秩父往還

熊谷宿の北西で中山道から分かれ、寄居を経て秩父に至る約40キロの街道である。
寄居からは、長瀞を経由する荒川沿いの道と、釜伏峠を越える峠道とがある。

なお、秩父から雁坂峠を越えて塩山に至る甲州道を含めて秩父往還と呼ぶこともある。

この街道は、秩父札所への参詣道、
秩父絹取引の商人が往来した絹の道、
秩父代官所があった忍藩の公用路と多様な性格を持ち、
もちろん近隣の郷村を結ぶ生活道でもあった。

             
今回、熊谷から寄居、そこから峠道を通って秩父までを2日で歩いた。

平成15年3月8日(土)

「ちゝぶ道しまふへ十一り」
「巡礼道一ばんしまふ寺へたいらみち十一り」
「宝登山道是より八里十九町」
秩父往還は、中山道熊谷宿の北西、現在の国道17号線石原北交差点(埼玉県熊谷市石原1丁目)に立っている3基の道標から始まる。 

7時30分スタート。道標の右の国道140号ではなく幅2メートル程の左の道が街道である。
50メートル先の東武熊谷線の廃線跡の「かめのみち」と名づけられた小公園を突っ切って、民家の間を進むと竹内欅材店の先でJR高崎線にぶつかる。すぐ右の国道140号に合流して第二寄居街道踏切を渡る。
続く家並みが石原宿(熊谷市石原)だという。しかし古い門構えの家や白壁の土蔵があるものの目立つほどではなく、民家が並ぶ普通の国道沿いの風景に過ぎない。ひっきりなしに続く車に気を取られて、庭から覗く白梅を楽しむ余裕も無い。

 勤労青少年ホーム前交差点を渡ると左手にやゝくたびれた赤城久伊豆神社がある。交差点を斜めに進んで上越新幹線の高架をくぐる。原色を塗りたくったパチンコプラザ ラ・カータ。熊谷広瀬郵便局。WINE&GIFT AMADAYA の先を右に、再び新幹線の高架をくぐる。

三叉路の右手前、ブロックに守られて地蔵菩薩が立ち、左手に明治期に建てられた円福寺不動堂がある。
岡部方向に進むと、馬頭尊の脇に立つ小さな橋供養塔に「左ちゝぶ道 右八まん道」の文字が読める。道標どおり左折しようとしても民家の横の用水路に沿った、そう言われると道かな、という程度のものでしかなく、通行出来ない。
三叉路に戻り左へ、三たび新幹線の高架をくぐる。セカイタカ酒販の前に庚申塔が2基。国道140号バイパスを横切る。円福寺。名主だったことを納得させる高橋さんの大きな屋敷。武蔵貨物裏の馬頭観世音。バイパスに合流。

 山王宮塚前歩道橋を過ぎ、車の切れ目を突いてバイパスを渡って、左斜めに細い道を入る。
古い集落の雰囲気をわずかに感じる家並みの間の曲がりくねった道を進む。数軒の家はみんな伊佐山さん。薬師堂は朽ちかけている。国道に合流。

「正光禅寺」、秩父事件の関係者につながる針塚があるというので境内を探すが見当たらない。明治17年農家の困窮化が原因で起こった秩父事件の主な舞台は秩父地域の北で、今回歩くところに事件の跡は殆ど無い。
JAくまがや大麻生支店を挟んで隣の赤城神社にある庚申塔に「左 ちゝ婦道」と刻まれている。

大麻生小学校の先で、国道から分かれて短い畦道となり、国道に戻るとすぐまた短い畦道となって、また国道に戻る。前方遠く、雪が残る秩父の山々が真っ青な空の下に連なる。冬に逆戻りしたような冷たい強い風が頬を刺す。

 中郷掲示板から右斜めの細い道に入る。左に緩やかに曲がり、国道を横切ると、日限を切って祈願すると、その日までに願いがかなう「日切り地蔵尊」。「左 よりゐ道」の道標。左折して大麻生用水に架かる水門橋を渡る。街道は直ぐに右折するが、直進すると秩父鉄道大麻生駅に突き当たり、その向こうは県営荒川大麻生運動公園ゴルフ場である。駅員に聞くと、不景気のせいでゴルフ場の利用者は激減しているそうだ。

