上の棒道

「次に戦う相手は・・・・・・・・・・・越後の長尾景虎だ。
越後の春日山城にいる景虎と躑躅が崎にいる晴信とが同時に馬頭を立てて北信濃に向ったら、どっちが先に現場に着くと思うか」

晴信は武将たちの顔を見廻してから更につけ加えた。
「北信濃までの距離を縮めることはできないがそこへ到着するまでの時間ならいくらでも縮めることはできる。古府中から、北信濃へかけて、鉄砲玉のように真直ぐ走れる軍用道路を作るのだ」
晴信の顔には自信がきらめいていた。

(新田次郎作「武田信玄」より)

晴信すなわち武田信玄が開発した軍用道路は、八ヶ岳西麓をまっすぐに走っているところから棒道と呼ばれている。棒道には上中下の三筋の道があるが、今回は佐久往還の若神子(わかみこ)宿・上木戸(山梨県北巨摩郡須玉町)を起点とする上の棒道を歩いた。

 

平成15年5月3日(土)

JR中央線韮崎駅前から車に乗り、新緑に塗り込められた七里岩を左に見て国道141号を走ると、15分ほどで須玉町若神子に着く。

9時45分  若神子上交差点の手前にある 理容あさくら の脇を左に、「棒道」にしては拍子抜けするほど細い路地を入る。西川橋の手前で県道28号に出て、県道を横切って川べりを進む。少し先で川を渡ったらしいが、今は、すぐに行き止まりになる。

県道に戻って西川橋を渡り、橋西詰の国道141号を越える。県道は上り坂となり、棒道はすぐに左斜めに入っていく落ち葉の積もった山道となる。「斜(ななめ)坂」と呼ぶ林の中の細い道は県道より勾配が急だ。芽を吹き出した木々の下に黄色い山吹の花が散らばっている。曲がりくねって上がっていく県道を一度横切って、又這い上る。坂を上がりきって又県道に出る。ふるさと公園への道が左に入る。県道を進み、その県道は左に曲がっていくが、棒道は直進する。

右手は松林で、大きな松の下に椎茸栽培の榾木が並んでいる。
松林を抜けると視界が広がって高原の道の趣きとなり、百名山の三つの山が左右に見える。左手の春霞の中に残雪を残した鳳凰山と甲斐駒が浮かび、右手は瑞牆山が稜線を伸ばす。
道の脇には伐採された松の木や掘り起こされた大きな根が転がっている。見晴らしを売り物にする別荘地分譲を予定しているのだろう。

 舗装路が尽きて、土の道となる。道端のたくさんのタンポポの上に紋白蝶が舞い、アザミが紫色の蕾を膨らましている。
左手の麦畑の向こうは鶏小屋だろうか。

コナラやクヌギの中に道が延びる。木々は柔らかい若葉に包まれている。低いウルシの木が毒々しい赤い新芽を出している。落ち葉の間からニョキニョキと芽を出している草はなんという名だろう。
チ チ チと小鳥がにぎやかに囀る。ホーホーホケキョ ホーホケキョ。
松林になったり、コナラの林になったり、道はゆるやかに上り下る。木洩れ日が差す林の中の道は、中山道の大井宿と大湫宿との間の十三峠を思い出させる。

30分ほどで林を抜けると、舗装された町道に出る。高根町の小池集落を示す表示板が、町の花がドウダンツツジであることも教えてくれる。明るい日射しの下にサニーレタスやキャベツの畑が左右に広がる。正面に八ヶ岳の山容が霞んでいる。道端に庚申塔。馬の形を浮き彫りにした珍しい馬頭観音。農作業をしている人に話しかける。

長い冬が終わってようやく春が来た。
40年ほど前までは皆この道を歩いていた。神社の祭りの時は大勢の人がぞろぞろ歩いていたよ。
最近は車を利用するので、歩く人は滅多にいない。

 

杉の木立の中に熱那神社、村山郷の総鎮守である。村山郷は地図で見ると、今は高根町の北割・東割・西割に分かれている。このあたりは村山西割の宮本集落だ。
神社の横に出ると庚申塔や阿弥陀如来像の石造物が並ぶ。
最近建て替えた家が多く、まるで別荘のように洒落ている。庭先の鯉のぼりは、風が吹かないのでだらしなく垂れている。家々の向こうに鳳凰山と甲斐駒が覗く。

高根西小学校入口交差点で県道32号を越える。四つ角左に蓮永寺。すこし上がる。黒沢堰に出会い、その小さな用水路に沿って進む。左に畑が広がる。遠くの甲斐駒が、見慣れていた端正な三角錐からごつごつした姿に変わってきた。
堰を渡ると五町田(ごちょうだ)である。畑を左下に見て、くねくね曲がりながら、少し戻るように半円を描く道を進む。大嶽山神社の裏から和手沖(わでおき)の三叉路に出る。馬頭観音。庚申塔。観音像。橋を渡って右斜めに進む棒道は畑の中に消えるが、その道は延長線上の雑木林の中にわずかに残っている。

