中国街道

大阪・高麗橋を起点に、尼崎を経て西宮へ通じる街道。
西宮で西国街道と合流したのちは、山陽道となって下関に向う。



平成20年12月8日(月)

7時45分 高麗橋から西に向かい、堺筋にぶつかって、北に折れ、旧淀川に架かる難波橋を渡る。
左手に淀屋橋が見える。
まだ御堂筋が拡幅される前の淀屋橋南詰の大川町に生まれたのが、「円」の作品で有名な画家・吉原治良である。

私は大阪のほぼ中心といっていいかと思うが、淀屋橋の南詰め、つまり市役所の橋向かいに生まれ、育った。今は御堂筋になっているわけだが、私の家は油問屋で、店の奥が住居になっていて私は主として奥座敷の二階で寝起きしていた。その南側は中庭でその向うは衣装蔵になっていたが、その中庭に大きなアンズの木があって二階の縁側から手が届きそうなところに枝をひろげていた。
(吉原治良著「わが心の自叙伝」より)

近くに適塾跡がある。塾に集った俊才の中に手塚良庵がいる。漫画家・手塚治虫の曽祖父である。

昔の難波橋は現在の難波橋より少し西にあった。
そのかつての難波橋から北へ延びる細い道が街道の名残りで、西天満・野崎町・太融寺・
神山町へと延びる。
道筋には、野崎町の夕願寺に宝永2年(1705)の銘がある「左 十三神崎中山尼崎西宮」の道標があり、太融寺に淀君の墓、
神山町に菅原道真ゆかりの綱敷天神社がある。
公園のイチョウが昨日の雨で葉を散らして、周りの道まで黄色に染めている。
JR環状線と東海道線をくぐると、茶屋町。この繁華街にあるはずの鶴の茶屋跡の碑をいくら探しても見つからない。今行われている開発のためどこかに移したのだろう。

阪急電車の線路に沿って進むと、やがて大阪駅の裏にあたる中津で、ここは開発に取り残された街の風情だ。
街道から半キロほど寄り道になるが、光徳寺に行く。
この寺は画家・佐伯祐三の生家である。倶会一処と刻んだ墓にお参りする。

十数年前、佐伯祐三が描いた場所を探してパリを歩いたことがある。
リュ・カンパーニュ・プルミエール27番の「扉」、「リュクサンブール公園」、「オプセルヴァトワール」・・・etc。佐伯祐三が描いた頃の建物があり、絵とほぼ同じ風景が残っていたのには驚いたが、大いに感激もした。

劇作家・森本薫も中津で生まれ育った。
光徳寺の背後の公団の高層マンションに挟まれた中津公園に大きな自然石の碑があり、「女の一生」の有名なせりふが刻まれている。

 「誰が選んでくれたのでもない
            自分で
             選んで歩き出した道ですもの」

永年、高層マンションに住みボランティアで公園の掃除などをしているご婦人は、昭和61年に行われた碑の除幕式に杉村春子や北村和夫が駆けつけたのを見たと、昨日の出来事のように教えてくれた。
妻は、このせりふに思い当たるところがあるのか、碑の前で凝然としている。

街道に戻る。
十三大橋の南詰めに常夜灯型の道標があり、高麗橋からここまで一里であることを示している。
広い川幅の新淀川に架かる十三大橋を渡る。
併走する三複線の阪急電車が轟音を響かせて次々と橋を渡る。
もともと淀川の流れは大阪中心部を流れており、渡っている新淀川は淀川の治水を目的に明治43年に開鑿されたもの。新淀川が出来る以前、十三大橋のあたりには水田が拡がっており、十三大橋の西端付近を淀川の分流である中津川が流れ、「十三の渡し」があったという。
橋のたもとの茶屋・今里屋久兵衛で買った名物の「焼餅」を食べながら、十三のラブホテル街を進む。このあたり、街道は消えている。

北野高校がある。
私が通っていた頃の重厚なレンガ造りの校舎は建て替えられて既に無く、新しい白い建物に変わっている。但、50メートルのプールだけはそのままだ。
森繁久弥は同校の名誉教諭だ。

一応謙遜はなさるが、北野中学を語るときの森繁さんは、いつだって誇らしげである。記憶もその時代がいちばんはっきりしている。名のある先輩後輩も多い。洋画家の佐伯祐三がそうだし、《暗い絵》を書いた第一次戦後派の野間宏は、北野中学で森繁さんの二級下だった。下って手塚治虫も北野だし、もっと下ればNHKの有働由美子アナも高校になってからの北野だという。たかが中学高校で、私がこれだけの出身者を知っていること自体、奇妙だと思うが、それもきっと北野中学がいまだに名門と言われる証左なのだろう。
(久世光彦文「大遺言書」より)
さきほどの吉原治良も森本薫も北野の卒業生である。
そして今話題の橋下徹大阪府知事は、北野が46年ぶりに花園に出場したとき快足のウィングとして活躍した。

