房総往還

千葉・船橋で佐倉道と分岐し、木更津を経て館山に達する街道である。
近世の道標には、上総道・木更津道・房州道・江戸道と刻まれているが、船橋〜館山を通しての街道名はない。千葉県教育委員会発行の歴史の道調査報告書には房総往還の名称が使われ、国道事務所は房州往還と呼んでいる。

 

船橋

平成18年12月3日(日)

7時10分  船橋大神宮の裏参道下をスタートし、神宮沿いの横宿から表参道に出て、波除け不動で知られた東光寺を過ぎると、道は旧道らしく右に左にカーブを描きながら、事業所の多い家並みを抜けていく。国道14号の現千葉街道に合流し、京成線に並行する。谷津駅を過ぎると京成線の線路は左に遠ざかる。
街道の右手、数十年前までは東京湾だったところに団地が立ち、成田空港への高速道路が走っている。

左に京成津田沼駅に通じる道がある。

ここにあった谷津・久々田・鷺沼の三つの村の名前のしっぽを引っ付けると津田沼。紀尾井町の千葉版だ。

海が無くなり周りが変わっても、変わらないのが人の心か。NISSAN RedStageの先の民家の庭先に、はやり目の治癒に効験あらたかだった「喜久地蔵」が大切に祀られている。
その先左手の鷺沼の集落にある慈眼寺に寄り道。寺の観音堂前の墓地の中に、大きな「波切地蔵」が立っている。船乗りや漁師の信仰を集めていたという。見かけたおばあさんに声を掛けると、毎日お参りしているが御利益は知らないと屈託が無い。



幕張

京葉道路の幕張インターを突っ切る。街道の道筋のはずだが、歩行者のための道はなく、車が疾走している車道をいくつか横切る。怖い怖い
道幅が広くなった国道とすぐに分かれて、左手の旧馬加村に緩やかに上がっていく。

馬加は「まくわり」と書き「まくはり」と読んだそうだ。幕張と書くようになったのは明治期になってからのようだが、いったい誰がこの字を思いついたのだろう?

子守神社を過ぎると、小規模とはいえ馬加村の継立場があったあたりだ。家並みに千葉特有の入母屋平屋建ての家が混じり、国道の喧騒も届かずひっそりとしている。

八代将軍吉宗の命を受けた青木昆陽が甘藷の試作に成功したところがあるというので探したところ、それは京成幕張駅を出てすぐの小さな一画で、前に真新しい昆陽神社があった。さつまいもといえば川越と思っていた。千葉との結びつきは意外だった。

 

検見川

新花見川橋を渡ると検見川地区で、江戸期は宿場として漁港として栄えたらしい。また帆掛け舟で網を引き、赤貝、かに、鯛などをとる打瀬漁で知られていたという。
検見川神社前交差点からの道沿いに、二間半間口の家、すなわち間口がどうにか車一台の長さという家が建ち並んでいる。

この道路の両側に家が建ち並んだのは明治末期のことで、検見川の人口が増加し、次男・三男の住宅難と浜の縄張り争いなどから、多くの人が住めるようにするために三間間口の土地に二間半の家を建築したようである。
(千葉県教育委員会発行「千葉県歴史の道調査報告書14」より)

 東関東自動車道を斜めにくぐり、稲毛で一旦広い国道に出る。
広い国道になったところは、かつては稲毛浦といわれ砂浜が広がる保養地だった。結婚間もない愛新覚羅溥傑夫妻の住んでいた家が鳥居脇にあり、国道沿いにはデンキブランの神谷伝兵衛の旧別荘がある。きらくホテルの横を少し入った駐車場のあたりに、かつて 多くの文人墨客が訪れた海気館があったらしい。

濱の松並木が梢を鳴らしてゐた。冷い風が吹いて、稲毛の海は暴れ気味だったが、からりと晴れわたつた日で、旅館の裏庭には、汐風でいぢけたやうな葉鶏頭が、紅く浸みるやうな色をしてゐた。
木下が、合いの外套のまゝちづ子のそばへ寝転ぶと、子供は赧い顔をして、廣い梯子段のほうへ出て行った。
(林芙美子作「追憶」より)

浅間神社から台地に上がり、JR稲毛駅脇から穴川に出て、天台、作草部から、椿森陸橋で総武本線を渡り、要町、院内町、本町、市場町、長洲町からJR本千葉駅横を抜けて、港町に出る道筋だ。すなわち江戸期の街道は今の千葉市の中心街を取り巻くように進むもので、稲毛から登戸までの真っ直ぐの国道は明治期になって千葉監獄の囚人を使って造ったという。

都川に架けられた大和橋あたりが本町、市場町。この付近まで寒川港や登戸港から荷足船が上り下りし、川べりには米、炭問屋をはじめ、居酒屋、雑貨店などが軒をつらねていた。かつての賑わいの匂いがかすかに残っている。

 

寒川

寒川大橋付近は、佐倉藩の御用港だった寒川港で、御米蔵跡が東京ガスのタンクになっている。散歩中の男性はガスタンクのそばまで海だったことを覚えていた。
ここから道はまた海岸に並行し、そして南下、途切れることなく続く家々の間を縫って延びている。国道に主役の座を奪われて抜け道として利用されていのか、時折車がスピードをあげて走り抜ける。
寒川神社の本殿は簡素にして荘重だ。 寒川地区の総鎮守で、沖合いを通る船は礼帆といって帆を半ば下げ、馬で社前を通るものは必ず下馬したという。

 

曽我野

江戸湾沿いの有力な河岸のひとつだったというが、ここもまた国道の先は埋立地の上に造られた京葉工業地帯である。しかも工業地帯の核であるJFEの広大な工場があるはずだが、家と家の間から覗く程度ではその大きさは測れない。
蘇我比盗_社は竜神の怒りを鎮めるために弟橘姫とともに海中に身を投じた五人の姫のうち蘇我の大臣の娘に由来する。境内のイチョウの大木が空を黄色に染めている。

 

浜野

道が海岸から離れるが、地名は塩田町と海の匂いがしそうだ。
かつて門前町もあったという本行寺の横を過ぎる。

16時30分  JR内房線 浜野駅  47671歩

  トップへ戻る