平成19年2月10日(土)

7時30分 内房線竹岡駅からだらだらと坂を下りる。
国道をまたぐと萩生漁港。鳶が群れを成して輪を描く。
浦賀水道に沿った国道を南下する。昨夜降った雨のためか、海は靄って、富士山は勿論、三浦半島も見えない。
打越トンネルの手前でトンネルを迂回するように海の方に行くと、ツワブキを採っている男性がいる。

ツワブキも今の時期の若いのは食べることが出来ます。このあたりには大いに自生しています。
ここの海岸は絶壁で、危なくて通行は出来ません。江戸期は通ったのかもしれませんが、今はトンネルを利用するしかないですね。

波の音を聞きながら、磯にぶつかって砕ける白波を見ながら、歩を進める。
洞口、丑山、島戸倉と名付けられたトンネルを抜けていく。

 

金谷

丁度久里浜へ向かうフェリーが出港する浜金谷港で国道から逸れて、金谷の集落を抜ける細い道を辿り、金谷漁港でまた国道に出る。
引き上げられた漁船の脇で、海藻を高く干している老夫婦がいた。

若布ではなく、カジメですよ。アラメとも言います。
今が旬ですよ。近くの海で採ってきて一日干します。
叩くと粘りが出て、刻んで味噌汁に入れたり、煮付けにしたら美味しいですよ。

明鐘トンネルの手前を迂回する道が街道で、キラキラ輝く海に岩礁を配置した明鐘岬からの絶景を眺めることが出来る。
岩の上に釣り人が見える。
ここで上総から安房に入る。国道は「内房なぎさライン」と洒落た名前を付けてもらっている。

元名第一・第二トンネルは長く、カーブして、しかもトンネル内は薄暗い。ところが・・・トンネル内に歩道が無い・・・。
どの車もライトを点け、乗用車がタイヤをきしませ、大型車は地響きをたてて、爆走している。車が途絶えることは殆ど無いので、トンネル内はゴーゴーと鳴っている。入口で呆然と立ち尽くす・・・・。
しかし・・・迂回路は無く、どう考えてもトンネルの壁にへばりついて進むしかない。
南無八幡大菩薩!我国の神明!日光権現!

これまで東海道・天竜川橋や中山道・木曽の桟跡では疾走する車に怖い思いをしたが、このトンネルほど恐ろしいと思ったことはない。
我々が冷や汗をたっぷり流したのに対して、文豪漱石はこのいくつも続くトンネルと絶景に感動したらしい。彼は「門」や「草枕」の中に房総を旅した様子を記している。

三年の夏休みに小六は房州の海水浴へ行った。そこに一月余りも滞在しているうちに九月になり掛けたので、保田から向うへ突切って、上総の海岸を九十九里伝いに、銚子まで来たが、そこから思い出したように東京へ帰った。
(夏目漱石著「門」より)

 

保田

近世は本郷村と呼んだ。道は右に左に曲る。浮世絵師・菱川師宣の生誕地が空地になっている。
町を抜けたところに菱川師宣記念館がある。しかし記念館の人は「有名な『見返り美人』はここにありません。」と素っ気ない。国立東京博物館にあるそうだ。となれば入館無用と先を急ぐ。

11時16分 保田漁港近くの南吉浜踏切で D51の雄姿を見る。SL? じつは今、内房線沿いはSLで大変盛り上がっているのだ。

千葉県の観光キャンペーンに合わせて、JR内房線の木更津〜館山間にSLがお目見えした。
菜の花が咲く保田駅付近には大勢のファンが全国から集まった。
早い人は夜明け前から場所を確保、D51が通る瞬間にはいっせいにシャッター音が鳴り響いた。
(2月12日付千葉日報による)

大六の切割を抜け、佐久間川を渡ると勝山で、ここは江戸初期から捕鯨の基地として栄えた。

文化12年から明治2年の休業前年まで55年間の捕鯨記録が残っており、計504頭である。天保時代が最盛で、7年には26頭もとり、20頭台がつづく。
(矢代嘉春著「日本捕鯨文化史」より)

しかし、鯨に因むものは何ひとつ残っていないようだ。
田町で国道と分かれると田畑の中の道を進む。菜の花が出荷されて葉だけになっている。

 

