平成15年8月31日(日)

6時20分 琵琶湖線 信長像が立つ安土駅前を真っ直ぐに進む。
安土町公民館で右折すると、道端に朝鮮人街道跡の案内板があり、それには、安土町では当時のルートが殆ど残っていると記されている。
朝起きて窓を開ける人や散歩する人もちらほら見かける住宅街を進む。下水のマンホールの模様が「永楽通寶」である。活津彦根神社や常夜燈を見て右に左に折れる。

右手に入ると小公園になったセミナリオ跡がある。天正8年(1580)イタリア人宣教師オルガンチノによって造られた日本最初のキリシタン神学校跡である。ここの小字名は神ゼウスに通じる「だいうす」という。

街道に戻ると東宅がある。

「東」の名前は安土城下で行なわれた相撲大会において、豊浦の伝蔵と常楽寺の右馬次郎が名勝負を行い、勝負がつかなかったため「双方勝」として、信長よりそれぞれ「東」・「西」の姓が賜られたことに由来すると伝えられている。
(滋賀県教育委員会発行「中近世古道調査報告書T 朝鮮人街道」より) 


県道2号に出ると、右手には畑・水田が広がる。
左手の安土山を見ながら進む。
五層七重の天守閣は内部を狩野永徳の障壁画で飾られ、外面は各層ごとに色分けされて、最上層は金色に輝いていたという。
しかし天正10年(1582)、信長が本能寺の変で自害した数日後に炎上した。今は 石畳、石段、石垣だけが残っているそうで、全山セミしぐれである。

 
安土城址の碑を過ぎて道は次第に上がっていく。
右手の山は繖(きぬがさ)山で、頂上付近には西国三十三カ所観音霊場の三十二番札所の観音正寺や佐々木六角氏の観音寺城跡がある。
下に安土城を模したユニークな屋根をした考古博物館が見える。

ほどなく北腰越峠である。この峠道は安土山から繖山に連なる鞍部で、信長が安土城を築城したとき中山道往来の人々を城下に通行させるために開削して、切通しにしたといわれている。
 
峠を少し下ると、県道から右に分かれ、トンネルを抜ける琵琶湖線の線路が左下に見える。道を下る。法華塔。山が途切れて右手に「やわらぎの里公園」が見える。その方向に五個荘町石馬寺へ抜ける「地獄越え」と呼ばれる間道があるらしい。その峠道の名前は観音寺城が落城の際逃げ惑う六角勢の様子が地獄のような惨状であったことに由来する。

 左に琵琶湖線のレールが延びている。
道が細くなり南須田の集落に入る。
家は建て替えられているが、多分昔と変わらない静かなたたずまいが集落全体にある。
超光寺の山門は、安土城内ハ見寺の台所門だった。

「従是南ハ見寺領」の寺領傍示杭。ここから北須田の集落になる。
10人ほどの小学生の集団が元気よく追い抜いていく。学校へ草むしりに行くという。明日から始まる新学期の準備だろう。

繖山の山裾の道を進む。
「湖辺巡礼二十四番 観世音 安楽寺道 是より三丁」の道標。
繖峰三神社の木の鳥居。江戸期は八王子権現と呼ばれていた。毎年5月に急斜面の山腹から神輿を引き摺り下ろす「伊庭の坂下し祭」があるそうだ。
望湖神社、琵琶湖の見晴らしがよさそうな社名だ。

 
能登川踏切を渡る。
まっすぐ行けば伊庭の集落。守護佐々木氏の重臣伊庭氏の根拠地で集落の中を幾筋もの水路が巡るらしい。いつか是非行きたいところだ。

今回は右に能登川の集落を貫く道を進む。
街道を中心に屋敷、水路と計画的に造られた町並みに、格子、白壁、藁葺き屋根が残っている。

この集落の阿部家は麻、紅花などの商いで財を成した。大正期、東洋紡の発展に関わった阿部房次郎氏はこの豪商の一族である。

東京国立博物館の東洋館の一隅に「封泥」が陳列されている。古代から中国では、封印すべき器物や書簡を紐で縛り、その紐を粘土で包み、そこに印を押した。この封印のために印を押した粘土を封泥という。陳列してある22個の小さな封泥のなかには、皇帝が使ったことを示す皇帝信爾の印が押されたものがある。
この貴重な古代史の資料を博物館に寄贈したのは、東洋美術品の蒐集家でもあった阿部房次郎氏である。

