朝鮮人街道

秀吉の侵攻により断絶していた朝鮮国との関係は、家康が国交回復に力を注ぎ、慶長12年(1607)には、朝鮮国からの使節が来朝した。その後も将軍が交代すると朝鮮国王の親書を携えた使節が来日し、これに対し将軍の返礼の書簡を送る慣わしで、この使節を朝鮮通信使と呼んでいた。

朝鮮通信使は朝鮮国の漢城(ソウル)を出発して釜山から船に乗り、対馬・赤間関(下関)を経て、鞆の浦・牛窓、室津など瀬戸内海を通り、淀に上陸して京都からは陸路、中山道、美濃路、東海道を経て江戸に着いた。
そのうち近江では野洲の行畑から中山道を外れ近江八幡・安土・彦根を経て鳥居本で再び中山道に戻る約41キロを通った。この道を朝鮮人街道と呼ぶ。

 

今回は、滋賀県立彦根東高校新聞部が調査し、平成2年10月26日発行同校新聞第228号 「特集 朝鮮人街道をゆく 新聞部が今謎を究明」に掲載された道順を辿る。

 
平成15年8月30日(土)

琵琶湖線野洲駅から西に戻った行畑の、蓮照寺の境内に立つ道標を見る。「右中山道 左はちまんみ(ち)」、この八幡道がこれから歩く街道である。
この道標がかつて立っていた、ここから少し東の中山道との三叉路が今回のスタート地点である。

道標を移動させたと思われる呉服屋さんを訪れたところ、若主人は次のように説明してくださった。
「あの道標、三叉路に建ってたんじゃ、貴重な文化遺産なのに管理もできないし、時代が変われば知る人もいなくなるだろうというので、ある人が蓮照寺に移したんです」
(彦根東高校新聞第228号の特集記事による)

9時30分 小林歯科医院前から祇王井川に沿って進む。

祇王井川は平家物語に登場する祇王・祇女が故郷の水不足を憂い、平清盛に頼んで造らせた用水路で、今も水量豊かに流れている。

くねくねと曲がる道は、久野部跨線橋をくぐってすぐJRの線路に阻まれる。しかたなく跨線橋を渡って線路沿いを進むと、松並木のなごりがある。街道は線路を斜めに横切ってここに出てくるらしい。

 中ノ池川、祇王井川を渡ると冨波乙の集落。道は細くなる。家々の柱に弁柄が塗られている。
左手に生和神社の木立が見える。村人のために巨蛇を射殺したが、蛇の妖気によって倒れた藤原忠重なる人物を祀っている。

冨波甲の集落との境界では直角に2度折れる細い道を律儀に辿る。
この地域の洪水の原因になっていた天井川の旧家棟川の堤防に、川の守り神を祀る屋棟神社がある。

 
永原の集落。家康が関ケ原合戦の後、上洛の際に宿泊したことから、将軍専用の宿泊所となった永原御殿の跡が近くにあるという。
しかし我々はここが祇王・祇女の生誕地であることのほうに関心があり、その遺跡を求めて街道を離れて左手に進む。
二人の菩提を弔うために村人により文明年間(15世紀後半)に建てられた小さな祇王寺。門が閉じられているので、寺の隣の畑で作業をしている人に尋ねると住職は病気で不在らしい。近くに祇王屋敷跡もある。

次の説明は郷土史に書かれたものだが、冷めた見方が面白い。

平安末期の白拍子の素性等を今日から探ろうとすることそれ自身が非望であって、結局不明に終ることは最初から判って居る。祇王のことは別として、祇王井の名は古来中北にある祇王堂即ち今の祇王寺がもとになって附けられたのではなかろうか。即ち祇王堂の附近を貫流する用水なるが故に生じた名称ではなかろうか。
(橋川正編纂「野洲郡史」より)

