上の棒道

平成15年5月10日(土)

JR小海線甲斐小泉駅近く、雑木林の中に三分一(さんぶいち)湧水がある。

八ヶ岳南麓の湧水の一つ。その湧水を石積の小路の中に三角石柱を置くことによって三等分している。
武田信玄の手になるものといわれ、東は白井沢、中は長坂上条・同下条・渋沢、西は大井ケ森。日野などの灌漑用水として利用されている。

     (「山梨県歴史の道調査報告書第10集 棒道」より)

妻が「水の流れを分ける三角の石は信玄が置いたの?」   「?・・・・・」

 

9時40分   三分一湧水をスタートし、高川橋を渡り、信玄棒道コースの表示に沿って右折して、JRのガードをくぐる。
左の角に小荒間(こあらま)の口留番所跡がある。
上の棒道の監視のために設けられたもので、もともとはガードのあたりにあったらしい。
石灯篭や道祖神の石祠や、 右 すわ道 と刻まれた道標などが集められている。

 
道が急坂となり、途中に法性寺がある。
上がりきると、真っ直ぐに八ヶ岳に向っている道との角に西国二十七番を模した如意輪観音がたたずむ。
民家の庭の八重桜が満開。芝桜が鮮やかなピンクの絨毯を道端に敷いている。
左手の南アルプスは霞んでその稜線は定かでない。

西国二十八番の聖観音。富蔵山公園に大きな馬頭観音や蚕玉太神碑。
木洩れ日を浴びて二十九番の馬頭観音が座っている。木々の葉の柔らかい緑に別荘が染まっている。

 林を抜けると古仙川に架かる棒道橋。
橋を渡ると木々の間を縫う土の道となる。沢を清冽な水が勢いよく流れている。
人馬が疾走した軍用道路のイメージとはほど遠い林の中の散歩道である。

三十一番。三十二番。
丁寧に彫られた観音とは違って、光背にある番号は無造作に刻まれている。

西国三十三番は石柱に彫られた十一面観音。この石仏が立っている二又を左へ進む。
木に掛けた棒道の表示がありがたい。

 

自然石に彫られた坂東一番の十一面観音が肩の高さに現れる。
山道は曲がりくねり、上ったり下ったりして延びている。

別荘分譲地造成現場をかすめて道が続く。

五番。七番は石に聖観世音の大きな文字だけが刻まれている。

 

大泉村と小淵沢町に挟まれて細長い形をした長坂町(いずれの町村も山梨県北巨摩郡)のなかほどのくびれた部分を歩いてきた棒道が、長坂町と小淵沢町との境界線上のほぼ真っ直ぐに延びる道となる。
左の小淵沢町側は防火帯として10メートル以上を切り開いているので、道幅16メートルほどの広い草道である。
今にも隊列を組んだ武田の騎馬軍団に出会うような気持ちになる。左右は落葉松、白樺、そして雑木林。

九番。ニョキニョキと黒紫の花をもたげているのは野草図鑑によるとマムシグサらしい。

切り開かれた草道のあちこちに大きな岩が顔を出している。
自然石に彫った十番千手観音。

 薄萌黄色の若葉が木々から噴いている
まきばの遊歩道と呼ぶ細い道から騎手を乗せた2頭の馬が飛び出す。
左手に小淵沢カントリークラブの芝生の緑が広がる。
坂東十六番千手観音は、小淵沢町が造った棒道の表示板の横にある。これが最後の観音像でこの先に石仏は無い。

 
この石仏の前にカメラを持って何かを待っている若い男性がいる。
少し進むと今度は若い女性がカメラを構えている。聞くと小淵沢町役場に勤めているという。

今日と明日はこの周辺で八ヶ岳ホーストレッキング&エンデュランス大会が開かれています。今回は4回目で、20キロと60キロの競技等があり、延べ100頭が参加しています。私は広報を担当しているので、ここで写真を撮ろうと馬が来るのを待っているのです。

先ほど見た2頭は参加者の馬らしい。話をしていると、3頭が来た。
林の間を馬が駆けるさまは、この棒道にぴったりだ。さらに乗り手が武者姿だったら言うことなしだが。

その後も次々と馬が私達を追い越していく。

 