 

能登川北で県道52号に出る。
JAグリーン近江の先を右に折れる。西川テックスの工場を過ぎ、琵琶湖線の踏切に至る。

彦根東高校新聞部は、ここから先の街道探しで大変苦労している。後日、顧問だった門脇先生もさらに詳しく調べている。その理由は明治期に能登川駅が出来て、あたりの様子が変わり、また聴取した地元の人達にも混乱があったからである。

猪子の踏切を越えた道は、駅前の本町通りを曲がらずに、川に沿って進み、フジトミの前を左に折れる。
駐車場になってる間を進むと、びわこ銀行の横に突き当たり、そこを右に折れる。
しばらく行くと能登川高校へ行く道に出るが、住友生命の角を左折する。

街道は元町通りを北にまっすぐ進む。
JA東能登川、天神社の前を通り、垣見の踏み切に出る。
以前はまっすぐにのびていたが、今はJRで分断されており、踏切をわたって県道と合流する。

(門脇正人著「朝鮮人街道を歩く」より)

この記述のお陰で我々は苦もなく街道を辿れる。しかし、立ち寄った駅前のコンビニが今月限りの閉店準備をしていたように、町の様子は刻々変わっていくので、のちの人は又戸惑うかもしれない。

 

車の行き来が激しい県道を進む。
愛知川を八幡橋で渡ると彦根市に入る。
上稲葉町で道は、わずかに「くの字」に曲がる。
別名「不飲川」という来迎川の傍らに石仏が並ぶ。

県道はまっすぐに延びる。左右に水田が広がる。近江は条里制による水田が多く、従ってこの街道も真っ直ぐなのだ。

彦富町、金山町、稲部町。蒸し暑く、汗が滴り落ちる。稲里町、金沢町、ひっきりなしにDAKARAを飲む。

 ようやく山崎山に突き当たって県道は右に逸れるが、そのまま直進する。
集落に入ってすぐ左に折れるあたりに通信使が休息した山崎御茶屋があったというが、どこなのか分からない。
山の麓を巻く南山崎の集落は細長く、落ち着いた農家が続く。

「従是荒神道八丁」の道標が西清崎の集落へ移るところに立っている。

集落を出て水田の中の真っ直ぐな道が荒神山に向う。先ほどと同じ荒神道の道標がある。
山を背にして遠くからも目立つ天満天神社の前を右に回りこむ。

宇曽川の堤防に出る。
この川は江戸期に彦根藩の年貢米の舟運に利用されたので、運送川がなまって宇曽川になったとの説がある。
しかし「朝鮮人道見取絵図」に書かれている獺川が本当ではないか。

その川を天満橋で、続いて須越川を横川橋で渡る。すぐに、先ほど分かれた県道に合流する。
日夏町を過ぎ、甘呂町東で県道と分かれて右折する。
直進する道は彦根城が築かれる前の金亀山にあった彦根寺へ向う「巡礼道」で、安土の観音正寺から彦根山観音への巡礼路だった。
流れる汗を拭いながらひたすら歩いて、堀町を左折する。
水田の中の道を上っていくと犬上川で、堤に茂った木々で鳴くセミの声が暑さを募らせる。この川は水量が少ないので江戸期には歩いて渡ったようだ。

 
街道が左右にくねって宇尾町の町並みを抜けていく。
西今町に「十王村の水」が湧いている。五個荘の清水ケ鼻の水、醒井の水とともに湖東三名水の一つに数えられ、全国名水百選に選ばれている。当然たくさんのペットボトルを持った人が次から次と絶えない。先日、佐久往還の途中で飲んだ弘法水と共通の円やかな味だ。玉垣に囲まれた池の中に立つ六角形の祠に母乳地蔵尊が安置され、この名水を飲むと母乳がよく出るともいわれる。 

平田・小泉では新道が造られたことで、朝鮮人街道は完全に消されてしまっていた。(中略) 平田の中村建設前には朝鮮通信使が水を飲んだという井戸と街道に植えられていた松が残っている。小泉では街道周辺の人に街道について聞いてみたが、街道は曲がりくねっていたらしく一部は残っているものの残りは水田などに変わり断定は難しかった。
(彦根東高校新聞第228号の特集記事による)

記事にある「通信使が水を飲んだ井戸」は、松の木のそばの鉄板に覆われていたところだろうか?

