赤穂義士 引き揚げの道

吉良邸は本所松坂町公園の南に2550坪。
今は住宅、事業所になっているが、表門は両国小学校側のRAFFINE510、裏門は建設中のグローベルマンション両国あたりにあり、墨田両国三郵便局が屋敷の真ん中にあたる。

さて元禄15年12月15日未明、炭部屋にいた上野介を間十次郎が槍で一突きし、脇差を抜いて立ち向かってきたところを武林唯七が一刀で仕留めた。その炭部屋があったのがフレームマンビルの裏で、ビルの東南の四辻に首のない上野介が転がっていた。

 

平成19年11月11日(日)
13時 夜来の雨がようやく上って、吉良邸裏門跡をスタートし、回向院に向かう。

今は裏門跡から回向院の裏手に続く道があるが、当時は繋がっていなかった。そして今は北側にある回向院の入口が当時は東側にあった。たぶん両国幼稚園付近と思われる。
義士たちは回向院で休息する予定だったのだが・・・。

この時住僧が義気を奮って、そのまま一時収容していたならば、回向院の名誉は独り国技館の角力場のみでなかったろう。が、俗僧の浅猿しさはこれを聞いてふるえあがり、門番に命じて
「折角の御申聴けながら、お貸し申す訳には参りませぬ」
と謝絶して、堅く鎖したまま、その門を開けぬ。(福本日南著「元禄快挙録」より)

回向院の正式名は諸宗山無縁寺・・・来るもの全てを受け入れる名前だが・・・。
義士たちは休むことも出来ずしかたなく両国橋東詰に向かう。

回向院入口跡からまっすぐ旧両国橋東詰へ広い道が延びる。

明暦の大火ののち架けられた当時の橋は、今の両国橋のやや下流にあった。
橋の東詰めに設けられ広小路が、今は岡田商事の駐車場になっている。

吉良・上杉勢が上野介の首を取り返しに押し寄せるのではないかと、義士たちは橋のたもとで待ち構えた。
しかしそれも杞憂に終わり、いよいよ泉岳寺に向かって歩き出す。

隅田川東岸を進む。
一之橋の北詰めで回向院横からの道に出て、竪川に架かる一之橋を渡る。一之橋を江戸期は一ツ目之橋と呼んだ。
竪川の水面に、真上を走る首都高速7号線の影が暗く揺れている。

義士が橋にさしかかると、堀部安兵衛や奥田孫太夫の剣術の師匠である堀内源左衛門の門弟が待ち構えており、堀部たちに師からの祝辞を伝えたといわれる。(実業の日本社発行「お江戸探訪「忠臣蔵」歩く」より)

一之橋通りと名づけた道が真っ直ぐに南下している。商店や民家が混在している。

江戸期はこの道を御船蔵後通りと呼んだ。
この道の右側、隅田川に面して幕府の御船蔵があったためである。敷地の細長い形態から鞘番所ともいわれた。
今その場所には軒並みリバーサイド○○と名づけた高層マンションが立ち並ぶ。

新大橋通りを横切ると道の名が万年橋通りに変わる。

新大橋のたもとの小公園の中に御船蔵跡の碑がひっそりと立っている。
このあたりの風景を、広重が名所江戸百景「大はしあたけの夕立」に描いている。

芭蕉記念館のすぐ先の道端に旧新大橋跡の石柱がある。但し川のほうをのぞいても堤防しか目に入らない。
ここで大通りから逸れて、ひとつ右手の町工場が続く道を進む。突き当りが正木稲荷神社で、その先、神社前にある巾3メートルほどの細い道が江戸期のままだという。かつてはこの細い道の先に小名木川に架かる萬年橋があった。
今の橋はすこし左手に架かっている。

萬年橋の北詰めに俳人で幕府出入りの鮮魚商の杉山杉風の魚の生簀があった。その番小屋に越してきたのが芭蕉で、「古池や蛙飛び込む水の音」はこのあたりで詠まれたらしい。義士たちが万年橋を渡るのは、それから20年ほど後のことである。

萬年橋は、江戸期 富士山が見える名所で、北斎の錦絵に描かれている。
今の萬年橋からは、ビルが邪魔をして富士山を見ることはできないが、曲線が美しい清洲橋が見える。

萬年橋で大通りに出るが、渡ると右に折れて大きな工場や倉庫の間を進む。
清洲橋通りを渡ると佐賀町河岸通りになる。江戸期同様、川沿いの道である。
対岸の箱崎に立ち並ぶビルの中で、読売新聞の真ん中をくり貫いた大きなビルがひときわ目立つ。