広い道が延びる。
恩賜林の火の見塔。海抜1140メートル。
八ヶ岳公園有料道路をくぐる。

 両側に落葉松林が続く。道に生えた草を見ながら中年夫婦が何かを探している。

蕨を探しているのです。
まだ早いだろうと思っていたのですが、よく見ると結構ありますよ。

 

道が狭くなり甲六川の上流に少し廻り込む。
このチョロチョロ流れる川が甲州と信州の国境の川。
山梨県北巨摩郡小淵沢町から橋を渡って長野県諏訪郡富士見町に入る。

少し下流に戻り、通称鉢巻道路の県道484号をくぐる。
棒道はこの県道に並行してその左に数メートルの道幅で延びている。
左側は主に落葉松の林で、道端にはまだ目覚めない茶色いままの熊笹が広がっている。

横を走る県道に江東区立富士見高原学園や川崎市少年自然の家などの看板が掛かっているのが見える。

 
鹿の平で道に倒木があり草が覆い、棒道はここで終わり、と思ったら、すぐその先に道がまだ続くのでうれしくなる。小鳥がピョピョピョと12時を告げる。

 
天然温泉鹿の湯の看板を見て県道に上がると、すぐ県の右側に信玄棒道の案内板がある。
それによると、この上方は狼場沢、下は鹿の沢と呼ぶところで、今日歩き始めた小荒間番所跡から5.3キロの位置にあるらしい。
生い茂る潅木の中に入り込んで、なんとなく道かなと思うあたりを下り、枯れた沢を渡ってまた上がって県道に戻る。

県道を渡って落葉松林を抜けるとペンション村だ。色とりどりの花に囲まれてお洒落な建物が続く。先週の連休は賑わったのだろうが、今日はひっそりとして人影を見ない。
 ペンション村を過ぎて、棒道を外れる。第一配水池第二ポンプ場を右に曲がって県道を越えて富士見スポーツセンターに行く。近くの人が楽しみにしている春秋の年に2回のフリーマーケットが青空の下で開かれている。集まってきた人の多くはお年寄りで、吊ってある衣服も年配向けが多い。昼食代わりにソーセージとイカ焼きにかぶりつく。

 

棒道に戻る。道をふさぐ倒木を跨いで進むと、左手に仏供(ぶつく)石が現れる。6メートル四方もある大きな石で、石の上には小さな石仏が祀られている。信玄が戦勝を祈願したのだろうか?

 棒道の脇のあちこちに橙色の花をつけたボケを見かける。
ふと足下を見ると ひとりしずか が群生している。

           「ひとりしずか」

響きのよい名である。一人静とは、なにやら謎めく。白い花穂に清楚な美を感じたのであろう。江戸時代の「和漢三才図会」によれば、静とは義経の寵愛した静御前で、その一人舞う姿にみたてられたという。センリョウ科の多年草で林床に生える。

              (湯浅浩史文「花おりおり」による)

 

逸見路との分岐点で県道に上がる。
富士見町教育委員会の案内板に次の説明がある。

棒道はこの先からやや上りに転じて鉢巻道路を越え、ゴルフ場を抜けて北進し、唐松沢・ふうき沢を渡り、小玉石・幕石を経て千ケ沢を渡り、いこいの森別荘地内を通り、立沢の共有林境を立場川に出て乙事汐の新旧取入口の合流部付近で渡河し、原村地籍へ抜ける。立場川まで5.1キロの道のりである。

棒道は右手に広がる富士見高原ゴルフコースへ入っていくらしい。しかしこのあたり一帯は寛政2年(1790)西岳の山津波によって地形が変わり、棒道も埋まったという。したがって辿ることは難しいと判断して県道を進む。千ケ沢川を見岳橋で渡る。いこいの森別荘地の脇を過ぎる。立場川に架かる橋を渡る。落葉松林。冬の雪の重みでしなったままの白樺が多い。道端にタチツボスミレ、ボケ、ミヤマウグイスカグラ。

八ヶ岳美術館で棒道の所在を尋ねるが、はっきりしないとの返事。美術館の左手に広がるペンションビレッジのあたりを抜けているはずだが、痕跡は無い。

 

16時30分 本日の宿である樅の木荘に到着。  33221歩。
             もみの湯で疲れた足を揉みほぐす。

 

 

平成15年5月11日(日)