街道に戻って緩やかにカーブする細い道を進む。六地蔵。庚申塔。北橋のたもとに石橋供養塔、馬頭観世音。国道に合流する。紅梅、白梅が咲き競う大榮神社。犬ふぐりが名前に似合わない鮮やかな青い小さな花をみちばたに散らしている。

玉井堰橋を渡って、斜め右に入る。菜の花の黄色が鮮やかだ。農家の大きな庭が続く。この辺りで左に入るのかなとキョロキョロしていると、右手の家から偶々出てきた清水さんの奥さんが、「隣の藤野さんの庭べりにひっそりと立っている馬頭観音と、二又にある石祠と、二又を左に入る道が街道だが、すぐに畑になって進めないこと」を教えてくれた。石祠は小さな小さなものだが、「右 ふかや 左 よりい」と刻まれている。

言われたとおり、左に入ってすぐ左折して民家と墓地の間を通り、右折して田んぼの間を真っ直ぐに延びる道を進む。

 四辻を右折して、低い岡の麓に見える「龍泉寺」に向かう。
渡辺崋山が、仕えていた三河・田原藩主の家譜編纂のため旧領地であった当地を訪れている。
          

竜泉寺の和尚と約束した山門天井の絵馬の件で弟子たちに集まってもらった。
人選にもとりかかぬさき、与野はいきなり、

              “わたし、菊の花を描かせていただきます”と口を切った。
              “すばやいな、香玉女史”と梧庵がひやかし気味にいった。
              “菊をとられたら一大事ということやね。
              ずいぶん菊の花にご執心やな、
               何か深い思い出があるんやろう“
                                      (杉浦明平作「小説渡辺崋山」より)

山門の格天井を見上げると、3ヶ所に崋山や香玉女史の描いた絵があったことが記されている。実物は別途保管されているのだろう。境内に人影はなくひっそりとしている。

 四辻に戻る。左の角の清水さんは茶屋を営んでいたという。真っ直ぐ進むと、名主だった小久保さんの大きな屋敷がある。隣のおなじ名前の小久保さんは茶屋だった。家の前に田んぼが広がりその先に秩父の山々が見える。国道にぶつかり、左折してすぐの秩父鉄道明戸駅横の踏切を渡る。

右折して駅舎の前を通って線路と並行する緩やかな坂道を進む。前田利家が寄居・鉢形城攻めの際に唄を歌って上っていったので「唄い坂」という。「うつら坂杉」と言われた杉の大木や松林があったというが、今あるのは雑木林や民家や事業所である。
国道をくぐり、やがて国道と合流する。かつてこの辺りに寺があったらしく墓だけが残って車の排気ガスに咽んでいる。和光食堂でレバニラ炒めを掻き込む。

平成10年に田島某が建てた秩父往還跡の石碑。深谷道との交差点角、元禄期からの旅籠である島田屋は高齢者デイサービスセンターまつの木苑に変身していた。川本町田中歩道橋の手前で右斜めに、分かれた国道を下に見ながら進む。馬頭尊、聖徳太子塔、二十二夜塔、大黒天。田沼さんは「けびき団子」を売る団子屋だったそうだ。
国道に合流して、やがて左の見目墓地に入り込み「見目堂」と呼ばれた地蔵堂を過ぎて、国道に戻る。日本高圧コンクリート埼玉工場があり、大きなヒューム管が敷地一杯に転がっている。

 花園町に入る。午前中真っ青だった空に雲が増えてきた。馬頭尊、庚申塔。白梅。
蟹沢排水路に架かる仏沢橋。その先、国道から少し引っ込んだ笹井商店の前を直進するらしいが、民家が立ち並んでおり街道が消えている。街道の痕跡を求めて行ったり来たりするが、結局無くなっており、県営住宅の前を左折する。すぐに次を右折して細い道を進むとやがて、街道を確信させる曲線が現れる。やがて国道に合流する。

