尼崎街道

街道の原形は西淀川沿岸の新田を結ぶ道路で、幕末に大阪湾防備強化のため整備された。
西区川口町を起点とし、伝法から福・百島・中島・佃を経て辰巳橋から尼崎に至る。
(大阪都市協会編集「西淀川区史」より)

平成21年9月16日(水)

川口から始まる街道は珍しいが、この街道が整備された頃は大阪で最も進んでいたところだったらしい。

安治川と木津川にはさまれた三角地帯を川口という。大阪の文明開化の大浪が滔々としてよせてきた最初の土地がこの川口であった。
明治元年川口に運上所を開設し、七月開港場と改め、ここに居留地が開かれた。
ハイカラはこの居留地から生れ、西洋料理・パン・ラムネ・洋裁・理髪などはここからおこったし、キリスト教の布教もここからはじまった。
(宮本又次著「大阪ところどころ」より)

6時50分  地下鉄千日前線阿波座駅で降りて、木津川橋を渡ると事務所ビル、マンションに囲まれた川口交差点。ここから西へひとつ入った四つ角がスタート地点で、すぐ安治川にぶつかる。明治初期、ここには高いマストの船が航行できるように橋げたが動く安治川橋があったそうだが、今は無い。対岸は広大な大阪中央卸売市場。
仕方なく北に向かい、中之島の先端に架かる瑞建蔵橋と船津橋を渡る。

少年は市電のレールを横切ると、端建蔵橋の真ん中まで走っていった。信雄もあとを追った。
「あそこや。あの橋の下の、・・・ほれ、あの舟や」
目を凝らすと、湊橋の下に、確かに一艘の舟が繋がれている。だが信雄の目には、それは橋げたに絡みついた汚物のようにも映った。
「あの舟や」
「・・・ふうん、舟に住んでんのん?」
(宮本輝著「泥の河」より)
宮本輝は少年時代、このあたりに住み、舟津橋からバスに乗って曽根崎小学校に通っていた。

卸売市場に接した安治川べりの遊歩道を下る。西棟付近からは街道の道筋で、梨箱を積んだフォークリフトを避けながら進む。
西九条の西北工営所西交差点の先で、建て込んだ民家の間の細い道に入る。道沿いの延命地蔵にお参りしていたご婦人が、「このあたりは空襲に遭わなかった。」と教えてくれる。
西九条神社に沿った道が大通りに出て、環状線にぶつかって一旦途切れるが、ガードの先に再び現れて西條寺、北市民病院の前を、左に緩いカーブを描いて延びる。
阪神なんば線をくぐり、六軒家川に架かる朝日橋の袂に出る。橋を渡ると、女学生が三々五々、淀之水高校に吸い込まれていく。

すぐ阪神なんば線の高架下の道となり、広い北港通を渡る。その先で街道は消えるが、千鳥橋駅の後ろに現われ、正蓮寺川べりを下る。
森巣橋を渡ると伝法で、秀吉と縁のある鴉宮と鴻池本邸・本店跡に立ち寄る。
道は鴉宮の前からまっすぐに延びる。昭和40年代にタイムスリップしたような家並みが続く。
国道43号を渡り、広い此花通に出会って道は消える。

此花通から少し北に入った西念寺の前に道標がある。正面に「大坂道 右てんま 左あまがさき」側面に「尼崎本街道」と刻んである。いつ建てられたものか分からないが、寺の前が旧道の雰囲気を持っている。
寺の前を少し進むと新淀川に出た。ここに橋はないので、川を遡って、伝法大橋で渡る。
この橋の近くの伝法小学校に通ったのが、作家・富岡多恵子である。

小学校の教室から淀川が見えた。しかしその淀川は、その時すでに美しい川ではなかった。
・・・そのあたりはすべて工場である。黄色や紫色の煙突がならんでおり、その黄色や紫色の煙はけっしてさわやかな匂いをひろげない。しばらくそこにいると咳が出てくる。
・・・そこには世間でいわれる大阪風な、まったりとした情緒的な湿度はまったくない。
・・・情緒なんてなんにもない、ヘキ地である。
(富岡多恵子著「どこ吹く風」より)

伝法大橋を渡りきると、福町だ。
大野川緑陰道路の西端、元大野川河口に福町の船だまりがある。

周辺は淀川製鋼所や合同製鐵などの工場が取り巻く。ここを利用しているのは、福と大野の漁師である。
福の漁師は、淀川でウナギ漁やシジミ漁を専門にする人が多く、大野の漁師は、大阪湾や淀川河口でイワシ、サワラ、スズキ、タチウオなど、海の魚をとり、大型漁船による漁が中心だ。
(「大阪人 vol.61西淀川萌え」より)
一隻の漁船が新淀川の上流へシジミ漁に出ようとしていた。

右手の百島には淀川製鋼所、左手の西島には合同製鐵。
二つの大きな工場の間を流れる西島川べりを進む。
化学メーカー、そして中山鋼業の工場が続く殺風景なところに、西島住吉神社が現れたのには驚いた。
元禄期に新田開発された際、勧請されたらしい。明治42年の地図を見ると、川べりに家並みが続いているが、今 民家は一軒もない。戦前・戦後の地下水の汲み上げと台風による高潮によって、工場が水没するまでに地盤沈下した地域であり、立ち退きを余儀なくされたのだろう。

城島小橋を渡って中島に来ると、神崎川ぞいに民家が密集している。
国道43号に接する手前に五社神社がある。

昭和初期まで、この地は農村習俗をよく残し、五月端午の節句に牛の薮入りと称し、各農家は耕牛に五色の幣串を立て、首に縄をしめて美しく飾り、社頭に牛を引いて参拝した。そして境内でちまきを食べさせ、家畜に労をねぎらっていた。
(「西淀川区史」より)
今、農家はあるまい。

中島大橋を渡り、工場ばかりの佃島の突端から、左門殿川ぞいを少し遡る。
左門殿川に架かる辰巳橋を渡ると尼崎だ。

11時20分  尼崎市東本町   22874歩

江戸期に開発された新田が明治以降の工業化のなかで臨海工場地帯に激変した地域であり、密集した家並みと工場地帯の中の、およそ街道らしくない道筋だったのもやむを得まい。(了) 

トップへ戻る