平成21年5月10日(日)

8時40分 成田線下総橘駅前から国道356号を歩き始める。
両側の家々の生垣が萌え、緑が滴る。

今回の街道歩きは「千葉県歴史の道調査報告書 銚子街道」に記された道筋に拠っているのだが、報告書は、この先を「東庄町東今泉より国道356号と分かれ、国鉄成田線踏切を渡って宮原町に入る。」と記す。
しかし、なぜか報告書添付地図にある街道を示す太線は「踏切を渡らずに
宮原町の町中に入り、利根川に近いところに延びている。」

報告書に記されたとおり国道と分かれると、すぐ道端に4基の庚申塔がたたずんでおり、且つ、越えた踏切名が東今泉街道踏切ということで、旧街道を確信する。

周りに広がる田んぼは田植えの真っ最中。蛙の鳴く声がケロケロと広がる。
ほどなく道端に見つけた「飯沼観世音江四里」の黒ずんだ石標が、この街道が地域住民の生活道路であったと同時に、巡礼の道であったことを示している。
道は右手の台地の裾をくねりながら延びている。
道際に家が続くが、その裏は田畑である。
ここはもう銚子市で、宮原町に寄り道していた地図に示された太線が、下総豊里駅手前の八反町踏切を渡って合流する。
諸持町、桜井町、笹本町を進む途中、道端の石仏や庚申塔を覗き込んだり、寺の横の出直しの銚子市長選挙の候補者ポスターを眺めたりと、相変わらず急がしい街道歩きだ。
森戸町で小さな地蔵堂観音院の前へ直角に入り込んだりするが、、概ね右に左に大きく曲がる道筋だ。
照りつける陽差しは夏のようで、妻がぼやく。

第三佐原銚子街道踏切を越えて、忍町、塚本町、小船木町、野尻町を進む。
運送問屋の滑川家の長屋門が大きい。天保の飢饉の際に「救い普請」、いわゆる失業対策として建てられたという。

国道に合流すると、高田町にやはり問屋だった宮城家が煉瓦塀をめぐらしている。
国道に出て500メートルも歩かないうちに、小さな流れの手前で左に大きく逸れ、曲がりくねって四日市場町を抜ける。

仁王尊阿弥陀院を過ぎると、松岸だ。
銚子松岸郵便局あたりからバス道を逸れ、建て込んだ住宅の間を抜けると、忽然とシャレた結婚式場が現れる。その前に広い駐車場がある。川幅が広くなった利根川が間近に迫り、コンクリートで固めた護岸にいくつものヨットが引き上げられている。
このあたりが松岸遊郭跡。
この遊郭の全盛は古く、江戸・文化期以前だったらしいが、昭和期に入っても「芳流閣」だの「竜宮城」だのと呼ばれて、東京近県では一つの名物のように云われた二軒の大きな妓楼があった。

こんな淋しい片田舎に、どうして斯様な立派な妓楼があるのだろうと、ちょっと不思議な感じを有たぬ者はないやうであるが、利根の水路が江戸と常総方面を結びつける唯一の交通線であった時代、松岸はその終点駅たる河港町だったのである。
船着に特有のカラアと殷盛とを持った土地だったのである。その昔の気分なり、姿なりが今尚ほ其処に残されて居るのである。
(松川二郎著「全国花街めぐり」より)

長塚の神明神社の鳥居そばに「飯沼観世音江一里」の石標があるはずと道の左右に目を凝らすが、神社を見つけることができず、そのうちに長塚町が終わってしまい、本城町に入る。
本城町は、江戸期 銚子と仙台を往復する500石船が出入りし、飲食店、遊女屋があったところで、現在も商店があるにはあるが、昔の賑わいを窺うことはできない。
町のはずれで細い流れの八幡川にぶつかる。直進する仲の橋を渡らないで、ひとつ横の八幡橋を渡り、緩やかにくねりながら坂道を上る。
銚子大橋前交差点で道幅の広い国道に出て、銚子駅を右に見る。
駅前通りを横切り、シティオから国道を逸れて一本北の中央通りに移り、白幡神社前から、元禄期に開削した滑川に架かる港橋を渡って、銚子銀座を進む。銚子漁港に近い商店街もシャッターが下りている店が多い。

14時  ゴールの坂東二十七番札所・飯沼観音に到着。   29852歩

ところで、江戸期の社寺詣は信仰二分に遊びが八分である。参拝もほどほどにして観音裏手の中町に行く。

松岸・本城の両遊郭が廃絶した今日、銚子に遊郭と名づくものはない。あるのは飯沼観音裏手から和田町にかけての一帯、商家と民間に混在する特殊飲食店・接客婦の名をもって構成する俗称「田中」の赤線区域だけである。古くから観音札所を中心に発生した私娼窟で、銚子が江戸時代に港町として発展するに伴って強靭な根を張り、もって今日に至っているものである。
(「銚子市史」より)

小さなスナックはあるが、旧赤線らしい街並みは見当たらなかった。

「銚子に来たら、こんなところではなく、銚子電鉄に乗って濡れせんべいを食べよう。」との妻の希望に応える形で、外川に来た。
南向きの緩やかな斜面に密集する家々の間の坂道を下ると、紀州出身の漁師が開いた外川漁港があり、その先に青い、青い太平洋が広がっていた。(了)

トップへ戻る