銚子街

千葉県の北辺を東流する利根川に沿い、木下(きおろし)河岸から佐原を経て銚子に至る街道である。


平成21年4月6日(月)

6時52分 JR成田線木下駅に降り、利根川の堤に上がる。
江戸期、鹿島・香取などの諸社寺詣や銚子遊覧で賑わった木下河岸の姿は、利根川の大掛かりな改修で跡形もないが、蕎麦の柏屋、川魚料理の銚子屋が下町のはずれで連綿と営業を続けており、名主兼問屋として大いに栄えた吉岡家は倉庫と大きな甍の母屋に名残をとどめている。

街道は木下を出ると国道356号となる。
利根水郷ラインと名付けられた国道は利根川の堤防沿いを、やがて利根川を離れて将監川の五か村堤の上に延びる。
堤の右下に大きく黒々と広がる田植え前の田んぼを見ながら、路肩を歩き続ける。

このあたりを、江戸期の旅人は「土手通りをすぐにゆく、すこしの村村もあれと間々の事にて、ことの外たいくつの道なり」と記している。
今の様子もそのころと些して変わらない。道端の道標を兼ねた二十三夜塔も所在無げである。

JR小林駅への標識が見えるあたりで、堰止められた将監川の水面が現れる。意外に川幅が広い。
小林新田の、道が大きく曲るところに道標と大きな地蔵が立っている。道標には「なり田 てうし道」とあり、地蔵の台石にも同様の文字が刻まれている。
道は将監川沿いを気ままにくねりながら延びている。

国道と分かれて、けなげに残った旧道を進む。
小さな水神社の傍らに、「昔このあたりは将監川と長門川の氾濫にいじめられた」と刻んだ碑が立っている。大きな釣堀が二つあるが、洪水で出来た水溜りの跡か?
突然右手に成田線が現れ、再会した国道と並行してその線路が延びる。付近の地名は安食卜杭、これを「あじきぼっくい」とは読めないなー!

長門川を渡る直前に江戸屋という雑貨屋がある。
江戸期 裏手は渡し場で、鹿島灘からの鮮魚が大いに荷揚げされ、行徳方面に送られたという。そんな賑わいの中で江戸屋も以前は旅館をしていたとお店の奥さんから伺う。

長門橋を渡る。
安食の三叉路に3軒の商家がある。いずれも寄棟造りの屋根が下に向ってどっしりと広がって重厚だが、ひっそりとした店構えで、営業をしているのかどうか疑わしい。
その真正面にある急な石段を上ると、酉の市に賑わう大鷲神社
女坂を下る途中にある魂生大明神のご神体は男根だが、その大きさ2.5メートルは日本一とのことで、これほど大きいと可愛げがない。

神社の前から道は左に折れる。郵便局のあたりが江戸期の安食の中心だったらしい。その裏手が安食河岸で、河岸通りを歩くと大きな水神社がある。
その他にかつての賑わいを伝えるものはないが、このあたりの家の多くは水運と関わっていたのであろう。船問屋、居酒屋、旅籠、あるいは女郎屋かもしれぬ。

道は利根川沿いとなり、伸びやかな堤防上の道を進む。県道409号というものの佐原 我孫子『自転車道』である。海から66kmの距離にあるとの表示がある。
空には雲雀がピーチクパーチク、堤防にはタンポポといっぱいのつくし。
堤防の下には須賀新田の住宅が連なり、その先は田んぼが広がる。

矢口で堤防を下り、工場団地裏を進む。
「芝山仁王明王 成田山不動明王 一宮大明神」までの距離を示した道標があり、更にその側面には「なめ川一り半 かうざき三里 てうし十六り」「あじき一里半 きおろし三里 江戸両国十四り」と随分詳しく刻まれている。残念ながら、この素晴らしい道標が立っているあたりに人影はまったく無い。

工場団地を抜けると、利根川の堤防に戻る。長豊橋の南詰で、ここからは成田市。
グオーという音に空を見上げると、大きな機影がキラキラ光り、しかも手が届きそうなところを飛んでいる。成田に降りるのか、太平洋上に向かうのか、次から次と頭上を飛んでいく。

尾羽根川排水機場で長―い堤防の上の道から降り、下総鬼瓦の飾りのある根古名川橋を渡る。
田んぼの向うに滑川集落の家並みが見える。集落の中程に、坂東二十八番札所の龍正院がある。滑河観音ともいわれるが、門前にお店もなく、ひっそりとしている。茅葺の仁王門には勧請吊のある大きな注連縄が巻かれている。門内の仁王さまは火伏せ、観音さまは安産・子育てにご利益があると聞く。

成田線の滑河踏切を越えて、猿山、高岡の集落を抜ける。やがて道は小高い丘陵の裾に延び、左手は一面の田んぼとなる。小松県道踏切を越えて更に歩き続ける。

ようやく神崎に入り、神宿の家並みから、直角に右折すると本宿の鳥居前通りに出る。
神崎神社の石段を昇り、神域の平坦なところに出て、さらに石段を上がると、本殿があり、その傍らに「なんじゃもんじゃの木」として知られた大楠がある。
神社のある鬱蒼と茂った高台は、利根川を行き来する船人たちの目印だったらしい。

「ここは神崎森の下、舵をよくとれ船頭どのよ、主の心と神崎森はなんじゃもんじゃで気が知れぬ」

神社から関東ふれあいの道を降りると、神前本宿の中心である河岸通りで、赤煉瓦塀をめぐらした造り酒屋の寺田本家がある。

明治期、寺田家の二十代目当主だった憲氏は伊藤左千夫、斎藤茂吉、佐々木信綱、土屋文明など多くの文人と親交があり、また彼らの活動を経済的に支えた。
寺田家には彼らからの書簡がたくさん残っているという。明治37年の与謝野鉄幹からの礼状は次のとおり。

ひさしく御消息をうけたまはざりしが 当方より唐突ニ申出でし御無心を御聞き下され 早速御返事を拝見致候事御厚志万々御礼申上候(中略)頓と旧知諸君に対し誇るべき佳作も出来ず愧入候 併しまだ十四五年間も死せざるべきかと存候間 その間にハ必ず何分の御報恩を期し申すべく候 先ハ御礼まで とりあえず如此に御坐候 敬具
(千葉県立上総博物館発行「下総
神崎町寺田家文学資料集成」より) 

15時50分    成田線下総神崎駅    51981歩  
                       なお駅名は「しもうさこうざき」ではなく「しもーさこうざき」と読む。

 
トップへ戻る