佐賀町に入る。地名は肥前佐賀湊の地形に似ていたことに由来する。
かつて多くの水路があり、上之橋、中之橋、下之橋と続いたが、今は仙台堀に架かっていた上之橋の跡だけが残る。下之橋跡の上は首都高速9号線だ。

旧永代橋は、今の橋より少し上流で、箱崎に向かって(目の前の風景でいうと、日本IBMの白いビルに向かって)架かっていた。あたりを探したが橋跡の痕跡はまったく無かった。
義士達は旧永代橋を渡ったのだが、橋を過ぎた乳熊ビル前に、なぜか義士休息の地の碑がある。

味噌を商っていた乳熊屋の初代店主が其角を通じて大高源五と交流があり、引き揚げの際に義士達に甘酒粥を振舞ったといわれている・・・らしい。

今の永代橋を渡る。橋の上からの、隅田川の川面にリバーシティ21の高層マンション群が立ち上がる様は迫力十分で、現在の一人勝ちの東京の姿を象徴している。

ところで映画やテレビに登場する義士の行列では、義士の持つ槍の穂先に吉良上野介の首がくくりつけられている。この吉良の首にまつわる花生の話が面白い。

「利休伝来 桂川籠花生」・・・義士一同泉岳寺に向って引揚ぐる際、途中の事変を慮り(上野介)の首級は早舟を以って先に送り、たまたま(吉良邸の)茶室の床にあった桂川籠を見付けこれを白布に包んで、槍の穂先に高々と掲げ、・・・。依って此籠の底部に痕跡ありと云う伝説が付いている。其後名古屋の旧家神戸家に久しく伝来したが、大正の頃香雪翁の蔵に帰した。(香雪美術館発行「館蔵名品図録」より)

この花生とは別に、八代目坂東三津五郎が吉良の首を入れた「首すりの花生」とか名づけた花籠を持っているという新聞記事を随分昔に読んだ記憶があるが、確認できていない。

旧永代橋からの道が豊海橋を渡ると、霊岸島である。
霊岸島から鉄砲洲・築地を義士がどう歩いたかがよくわからない。ガイドブックを見てもまちまちである。改選江戸大絵図(元禄15年)や江戸図正方鑑(元禄6年)も参考にして手探りで歩く。

現永代橋のたもとから、今は埋められた新川の際の道を進み、越前福井藩松平越前守家の広い屋敷跡の外側を辿る。
ビジネスビルの間を抜け、越前堀児童公園横を過ぎて、八重洲通りを渡り、亀島川の手前の道に突き当たる。
ここを右に行くと亀島橋で、橋の西詰めに堀部安兵衛武庸(安兵衛の名前)の碑が立つ。付近の水谷町に住んだことがあるらしい。安兵衛は話題の多い人物だが、次の話もそのひとつ。

大石内蔵助は討入を前に「浅野内匠頭家来口上」と題した声明文を用意し、その声明文の字句のチェックを堀部安兵衛が親友の細井広沢に頼んだ。
広沢は名筆家として名高いが、古今の学にも明るい。
広沢の返事は明快だった。理論が一貫していれば、一語一語にこだわることはない。というのである。討入の声明文を外部に検討してもらう大石の度胸、それを承知の広沢の義侠には敬服するほかない。安兵衛は広沢を信じ、大石との往復書簡など関係の文書を預けたので、今も『堀部武庸筆記』が残り、貴重な記録になっている。(週刊新潮コラム「タワークレーン」平成15年11月20日号より)

引き揚げの道は左手の高橋を渡り、八丁堀に架かっていた稲荷橋を渡って(のはずだが、堀は埋められ橋は無い)、鉄砲洲に入る。地名の由来は、寛永のころ大筒の射程を試したとも地形が鉄砲に似ているともいう。
鉄砲洲通りのひとつ左の静かな湊町を貫く道を、紛れもなく義士たちが歩いた。
今の湊町には、家並みに映画「3丁目の夕日」の世界が少し残っている。

この湊町に、旧浅野家出入りの豆腐屋である菱屋三十郎が住んでおり、一同に湯茶、湯漬を勧めたという。(中央義士会監修「赤穂義士の引揚げ」より)

