平成21年4月9日(木)

8時 下総神崎駅入口から国道を歩き始める。
左手、利根川あたりに川霧がかかる。それも成田線が遅れたほど濃い霧だ。暖かい今頃、霧が発生するのは珍しいのではあるまいか。
郡集落の小さな稲荷神社の先で国道をはずれると、水を入れた田んぼが広がり、目を覚ました蛙の鳴き声がケロケロとあたりに響く。
大貫の小さな集落に入る。津藩藤堂家の陣屋があったそうだが、それは長屋門のある家あたりかなと勝手に想像する。集落内の三つ角からの水路に沿って、家並みが小高い天神山の裾に続く。

集落を抜けると田んぼのなかの細い道となる。ごく普通の橋を渡るが、この小橋が、義経伝説に連なる故事に由来する「逢いの橋」だそうで、その先は香取市である。西部田、堀之内の集落を抜ける街道は国道に出るが、すぐまた右に入っていく。

国道に戻り、谷中県道踏切を渡る。なぜか国道踏切と言わない。
銚子街道は終始、国道356号と折り重なるとともに、JR成田線を縫うように延びている。大戸川そして森戸の上宿、下宿、新宿と進む。大振りな農家が途切れずに続く。
満福寺の門前に「飯沼観音十里塚」が立っている。

坂東三十三ヶ所霊場めぐりの二十八番札所滑河観音から二十七番札所飯沼観音までの間に十二基建てられた一里塚で、このあとも道端に立っているのを見かける。
但し、塚というより、1メートル足らずの石柱である。

緩やかな坂を上ると、切り立った崖の上は岩ヶ崎城跡で、崖下に旧街道の道筋が残る。
桜に染まる両総用水の水源橋を越えて、佐原の市街に入る。
諏訪神社の大きな鳥居の前を過ぎると、老舗らしい店も現れ、やがて土蔵造りの古い商家が建ち並ぶ小江戸のたたずまいが残る風景となる。
小野川に架かる大橋(今は忠敬橋と呼ぶ)を渡り、煉瓦造りの三菱館を過ぎる。
八坂神社の境内にある山車会館に入り、勇壮豪華な山車で有名な佐原祭りの雰囲気を味わう。

ここから街道は左へ、利根川の津ノ宮河岸に向うのだが、直進すれば香取神宮は近い。
香取神宮はいうまでもなく、古くから尊崇された関東屈指の大社で、古来伊勢の上参宮に対し下参宮と称された下総国一宮である。

ほぼ3キロの香取街道を歩いて神宮へ詣でた。
咲きこぼれる桜が彩る参道をしばらく歩くと、朱塗りの楼門があり、その奥に黒漆権現造の社殿がある。ご祭神は経津主大神、国家鎮護の武神である。もちろん、ミサイルをぶっ放す北朝鮮を懲らしめるようにお願いした。将軍様が神さまに勝てるはずがない。

巫女さんから神社の裏から街道に戻る道を教えてもらう。神宮の社家の大きな茅葺寄棟の屋敷の前を下っていくと、「平成26年香取神宮式年神幸祭御駐輦所」と表示された一画がある。従ってこの道は12年に一度行われる絢爛豪華な祭りの神輿がゆく道と思われる。

香取駅の先で、街道である国道に合流する。
疾走する大型のトラックが巻き起こす風を受けて、路肩を歩く。時には半身になりながら車を避ける。危ない、危ない。道の両側はひっそりとした農家。

JR鹿島線をくぐる。東関東自動車道をくぐる。
国道は丘陵の際を走る成田線の線路と並行して延びているが、水郷駅を過ぎると線路と離れる。
一ノ分目、三ノ分目という地名の由来は見当がつかない。
道のそばのこんもりとした高台は大塚山古墳。天辺に登ると、小さいながらも前方後円の形がはっきりと分かる。

桜に覆われた城山が望まれる小見川大橋交差点から、小見川の市街に入る。
道近くに4つの大きな寺がほぼ固まっているのだが、寺の周りの道は狭く、寧ろ路地であり、スムースに廻れない。ようやくたどり着いた善光寺には初代松本幸四郎の墓がある。いつまでも染五郎のイメージが残る現在の幸四郎は九代目。
寺の近くの内浜公園は、順天堂大学を設立した佐藤尚中の誕生地。

小見川の町の中心は本町交差点。

その交差点は、戦後に十字路に改造され、それ以前は丁字路で、佐原のほうから来ると、ここを左折し西之宮商店前で右折、大橋を渡って新町通りを過ぎ、現電話局前でクランク式に屈折して大根塚を通って金比羅者前を右折、まもなく左折して現国道に合流するのが順路であった。
(「小見川町史)より)

と書くほうが時間がかかる、と思えるほどあっと言う間に市街を通り抜ける。

また、車に気をつけながら国道の路肩を急ぐ。やがて道は丘陵の高台を真っ直ぐに延びる。左手の一段低いところを成田線が走り、黒部川が流れる。その先はたんぼが大きく広がり、さらにその先に鹿島のコンビナートの赤と白のまだら模様の煙突が林立しているのが見える。

「ようこそ東庄へ・・・これよりいちご街道」の大きな看板が目につく。
第二佐原銚子街道踏切を渡ると、笹川で・・・笹川といえば、もちろん天保水滸伝!! 待ってました バタヤン!

♪ あれをご覧と 指さす方に  利根の流れを ながれ月 
     昔笑うて ながめた月も  今日は 今日は 涙の顔でみる
            (「大利根月夜」 藤田まさと作詞 長津義司作曲 )

笹川の繁蔵は、天保13年(1842) 相撲の元祖野見宿祢の碑を建てるために、諸国の親分衆に回状を出して、花会を開いた。大前田英五郎、国定忠治、清水次郎長、銚子の五郎蔵などそうそうたる親分衆が集まったその花会を開いた料亭が十一屋。その場所に料亭は残っていないが、屋号だけが残る。
宿祢の碑は諏訪神社境内にあり、諏訪神社から北に入る道が河岸に繋がっており、昔どおり今も商店が並んでいる。その先の延命寺に平手造酒の墓がある。

♪ 愚痴じゃなけれど 世が世であれば  殿のまねきの 月見酒
     男 平手と もてはやされて  今じゃ 今じゃ 浮世の三度傘

笹川を出て、国道を進む。いちご街道の名のとおり、いちごの直売所が多い。

18時    成田線下総橘駅    57488歩

  トップへ戻る