雑木林を出て、建築施工清水信夫の看板の掛かった屋敷の前から県道28号を渡る。少し進んでこの道でいいのか不安になり、庭で車をいじっていたご主人に聞く。母屋の瓦に「水に沢瀉」の家紋が入っている。

お探しの山西公会堂はこの道の少し先にあります。
この山西の集落に今ある40軒ほどの家の名字はみんな清水。私も清水です。
だから屋号で呼んだり、年齢や背格好で尋ねたりしている。

家の塀際に庚申塔や馬頭観音が10基ほど並んでいる。

 甲川を渡り東原の十字路に来た。右角に蠶玉大神と道祖神を祀る石祠がある。しかしここから先の棒道がわかりにくく右往左往する。
右折して清水工務所の前の民家に挟まれた細い道を左に入り、竹藪を抜けて舗装路に出るのが往時の道らしい。
左手の甲斐駒は更に大きく、右手の八ヶ岳の峰々は更にはっきりと見える。右方向に向かい、満々と水を湛えた観音第一溜池の高い堤に沿って進む。舗装路が途絶えるのもかまわず堤の下のぬかるみもある道を行くと光洋電子工業の敷地にぶつかり左に避けると町道に出た。道沿いのお食事処つかさで昼食、小さな店だが家族づれで一杯。チャーハンと餃子を注文。

光洋電子工業の前から町道を左に下りて泉川を南新居橋で渡る。
橋詰から民家の裏を通る道があったようだが、今は無く、又その先は山林の端を掠めていく道が残っているが、すぐ潅木の中に消える。
やむを得ず南新居橋から西に延びる道を進み、南新居の集落を抜けて深草城跡脇を過ぎて、鳩川に突き当たる道に出る。八ヶ岳中信高原国定公園大泉村の表示を見て、鳩川に架かる別当橋を渡る。竜沢寺を廻り込んで北へ、東村集落を突っ切る坂をエイエイと上がっていく。
このあたりは信玄が走りぬけた棒道ではなさそうだ。

鳩川に架かる逸見大橋に着く。橋を渡ったところに杉や楓の大木に囲まれた逸見神社が見えるが、渡らずにそのまま北へ、吉指集落の中を上がっていく。もう田んぼに水を入れ始めている。

 

県道608号を越えて、大芦集落に入るとやがて鳩川橋がある。

この橋を渡ると、落葉松林の中の道となり、道端に石仏がある。この石仏は幕末期に近郷の人達が旅人の安全を願って一町ごとに建立した百観音で、今は西国三十三番、坂東十六番が残っているという。
西国一番は五角形の石に如意輪観音が刻まれている。

八番は石柱に十一面観音が刻まれている。
ここで妻が座り込んだ。林の中の道は緩やかではあるが登りが続いており、また夏のような、多分27度以上の暑さが加わりバテたようだ。自販機が全く無く水分の補給が出来ず私も参った。

小休止して歩き始める。
ほぼ真っ直ぐな道が延びる。
林の中に別荘が点在する。
十五番。林を抜けて舗装路に出たところの民家の庭に十六番千手観音。
大きな山桜の根元に十七番十一面観音。

その横にあるルーラルコテージ八ヶ岳で風に吹かれてアフタヌーンティーのひとときを過ごす。妻はケーキの一切れで元気回復。

 

コナラの林。十八番。甲斐駒の左横に北岳が覗く。用水路の脇に真っ赤な花桃が咲いている。
二十番。県道609号に合流。二十一番。小荒間の水車が廻っている。二十二番。二十三番。

道端に間隔を置いて現れる石仏を見ていると不謹慎だが、ある話を思い出した。

サワテイこと澤田貞之助が亡くなった時、大阪人はひとしく、ああ大阪の大阪人が居なくなった・・・・と嘆いたのだ。
そのサワテイが奉公していた真鍮会社社長の倅が私と同期だった。

この学友が召集令で神戸港から船で出征する時に
「ボンボン、お世話にばっかりなって何一つお返しも出来まへん。せめて私のまずしい餞別ですがナ。大阪から阪神国道を神戸まで行きなはる時、大きな四つ角で左向いて手ふっておくれやす」
何の意味かよくわからぬまま自動車で家を出たのだが、阪神国道の大きな交差点に一人づつ何と神戸まで芸者が旗をふっていたという。

                 (森繁久弥著「左見右見」より)

 

 16時10分  JR小海線甲斐小泉駅  27970歩


トップへ戻る