平成19年1月14日(日)

東の空が紅く染まり、周りの低い山々が黒い稜線を際立たせ始めると、ほどなく木更津の町が白っぽく現われた。
6時40分 木更津駅西口を出て、旅籠屋町から延びる道を南に進む。

木更津は、江戸期から房総の物資の集散地として海上ルートでの江戸との行き来が大変盛んで、同時に遊楽地としても有名だった。昭和初期でもまだ江戸情緒が漂っていたらしい。

芸妓屋27軒 芸妓が96人内半玉12人。
芸妓の気風は古い船着の伝統を引いて少し荒っぽく、お侠な点もあって、一部の遊客には却ってその気分が喜ばれてゐる。
それでゐていざといふ場合決して首を横には振らないと聞いてゐる。
(松川二郎著「全国花街めぐり」より)

しかし弦歌さんざめく木更津を好しとする人ばかりではない。

K市は由来低能児の多い町である。その昔「淫風甚し」という有難いレッテルが貼られたことの、遺伝学的な結果かもわからない。
(三島由紀夫著「青の時代」より)

 
いずれにせよ今の木更津に、かつての賑いは無く、道の両側は櫛の歯が抜けたように空地が目立つ。
矢那川に架かる證誠寺橋を渡り、新田、貝淵地区を緩やかにくねりながら進む。
桜井で、道は分かれる。真っ直ぐに進むのが、海岸沿いに富津を経由して小久保、佐貫に至る西房総街道だ。
一方、房総往還は左に折れ、内陸部を南下して佐貫に向かう。これまでの平坦な道と違って今日は山道らしい。

民家の塀に組み込まれたように道標が立っている。
「此方かのふざん道三里半 此方木更津道 弐拾町」
道標の反対側は光福寺の墓地で、木更津甚句の作者の生家の墓が並び、そのなかに徳利の形をした墓もある。

アアー 木更津照るとも 東京はくもれ 
可愛い男が ヤッサイ モッサイ ヤレコラドッコイ 
コリャコリャ 日にやける


アアー 船は千くる 萬来るなかに
私の待つ船 ヤッサイ モッサイ ヤレコラドッコイ 
コリャコリャ まだ見え見ぬ

(木更津亭柳勢作 [木更津甚句]より)

JR内房線のガード下を潜り抜け、国道127号内房なぎさラインを横切って、県道を進む。田んぼが現われ、やや左脇を烏田川が並行し、そこから駆け上がる丘に君津中央病院がのっかっているという広い景色になる。
下烏田で県道を離れ、大久保からシーアイタウンの西端の馬込坂と呼ばれる緩やかな坂道を上がって行く。竹林が多い。一旦下り、浪岡橋を渡って、今度は子安坂を上がって行く。木更津市と君津市の境の、山越えの道である。
坂を下り始めると君津市の家並みが見える。坂の途中に、往還に背を向けているので通称「うしろ稲荷」と云う子安稲荷神社が鎮座している。

高台にいくつも並ぶ新日鉄の社宅を見ながら、内みのわ運動公園の前を過ぎる。この辺りの住宅は、昭和40年代の新日鉄の君津進出に伴って建てられたものが多いのだろう。
鬱蒼と茂る小山の先端に塞神社がある。道祖神神社とも云い頼朝が武運長久を祈った話が伝わる。
小糸川に架かる松川橋の手前で国道に合流する。

ENEOSの前から国道の左横に分かれると、国道の左手に広がる田んぼの左端、丘陵の裾をくねくねとハイキングコースのような道が長く延びている。
道端にもうタンポポが咲いている。
国道に近づくが、また離れて、小山野堰を過ぎる。
満開の蝋梅の根元で、水仙がひっそりと咲いている。

突然、山道に入る。
草道に枯葉が積み重なり、最近殆ど人が歩いた痕跡がない。山道に入る手前の畑で働いていた人が「この道は佐貫に抜けているよ」と教えてくれたから、エイエイ登っているが、そうでなかったら不安になって引き返しているだろう。きつい登りが続く。切通しもある。
島崎藤村は富津・小久保から冬の山道を歩いて天津小湊の誕生寺を見物しているが、どうやら我々が今登っているこの道を通ったらしい。

富津へ着いて、小久保という漁村に姉を残して置いて、房州小湊にある日蓮の生地を見る為に鹿野山を越えた。石塊の多い山道で、崖の下には谷川の流れがあった。その時、彼は路傍の石塊を拾って、崖の上から落してやった。そんなことで自分の一生の方向を卜おうとしたこともあった。
(島崎藤村著「春」より)

 

佐貫

登りつめたところが君津市と富津市の境で、岩富観音がある。大化の改新後まもなく創建されたと伝えられる古寺だが、昭和20年米軍機の曳光弾によって焼け、今は木々に埋もれて、石造物が散乱し、まるで廃寺のようだ。
山門脇の草道を下っていく道が佐貫城下に繋がる古道らしいが、最近殆ど歩いた形跡がなく辿るのは止めた。
山門の前から急斜面を下って、トンネルを抜けてきた国道に合流する。国道と付きつ離れつして佐貫に向かう。

佐貫は城下町。日本武尊東征伝承のある日月神社を過ぎて、遠州屋角の三叉路を曲ったところが、城下町の中心らしい。
天保期創業の宮醤油店が、蔵のあるたたずまいを残している。「歴史の味と芳醇な薫りをお届けします」という宣伝文句に誘われて、「かずさむらさき」を買う。
JR佐貫町駅横の八幡街道踏切を渡ると田んぼが広がり、右手の山の上、東京湾観音が次第に姿を現す。

鶴峰八幡神社前から海岸線に沿って南下する。
新舞子水泳場の砂浜に降りる。勿論 今は 誰もいない海♪♪
浦賀水道を隔てて見えているのは横須賀だろう。

 

海岸から遠ざかって、笹毛を経て長浜で国道に合流する。房総往還はここから国道とほぼ同じルートを辿る。

今日のゴール予定だった上総湊駅に着いた。まだ3時半。駅前のタクシー会社で尋ねると、上総湊駅から次の竹岡駅まで5.9キロあるという。
ここで妻の鞭が飛んだ。「まだ明るいし、次の電車が来るまで40分ほどあるし、先へ歩きましょう!」

 

竹岡

3キロほど歩くと竹岡の集落に着いた。

それはT・・・という名のごく小さな村だった。お前たちは或る農家の、ささやかな、いろいろな草花で縁をとられた離れを借りて、暮らしていた。私が到着したとき、お前たちは海岸に行っていた。
私は海岸へ行く道順を教わると、すぐ裸足になって、松林の中の、その小径を飛んで行った。焼けた砂が、まるでパンの焦げるやうな好い匂ひがした。
(堀辰雄著「麦藁帽子」より)

竹岡の集落から竹岡駅までが、随分遠い。
右下に磯が続き、左際を内房線がトンネルを出たり入ったりしながら並走している。
夕陽が海を紅く染め出した。

16時40分   内房線竹岡駅   52683歩

 トップへ戻る