平成18年12月11日(月)

7時 JR浜野駅前をスタートし、県道を南に進む。
村田橋バス停前の公園がかつての村田川で、上総、下総の境界をなすところから境川とも呼ばれ、水戸黄門や小林一茶も利用したという渡し船が明治の中頃まであった。

空色の山は上総か霜日和     一茶

今は臨海部の工場に急ぐ通勤の車が道に満ち溢れて、一茶が詠った風情はどこにもない。

 

八幡

宿の入口の庚申塔は、「右東金道 左江戸道」が刻まれた道標になっている。
ここ八幡宿は江戸期から船による江戸との物資の流通が盛んとなり米穀、薪炭、雑貨品などを取り扱う商店が往還沿いに建ち並び賑わいをみせたという。
JR八幡宿駅へ通じる十字路の右手に飯香岡八幡宮の鳥居がある。八幡の地名はこの飯香岡八幡宮に由来する。参道を進むと本殿が海のほうに向いている。しかしその先は埋め立てられて打ち寄せる波はない。御神木の夫婦イチョウが鮮やかに色づいている。
事業所、商店の混じる家並みが途切れることなく続く。

 

五井

真っ直ぐに延びていた街道は六地蔵から左へそして右へ大きくカーブして五井市街の目抜き通りに出る。といっても埋め立て地の方に大型店が出来、街道沿いには飲食店がいくつかあるだけだ。
龍善院を過ぎると道は右に左にくねり、養老橋の手前、船渡し場があったと思われるあたりで養老川の堤に上がる。河口の方向に、工場の煙突が林立し、白や黒い煙を吐き出している。京葉工業地帯は、船橋から袖ヶ浦まで随分長い。
養老橋を渡った堤の上、渡船場のあったところに出津村古戦場の跡の真新しい石碑が立っている。戊辰戦争の際、房総にあった幾つかの小さな藩が官軍に挑みかかったのだ。

青柳バス停がある。

青柳村は江戸湾に面する半農半漁の村で、あさり・はまぐり等を産し、特に同村から江戸に出荷されたバカ貝は、のち当地名に因み、「アオヤギ」の異名がつくほど全国的に有名だった。

アオヤギ定食(?)が食べられるかなと思ったが、肝心の食堂がない。
内房線の向こうに島穴神社と思われる鬱蒼とした森が見える。しかし線路を渡るところが近くになく、神社に行くのはあきらめる。この神社はこのあとお参りする姉崎神社と縁がある。
内房線を越える。この付近は街道が消えている。

 

姉崎

姉崎神社にお参りする。この神社にまつわる二つの話がある。

1.姉崎神社祭神と島穴神社祭神の姉弟神がおり、姉神が先に当地にやってきて弟神を待ったので、姉ヶ崎と呼んだ。
2.姉崎神社祭神は島穴神社祭神のお妃で夫が帰ってくるのを待ちつづけたが、とうとう帰ってこなかった。従って姉崎神社の境内には松の木はない。

確かに神社のある小高い明神山を覆っているのは、松ではなく杉と楠だ。門松もサカキらしい。

JR姉ヶ崎駅周辺を過ぎ、椎木川を渡って鶴牧城跡である姉崎小学校へ寄り道。校門前の右側の空地は藩校跡である。
工場の煙突がずっと近づいてくる。左手に丘陵が迫り、かつては親知らずのような波打ち際の道だったのだろう。今は海が工場になって、工場と丘陵に挟まれて、街道・内房線・国道がひとつになって長く延びている。
JR長浦駅付近は丘陵の先端部で、その先端が削られて海だったところに駅と国道がある。

 

奈良輪

内房線を渡り、国道と内房線との間を進み、今井地区に入る。古い集落なのだろう。ひっそりと肩を寄せ合っているような家々の間を縫うように道が延びている。咲きこぼれる真弓の赤い花に妻が足を停める。
街道は内房線を越えるときだけ国道に合流し、すぐに別れて奈良輪に入る。奈良輪は継立場として栄え、道の両側に奥行きの広い屋敷が整然と並んでいた。しかし細長い地割の痕跡はあるものの、道を拡幅しているうえ空地が目立つ。袖ヶ浦駅前周辺に商店は殆どなく、学習塾が多いのには驚いた。

 

木更津

小櫃川を渡るとまっすぐに南下する。沈みかけた太陽と競争だ。
東京湾アクアライン連絡橋をくぐる。
太田山公園が見えてきた。

16時40分  内房線木更津駅に到着  52061歩



平成18年12月18日(月)

前回歩いたときに気付いたのだが、JR木更津駅のホームにある名所案内には「金鈴塚古墳・証誠寺の狸塚・切られ与三郎の墓・蝙蝠安の墓・高倉観音・太田山公園」が書かれ、市内に「請西(じょうざい)藩・林家の陣屋跡」があることには全く触れていない。
このことを残念に思い、今日は房総往還の道筋から東約2キロのところにある請西藩陣屋跡を訪れることにした。

請西藩・林家とは・・・?
徳川宗家十八代当主徳川恒孝氏は、最近の雑誌の対談で次のように語っておられる。

江戸時代までは正月には"兎の羹"というのが恒例でございましてねえ、ご家門の者たちに振舞いました。・・・徳川家康公よりさかのぼること九代、松平家初代の親氏公が足利氏より逃れて信州の林藤助光政を頼った折、貧しくてもてなすものもない藤助から、捕った兎で饗応してもらいました。この林氏が後に上総国で請西藩一万石の大名となられ、幕末まで毎年十二月二十九日に兎を献上されたのですが、兎一匹で殿さまになったという、とても有名なお家なんです。
(「家庭画報平成19年新春号」より)

しかし請西藩が歴史に名を残したのは、この話があったからだけではない。
戊辰戦争の際、最後の藩主である林忠崇は徳川家の恩顧に報いるため、官軍に対し果敢にそして執拗に戦った。長岡藩の河井継之助が果てたあとも、会津藩の白虎隊が自刃したあとも、戦い続けたのである。

9時30分  木更津駅から歩き始める。国道16号を越えると、請西地区に入り道は緩やかに上がる。陣屋下バス停から少しばかりの家を抜けると、山の中である。しかし開発が進み、わずかに雑木林が残っている程度の山である。
その雑木林に「請西藩真武根陣屋跡」の石碑が立っている。石碑の後ろは雑草が茂る広い原っぱで立ち入ることは出来ない。下に木更津の街が、その先に青い東京湾と白い富士山が見える。
慶応4年4月3日、林忠崇は藩兵70名を伴ってここ真武根陣屋を出撃した。もちろん煙を吐き出す高い何本もの工場の煙突が臨海部に無かった頃だから、今の何倍もの素晴らしい眺めに名残りを惜しんでの出陣だったろう。

このあと兎3羽が描かれた献兎之碑のある八坂神社が近くにあるらしいので探したが、どうしても見つからなかった。

11時30分  木更津駅   13780歩 

 トップへ戻る