街道に戻る。集落の外れに大きな常夜燈がある。水田の中の真っ直ぐな道を進む。道の両側は桜並木。右手に水田が広がり、その向こうに低い山が連なる。中山道はその山の麓を延びていると思われる。左手は琵琶湖の向こうの比良山系に薄い雲が掛かっている。

家棟川を渡ると「小南」の集落。かつては長雨が続くと琵琶湖の水が「込み波」として逆流して水害に苦しんだ。屋敷の庭に胡麻が干されている。左に緩やかなカーブを描きながら日野川の仁保橋に出る。堤の桜に蝉の声が溢れている。

 

野洲町から近江八幡市に移る。十王町は静かなたたずまいの町並みだ。愛宕大神灯篭が点在する。
江頭町に続く。ここは近郷の米の積出港として賑わった。といっても街道にそれらしきものもない。そこで近江八幡江頭郵便局の先を左に入って今堀通りを進むと、江頭町公民館に出る。明治の初めに作られ至誠学校と時を告げた太鼓楼の、古い建物がある。
また「左 長命寺舩道」と刻んだ道標が立っている。長命寺は西国三十三所観音霊場の第三十一番札所で、少し先の琵琶湖公民館の前に街道に並行した浦(裏?)街道があり、この道沿いに古い集落が続き、大きい門塀を構えた屋敷もある。

西隆寺の近くにいた男性に声を掛ける。前に水田が広がる。水田の先に干拓前は島だったという岡山が横たわる。

昭和57年まで琵琶湖に通じるクリークがあり、船着場があった。
自分の家も丸子舟があり、米を運んでいた。
田んぼに行くときも舟を使い、農機具も舟で運んでいた。
不便なことも多かったので、クリークを埋めて車の通れる道にしたが、
今クリークのある風景がないのは残念な気持ちがする。
港の守り神だった舩寄神社の史蹟地というのがあの木が見えるところ。

この集落は今500軒ほどになっているが、昔は250軒。土地も田んぼも井狩一族が殆ど所有していた。
寺は多くて8カ寺もあり、そのうちには檀家1軒の寺もある。

近くの日吉神社には数万点の「江頭区有文書」が残されており、その中には通信使通行に関わる文書もあるという。それによると、通行の1年半も前から準備が始まり、道路や家並みの修理、仮橋の架設・管理から荷物運搬人馬の費用、当日の警護役まで住民が負担した。

 
田中江町。加茂町。「牧村妙見堂コレヨリ八町」の道標。県道2号と合流する。

加茂と小船木の間は、真っ直ぐな道がつけられ、旧道は消えている。
小船木あたりに植えてあった松は、昭和十九年〜二十年頃燃料として切られた。

(彦根東高校新聞第228号の特集記事による) 

白鳥川を渡り、直角に折れると、殆どお店の見当たらない小船木町商店街という名の道が長く延びる。人の姿も殆ど無い。

突き当たった正面、願成就寺の参道の手前に「右長命寺 左京みち」の道標がある。近江八幡では朝鮮人街道を京都への道の意味で、京みち、あるいは京街道と呼んでいた。右に曲がった道は西京街道商店街と名付けられている。

すぐに壮大な八幡御坊西御堂がある。本願寺八幡別院あるいは金台寺とも呼ばれ、朝鮮通信使の正使・副使・従事官ら三使の昼食所として使用された。正栄寺は通信使の献上長持衆の昼食所にあてられた。
通信使一行は楽隊が賑やかに演奏する1000人を超える大規模なもので、行列が通るたびに近江八幡で昼食、休憩をしたため、その応接で町を挙げての大騒動だったようだ。

第8次の正徳元年(1711)の家宣襲職祝賀の際の通信使の場合。

9月13日 献上鷹24連、献上馬2疋。
曲馬2疋通行
9月29日 献上の長持18棹通行
10月3日 通信使371人が昼食、休憩
               うち三使及び上官50人は八幡別院、
              他は寺院、商家29軒に分宿。
              (なお他に129人が大阪に留まっているので
               通信使は総勢500人)
              対馬藩、地元の警備、案内役ら800人余は16軒に分宿。

