が家々をまぶしく照らす。近くの神社で祭りがあるらしい。子供も老人もお祭り衣装を着てぶらりぶらりと歩いている。
国際通りが右斜め後ろから合流する。玩具問屋が多い。

右手にJR総武線浅草橋駅。神田川に架かる浅草橋のたもとに浅草見附跡の碑があり、橋を渡ると東日本橋交番前に郡代屋敷跡の案内がある。地下道で靖国通りをくぐって、さらに江戸通りを進む。かつて馬喰町は旅籠が並んでいたが、今は問屋街だ。いくつものエトワール海渡の店が客を送り出している。

 
鞍掛橋で右折、ampmの前を過ぎ、三つ目の道を左に入り、途中道が少しずれるように鍵の字になっているが、ともかく真っ直ぐ進む。もう目の前は伝馬町牢だ。

罪人は死を前に泣いたり、喚いたり、笑ったりと、いわゆる「引かれ者の小唄」を演じた。蕎麦屋の前を通ると「蕎麦を食わせろ」とか、街角で女性を見かけると「俺の女だ、話をさせろ」などと言い出した。大名屋敷荒らしの怪盗・ねずみ小僧は薄化粧をしていたという。 

小伝馬町の十思公園に戻った。  18時20分  51814歩
 
引廻しの道の行程は25キロだが、うろうろしたので30キロ近く歩いただろう。
妻は疲れ果てて、「死ぬのも、らくじゃないわね」とつぶやいた。  (了)

 

 トップへ戻る