関越自動車道をくぐる。

花園町役場の標識を見て右斜めに入るが即左折、直ぐにまた国道に合流する。
見覚えのある太洋社印刷花園工場入口の看板があり、左斜めから合流してくる細い道がある。昨年歩いた川越から藤岡までの「川越・児玉往還」だ。
門前に石碑が並ぶ長善寺のあたりから、小前田宿(入間郡花園町小前田)が始まる。真っ直ぐに延びる街道の両脇にゆったりとした民家が続く。問屋場だった町田さんの屋敷はひときわ大きい。

 秩父鉄道小前田駅からの道が右からぶつかるところで一旦国道から分かれ、花園石油のスタンドを巻くように進んで、すぐ国道に合流する。

ほどなく寄居町に入る。
庚申塔、廻国供養塔。
庚申塔、二十二夜塔、地蔵菩薩。中小前田交差点を渡る。
ガソリンスタンドの店員が指差す先に「一里塚」と言われている大きな榎の木がある。

三叉路を左折し、すぐに国道から分かれて左に入る。取り残されたようにひっそりした道である。その道はやがて樋の下古道と呼ばれる小道に変わり、まもなく右に曲がると寄居宿の本町へと続く。普通の田舎町の表通りという商店が並ぶ。家々の屋根の向こうに、夕陽の陰でシルエットになった釜山がのぞく。
真っ直ぐな道が右に曲がる宗像神社石柱が立っているところを左の細い道に進む。直ぐに急な坂になり河原に出る。荒川が穏やかに流れている。
「子持瀬の渡し」である。

 17時  秩父鉄道寄居駅  44946歩

 

 

平成15年3月9日(日)

寄居駅からタクシーに乗り、正喜橋を渡って、秀吉の小田原攻めの際に前田利家らが攻め落とした鉢形城跡の脇を過ぎる。
運転手は渡し場跡を知らないという。この辺りだろうと目星をつけて中郷(寄居町折原)で降りる。荒川に下りる道が見つかり、意外に簡単に渡し場跡が判った。

昨日のゴール地点が対岸に見える。今日も荒川の流れは穏やかだ。折原歴史かるた「皆さんがお世話になった渡し跡」と書かれた手作りの案内板だけが立っている。折原文化交流会が平成13年に立てたものだ。

 8時30分  河原から細い道を上がっていく。途中、家がその上に建っていただろう石垣が残り、よく見ると井戸の跡や月待塔が草むらの中にある。蝋梅が黄色の花を一杯付けている。タクシーを降りた広い舗装路に出て右に曲がる。すぐ左へ、入口に庚申塔が並ぶ細い道を入る。家の裏手を縫う道はやがてJR八高線をくぐる。

左折して急坂を上る。途中に馬頭尊が4体。折原歴史かるたが「野の道に旅人護る 馬頭尊」。
すぐに平坦なところに出ると、畑と寄居町運動公園の施設が広がる。
カタクリ体育センターに寄ってこれからの道筋を尋ねると、正面の山の陰から少し覗いている鉄塔の下に峠があるとのお答え。センターの横を進むと、BOSCH寄居工場に突き当たって左折して、突き当たってバス道に出て、右折する。バス道は緩やかに上がっていく。桑畑。民家。庚申塔、馬頭尊。

 吉澤建設工業の先、釜伏山参道の石碑が立っているところで、バス道は左へ曲がり、街道は直進する。
「山道に子供看護る 地蔵尊」「藁鉄砲子供が叩く 十日夜」

十字路を直進して緩やかに上って行く。10軒ほどの集落。やがて右に曲がっていくが綺麗に舗装された山道である。3月とはいえ寒いからだろう、小鳥のさえずりは聞こえず、横を流れる小川のせせらぎだけが聞こえる。

中間平まで2キロの表示である。杉林の中を緩やかに上がる。
「秋山に山吹の里あるという」。 
サンショウウオの里 中里生物研究所。つづら折りの道が続く。杉林。
県立長瀞玉淀自然公園。右下に寄居の町が一望できる。