従って通信使が中山道ではなく、この道を通ったのは、近江八幡、彦根が途中にあって大人数を受け入れることが出来、しかも将軍も上洛の際に利用していたからだろう。

 資料館の前に郷土史家の江南良三氏が立てた「朝鮮人街道」の石碑がある。
この資料館の横を通る新町通りには、近江商人の端正な屋敷が多い。

町の発生は天正13年(1585)に豊臣秀次が八幡山に城を築いたことに始まる。(中略) 
秀次は織田信長の「安土山下掟書」にならってその翌年6月付けをもって楽市・楽座、諸役・諸公事免除などをもり込んだ全十三ケ条からなる「八幡山下町掟書」を城下に公布した。これが八幡町発展の大きな力となった。このとき安土から多くの人々や寺院が八幡町に移った。

(木村至宏解説「朝鮮人道見取絵図第2巻解説篇」より)

八幡堀を渡って、八幡町の地名の由来である日牟礼八幡宮を参拝する。

 
街道に戻って、魚屋町通り、為心町通りを過ぎ、仲屋町通りに来て右折する。その後上筋通りに入って、近江商人の屋敷が残る永原町通りを過ぎ、博労町・慈恩寺町、鍵之手町と進む。ところどころに格子のある町屋が残る。次第に人影がなくなり、右折して縄手町に入ると、道に人っ子一人見えず、両側の家々からも物音ひとつ無く、蝉の声だけが騒がしい。

県道2号に出たところに大きな常夜燈と、長命寺と観音寺への距離を示す道標がある。
県道を渡ると、左斜めに進み、すぐに県道26号を横切る。ここ黒橋からの道は何度も左に折れ、県道らしき道に出て又左に折れる。



 鍵の手に入ると西庄の集落。かつて近江の守護であった佐々木氏の別荘があったという。
楠の大木に守られた大きな常夜燈を見上げていると、老婦人に声を掛けられた。道を隔てて常夜燈の前の家にお住まいの村井さんである。「朝鮮人街道をゆく」の本(著者は彦根東高新聞部の顧問時代に街道探しを指導した門脇正人先生)を私が持っているのを目ざとく見つけられたようだ。

              「その本の表紙になっている絵図がうちにあります。」
             「??・・・・見せて戴けるんですか?」

早速、村井さんが家から持ってこられたのを拝見する。興奮しながら・・・。
この絵図は正式には「天保二卯年間之村々明細繪図」といい。明治2年に模写されたものだ。中山道の沿道の家々の様子が細かく書かれている。街道に塗られた朱色の鮮やかさが印象的だ。そして我々が今日出発した野洲のところで朱色の道が別れており、そこに朝鮮人海道と書き込まれている。

村井家は佐々木源氏の流れを汲み、江戸期には庄屋をされていたというから貴重なものが残っていたのだろう。冷たいサイダーまで戴いた。村井さん、本当に有難うございました。

 

道は集落を出ると三叉路になり、右に曲がってすぐ小さなお寺の脇を真っ直ぐ進む。
前方に繖(きぬがさ)山が黒々と横たわっている。
道の両側は穂がお辞儀を始めた水田。
狭い道をときおり車が走り抜ける。

安土淨厳院の道標がある。
信長が近江と伊賀両国の浄土宗の本山として建立。天正7年(1579)に、この寺で行なわれた安土宗論では浄土宗が法華宗を論破した。

その先の常楽寺南を右折して沙々貴神社を目指す。
古代、この地域の豪族であった沙々貴山君の氏神で、平安期に近江佐々木氏の氏神となって保護された。
薄暮の中に重厚な本殿が大社の風格を示していた。

 

17時30分  琵琶湖線 安土駅   42170歩


トップへ戻る