木の根峠

岩井川を渡って市部の町に入り、岩井駅前を過ぎ、大川を渡ったところで国道と分かれて、館山へ一直線に南下する木の根峠越えの道を進む。
内房線に突き当り、線路の先に続く道をゆっくり上がって行く。
旧木の根道の標識から山に分け入ると、いきなり急峻な坂道となり、100メートルの比高差を一気に上がる。つま先上がりの登りがこれでもかこれでもかと続く。汗が一気に噴出す。今は殆ど登る人もいないのだろう、道は荒れている。それでもなんとか峠にたどり着いた。小さな道普請の碑や百万遍供養塔がある。真下に岩井の町や海岸が見える。素晴らしい眺めだ。
丹生方面の標識に沿って下ったり上ったりしながら、冬枯れの木々の中を進む。
30分ほども歩いただろうか、尾根道の先が急にはっきりしなくなった。かすかな踏跡をたどりながら、枝の間をくぐり、倒木を跨ぐ。枇杷畑の斜面が見え、ハランを栽培している一画もあったので、木の根林道に下りることができるはずだと道を探すが、潅木が茂って見通しがきかない。時間だけが過ぎていく。
山のあちこちに猪のワナが仕掛けられているとも聞いていたので、陽が翳りだすのは怖いし、妻の顔にも焦りが見え始めた・・・・・・。
木の根林道への道はあきらめて、岩井へ引き返すことにした。

16時  内房線岩井駅  39867歩    

家に帰って、千葉県教育委員会発行「千葉県歴史の道調査報告書 房総往還」をよく読むと、木の根峠の峠道について次の記述があった。やはり引き返すしかなかったのだ。

(峠からの)下りは緩やかに坂をおりる。途中伐られた雑木が道をふさいで通行不能の部分があるが、1kmほどで木の根林道へ出る。ただし林道へ出る直前の部分はもう道がない。この林道は明治19年に木の根隧道が開削されたときのもので、これ以降峠道は利用されなくなった。

 

平成19年2月12日(土)

岩井駅でタクシーに乗り、木の根隧道を抜けたあたりで降りる。
8時20分  木の根林道を南へ歩き始める。山からいくつもの細い道が林道に合流しているが、どの道が街道なのか判然としない。
丹生集落に差し掛かって、山の裾に木々に抱かれた屋敷があり、その前の畑で農作業をしている男性に声を掛けた。

ここの集落は30軒。江戸期は名主で、百草を煎じて一薬をなす医者でした。庭に薬に使われるケンポナシの木が二本あります。

加藤さんというこの男性は元区長だそうで、この辺りの道の過去から現在についても詳しい。街道が林道に出てくる位置は、ここから300メートルほど戻ったところにあるという。

教えられた通りに戻ると街道があった!
枇杷山から下りてきた街道が林道を横切り、すぐの細い流れの丹生川に下っている。
岸辺に平川地蔵と呼ぶ数体の小さな地蔵が鎮座している。
靴を濡らして川を渡ると、幅2メートル程の昔のままの道がしばらく続く。
林道に合流して、丹生の集落を抜け、低い山に挟まれた丹生川沿いを進む。
このあたりにはハウスがいくつもあるが、中を覗くと枇杷の木で、実が袋掛けされている。特産の枇杷も温室育ちなのだ。
また菜の花を栽培している農家も多い。

岡本川を渡る手前に千部川地蔵がある。この明治期に建立された小さな地蔵の光背には「左 キノ子ミチ」と刻んである。
林道が県道となり、館山バイパスを横切り、福沢川に架かる白塚橋を渡ったところで、県道から逸れる。周りに木々が多くもう一度山に戻るようだが、岩を開削した白塚の切割を抜けると、遠くに白く光る館山湾が見えた。

 

那古

船形に入り、どんどん橋の三叉路に出る。ここでは、今歩いてきた道を大街道と呼んでいたという。
板東三十三観音の結願寺である那古寺があるが、平成の大修理中だ。江戸期は門前に飴屋が多かったそうだ。
道は那古寺の前から真っ直ぐに、海岸線とJRとに並行して延びる。

 

北条

鶴谷八幡神社から安房高校横を通る。官庁通りに面する安房合同庁舎、警察署、消防署のあたりが北条藩の陣屋跡である。
南町交差点が外房への伊南房州通往還との分岐点で、鉄道が開通するまでは、北条の商家はこの辺りに密集していたという。周りの建物にかつての賑わいがかすかに残る。
なお現在のJR館山駅は北条の西に位置する。

 

館山

汐入川に架かる汐留橋を渡ると館山の町で、下町、仲町の町並みが一直線に延びる。

13時5分  館山城にゴールイン   23513歩


SLの影響だろうか、館山を散策する人が多い。
更に、この時期は房総フラーワーラインを通って、ポピー畑が美しい館山ファミリーパークに行く人が多いらしい、と妻が言う。
・・・そこで、早春の房総の街道歩きのラストシーンは花いっぱいとなりました。    


                                                                                              (了)


トップへ戻る