中間平の開拓村。白梅がようやくほころび始めている。「中間に梅林の里 開拓史」。
梅一輪。梅の木の下に福寿草が茎を随分伸ばしている。道端に、あるいは日陰のあちこちに雪が残っている。
ドンドン上って行く。汗が噴出す。

中間平緑地公園の展望台。上ってきた斜面の下に寄居、はるか先に、さいたま新都心の高層ビルが見える。霞の中にぽっかりと浮かんでいるのは筑波山。左に目を転じると雪を被った巨大な山塊は男体山だ。青空だが風が強く、空気の冷たさは冬のものである

釜伏峠まで2.2キロ。山の斜面に雪が多くなり、歩いている道も雪を被った部分が増えてきた。

風がゴーゴーと梢を渡り、木々を揺らす。
「杉並木」の名残の巨木が3本、5本と続く。
昨日から花粉症で眼を充血させた妻は、サングラスをかけてマスクをしての重装備だが、杉花粉が容赦なく襲い掛かる。

斜面に家が数軒現れて、ちゃんちゃんこを着たおばあさんが歩いてきた。

              一昨日降った雪が残っている。やっぱりこっちは寒いな。
             梅や桜も東京に較べると半月ほど遅れる。
             この先は関所跡。でも何も残ってないよ。

おばあさんの言うとおり「関所跡」の案内板だけが立っているだけ。

周りの雪が更に増えてきた。

11時15分 「釜伏峠」に着く。

 右へ「釜山神社」の参道が延びている。狼のような狛犬が珍しい。昭和7年に山王社と合祀して、釜伏神社から釜山神社に名が変わった。神社の更に奥に日本水という名水があるそうだが、岩盤の崩落が予想されるので立ち入り禁止とある。

十字路のようになった峠を直進して下り始める。あとは下れば秩父まで早いだろうと簡単に考えていたが、実はこれからが長い道のりで、おまけにもうひとつ峠があった。厳密に言えば、街道は舗装された県道から離れたり一緒になったりするようだが、県道以外は雪が覆っており歩けそうに無い。従って基本的には県道を下る。

「平草の一里塚」、塚の上で松やたくさんの雑木が押し合いへし合いしている。この先に毎月2回馬の爪を切ったという「つくろい場」があったというが、そのあたりにはモダンな家が建っていたり、あるいは雪が覆っていて、場所の見当がつかない。

平草の集落を抜けていく。遠くに特徴ある山容の「両神山」が見える。

両神山は異風である。それはギザギザした頂稜の一線を引いているが、左右はぶっ切れている。あたかも巨大な岩のブロックが空中に突き立っているような、一種怪奇なさまを呈している。

                            (深田久弥著「日本百名山」より)

 

空幅が狭まって民家が現れる。馬頭観世音、庚申塔。下三沢集落センター。芳の入沢。皇鈴橋。
秩父国際カントリークラブの入口で県道と分かれて左折し、すぐ右のクラブの看板の前の細い道を進む。雪が凍って恐る恐る足を運ぶ。右手の諏訪神社でたくさんの人が除雪作業をしている。

「小平の一里塚」、樹齢300年の榎。ごつごつした幹がいかにも古木といった雰囲気である。

県道に出て、三宮司橋を渡る。橋の袂の道標が見つからない。昼食代わりに饅頭を買ったお店は橋の横にあるが、それでも知らないという。
JAちちぶ三沢支店、ちちぶ警察署三沢駐在所。浅間沢を渡って右折すると大きな水戸征討記念碑がある。水戸天狗党に関わるものだろう。その先の道がわからず県道に戻る。

 日本回国供養塔、庚申塔、如意輪観世音の大きな石碑。
SHINRYO流通センターの建物を左に見て県道と分かれて、右斜めに林道の細い坂を上がっていく。
枝野沢の石橋を渡り、やがて林道は右に上がっていくが、街道はそのまま山際の道を進む。家の裏と裏の間の道となり、石仏・万葉のみちの道しるべがある。薬研堀、勢至寺道の道標。