同窓会の事務局に寄って、最近の様子を伺うと、体育では水泳4種目(クロール・平泳・バタフライ・背泳)25メートル、縄跳びの二重飛び50回・後飛び25回が必須らしい。
水泳といえば、アムステルダムオリンピックのメダリスト高石勝男が来校して、私達に水泳の指導をしてくれた、おぼろげな記憶がある。
それにしても、高校生には勿体ない大プールだ。

高校の前の十三公園横から十三筋の北をくねりながら、田川、三津屋、加島の町工場の間を抜けていく。
途中、上田秋成ゆかりの香具波志神社に立ち寄る。
神崎川に突き当たると、川をすこしだけ下り神崎大橋を渡って、
大阪市から尼崎市に移る。
旅人で賑わった神崎の渡し跡に、金比羅さんの石灯籠だけが残る。
また、神崎は平安期、娼女群をなした遊里で、山陽新幹線下の小公園に哀しい話を伝える遊女塚がある。
ここから街道は、まるで阿弥陀籤の線を辿るように右に左にと折れながら常光寺、長洲から尼崎の中心部に南下していく。地図と首っ引きだ。

阪神電車大物駅南口付近、広い通りが大物主神社の前から御茶屋橋の方向に走っているが、空襲前は北口御門を入って北通町、管弦町、南通町と鉤形に折れる細い道だった。
この北通町に尼崎藩の藩儒を祖とする阪本家があり、ここが昭和30年代に尼崎の名市長になった阪本勝の実家だった。のちに彼は兵庫県の知事になり、社会党に担がれて東京都知事選にも出た。

首長というものは、一億円を大金と思ってはならない。しかし百円を小金と考えてはならない。その心のしつけがたいせつなのだ。
(阪本勝著「わが心の自叙伝」より)
彼も北野中学出身で、中学時代の5年間 前述した佐伯祐三と同じクラスで、列も同じで、校庭にのぞむ窓際だったという。彼の著した「佐伯祐三」には、若くしてパリで死んだ同窓生への友情が溢れている。

市庭町、別所町、そして大黒橋を渡って築地町、戎橋を渡って中在家町、出屋敷と、明治期になって壊された尼崎城の城下町を巡る。
阪神大震災で被害を受けた築地の本町筋の道は綺麗に整備され、建物は新しいが街道筋を偲ばせる意匠になっている。

竹谷に「左 西ノ宮兵庫 右大阪道」の道標がある。本来あったところから移される道標が多いなかで、これはこの場所でずーと方角を示し続けているといった存在感のある道標である。
道標に従って左に折れ、西に真っ直ぐに延びている琴浦通を進む。
蓬川の袂で、たこ焼きを買って休憩。
尼崎競艇場の後ろを過ぎ、雉ケ坂から武庫川の堤に上がる。

武庫川橋を渡ると西宮市になり、道は旧国道と名を変えるが、依然真っ直ぐに西進する。
鳴尾を過ぎ、甲子園六番町に来ると、阪神電車・甲子園駅は目と鼻の先。
大正初期、阪神電車は甲子園駅付近の鳴尾村西畑に上流家庭向きの文化住宅を建てた。以下はその西畑に住んでいた子供の話。

田圃の畦道で女の子をつかまえると、穿いている袴を引き上げて、頭の上で紐で結び、
「ホオズキ、ホオズキ」
菅沼と二人、声を揃えて囃し立てた。そのうちムラムラしてきて、泣いている女の子のズロースを引き下げて、手で撫でた。スベスベして気持ちがいい。スベスベの奥はどないになってるのかと下から覗きこんでは二人で笑った。
空には雲雀、見渡す苺畑。れんげ畑の牡丹色に菜の花畑の黄色。
阪神電車がその真中を風を切って突っ走っていく。弥(ワタル)と菅沼は電車に向って石を投げる。
(佐藤愛子著「血脈」より)
弥(ワタル)は作家・佐藤紅緑の息子で佐藤愛子の兄、菅沼は後年の森繁久弥で、まだ甲子園球場も甲子園駅も出来る前のこと。

甲子園の住宅街を抜けて、西へ西へと一本道を進む。空一面に雲が出てきて薄暗くなってきた。
ゴールまであと3キロ。ひたすら歩く。与古道町で京都からの西国街道が合流する。

17時15分    西宮神社   47656歩     (了)

トップへ戻る