7時45分  まだ周辺に桜が咲く樅の木荘をスタート。曇り空で寒いほどだ。

第2ペンションビレッジの脇を通る。散歩を楽しんでいる人々と挨拶を交わす。真っ直ぐな道が八ヶ岳自然文化園の前を通って右に曲がると白樺林に入る。幹の白さが艶かしい。アカゲラだろうか、幹を突付いていた鳥が赤い腹を見せて飛び立つ。

通称御柱道に出ると八ヶ岳中央農業実践大学校の建物がある。棒道はこのあたりを北上していたはずだが、皆目その道筋の見当がつかない。県道を渡ってこのあたりだろうと林の中の道にエイヤッと入る。
野犬に注意の貼り紙を見てあわてて足下の木の枝をつかむ。妻は背丈以上の木切れを握っている。しかしその道も行き止まりになり、右手の農場に入り込む。

トラクターが掘り起こした黒い土の畑が広がり、その先、視野いっぱいに八ヶ岳の峰々が連なっている。残念ながらその峰の一つ一つの名前を知らないが、その雄大な山容の前にしばし立ち尽くす。

 さてこれからどう歩けばよいかなと思案をしていると、農場のトラックが来たので止めて尋ねる。

畑の中の道をドンドン進んでともかく北に行けば砂利道に出ます。その道を左に行くと、やがて舗装路になり、それがお尋ねの上槻木に通じています。

教えられたとおりに畑の中の畦道をドンドン歩くと砂利道に出る。
やがて舗装路に変わって、落葉松林の中を進む。赤松の林もある。
勿論我々以外に歩いている人なんていない。広い道だが車もときどき通るだけだ。薄日が洩れる。
歩幅を伸ばす。途中、歩いている道を棒道が横切っているように思える痕跡を見つけたが、はっきりは分からない。

 

畑で働く人が見え、家が現れる。柳川を渡り、また上って、おそらく鳴岩川だろう、この川を渡ると道はヘアーピンのように曲がって、柳川の河岸段丘上に細長く伸びる上槻木集落(長野県茅野市)に入っていく。雪解け水で増水した川の音がゴーゴーとすさまじい。明治期、この川の氾濫でこのあたりの様相は一変したらしい。家々の道に面した庭にいくつもの石仏が置かれている。

 上槻木からの道は往時の棒道の道筋を辿っている。

火の見櫓で右に入り、急坂を上る。標識は白樺湖の方向を示している。周りを山に取り囲まれた高原の道だ。ただ天気が下り坂のためか空一面を雲が覆って、真正面に見える蓼科山はその輪郭をぼんやりと見せているだけだ。

道は時折曲がるが、殆どはまっすぐだ。三井の森の看板があちこちに見える。家があると花桃・桜・つつじ・山吹・藤・芝桜の鮮やかな色彩が目を楽しませてくれる。上り下りの道が続く。

車が止まって運転していた男性から声が掛かる。

              オリエンテーリングですか。
              棒道? 今はもうわからないでしょう。

いいえ、今歩いている道が、まさに棒道なんです。

 白山神社の脇を通って須栗平集落を右手に見て、区画整理された水田の中の真っ直ぐな広い農道を下りて行く。本来は神社で右折して集落の中を通る道だろう。

やや雲行きがあやしくなり風も出てきたので急ぐ。芹ケ沢集落に入る。ここは家も多い。諏訪バス柳添停留所に土埃にまみれている双体道祖神。芹ケ沢交差点を右に曲がる。上田・白樺湖歩面に延びる国道152号を進む。上川に架かる渋川橋を渡り、バス停北山小学校前を過ぎると、功徳寺。滝の湯川を越えると、バス停湯川公民館前。

 12時10分  諏訪バス湯川停留所(長野県茅野市)に到着。 24992歩。

 信玄はここから、大門峠を越えて北信濃に攻め入った。
江戸期はこの湯川地区に幾筋かの道が集まり、峠を越えて中山道長久保宿に通じる道は大門街道と呼ばれていた。
従って今回歩いた棒道はここで終わり、この先は大門街道として後日歩いてみたい。

 棒道は今から450年ほど前に造られた道であり、しかも信玄が軍用道路として造った、すなわち人々の生活道路ではなかったにもかかわらず、今もその道筋のかなりの部分を辿れるのは驚きだ。信玄が道を造った目的からも、当然その道筋は山野は貫くもので、それだけに今歩くと自然を十二分に満喫できる道だった。 (了)

 

トップへ戻る