県道に下りる。西武観光バス三夜前停留所。
山歩きを終えバスを待つ和気藹々の4人と言葉を交わす。秩父までは、あと2時間ほどらしい。

 二十三夜寺を右上に見て県道を進む。街道を探して行ったり来たりするがあきらめてそのまま県道を行く。
広町の交差点からは、ゆるやかに上がっている。

「曽根坂の一里塚」。
塚の脇を右に細い道を上がる。殆ど通る人がいないだろう、雪に覆われた坂道をくねるように上がって行くと「曽根坂峠」。
その先は道が途絶えて雑木林になっている。雪がなければ林に分け入って下りるのだが。

引き返してすぐに、舗装された組合道路に出て左に進むと、民家に突き当たる。こんな山中にと思うところに家が現れたので、いささか驚く。左下に雑木林の間を下る道を進む。沢を雪解け水が勢いよく流れる。一気に下る。

 商店が現れ、四辻に立つ「ふるさと歩道」の標識が 端岩寺、札所一番四方部寺の方向を示している。
秩父市民農園、梅林、桑畑、馬頭観世音。美容メイプルを右折する。


立ちふさがる武甲山が雪をかぶって、山肌が白い縞模様になっている。夕食に使うのだろうか、畑でほうれん草を摘んでいる男性に声をかける。

武甲山はその半分が石灰岩で、明治期から採掘しています。特に昭和40年代からはすさまじい勢いで山を崩しています。山の下に掘られていたトンネルを使って石灰岩を運び出すのです。息子は、教員をしていますが、武甲山に愛着があるのですね・・・子供には武甲と名づけました。 


突き当たって左折し横瀬川を上小川橋で渡って国道140号に出て長瀞経由の街道と合流する。

札所1・3・4・5・6・18番の方向を示す交通標識が現れる。
どうしてこんな狭い地域に34ケ寺もの観音があるのだろう。この盆地には、のたうちまわる情念の世界が広がっているのだろうか。
愛・憎・忍・忘・憂・怒・怯・怖・悔・恍・恨・欲・恕・悦・恥・悩・惨・悶・悲・慈・憂・慨・慄・焦・憤・傲・怨・・・・。

水子供養寺といわれる寺まであるという。

「いまは、秩父といえば水子地蔵で有名で、地蔵で覆われている山もある、と聞いている。平和みたいな世の中になると、そういうことがはじまる。それともきみは、昔から信心深かったのか」
そう言っているときに、ビールと親子丼が運ばれてきた。
「関係者が三人ここに集まって、昔の水子の供養をしようというわけか、あのとき・・・・・」
女が遮って、
「そういうことじゃないの。どちらが父親だったのかはっきりさせよう、とこの人が言い出したのよ」

                            (吉行淳之介作「夢の車輪」より)

 

大野原宿(秩父市大野原)である。名主を務めた高橋さんの門は、唐破風の「こまり門」である。開門すると近隣に異変が起こることから名づけられたらしい。この門以外に江戸期を感じさせるものはない。幅の広い国道に民家や事業所が続く。

 愛宕神社の手前から右に入り、秩父鉄道の踏切を越える。鉄道に並行して真っ直ぐに秩父市の中心地に向かって進む。国道のバイパスと化した道を車が疾走する。
腰田堀に架かる斉戸橋を渡って大宮郷に入る。札所19番、滝の上町。白壁の蔵、格子のある家。相生町交差点。札所17番入口、虚空蔵入口。桜木町。上宮地町。宮側町。武甲正宗醸造元。秩父駅入口。喜多園。左手に続く商店の裏に「秩父神社」の境内が見える。夜祭で知られた神社。薄暮の中でお参りをする。
NTT東日本秩父ビルを左に入ると。今回の街道歩きのゴールである埼玉県秩父地方庁舎がある。ここに忍藩秩父代官所があった。欅の大木だけがかつての面影を残していると。

 17時30分  42215歩

 

秩父をもう少し知りたい気持ちが、秩父と甲州を繋ぐ往還も歩くことをしきりに促す。
しかし途中にある高さ2072メートルの雁坂峠を登れるのかという不安もあり、秩父往還(甲州道)を歩くことを今ためらっている。     (了)

 トップへ戻る