佃大橋をくぐって明石町に入ると、聖路加病院。ここに丹後宮津藩奥平家の屋敷があり、門前で義士たちは「何れもあしき体に相い見え申候」と誰何された。

十五日の朝六ツ過に御門前通り申候 其節御門前敵討の者有之由 下々申候間早速罷出候処に 内匠頭殿家来二十人許にて鑓・長刀・さや無御座候 白き木綿切にてほ(穂)の処を巻き何も自分に持申候 装束は黒き小袖・半着物一同に着申候 鑓・長刀・太刀・着類等にも血付申候(宮津藩家中書状より)

そして奥平家の横に旧浅野家上屋敷があった。8975坪あり、聖路加看護大と明石小学校にまたがる大きさである。

主を失った浅野家上屋敷に四、五十人の町人が道具類を盗みに入った。門番からこのことを知らされた安兵衛が「不届きである。遠慮なく斬り捨てる」と声高に叱りつけ、追い払ったという。(西山松之助監修「図説忠臣蔵」より)
築地川側に表門があった。門前に義士たちが来たとき、屋敷は空き家で、誰も使っていなかった。なお裏門は泉岳寺で見ることが出来る。

公園になっている築地川を渡って築地本願寺の裏手に出る。

築地本願寺は、当時 西本願寺といい、入口が西側にあった。
西本願寺の塀越しに 間新六が金子と書状を結びつけた槍を境内に投げ入れたと伝えられている間新六が切腹したのち、姉婿が遺骸を貰いうけて自分の菩提寺である西本願寺に葬った。
今 本願寺の東側の塀際に、間新六の供養塔が立っている。
投げ入れた槍は寺にあることはあるが見せられないとの寺の人の話。

築地本願寺の正面に出て、北に向かい、万年橋を渡って木挽町に至る。
歌舞伎座の前を過ぎ、昭和通りを渡ってすぐの細い道を入る。青いガラスに覆われた松下電工ビルが近づく。突き当たるところにあった汐留橋を義士たちは渡ったが、今その橋はない。
その先の道は、三井ガーデンホテル銀座の前から歩道橋でぐるっと交差点を回り、汐留シテイセンターとヤクルト本社の間に入って繋がる。

ここには竜野藩脇坂家、仙台藩伊達家、会津藩保科家の屋敷が並んでいた。
講談の世界では、赤垣源蔵の兄が脇坂家の家来・塩山伊左衛門である。

「旦那様ツ」という常平の声。
「オオ常平か 如何いたした」「旦那様、お喜び下さいまし、源蔵様は引き揚げの御人数の中においででございました」「オオツ、党中に源蔵がおったか、あの源蔵が党中に・・・」思わずそれへへたへたと崩れるように座った塩山伊左衛門ハラハラと落涙。「アア忝い」(一龍斎貞丈「赤穂義士銘々伝 赤垣源蔵重賢」より)

仙台藩伊達家があった日本テレビの前に、義士たちが屋敷の表門前で仙台糒の粥のもてなしを受けたとの説明板がある。
しかし「元禄快挙録」によると、違う場面が展開したようだ。

同邸辻番所の番足軽どもは、今しも一党の進み来るに会うて、徒事ならずと看て取り、手に手に棒を掻い込んで、その前に立ち塞がり、遮二無二これを押し止めた。

JRの高架をくぐる。
このあたりで吉田忠左衛門と冨森助右衛門が一行と別れて、幕府の処分を仰ぐために愛宕下の大目付仙石伯耆守宅に出頭する。
仙石邸跡が日本消防会館になっていることは中原街道を歩いたときに確認している。

東海道を進む。
浜松町を過ぎて、金杉橋を渡る。

金杉橋から一走りの将監橋付近に、磯貝十郎左衛門の年老いた病いの母が住んでいた。
内蔵助は立ち寄ることを勧めたが、「暫時の間にも如何様之儀可有之も難計 立寄不申候」と磯貝十郎左衛門は断った。(堀内伝右衛門覚書より)

泉岳寺まで11キロの短い道程だが、さすが忠臣蔵! 話題が豊富で、丁寧に見ながら歩いていたので、気がつくと陽が随分傾いている。
田町駅前の先の札の辻を過ぎて御田八幡神社。ここには脱盟者の高田郡兵衛がお祝いに現れた話が残る。

16時30分 夕闇が漂う泉岳寺に着いた。  23145歩

吉良邸から3時間30分掛かったが、義士たちは2時間で歩いている。

境内に吉良上野介の首を洗った井戸がある。
下仁田道と鎌倉街道を歩いたとき、藤岡の雑木林の傍に上野介の産湯の井戸を見たことを思い出した。
吉良上野介の一生に付き合ったような妙な気分になった。                                     (了)


トップへ戻る