 
後三条町、橋向町を過ぎて芹川を渡ると、左手は袋町。

たか女は、この若いお職の太夫に、三味線をおしえるべく、一日おきに、多賀神社の磐若院から、袋町の郭まで、出稽古に来ているのであった。ついでに、和歌の道も、手ほどきをして居るのである。
「川の水が増してきたので、それをこゝから見て居ましたーー」
「うそ、うそ。あの堤の上の、浪人を見ていらっしゃるのでしょう」
             (船橋聖一作「花の生涯」より)

しかし江戸期、袋町に遊郭はなく、たか女が芹川堤を歩く長野主膳を見つめるのは小説の世界だけである。

 橋本町からアーケードのある商店街が始まるが、殆どの店がシャッターを閉めているのは今日が日曜日だからか? 
「久左の辻」を左に曲がると人通りの多い銀座街、かつての河原町、そして土橋町。
城下への出入りに目を光らしていた番所があった「高宮口御門跡」。中山道高宮宿へ至る起点だそうだ。

右に内町通りが延びる。通り町と伝馬町、明治期以降は一番町となり、今は中央一番街のアーケードが続く。伝馬町高札場跡。
この通りの左手に通信使の正使、副使、従事官の三使が泊まった宗安寺がある。

使館の屏帳はもっとも華艶にして、盥い(洗面器)は黄金をもって塗り、飯箸は白銀をもって装い、中下官にいたるまですべて熟供がある。
余の館するところもまた鮮浄であった。

(第9次の吉宗襲職祝賀の通信使に随行した申維翰著「海游録」より)

かつての佐和町、明治期には二番町と呼ばれ、今は立花町。昔どおりの狭い道幅で、古い民家もある。


 切通口御門跡から左に、いろは松を見て、彦根城天主に登る。
明治11年10月、彦根城天主の解体作業が始まる直前に、北陸巡幸を終えて京都に向う途中の明治天皇が城の保存を命じたという。
天主を吹き抜ける琵琶湖からの風は涼しく生き返った心地がした。

彦根東高校は城の中にある。さすがは旧制彦根中学。図書館で同校新聞を見ようとしたが、夏休みのため叶わず、偶々お会いした鈴木教諭に新聞コピーの郵送をお願いし、快諾して戴いた。

 街道は佐和町、元町、かつての彦根町、柳町へ延び、御舟入で右折して船町を進む。古着商だった絹屋の古い屋敷がある。佐和山通りを渡ると琵琶湖線が行く手を遮るが、左横の地下道を抜け、近江鉄道の踏切を渡る。ここから道がゆるやかに上り始め、前方に佐和山が迫ってくる。このあたりが松縄手といい、彦根藩主が江戸から国元に帰るときは松縄手で駕籠を降り、将軍から拝領した馬に乗り、城に向った。

 この先の街道を国道8号線が寸断し、かつ街道が通っていた佐和山の山中は歩けそうもないので、長さ250メートルの佐和山歩道トンネルで抜ける。もちろん佐和山は三成の居城だったところ。

トンネルを抜けたところで国道から分かれて右に下っていく。東海道新幹線をくぐると、鳥居本宿のひとかたまりの家並みが見え、その宿場の右端に近いところで中山道に合流した。

16時30分  中山道鳥居本宿  48297歩 

朝鮮通信使は、このあと中山道を歩き、摺針峠で琵琶湖の眺望を楽しんだのち、垂井宿の追分から美濃路、東海道へと進んだ。(了)

 


トップへ戻る